お世話になります。早速ですが泡消火設備の点検をしようとポンプ室に入室し、圧力ゲージを確認したら流水検知装置の二次側が2.0MPaありました。振り切っていたと思います。関係者の方々ならどんなに危険で異常な常態かわかっていただけるかと思います。施行業者を呼ぶべきですと指摘して消防設備法定点検は行いませんでした。後日、施行業者と現場で弊社の2代目経営者が待ち合わせをして話をして帰ってきました。しばらくして「施行業者の方がいい人で良かった~」と帰ってきました。施行業者いわく、「圧力タンクの空気溜りがなくなっているので2.0MPaまで高圧になった。水槽も地上水槽なので余計に圧力が上がったのでしょうということで、半年に1回は空気溜りを作り直して下さい。」ということでした。通常空気溜りがなくなると減圧して頻繁に加圧ポンプが起動する現象は起きると思うのですが2.0MPaまで高圧になるような現象が起きていたら古い建物なんか大変な水損事故が起きるのではないでしょうか?経験豊富な業界の方、お忙しいかと思いますが教えて下さい。宜しくお願い致します。

「スプリンクラーの圧力異常について」の質問画像

A 回答 (1件)

質問の内容から点検業者の方と思われますので簡略に説明します


2次側圧力がポンプの能力を超えて上がってしまうケースは
設備が外気にさらされている場合、通常の現象として有ります
特に夏に向かう季節に多く冬季も管内の凍結で上昇する場合があります
今回 圧力タンクのエアー充填を行ったと言う事ですが
それだけでは不十分です、感知ヘッド部分の圧力は残ったままですので
各放出区画ごとに感知ヘッド側の圧抜きが必要です
そうしないと いずれ感知ヘッドからの漏水が頻発するようになります
これを回避するには、各放出区画の感知ヘッドラインごとに
小型のエアータンクを取り付ける必要があります
まだ、いろいろありますが文面では説明しきれませんのでここまでとします

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。熱膨張だけでは2MPaまであがることは考えられません。もしそうなら10Kの配管は危なくて使えないと思うのです。この現場は天井が高く、ヘッド設置高さがマンションで言えば4階の天井くらいあるのではないかと思うほどの高い位置にあります。
なのに流水検知装置は1階のポンプ室のポンプの真横です。バランスが悪すぎると思うのですがどうなのでしょう?流水検知装置の設置位置に関する記述は特にないようなのですが・・・。散水栓のみでしたら5階まで1階の流水検知装置で利用可能なのですがヘッドがある場合は流水検知装置はヘッドに近い高さに設置しなくていいのでしょうか?ただ舞台部などでは高低差はある例もあるので視点がずれているかもしれないのですが、納得いかないのです・・・。

補足日時:2009/05/31 22:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、ご回答ありがとうございます。これからも宜しく御願い致します。

お礼日時:2009/05/31 21:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気圧の単位はhpaで、 圧力の単位はpaですが、 圧力の単位にはhpaも入るのでしょうか? 気になっ

気圧の単位はhpaで、
圧力の単位はpaですが、

圧力の単位にはhpaも入るのでしょうか?

気になってたので聞きます。
お願いします。

Aベストアンサー

h(ヘクト)は100を意味する接頭辞です。
ですので1hpa=100paですね。

hpaも「圧力の単位」と定められていますが、
気圧以外で使っているのを見たことはないですね…

Qポンプの出口

ポンプの入り口をサクション側と言いますが、出口はなんと言うんでしょう。

Aベストアンサー

「デリベリ」
日常耳にする言葉で言えば「デリバリー(delivery)」の事だと思います。

Qちょっと昔の圧力の単位のことで

雑学ですみませんが、圧力の単位のことでご存じの方、教えてもらいたいことがあります。
最近はSI系になり、「Pa」(パスカル)という単位に統一化されつつあります。

昔(明治大正以前)の日本では、圧力はどんな単位が使われていたのでしょうか?
と、私の周辺で話題になり調べましたが、なかなかわっかりません。

日本では尺貫法と言われるように「長さ」と「重さ」しかなかった?

度量衡法の成立 明治24年(1891)……ここの時点で体積、面積など制定されている
尺貫法廃止   昭和33年(1958)

ちなみに
長さは「尺」「寸」、重さは「貫」「斤」、容積は「斗」「石」などが使われていたようですが圧力についての単位は、なかなか探し出せませんでした。

もし、ご存知でしたら教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

長岡技術大学の三上先生の講義ノートを参照しておきます。
明治以前の日本に日本固有の圧力の体系的な考え方があったかどうかは知りませんが、少なくとも一般的ではなかったでしょう。江戸時代に西洋の学問を学習する過程で換算(匁毎平方尺とか?)したことはあったと思いますが、明治維新以降海外の技術を導入するときには外人技術者を招聘するのがお決まりですから外国人にわからない尺貫法の単位系は使わなかった(使っている暇は無かった)というのが予想です。
従って、当時国外で使われていた単位が使用されていたものと思います。ただし、各分野で都合の良い単位系が使われていたりメートル法に従ったものとそうでないものとが混在していたと考えられます。個々の単位の呼び方がいつ決まったかは知らないので間違いもあると思いますがこんなところではないでしょうか。

・mmHg or Torr
・bar (バール)
・atm (標準大気圧)
・psi (ポンド毎平方インチ)

もしかしたら ft H2O とか、いろんな亜種があったことは十分考えられます。


もちろん日本にも圧力を示すものはあったでしょうが、「単位」という概念に当てはまる普遍的な考え方まで昇華してはいなかったのではないでしょうか。

参考URL:http://kjs.nagaokaut.ac.jp/mikami/STS/metorology/note.htm

長岡技術大学の三上先生の講義ノートを参照しておきます。
明治以前の日本に日本固有の圧力の体系的な考え方があったかどうかは知りませんが、少なくとも一般的ではなかったでしょう。江戸時代に西洋の学問を学習する過程で換算(匁毎平方尺とか?)したことはあったと思いますが、明治維新以降海外の技術を導入するときには外人技術者を招聘するのがお決まりですから外国人にわからない尺貫法の単位系は使わなかった(使っている暇は無かった)というのが予想です。
従って、当時国外で使われていた単位が使用...続きを読む

Q高圧負荷開閉器について

気中開閉器の仕様で200Aと300Aがありますが、使い分けはどのようにしているのでしょうか?また、8kAと12.5KAも同様に教えてください。

Aベストアンサー

ご存知でしょうが高圧負荷開閉器は一般的には電力会社と需要家の区分点の電柱に設置されます。

では主回路上には以下のスイッチがあります。

(1)定格電流は流せるが開閉できないスイッチ(例:断路器)
(2)定格電流なら開閉できるスイッチ(例:負荷開閉器)
(3)短絡電流が開できるスイッチ(例:遮断器)

この度は(2)に該当します。

では定格電流は契約電力の電流以上を選定します。大概200Aで十分過ぎると思います。
なぜなら「200A×6.6kV×√3÷0.85(効率)÷0.85(力率)≒3000kW」ゆえ

次に定格短時間耐電流ですが需要家側で3相完全短絡があった場合でも開閉器が壊れないような製品を選定します。
この短絡電流は電力会社から聞くことがベストですが実際には供用開始直前に教えてくれることがほとんどです。
と言うことで無難な下位の遮断器と同じものを選定します。

経験上「200A+8kA」で技術的には問題はありませんがこの場合には裏付の計算をしっかりしておいてくださいね。

Q圧力単位で『mAq』の意味は?

圧力単位で『mAq』もしくは『mH2O』なる単位がありますが、この単位の指す
意味がわかりません。何mm径の水柱で何m上昇するかという意味ではないかと
思っているのですが...
単位換算サイトで数値の変換はできますがこの単位の示すところをご存知の
かた、お教え下さい。

Aベストアンサー

物理屋の siegmund です.

私はほとんど見たことがない単位ですが,
推測するに,水柱hメートルに相当する圧力が h [mAq] あるいは h [mH2O] ですね.
Aq はラテン語の aqua (= water) あるいは aqueous (= of water)です.
圧力ですので,何mm径は関係がありません.
あんまり管が細いと水の表面張力や管壁と水との親和性などが影響しますが,
ある程度太ければほとんど影響はありません.

高さ h [m] で断面積 S [m^2] の水柱を考えましょう.
体積は hS [m^3] です.
水の密度は 10^3 [kg/m^3] ですから,水柱の質量は 10^3 hS [kg].
地表面での重力加速度が g ≒ 9.8 [m/s^2] ですから,
水柱にかかる重力が 9.8×10^3 hS [kg・m/s^2].
圧力 p は単位面積あたりの力ですから,
p = 9.8×10^3 h [kg/(m・s^2)] = 9.8×10^3 h [Pa] です.
断面積は関係がないこともついでにわかりました(したがって,管径も無関係).
Pa はパスカル.
つまり,1 [mAq] = 9.8×10^3 [Pa] です.
1気圧は 101325 [Pa] ですから,大体 1 [mAq] = 10.3 [mAq] ですね.

重力加速度は場所によって少し違いますし,水の密度も温度変化します.
したがって,1 [mAq] = 9.8×10^3 [Pa] でなくてちょっと値がずれた
厳密な定義があるはずだと思うのですが,
ちょっと調べた範囲ではわかりませんでした.

水の代わりに水銀を使った方は血圧でおなじみですね.
水銀の比重は 13.6 ですから,1気圧が 760 [mmHg] くらいに相当します.
血圧が 120 というのは 120 [mmHg] のことです
真空関係では,1 [mmHg] = 1 [torr] として torr がよく(というか,未だに)
使われています.
torr はトリチェリに由来する単位です.

SI 単位系の立場からは,mAq,mmHg,torr などは推奨できる単位ではありません.
圧力の SI 単位は先ほど出ましたように,Pa (パスカル) です.

余談ですが,アクアラング aqualung (水+肺) は文字通り水中の肺ですね.
Aquarius は水瓶座.そういえば,こういうスポーツドリンクもあるな.
aqua はサンスクリットに語源を発する古い言葉で,
仏教関連用語として日本に入ってきて「閼伽」(あか)になったとされています.
「閼伽」は仏様に供える水,あるいは水の容器のことです.
「閼伽棚」は仏様の水や花をおく棚です.

物理屋の siegmund です.

私はほとんど見たことがない単位ですが,
推測するに,水柱hメートルに相当する圧力が h [mAq] あるいは h [mH2O] ですね.
Aq はラテン語の aqua (= water) あるいは aqueous (= of water)です.
圧力ですので,何mm径は関係がありません.
あんまり管が細いと水の表面張力や管壁と水との親和性などが影響しますが,
ある程度太ければほとんど影響はありません.

高さ h [m] で断面積 S [m^2] の水柱を考えましょう.
体積は hS [m^3] です.
水の密度は 10^3 [kg/m^3] ...続きを読む

Q個人情報保護法施行への備え

来年4月より施行される個人情報保護法対策につき、まだ会社内ではあまり話題に上がっていませんが、MIS担当者(主にPC)として、手を打っておくべきこと、

-明確にすべき管理責任
-守備範囲の策定方法
-ユーザへの啓蒙事項
-PC運用上の注意点

など洗い出しを行うつもりでいます。
この法律の適用についての「動向」あるいは「必読書」
について参考になると思われるものをご紹介いただければ幸いです。
過去ログも見ましたが、PCに特化して云々というところはまだ探しきれていません。

Aベストアンサー

PCに目がいきがちですが,ペーパーから流出するってことも考えなければなりません。

どのような個人情報を会社・各社員が扱っているのかをまず棚卸することが,第一歩です。

入手・保管・廃棄のルールを策定しなければなりません。

ルールを策定したら,それを確実に運用しなければなりません。

情報セキュリティアドミニストレータの試験用のテキストは,直接ではありませんが,参考になるとおもいます。

Q圧力の単位換算

圧力の単位で(atmg)という単位を見かけたのですがこの単位は(atm)とはどう違うのですか?また、1.0(atmg)を(atm)に換算すると値はいくつになるのでしょうか?
わかる方よろしくお願いします.

Aベストアンサー

以前どこかで見かけたように思いますが・・・詳細不明です。
確か流速とかの関係だったと思うのですが、今探してもヒットしませんでした(^^;
気体圧力と何か(重力加速度g?か、加速度G?Gal?)でしょうか・・

Qアースなしで高圧電源を使用する方法は?

ある装置で、TVと同じぐらいの高圧(20kV程度)を使用します。電流は微小しか流れません。バッテリ駆動のため、アースを取るのが困難です。
ケースを金属で作りたいのですが、何か良い方法は無いでしょうか?
車の静電気対策のようにチェーンをケースから出しておくとかはどうでしょうか?
TVのようにケースを樹脂等の絶縁材料で作るしか手はないでしょうか?

Aベストアンサー

アースを取る必要がわかりませんが、大地からフローティングしていても構わないのでは、

もしシールドしたいなら
樹脂ケースの内側に金属箔のシールドテープを張ると
EMI・EMC効果が高まります。3Mなど色々なものがあります。アクリル粘着樹脂に金属粒子を混ぜたものが重ねはりしても導通するので簡単です
表面にハンダー付けできるものが多いです。
スプレー式もあります。樹脂ケースの継ぎ目など縁面距離を注意してください。

参考URL:http://www.ztj.co.jp/cd/products/tape_a_index.htm

Q遠心力(単位がxg)を圧力(Pa)に変換したい

遠心力を表すのによく使われている単位(xg)をわかりやすい圧力の単位(Pa)に換算できません。
おねがいします。教えてください。
ばかな質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

物理学でいう遠心力は「力」で単位は[N]です。f=ma の式の f に相当しますが、mは物によって変わるので、装置の性能を示すのであれば、mを除いて加速度aでもって遠心力の大きさを表わすほうが便利なので、装置の遠心力は便宜上加速度で表すようです。
物理学でいう加速度の単位はNO1様が書かれている通り[m/ss]ですが、遠心力を加速度で表すときには[xg]という単位がよく使われています。[xg]は重力の加速度(9.8[m/ss])の何倍という意味を表しています。例えば、100[xg]といえば980[m/ss]のことです。宇宙ロケットが飛び出す時の加速度何[G]というのと同じだと思います。
質問者は、圧力[Pa]に変換したいと書かれていますが、加速度をそのまま圧力に変換することは当然のことながら出来ません。具体的な条件(物質の形状とか比重とか)が与えられて初めてその条件下における力や圧力が計算できます。

Q高圧電気設備の点検で、年次点検があるのですがその中でA-1,A-2,B

高圧電気設備の点検で、年次点検があるのですがその中でA-1,A-2,Bと区分けされているようなのですが、A点検が出来る高圧設備というのは高度化された設備での話で通常はB点検と思っています。
そのため高度化されていない設備においては毎年停電作業となり、都度各継電器リレー試験を実施しなければならないと思っているのですが、中には継電器試験は3年周期でよいと言っている方もおられて
経産省のホームページでも確認したのですが確かに3年周期のような書き方もありました。
このあたりをよくご存じの方おられましたらご回答お願いしたいのですが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自家用電気工作物の設置者は電気事業法第42条第1項の規定により産業保安監督部へ保安規程を届出ます。
その保安規程は各設置者が電気保安業務の運用の実態に合わせて作成すれば良い事となっています。
作成にあたっては、いくつか必ず記載しなければならない項目があり、その中に『事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関するための巡視、点検及び検査に関すること』とあります。
保安規程には定期点検周期および点検項目が記されており、それに沿って点検します。
よって、国からの直接監督ではなく、『設置者自ら定めた点検周期で定期点検を行う』という自己責任原則を重視した自主保安体制の中で点検を行うこととなります。

ご質問者様の電気設備の保安規程で継電器試験の周期が1年周期となっていれば1年ごとに点検する必要がありますし、3年周期になっていれば3年ごとでかまいません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報