親会社から子会社へ出向しています。
親会社はグループ会社であり顧客でもあります。
ビジネスは私、親会社の担当、グループ以外の一般企業の担当者の3人で進めます。
親会社の担当の名前が「山田」だとします
「私」と「親会社の担当」2人で話をするときは、私は相手を「山田さん」と呼びます。
一方「私」と「一般企業の担当」2人が話をするとき、その話の中では「うちの山田が」という風に呼び捨てにします。
これは自分の親会社の社員ということからそうしています。

困ったのは3人が揃うときです。
ここで例えば「今山田が申したように・・」と本人を前に使っていいのか?それとも親会社であっても顧客である以上「山田さんが・・」といったほうがよいのか?
どちらがよいでしょうか?

尚、親会社の山田さんは役職なしの場合です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私が思うところの一般的な考え方は以下の通りです。


(1) 外部の人に対しては、身内は呼び捨て。
(2) 出向中は、その会社の社員になりきるべき。言葉遣いもまた然り

この原則を適用すると…ご質問のケースでは
>「私」と「親会社の担当」2人で話をするときは、私は相手を「山田さん」と呼びます。
これは○。

>一方「私」と「一般企業の担当」2人が話をするとき、その話の中では
>「うちの山田が」という風に呼び捨てにします。
これは×で、「○○社(親会社名)の山田さん」と言うべき。(考え方(2)を適用)

>困ったのは3人が揃うときです。
ここでは、「山田さんがおっしゃったように」だと思います。(考え方(2)を適用)
ただし、その場にさらに親会社の顧客、つまりお客様のお客様が居合わせた場合は話が変わって来て、その場合は「今山田が申したように・・」に変わると思います。(考え方(1)を適用)
ちなみに意見が別れると思われるのは、上記の三人に加えてグループ会社以外の人(ただし顧客ではない)が居合わせたケースだと思います。私は「考え方(1)を顧客でなくても適用する」派なので、やはり「今山田が申したように・・」ですが、そうでない人がいることも理解できます。

今までこの考え方が正しいと確信していましたが、一連のやりとりを見ると必ずしもそうではないようなので、ちとびっくりしました。
色々考え方があるもんですねぇ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやら「出向」という表現が問題を複雑にしているようです。
私が言っている「一般企業の担当」はグループ会社以外の人なのです。
ですから質問内容は回答していただいた下のほうの「意見が分かれる例」になるかと思います。

それから契約関係ですが親会社の顧客が登場することはありません。
親会社は常に依頼主で「私」と「一般企業の担当者」が委託先。
つまり「私」と「一般企業の担当者」にとって山田さんは顧客です。
また「山田さん」→「私」→「一般企業の担当者」という委託の流れになることもあります。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/29 22:37

私も同じような経験があります。


私の場合は親会社子会社の関係ではなく孫請けのようなものですが。

どちらにしろ契約の状態に関係してくるのではないでしょうか。

一般企業が仕事の依頼主で、親会社と直接契約して親会社が子会社に仕事を委託しているとすれば、一般企業としては親会社も子会社も同じ依頼先の会社とみなしていますから身内として問題ないと思います。

そうではなくて、仕事の依頼主が別にいて、親会社が子会社と一般企業とに仕事を委託している場合は、一般企業にとってはグループ会社といっても子会社とは同じ立場になるわけですから「山田さん」で通したほうがいいと思います。

あと、問題になるのは山田さん自身がどう思っているのかでしょうね。
子会社を身内と思っているのか、それとも一般企業と同じと思っているのか。
こればかりは本人に確認しないことには分からないでしょう。確認しづらいとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういう事例は私だけでなく世間にはよくあることだと思います。
契約関係も色々で変わらないのは親会社が依頼主であること。
子会社と一般企業が同列に委託先の場合もありますし、どちらかが孫受けの場合もあります。
直接本人に聞くのも難しいですね。
今はできるだけそういう場面で名前を呼ばないようにしています。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/28 19:23

No2,4,5です。


仮にX社(あなたの出向元、親会社)のAさん、Y社(あなたの出向先、子会社)のBさん、Z社(一般企業)のCさんとしましょう。
Z社のCさんからみれば、確にAさんとBさんはグループ会社同士の社員です。Cさんにすれば自分だけ他人の様な感覚ではないですか?
その為にもCさんのまえでは、AさんとBさんは距離を置くべきだと思います。
三人は対等な距離であると思っていただくためにも。グループ会社と言えど別会社である事を示すためにも。
    • good
    • 0

No2,4,5です。


仮にX社(あなたの出向元、親会社)のAさん、Y社(あなたの出向先、子会社)のBさん、Z社(一般企業)のCさんとしましょう。
Z社のCさんからみれば、確にAさんとBさんはグループ会社同士の社員です。Cさんにすれば自分だけ他人の様な感覚ではないですか?
その為にもCさんのまえでは、AさんとBさんは距離を置くべきだと思います。
三人は対等な距離であると思っていただくためにも。グループ会社と言えど別会社である事を示すためにも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/28 19:14

No2,4です。


では例えを変えましょう。その一般企業にあなたの会社から出向されている方がいたとして、何と呼びますか?○○さんですか?○○ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もちろん、○○さんです。
私と山田さん(仮称)の場合はグループ企業です。
質問文がわかりにくかったかもしれませんが、私が疑問を抱いている前提は私と山田さんが「同じ会社の社員」であることではなく「同じグループの社員」であるということです。
設定を私が親会社からの出向ではなく、私が子会社に元からいた社員とお置き換えて考えてください。

お礼日時:2009/06/28 16:36

No2です。


○○さんを身内だと思っているのは、あなただけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうではないからここで相談しています。
外から見たら同じ会社の社員です。
勝手な断定はやめましょう。

お礼日時:2009/06/28 15:25

一律に考えるより、ご本人にいちいち確認しては?



「関連企業なんだからお客様の前では敬称なしだろう」と考える方もいるかもです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
人によるかもしれませんね。
ただ一般的なマナーとしてはどうなのか?と思い質問してみました。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/28 15:28

出向されているわけですから、出向先の人間としての立場で考えれば答えは出ると思います。

常に○○さんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外部の人から見たら身内をさん付けするなんて・・という風な違和感はないでしょうか?
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/28 14:02

あなたは出向している訳ですから、仕事中はいかなる場合も子会社の社員として通すべきです。


従って、仕事中はいかなる場合も山田さんで通すべきだと思います。
理由は二つ。
(1)この様な質問のように悩む必要がなくなる。
(2)出向先の社員との一体感を大事にするべきです。子会社の社員はあなたをどの様に見ていると思いますか?

当然(2)の問題の方が大事だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは外部に向けても「山田さん」で通すわけですね。
グループ外の企業の方は私と山田さんを同じ会社の社員のような眼で見ています。ですから私は「山田と相談します」とか「山田に連絡させます」という風に身内を呼び捨てにするわけです。
このようなスタンスも改めるべきなのでしょうか?
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/28 14:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親会社の人との電話時、社内の人間を呼び捨てにするのはおかしいですか?

あるメーカーの子会社(製造工場)に勤務しています。
親会社の営業さんと電話をすることが多いのですが、
社外の人相手と言うことで私は会社の人を呼び捨てにして話しています。
(△△係長を「ただいま△△は席を外しております」など。)

なのですがこの前、役職はつけた方が良いと上司から言われてしまいました。
確かに電話相手は社外の人と言っても、親会社ということである意味身内のようなものです。
実際に親会社の人の中には向こうの役職者を呼び捨てにしていない人も結構います。

本当はどう応対するのが正しいのか自信がなくなってきたので、ご意見をお聞きしたいです。
なお私自身は、上司から言われてしまった以上
役職をつけて親会社の人と電話しようと思ってます。

Aベストアンサー

ケースバイケースです。
一般的にはK-K-K-NAさんの認識であっています。
ただ、親会社と子会社の関係が#4さんのおっしゃるように、
実際は本社と支店くらいのスタンスの会社もあります。
その場合は上司の言うように役職をつけた方がいいです。
会社によって独自ルール・常識は異なったりしますから
こういう場合もあるんだ~くらいの気持ちでいいと思います。

ちなみに、新人の時に同じようなことを先輩に尋ねたら
「グループ会社だから役職なしでも大丈夫だけど、凄い新人だと思われるかもね~」
みたいなことを言われましたw

Q履歴書で親会社に言及する場合の敬称

転職活動中の者です。
みなさまにお知恵をお借りしたいことがあります。

履歴書の志望動機で親会社に言及する場合、
敬称はどのようになりますでしょうか。

「○○様」でしょうか?
それとも企業名をそのまま書くべきでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 転職経験者でかつ、最近も次の転職先を決めたものです。

 私の場合、履歴書に志望動機は書きません。
履歴書は、通常、ワードフォーマットのものを使っており、
ここには志望動機はありません。
(元々はあったのですが、私が削りました。)
市販の履歴書を要求された場合でも、
志望動機を書かなくて良いものを使用しています。
これは、会社によって、書類を変えたくないからです。
ということで、答えになってないかもしれませんが、
志望動機を書かないです。(^^;)

Q役員の敬称について

敬称について教えてください。

他の会社の人に対して「紹介」及び「呼称」するとき下記の場合「敬称」は必要ですか?
(社外の人に対して社内の人を呼ぶときは「さん」はつけませんが下記の場合はどうすべきでしょうか?・・・と言う事です)

(1)役員の場合は敬称は必要か?
(2)社外役員の場合の敬称は必要か?
(3)連結子会社の人に対する敬称は必要か?
(子会社ですので厳密に言えば社外の人ですが・・・)
(4)出向している人の敬称は必要か?

Aベストアンサー

(1)
社外の人に、社内の人を紹介する場合は、敬称は付けません。紹介をするのですから、補足の説明が必要かと思いますので、その場合は、「社長の○○です。」とか「取締役の△△です。」とかの表現にします。○○社長、△△取締役のように、名前の後に役職を付けると、その役職自体が敬称となりますので、社外の人への紹介としては不適切です。

(2)
社外役員の場合は、紹介する相手に、社外役員であることを伝える場合は、さん付けでもいいと思います。「社外役員をして頂いている○○さんです。」
社外役員であることを伝えない場合は、「取締役の○○です。」と紹介すべきです。

(3)
連結子会社であろうと、100%子会社であろうと、社外の人には違いないので、社外の人として対処すべきです。

(4)
自社から出向している人であっても、出向先の社員として働いているのですから、社外の人です。社外の人として対処すべきです。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q面接で親会社や、取引先の会社名を出すときの呼び方について。

私は大学生で現在、就職活動中です。今週末、ある大手企業のグループ企業の面接試験があります。

そこで質問なのですが、面接のときに親会社である大手企業の名前を出すとき、「○○様」と企業名に「様」をつけるべきなのでしょうか。(例:ソニーならば「ソニー様」)

説明会の時には社員の方が「○○様」と様をつけて呼んでいました。学生である私も面接の時には「○○様」と様をつけて呼んだほうがいいのでしょうか?

今回私が受ける会社の親会社自体は誰でも知っているような大手企業です。社員の方が「様」をつけていらしたので、学生である私も「様」をつけて呼んだほうがいいのか、それとも付けないほうがいいのか、または、別の呼び方があるのか・・・

親会社事態は、普段よく耳にする会社なので、「様」をつけることに若干違和感があります。

それともう一つ、取引先の企業には「様」をつけるべきなのでしょうか?それとも別の呼び方があるのでしょうか。
ちなみに取引先の企業も大手の企業です。

ご存知の方がおられましたら、ぜひアドバイスをください。

Aベストアンサー

面接の段階では「様」をつける必要はないと思います。「さん」と付ければ充分だと思います。
社員になればもちろん取引先や親会社になるので、礼儀として様を付けなければいけませんが。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報