質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

大会社の系列子会社の場合、子会社のトップは大会社の天下り組が多く、リストラ組(大会社で「要らない」と判断された人たち)が多いと聞いた事があるのですか本当ですか?ご回答よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

天下り・・・というか、親会社の一部署として動くことが多いので、親会社の部長職や役員(平取締役)が横滑りして社長になることが多いことは確かです。

また、親会社側の部長クラスで一時的にポストを与える余裕が無い場合に、子会社の役員として送り込む場合も無いわけじゃないです(何せ株主は親会社なので、子会社側も文句は言えない)。

ただ、子会社とは言え、基本的に親会社と連結決算をしますし、そもそも絶対的な社員数が多くありませんので、無能な人間を買っておく余裕は親会社ほどは無いのが普通です。ですので、必ずしも「親会社で不要な人たち」が集まっている訳じゃないですよ。「親会社の主流から外れた人たち」が来ることが多いことは確かですが、だからと言って彼らが無能だとは言えませんしね。

ちなみに最近は子会社でも「プロパー(自社採用)」の人が役員になることが多いです。そうでないと、社員のモチベーションが上がりませんから。子会社の不採算は、親会社の業績悪化に直結しますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
「天下り・・・というか、親会社の一部署として動くことが多いので、親会社の部長職や役員(平取締役)が横滑りして社長になることが多いことは確かです。また、親会社側の部長クラスで一時的にポストを与える余裕が無い場合に、子会社の役員として送り込む場合も無いわけじゃないです(何せ株主は親会社なので、子会社側も文句は言えない)。
ただ、子会社とは言え、基本的に親会社と連結決算をしますし、そもそも絶対的な社員数が多くありませんので、無能な人間を買っておく余裕は親会社ほどは無いのが普通です。ですので、必ずしも「親会社で不要な人たち」が集まっている訳じゃないですよ。「親会社の主流から外れた人たち」が来ることが多いことは確かですが、だからと言って彼らが無能だとは言えませんしね。
ちなみに最近は子会社でも「プロパー(自社採用)」の人が役員になることが多いです。そうでないと、社員のモチベーションが上がりませんから。子会社の不採算は、親会社の業績悪化に直結しますからね。」
私は天下り社員が全員が無能だなどとは決め付けてはおりません。前勤めていた会社が大手の系列会社の一つで、自社で叩き上げの管理職は総務係長のみで、残りの社長・業務本部長・同課長・経理部長・総務課長などは全員親会社からの天下り組でした。よく仕事場の上司や先輩・同僚たちが「あいつらは親会社からの左遷組だ。」とかよく話題にしていたので、気になり質問しただけです。うわさで聞いただけですが、ある業務本部長は親会社の会長一族に睨まれ、10何年間も子会社をたらい回しにされた挙句定年を迎え、親会社にも戻れず退職して行きました。任期を終えた社長が「親会社に戻り閑職に回された。」とかも聞きましたし、親会社で揉め事を起こしたりミスをやらかした人物が「左遷されて来た。」とかもよく聞きました。私などは平社員ですから、「流石親会社出は違うなあ。」と思っていましたが・・・。ケースバイケースで、当然左遷組だけで無く、優秀な人物も当然いるでしょうね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/11/22 19:03

いろいろです。



最近の言い方で言えば、ホールディングカンパニーがあって、親会社も含めて子会社の全体を考えて人事ローテーションされている場合が多いように思う。

参考例 パナソニックの社長
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9D%AA% …
子会社に出たり親会社に戻ったり。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。参考URL拝見しました
「いろいろです。最近の言い方で言えば、ホールディングカンパニーがあって、親会社も含めて子会社の全体を考えて人事ローテーションされている場合が多いように思う。
参考例 パナソニックの社長 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9D%AA%
子会社に出たり親会社に戻ったり。」
大坪文雄氏の場合はどう見てもキャリア組で優秀ですし、当然左遷組では無いですね。前勤めていた会社の親会社は同族経営の会社なので、どんなに頑張っても親会社の会長・社長にはなれません。会長・社長は親から子へと世襲制ですし・・・。全国に多くある系列会社もピンキリで、私がいた会社はキリの方で、社内研修でも「だからうちの会社はOOやOO(同じ東京都内にある別の系列会社)に比べると駄目なんだ!」とか、よく講師(社長・業務本部長・同課長・経理部長・総務課長・同係長)が話題に出していました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/11/22 19:28

このご質問の趣旨が不明ですが、そうである場合もあればそうでない場合もあるとしかいえません。




もともと子会社や関係会社の成り立ちは歴史的に色々です。

もともと親会社の一部門であったのを分離独立させたものもあれば、他社を買収して子会社になったものもあります。

子会社の経営者を指名するのは多くは親会社のトップですから、子会社の社長は親会社よりも低い地位であるのは普通です。

一般的には親会社の平取締役か部長クラスが子会社の社長というのは多いでしょう。
それが天下りの左遷組かというと、戦略的な事業でエースに経営させることもありますからそうともいえない場合もあります。
又買収で子会社化した場合は、元の会社の社員が実務を握っていて親会社から派遣された役員はお目付け役程度というのも多くあります。
小さな会社のたたき上げのエネルギーは、大会社のホワイトカラーにはまねできない所もありますから、どちらが優秀かは一概には言えません。

したがって結論から言うとその子会社の実態に応じてというしかありません。
子会社の経営者だからといって一様に天下りとか能力に疑問があるというのは偏見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
「このご質問の趣旨が不明ですが、そうである場合もあればそうでない場合もあるとしかいえません。
もともと子会社や関係会社の成り立ちは歴史的に色々です。
もともと親会社の一部門であったのを分離独立させたものもあれば、他社を買収して子会社になったものもあります。
子会社の経営者を指名するのは多くは親会社のトップですから、子会社の社長は親会社よりも低い地位であるのは普通です。
一般的には親会社の平取締役か部長クラスが子会社の社長というのは多いでしょう。
それが天下りの左遷組かというと、戦略的な事業でエースに経営させることもありますからそうともいえない場合もあります。
又買収で子会社化した場合は、元の会社の社員が実務を握っていて親会社から派遣された役員はお目付け役程度というのも多くあります。
小さな会社のたたき上げのエネルギーは、大会社のホワイトカラーにはまねできない所もありますから、どちらが優秀かは一概には言えません。
したがって結論から言うとその子会社の実態に応じてというしかありません。
子会社の経営者だからといって一様に天下りとか能力に疑問があるというのは偏見です。」
私は天下りがすべて悪いと思ってはいないし、すべての天下り組が能力的に疑問とは思ってはいません。前いた会社でも、「流石親会社出の人だな!」と言う感じの人もいれば、やたらに「俺は親会社出だ!」と威張るけど、「あれ?」と言う感じの人もいてその人によりけりでした。どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/11/22 19:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子会社の社長よりも親会社の部長の方が地位は高い?

日本の企業の場合、親会社の役員は子会社の社長よりも力があることが多いですが、親会社の役員ではない従業員の場合も子会社の社長よりは地位が上ですか?

Aベストアンサー

 かつて大手企業(製造業)に勤めていましたが、そこでもそんな感じでしたよ。子会社の規模にもよりますが、子会社の規模が数10人程度の従業員数であれば、親会社の部長が子会社に出向して社長を務めることがふつうにありました。子会社は親会社からの仕事を請け負って経営が成り立っているケースが多いので、どうしても親会社の顔色を見ながら仕事をすることになります。

Q民間企業の常務が関連会社に天下りって?

東電の常務が関連会社の社長になるそうですがこれってよくあることですよね?

どこが問題なのですか?

天下りって公務員の場合に使われる言葉ですよね?

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120523-00000895-fnn-bus_all

Aベストアンサー

問題視されるのは、グループ会社や「ゼロ連結会社」といわれるヤミ子会社へのOB天下り支配と随意契約発注が、ひいてはグループ全体での高コスト体質や経理操作などによる粉飾の温床になっているという、その典型例だからです。
ようするに身内で売り上げを付け回して上部クラスが利益を吸い上げているという構図であり大手グループ企業団ならどこでもやっていることですが、東電のように市民への独占的なライフライン供給を許された公共的な企業が役所と同じ基準を要求されるのは、ごくごく自然なことです。
他の大企業のような下請けいじめや労働者切り捨てに対しては日本政府とマスコミ・国民は異常に寛容ですが、「お役所体質の大企業による高い電気料金」という判りやすい搾取構造は政府やマスコミも無視出来ない、といったところでしょうか。

Q大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

今年、就職活動を行ない、大手メーカーの100%子会社二社を含めた四社より内々定をいただきました。
しかし、どこへ入社するべきかで迷っております。
そこでお尋ねしたいのですが、大手メーカーの100%子会社に新卒で就職するメリット・デメリットを分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
又、当該100%子会社の事業規模は年間売上高で400億、従業員数1000名程度です。

Aベストアンサー

短期間ですが、あるグループ会社の子会社におりました。

・メリット
どこの会社にいるのか尋ねられた時に、自信を持って答えやすい。

・デメリット
一定以上の役職に就けるのは、親会社から舞い降りてきた人のみということが多い(プロパーではいくら努力しようとも出世し辛いらしい)
組織にもよるのかもしれませんが、常に、親会社の人の顔色を伺った行動を取らざるを得ない。

・総評
「○○グループ」ということで、一見、知名度が高くて良さそうに見えますが、デメリットのほうが多いかもしれません。まさに「牛の尻尾よりも鶏の鶏冠」とは、このことではないかと。

親会社の人間にとって子会社はありがたい存在かもしれませんが、その逆のケースは考え辛いと思います。ありがたい存在というのは、親会社で業績不振などにあった場合、即クビではなく、子会社や孫会社などの関連会社に流してもらえることがあるからです。

Q親会社と子会社の給料の違い

私は某大手食品メーカーの子会社に内定を頂きました。
そこで、質問なんですが、やはり子会社だと親より給料やボーナスは少ないのでしょうか?

また、昇進などもなかなか出来ないのでしょうか?
これからのことに不安なためどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その会社次第ですね^^

私は大手企業の子会社に就職しましたが、
親会社より格段に多かったですよ。

でも、会社の平均月収、ボーナス比べてもあまり意味はありません。
勤続年数が増すたびに、同期でも給与にかなりの開きがでてきます。
要は実力次第ですね。

その子会社で通用する実力ではなく、
どこに行っても通用する実力を身につけるしかないんです。

そうなれば、その子会社でも必然的に給与は上がります。
もし、上がらなければ転職すれば良いわけです。
なんといっても、「どこに行っても通用する実力」をもっているわけですから。

ちなみに私は、6年勤めて初任給の、ちょうど倍額まで上がりましたよ^^

Q子会社から親会社への移動ってあるのでしょうか?

タイトル通りです。
第1志望は親会社だけれども、親会社には今は入れなくて、子会社になら入れる場合、親会社への移動が出来るならこの会社で働きたいのですが、そういうことってあるのでしょうか?仕事は同じようなこと(というか同じジャンル)です。
それとも別会社で経験を積んでまた今度、親会社にチャレンジしたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一部上場企業では非常に困難でしょうね!

私は、現在もコンサルタントとして転職のお世話をさせていただいておりますが、一部上場企業の場合、子会社や関係関連会社からの採用(転職・転籍)は行わない方針を打ち出している企業が多いです。
※会社によるが、一定期間他の企業で勤めている場合はチャレンジ可能などの措置はありますが・・・

これは、通常各関連会社ごとに人事部が責任を持って、人材を採用しているという点が挙げられます。
親会社から子会社への転籍は多いのですが・・・

大手の場合、親会社と子会社で仕事内容が同じということは少ないですね。
これは、規模的な問題です。
たとえば、ある大手IT企業でSEだったとします。
親会社では、扱う開発規模が200億
子会社での開発規模は10億
仕事の内容は同じですが、規模が違えば人脈が異なります。
それによって、実際仕事内容が異なるという事態に陥ってしまいます。

上記のことから、子会社から親会社への転籍があまり現実的でない、ということをお分かりいただけたと思います。

もし、その企業(親会社)へどうしても入社したいのであれば、同等規模の企業で経験を積まれて、転職されるほうが可能性は高いでしょうね。

実際、私がヘッドハンティングでターゲットにしている人材は、同等クラスで仕事をされていた方です。

一部上場企業では非常に困難でしょうね!

私は、現在もコンサルタントとして転職のお世話をさせていただいておりますが、一部上場企業の場合、子会社や関係関連会社からの採用(転職・転籍)は行わない方針を打ち出している企業が多いです。
※会社によるが、一定期間他の企業で勤めている場合はチャレンジ可能などの措置はありますが・・・

これは、通常各関連会社ごとに人事部が責任を持って、人材を採用しているという点が挙げられます。
親会社から子会社への転籍は多いのですが・・・

大手の場合、...続きを読む

Q社員を子会社へ出向させるのは何故ですか

大企業は社員を子会社へ出向させます。そして子会社の社員として働きます。なぜそんなことをするんでしょうか?子会社へ出向させるということは、親会社の社員ではなくなるので、その社員分の給料や経費かからなくなる、だから税金が安くなるということで出向させるのでしょうか?ただ連結決算されるので、いくら社員を子会社へやったところで会社全体の収支はかわらないと思うのですがどうなんでしょうか?

私の知っている上場企業はその企業から子会社へ出向させます。といっても職場は同じです。島が隣にうつったくらいで、距離にしたら2mくらいの場所へ移動しただけです。意味がないと思うんですが、なぜこんなことをするのか不思議です。

Aベストアンサー

子会社への出向は色々な意味合いがあります。
懲罰的な異動もあれば、その逆でキャリアを積むための場合もあります。
一般的な理由としては、親会社の社員数を見かけ上減らすことが出来るため、親会社の社員一人あたりの売上高を高く見せる効果があります。
連結決算なので良く調べればすぐ解ることですが、一見少ない人数で、高い売上、利益がある会社ほど高く評価され、株価にも影響しますので、大企業ほど積極的に部門単位で子会社化して、社員を出向させることが日常的に行われております。
よって不採算部門やパーヘッド(一人あたりの売上)の低い、手間のかかる業務(メーカーで言えばCSやアフターサービス部門など)は積極的に子会社化することで、本社の経営数値を良くすることができます。

Q出向ってどういうことですか?

上司がグループ企業に出向することになりました。
グループ内の言わば子会社にあたるのですが、
同じ課の先輩達は、転勤で送り出す時は餞別だけなのに、今回は会社から出る人だからと花束を用意して、課内で送別会もするそうです。
課長も、ヘッドハンティングだとか、これからは上司のスキルが大いに発揮できるというのですが、言葉通りに受け取って喜んでいいものなんでしょうか?

転勤や異動と出向では違うのでしょうか?
会社を出るというのは、上司はもう会社には帰って来ないと言うことなんでしょうか?
他の会社の社員になるということ?
それとも、会社は変わらず、派遣されるようなものなんでしょうか?それは上司にとっていいことなんでしょうか?
皆、出向という言葉以外には、多くを語らず、
聞きにくい雰囲気です。
遠まわしに左遷ということなんでしょうか?
今後、処遇はどうなるのでしょうか?

大変お世話になっていたし、信頼できる上司だっただけに、驚いて不安な気持ちで、どう対処していいのかわかりません。

本当のところを教えてください。
お願いします。

上司がグループ企業に出向することになりました。
グループ内の言わば子会社にあたるのですが、
同じ課の先輩達は、転勤で送り出す時は餞別だけなのに、今回は会社から出る人だからと花束を用意して、課内で送別会もするそうです。
課長も、ヘッドハンティングだとか、これからは上司のスキルが大いに発揮できるというのですが、言葉通りに受け取って喜んでいいものなんでしょうか?

転勤や異動と出向では違うのでしょうか?
会社を出るというのは、上司はもう会社には帰って来ないと言うことなんでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

出向とは何か

>転勤や異動と出向では違うのでしょうか?
>会社を出るというのは、上司はもう会社には帰って来ない
>と言うことなんでしょうか?
>他の会社の社員になるということ?
>それとも、会社は変わらず、派遣されるようなものなんでしょうか?それは上司にとっていいことなんでしょうか?

出向というのは、親会社から子会社へ出向く、いわゆる子会社の指導をするという意味だと思います。
席は定年退職するまでは、親会社に置いているのが普通です。子会社に転籍する人もいますが。
また、親会社に戻る人もいます。子会社で一応の実績が上がり、それが認められた場合ですね。
これは、定年前の恒例行事みたいなもので、子会社を指導してやって下さい。と言って、左遷みたいな人もいます。
または、若いうちの出向もあり、その場合は、社会勉強のためというのもあります。
出向というのは、その人にとって、微妙な立場に置かれたことを意味するので、まわりの人が、多くを語らずになってしまうと思います。
本人は、よかったー。という人もいれば、まいったなー。という人もいます。
出向されることで、出向先の身分が一つ上がる時もあります。課長→次長→部長→常務→専務→社長
出向先で社長という人も知っています。

結果、上司さんには、『おめでとうございます』で良いと思いますよ。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/shukko/shuk_1_1.htm

出向とは何か

>転勤や異動と出向では違うのでしょうか?
>会社を出るというのは、上司はもう会社には帰って来ない
>と言うことなんでしょうか?
>他の会社の社員になるということ?
>それとも、会社は変わらず、派遣されるようなものなんでしょうか?それは上司にとっていいことなんでしょうか?

出向というのは、親会社から子会社へ出向く、いわゆる子会社の指導をするという意味だと思います。
席は定年退職するまでは、親会社に置いているのが普通です。子会社に転籍する人もいますが。
また、親会...続きを読む

Q大企業の連結子会社と中小企業ならどちらがいい?

現在、就職活動をしており、小規模の会社を狙っています。
その際、規模が同じくらいの場合、大企業の連結子会社と中小企業でどちらがいい悪いというのはあるのでしょうか?
私の先入観としては、大企業の連結子会社では、親会社に頭が上がらなかったり、親会社の顔色をうかがわなければいけないので、やりたいことがなかなかできないイメージがあるのですが、そんなことはないでしょうか?

Aベストアンサー

どちらがいいか悪いかはtomo-chan1130さんが決める事ですが、
最近、私の勤め先も連結対象子会社になったのでその感想を・・・。

親会社が安定した信用ある企業なら、その子会社に対する社会的信用度は以前より格段に高くなります。財務的・営業的に他者から好意的に見られるということです。
反面、親会社色が濃くなったように見られる気もしますが、どうなんでしょう。
日本版SOX法対応とか、これまで無かった規制や制度に遵守するための対応に追われだしています。

>親会社に頭が上がらなかったり、親会社の顔色をうかがわなければいけない
・・・私もこれは子会社の経営陣が悩むことだと思います。社員は以前と変わりなく独自色を貫こうとがんばっています。

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q子会社化にすることによるメリット・デメリット

子会社化することによるメリットはその会社を親会社が支配でき、議決権を得ることだとは思うのですが、だから何?と思ってしまいます。

例えばトヨタ自動車や楽天は数多の子会社を持っています。子会社の子会社というのも存在しています。でも結局は連結決算されるのだから、親会社と子会社をわけなくて、いっしょくたんに一つの会社へしてしまっても問題ないような気がするんですが、しないのはなぜでしょうか?子会社にしてたくさん分けておくと税金面で得をするとかなんでしょうか?

Aベストアンサー

 連結決算で会社を見るようになった現在では、財務的にはあまりメリットはないといえますが、人事的にはかなり大きなメリットがあります。

 将来儲かる可能性があるが大きなリスクを伴う事業や、将来性が危ぶまれるが今現在は儲かっている事業などを行う場合、に子会社化しておけば、事業を精算するときに、赤字は親会社が引き継がなければならなくなりますが(赤字の子会社にお金を貸すような銀行は、親会社に債務保証を求めます。赤字の子会社が外部から資金を導入した場合、子会社が返済出来なくなった場合、親会社が返済する約束をしないと、多くの場合は、お金を出してもらえません。)、そこで働いていた人まで親会社に引き取ることは、基本的には求められません。
(子会社の従業員が雇用確保を親会社に求めても、道義的責任の範囲に留まります。)

 また生産性はないが継続しなければならない事業などでは、親会社が労働組合と約束した賃金とは全く異なった安い賃金体系を適用できます。


人気Q&Aランキング