いつでも医師に相談、gooドクター

なぜGSX250Eがザリ(ザリガニ?)とかゴキ(ゴキブリ?)とか呼ばれているのか教えて下さい。また、ザリとゴキのエンジンは同じ物で乗せ替え可能ですか?また、違っている場合はどの点が違うのか教えて下さい。

gooドクター

A 回答 (3件)

GSX250Eはスズキが出した初の4スト250ccですね。


当時、中型免許を取ったので、欲しかったバイクです。
1970年代のスズキ車のスタイルは、実用車的外観が
色濃く、1980年にGSX250Eが出たとき、バイク雑誌で
も「戦闘機スタイル」と、それまでのスズキとは異な
る斬新なスタイルで賞賛されたもんです。
しかし、1980年にカタナが発表され、125ccから1100
ccクラスまでカタナスタイルになり、初代GSX250Eは
「ザリ」と呼ばれるようになったようです。
タンク形状から、「ザリガニ」と称されたようですね。
まあ、ホンダでも「クジラ」やら「やかん」などがあ
りますから、あのころのデザインセンスはその程度かな。
私事ですが、その後1984年に発表されたGSX750E4に
乗っていました。黒とワインレッドのカラーです。
タンクが真っ黒で、扁平なので、シートにまたがった
時、上から見るとタンクが「ゴキブリの背中」にそっく
りなので、自称「ゴキブリバイク」と称してました。
でも、スタイルは好きでしたね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。ゴキブリ嫌いの僕は乗れそうにないですね。

お礼日時:2003/04/28 20:37

エンジンは型式は同一なので物理的には乗せ変えは可能です。

しかし点火方式が全く別物ですのでそのままでは、エンジンはかかりません。ポイント点火とイグナイター点火の違いです。解かり易くいうと機械的に接点を開閉させてスパークプラグに火花を飛ばす方式と、磁石とコイルさらにトランジスターを組み合わせて火花を飛ばす無接点方式の違いですのでハーネスの形状(たくさんの配線を束ねたもの)も違います。よほどの知識がなければエンジンはかからないでしょう。前者がザリ、後者がゴキです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど!危うく一緒と思いこむところでした。ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/28 20:35

ザリとはまた懐かしい名前・・・


1982年(81年だったかも)、スズキからGSX250Eが登場。このころのスズキのバイクは「性能はともかくスタイルが・・・」といわれていました。
この250も例外ではなく四角いかっこわるいタンクついてました。
これを「ザリ」と呼びました。ザリガニみたいだったから。
その後マイナーチェンジでカタナに似た外装ついたのが出ました。今の物知らぬヤンキーにいちゃんはカタナも「ザリ」と呼ぶみたいだけどそれは間違い。おれらは「小刀」と呼んでました。

ゴキちゅうのはわからんので他の回答に期待。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

これで謎が解けました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/28 20:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング