「教えて!ピックアップ」リリース!

IT企業に勤務していますが、会話の中でのカタカナに違和感を感じています。

例です。
「トリッキーなコードをマークアップして」
「バリューアップをはかって」(バリューアップ=価値向上)
「第一フェーズで・・・・第二フェーズで・・・フェーズ・・フェーズ」
「プライオリティ」(優先順位)

プログラム内のソースを日本語にしろとは言いませんが、
日本語にある言葉をわざわざカタカナにするのはなぜですか?
率先してカタカナ語を使う人は、顔が気持ち悪いので、
よけいに嫌悪感が募ります。
(カタカナ語が嫌いなのではなく、その人が嫌いなのかもしれません)
私は団塊の世代ではありませんし、
その気持ち悪い言葉を使う人はずっと年上の人です。

IT企業の社員はだいたいそういう傾向があるのですか?
格好良いと思って使っているのでしょうか?
IT系の雑誌を見ると分かりますが、
キャッチコピーにカタカナをたくさん使ってあるので、
今これが普通なのでしょうか?
仕事上、話をしなければならないので、
分からない言葉があると必死で辞書や雑誌で調べていますが、
時々いやになります。

A 回答 (5件)

こんにちわ


ありますよ。辞めさせる方法は簡単ですよ。
「おっしゃる意味がよく理解できないので、わかりやすくお願いします。」と言いましょう。
それで、詳しく説明できない場合にはその人間はまったくその事柄の内容を理解していません、まあ、ITの専門家の端くれの出がらしとしては確実に、内容を理解せず本や資料からの抜き出しを喋っているだけでしょうね。そういう人は多いですよ。気にしない方が良いですね。(できれば、相手せずに見えない所で冷笑してましょう)
後は、IT系の言葉は海外(特にアメリカ)からの輸入品ですので、馬鹿はそのまま理解せず使う傾向がたかいです。

色々、大変だとは思いますが、頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。
その手の人は本を熟読しているので
質問したら得意になって答えることでしょう。
ユーザー向けの資料にも分かりにくい言葉を使ってありました。
じゅうぶん言い換え可能な日本語があるにもかかわらず。

聞く相手の事を考えず
小難しい事をやっていることをアピールしたいだけかもしれません。
機会があれば言ってみたいと思います。

お礼日時:2009/07/26 18:25

>分からない言葉があると必死で辞書や雑誌で調べていますが、


>時々いやになります。
「カタカナ語」って思わないで、「英語」なんだと思いましょう。
英語はできないよりもできたほうが間違いなくいいですよ。
こういうカッコつけ用のカタカナ言葉、って普通に、普通に英語としてみると、別にITの専門用語なんかではなくて、ごくごく普通に日常会話で出てくる語彙ばっかりです。なんで、まあ、英語を勉強しているんだと思って、普通に覚えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、英会話が出来ると日常生活で役立つかもしれませんが、
日本語で事足りるのに、ところどころ英語を混ぜて、
話を回りくどくしている輩がどうも解せません。
正しい英語を、必要に応じて使える人は尊敬します。

>ごくごく普通に日常会話で出てくる語彙

ごく普通に英語交じりで話す人は、
周りにはほとんどいません。1名を除いて。

使い分けるしかないですね。
理解はするよう努めますが、感化されたくないというのが本音です。

お礼日時:2009/07/30 16:35

質問者が2度 例に挙げている「プライオリティ」なんてのは,


糸井重里が「第1回 オトナの基本用語:その1」で取り上げている一般的なオトナ語ですからねえ。IT企業に限定してこの件を云々するのは質問者がちょっと偏向しているかも。
http://www.1101.com/otona/2003-06-10.html

ただし。
そういう,分かってないのにさも分かってるような,キザったらしい言葉遣いをするオジサン上司を気に食わないと思っている人が多いから「オトナ語の謎。」ってコンテンツが人気を集めるわけで。てめぇ何だよその英語モドキはよぉ,と不愉快に思う感情は私もよく分かります。

>IT系の雑誌を見ると分かりますが、
>キャッチコピーにカタカナをたくさん使ってあるので、

質問者は女性ファッション誌や自動車情報誌などご覧になったことがありますか? あるならば,IT系雑誌に限定してこの件を云々するのは質問者がちょっと偏向しているかも。

ただし。
IT業界というのは確かに,英語ベースのコンピュータ用語,英語ベースのプログラム言語,英文そのものあるいは英文から翻訳された説明書など,英語に近しい環境にあるので。
マークアップ,フェーズ,プライオリティなどの用語は,話し相手が同業界の人間であるなら当然わかっているはずだと私なら思うでしょうし,意識せずにその言葉を使うこともあるだろうと私は思います。(同業界人ではない,顧客相手の商談の場なら,カタカナ用語を注意ぶかく言い換えようと意識し続けるでしょうけれど)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
幅広い業種の方とビジネスの話をする機会がないので
IT企業に限ったことではないかもしれません。

ファッション雑誌は見ます。
雑誌に出てくるキャッチコピーで
たまに、意味が分からない形容詞もあります。
写真見て、なんとなくニュアンスがつかめてくるような。
実際、雑誌のデザインをしている友人も
「作ってる自分ですら、このキャッチコピーはよくわからない(テキスト原稿は別部署で作成)」と言っていました。

優先順位は優先順位で良いじゃないか、と思いますが、
英語を日本語に言い換える事が困難だと思う人もいるんですねぇ・・・

お礼日時:2009/07/22 16:10

すみません、再度1番ですが、


質問者さんが意識して「使わない」のも自由ですし、
それを面と向かって注意するような人はいないと思いますので、
それはそれでいいと思います、

ただ、どの産業でもそれぞれの業界において、重用される専門用語というのは必ず有るので、
意味だけは知っておいた方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
使わなくても済む場合のほうが多いですが、
意味だけはとりあえず理解するようにします。

お礼日時:2009/07/22 15:48

別に意識して使っている訳ではないと思いますよ、


この業界自体が欧米文化を発祥としているので、
英文のオンパレードになるのは致し方なしでしょう、

実際、マウスの右を“クリック”という表現でも、
クリックは“押す”とも言えるけど、使わないですよね?
それ以外にもカタカナ言葉はあふれるほどありますけど、それを変だと思いますか?
恐らく意識せずに使っているでしょう、
それと同じで、業界用語として存在するようなカタカナ言葉(英語)は自然と出てしまうのが実状です(カッコイイからなんて事はありませんよ)、
それにわざわざ日本語に言い直す方が面倒なんですよ、
(英語で通用するのに、再度変換なんて非効率ですし)
まあ、使う程度の差は個人によりけりですが・・・
この業界で仕事をするのであれば、質問にあるような用語などは知っておいて当たり前レベルだとは思いますが。

この回答への補足

変だと思うカタカナと、変ではないカタカナがあります。
今これを読んでいる方で、クリックが分からない人はいないと思います。
マウスとか機器そのものであったり、操作やソース内のコードについては
特に何も感じません。
気になるのは、それ以外の言葉です。

知っていても「プライオリティが・・」と発言するのはやはり
照れてしまいます。
なので私は極力使いません。

補足日時:2009/07/21 17:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。(お礼を書き忘れてしまい申し訳ございません)

お礼日時:2009/07/22 15:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング