『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

全盛期の佐山さんの(プロレスではなく)、格闘技の強さは、どれぐらいだと思いますか?

私は何らかの大会に出場した場合、せいぜい予選落ちの三流レベルだと判断しています

しかも、本当はかなりの臆病者だとも判断しています

マ‐ク・コステロ戦は一方的な負け(しかも反則の投げでごまかす始末)

大道塾チャンピオンとのエキシビションでは、手も足も出ず、左腕を折られかけています

UWF最後の前田戦では、前田さんにめちゃくちゃにされている上に、完全にビビっているのが分かります(ただしあの試合がシュ‐トならばの話ですが)

また、バラエティー番組でのゲームではありますが、アンディ・フグにめちゃくちゃにされています

黒崎健時さんは、ロブ・カ‐マンと試合すれば、勝負にならないと明言しています

皆さんは、佐山さんの強さは、どの程度だと思いますか?

※プロレスは、評価に持ち込まないようお願いします 

※佐山さんに対する中傷ではありませんので、過剰反応しないでください

私は佐山さんのファンですが、彼はあくまで理論面が優れているだけで、格闘技の実力が低いのではないかと、冷静に言っているだけです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

彼の年齢的全盛時は、プロレス、タイガーマスク時代です。

それ以前の格闘技戦は、単にジムに通ってかじってたから、借り出されただけです。いわゆるシロウトみたいなもの。

Uの時は、前田の仕掛けに対して、観衆の前で見せる内容にするための苦肉の策だと言われています。

後年は、全盛ではないでしょう。シューティングにしろ、すでに指導者としてしかか係っていませんから。

つまり、論争としては、まったく焦点が欠けているということです。全盛期に総合をもっと練習していたら・・・というIF論では、みなさんの想像上の話だけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おっしゃる通り、あくまでIF論ですから「正解」は存在しませんね。ただ、U時代の佐山さんは(年齢的にピークだったと思いますが)、「弱い」とキックの師匠である黒崎さんは明言していますし、大道塾チャンピオンとのエキシビションも、選手としてピークに近い年齢でしたので、まさかあそこまで一方的にやられるとは思わず、余りの弱さに失望したのが本音です。とは言え冷静なご意見感謝します。

お礼日時:2009/07/23 09:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング