「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

村上春樹さんの小説「IQ84」についての質問です。

作品の中で、寝る前に天吾さんがふかえりちゃんに読み聞かせをするシーンがあり、そこで登場する「猫の町」というお話についてお聞きしたいのですが、
このお話は特に誰の作品というクレジットもなく、引用の断りも入ってなかったので村上さんの創作小説だと思っていました。

しかし先日、萩原朔太郎さんの作品に触れる機会があり、ふとページをめくってみると「猫町」という作品が載っており、旅の途中で猫の町に迷い込む設定などが酷似していました。

かなり短い小説なので添付のURLに飛んで頂けると幸いです。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000067/files/641_2 …

これは、萩原朔太郎さんの著作権が切れていて特にクレジットは必要ないということでしょうか。
お金は発生しないにしても、全く断りなしに引用してもかまわないのでしょうか??

以前、映画「ゲド戦記」において作品中に登場する「テルーの唄」の歌詞が萩原朔太郎さんの「こころ」という詩に影響を受けているのに
「オマージュ作品」と明記しなかったことで問題になり、
今後新しく販売されるDVDにはクレジットが明記されるようになりました。

この例のように問題にはならないのでしょうか?
細かい質問で恐縮ですが、萩原朔太郎さんの愛読者として気になったため質問いたしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接の回答ではありません。


萩原朔太郎氏の「猫町」は、英国に類似の作品があります。
「Ancient Sorceries 」(Algernon Henry Blackwood)と云う作品です。ブラックウッドの方の初出は判りませんでしたが、1908年の作品集には既に収録されている所を見るとそれ以前でしょう。
朔太郎の方は1935年「版画荘」が初出らしいので、先行性と云えばブラックウッドの方に軍配があがりますが、多分英国あたりの伝説を小説にしたのだろうと記者は考えています。江戸川乱歩氏の「怪談入門」にも似た作品として掲げられています。(「幻影城」-岩谷書店、後に各種-に収むる)
朔太郎がこの洋書を見たのかあるいは、その内容を知友からでも聞いたのか迄は詳らかにしませんので、ブラックウッドの作を知らずに書いたと云う事はありえます。
ブラックウッドの翻訳については、参考URLを御覧下さい。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/ta/sfb/blackwod.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えてgooの回答者さんの中には、
本当に博学な方がいらっしゃいますね!
無知な自分が恥ずかしいです。

そもそも朔太郎さんの作品自体が似ているのですね。
ブラックウッドや江戸川乱歩の作品は知りませんでした!
これは果たして誰が最初?といったところですが、
「猫町」自体は興味深い話ですし、「IQ84」でも
効果的に使われているので知ることができてよかったです。

この場合、誰のものでもない、「ももたろう」のような
ものがたりであり著作権うんぬんは関係ないのでしょうか??
(「ももたろう」にも著作権はあるのですかね??)

☆おそらく読んでいらっしゃらないとは思いますが、
この場をお借りして謝罪させてください。
村上春樹さん、あらぬ疑いをかけてしまって申し訳ありません。
「IQ84」は大変楽しく読ませて頂きました…

LN-TFさん、早速の回答ありがとうございました。
もし著作権に詳しい方がいらっしゃいましたら
上記の疑問もお答え頂ければ幸いです。

お礼日時:2009/08/13 18:15

御質問がありましたので、補足を。


著作権と云うと、多くの人は所謂複製権や類似表現の問題が思い浮かぶと思いますが、同一性の保持と云う権利もあります。
権利の種類によって譲渡可能とか保護期間とかが異なります。
又、わが国は発生主義と云って、著述が出来た時あるいは(雑誌等に)発表したときに権利が発生します。
一般に、著作物は著者の没後50年間保護です。共著、共同著述の場合は一番最後に亡くなった方の没後50年です。法人等の名義のものは発表後50年です。この起算は著者没年の翌年の元日から起算します。但し、映画などは発表後70年に改正されました。
従って、古い伝説や、平安文学などは誰が出版しようと著作権上は問題ありません。但し、注釈や評釈などは別に著作権があります。

もう一つの、同一性の保持の権利です。これは著者の許可なく勝手に改竄をしてはならないと云う事です。

「桃太郎」や「浦島太郎」「花咲か爺」等は、著作者不明の上、保護期間を経過した事は明らかなので上述の保護の対象にはなりません。但し、これを再話した絵本や童話集などの文章には著作権がありますのでご注意を。
(補記)
江戸川乱歩の「幻影城」は評論集・随筆集です。「怪談入門」と云う解説的記事の中でふれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々回答ありがとうございます。
ご親切に感謝いたします。

>同一性の保持の権利
これは知りませんでした。なるほど…

☆著作権は作品ができたとき・発表したときから発生する
☆没後50年保護される
のですね。

そして、
>これは著者の許可なく勝手に改竄をしてはならないと云う事です。

だから「猫の町」はページの都合上、要約してあるものの内容は
同じなのですね。そして作者名も不確か(朔太郎さんとも限らないし、乱歩さんかもしれない、はたまた…)なので、特に作者名は「IQ84」においては書かれなかった。

どおりで、よく海外文学や洋楽の歌詞を引用する村上さんなのに、作品名が載っていないのは変だなぁと思ったのです。

>従って、古い伝説や、平安文学などは誰が出版しようと著作権上は問題ありません。但し、注釈や評釈などは別に著作権があります。

へー!だからか、源氏物語などはたくさんの人の現代語訳がありますもんね。個人的には瀬戸内寂聴さんが好きですが…
注釈や評釈にも著作権があるのですね、こちらも本の一部ですもんね。

>「桃太郎」や「浦島太郎」「花咲か爺」等は、著作者不明の上、保護期間を経過した事は明らかなので上述の保護の対象にはなりません。但し、これを再話した絵本や童話集などの文章には著作権がありますのでご注意を。

なるほど、よくわかりました。

「怪談入門」もチェックして読み比べてみたいと思います。
作者によっていろんな猫の町が描かれていると思うと楽しみです。

詳しい回答ありがとうございました。
勉強になりました!

お礼日時:2009/08/13 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q純文学の定義って何ですか?

小説を大衆小説とか純文学とかってカテゴライズしますよね。
大衆小説=エンターテイメントと捕らえると、小説の娯楽としての性質上すっきり理解できるのですが、純文学というのが何なのか良くわかりません。
江戸時代の娯楽としての歌舞伎が現代では古典芸能になったように、明治時代の大衆小説としての文芸が現代の純文学になった。
つまり、明治大正昭和的雰囲気の小説のことを指すと考えていいのかなとも思ったのですが、なにか分類の定義か指針があれば、教えてください。

Aベストアンサー

大衆文学ってのは近代の枠の中でやってるもの。
純文学ってのは常に形式を壊していくもの。

とすれば一応の定義はできるかも。
この場合の近代というのは脱構築と対応する意味での近代ということで。

でも純文学の定義って難しいんじゃないすかね。
第一に純文学って誰にでも書けるものというわけじゃないから、そうした客観的なものさしをつくれないし。

あ、あと念のため言っておくと、芥川賞は純文学を担保するものじゃないですよ。
芥川賞がそういうベクトルに機能したのは戦後のごく一時期だけです。
だって最近の、石原が審査員をやるような芥川賞なんて
獲りたいやついるか?って感じだろうし。
ほとんど意義を失ってるみたいです。

Q銀魂 真撰組の「御用改めである」という台詞

銀魂超初心者です。アニメでしかみたことありません。ケーブルテレビで4月から始まりました。1話から爆笑しっぱなしで、はまってしまいました。新八くんの姉上は優しくて強いかたですね!

ところで、真選組の「御用改めである」と言う台詞、これはどういう
意味ですか?本物の新選組も言っていたのですよね?それとも、これは
時代劇全体に共通する決まり文句なのでしょうか?

Aベストアンサー

所謂本物の方しか知りませんが・・・

御用:幕府の名による逮捕
改め:事実かどうかを確認

御用改めである:逮捕すべきかどうかを確認する
今で言うところの「強制調査」となります。

新撰組は幕末の京都における位置づけは今で言う警察です。

御用は江戸時代には普通に使われており、同じく警察に相当する奉行所において逮捕する場合に「御用だ」と言っています。


人気Q&Aランキング