【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

時代にもよるかもしれませんが琉球王国時代の宮古・八重山諸島は琉球王、および薩摩の支配をうけていたのでしょうか。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

先史時代は縄文文化の影響は殆んど見られず、台湾との共通点が指摘される土器が多く見つかっている。

約800年前ごろからカムイヤキや鍋形土器など、本島さらには北方との関係がみられるようになる。記録としては、714年(和銅7)に「信覚」などの人々が来朝したと記されており(『続日本紀』)、「信覚」は石垣島を指すといわれる。 

 14世紀から15世紀に沖縄本島に興った琉球王国による海上交易の中継地として次第にその影響圏に置かれた。1500年に石垣島の按司オヤケアカハチが反旗を翻すと、尚真王は征討軍を編成するが、宮古島の豪族・仲宗根豊見親が先鋒となって石垣島に上陸し、オヤケアカハチを討ち取った。これによって先島のほぼ全域が琉球王国の支配下に入ったが、与那国島では女首長サンアイイソバ(サカイイソバともいう)による独立状態がしばらく続いた。

 1609年、薩摩国の島津氏による琉球王国侵攻以降、薩摩の過酷な搾取に窮した琉球王府は、先島諸島に対して人頭税を導入し、ここから搾取した。このため、先島の各地には子供や妊婦を処分する遺構が残されている
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ならびにご丁寧なご説明ありがとうございます。以前、八重山の
西表島に住んでいた(というかバイト)ことがあるのですが、沖縄本島とはちょっと違うなと考えておりました。与那国の女首長というのも興味もちました。

お礼日時:2009/08/21 18:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q琉球の兵が薩摩に対抗できなかった理由 1609年

1609年に薩摩の兵3000が琉球に侵攻し4000の琉球の兵が破れて和睦のあと支配されることになった件で疑問があります。
帆船で長期航海を行い(激しい船酔いや士気の低下も想定される)、兵糧も十分ではなく土地勘もない薩摩の兵が、なぜ琉球を短期間で侵略出来たのでしょうか?琉球の方が交易も活発で薩摩よりも豊かであるような気がします。また薩摩は関ヶ原で直前に兵力を失っているとも思えます。
なぜ薩摩が琉球に侵略できたのでしょうか?琉球の兵力、軍備、他国との戦闘(琉球が他国を侵略したような事実もあれば)など付随する情報がありましたらお願いします。薩摩側の被害も教えてください。

Aベストアンサー

薩摩が琉球を侵略できたのは、琉球軍の作戦が悪かったからです。

その前にまず・・・

1.薩摩軍の航海について・・・薩摩軍はまず琉球の支配下にある奄美諸島の攻略に行きます。島々を攻略しながら沖縄に近づいていきますが、島と島との間は短く、ほとんど1日から2日で到着しており、海上で何日も過ごすという事をしていません。
島々の制圧期間を除くと、薩摩の山川港から奄美大島までは途中の島で一泊しましたが、それを入れて2日で着いていますし、その次の徳之島へも1日で着き、その次の沖永良部島にも1日で着き、次の沖縄本島にも1日で着いています。
島々での戦闘があったから薩摩から沖縄本島への到着は20日以上かかりましたが、航海日数だけで言えば必ずしも長くありません。これを長期航海と呼べるのか・・・私は疑問に思います。
また、薩摩は朝鮮出兵で水軍を出していますし、関が原の戦いにおい残存部隊が本国に戻る際には、海路であり黒田水軍と戦ってもいます。豊臣政権以降の薩摩の兵は海路を利用して派兵される事が多いので、船に慣れている者も多いと思います。

2.兵糧について・・・薩摩は琉球遠征にあたり五ヶ月分の兵糧を用意しました。3月4日に出航し4月初めには琉球は降伏しています。1ヶ月で戦いは終わっており、薩摩軍の兵糧が十分ではないというのは疑問です。

3.土地勘について・・・琉球を攻めるにあたり、水先案内人としてトカラ列島の七島衆が薩摩に味方しています。

4.豊かさについて・・・琉球が降伏した後、薩摩の検地では琉球は11万3千石と出ています。当時の島津は58万7千石ですから、琉球の石高は薩摩の五分の一です。石高から言うと、琉球が薩摩より豊かであったかについては疑問符が残ります。

5.兵について・・・諸説ありますが薩摩は関が原で1500の兵を動員し、三分の二を失ったと言われています。ただ、薩摩の石高から言えばもっと兵を動員する事は可能でした。例えば豊臣秀吉の朝鮮出兵では1万人の動員を命じられています。兵士の動員方式に百石三人制というのがありますが、これを薩摩に当てはめれば1万7千人は動員可能であり、しかもこれは限界の数値ではありません。関が原で薩摩が兵を失ったのは事実ですが、薩摩の動員能力から言うと、損害は少ないものでした。

6.薩摩の損害は100から200人ほどだそうです。

琉球軍の敗因・・・まず琉球王国の一角を占めていた奄美諸島では、薩摩の鉄砲にしてやられました。
奄美大島では島民3千人を集め砦を築いて薩摩軍に抵抗しようとしましたが、薩摩の鉄砲に敗退しました。
「棒の先から火が出る武器に驚いて逃げ去った」とか、徳之島でも「目にもとまらず棒の先から火が出て打ち倒した」とあり、どうやら奄美諸島の人達はあまり鉄砲の事を知らず、その威力の前に敗退したようです。
沖縄本島の場合は、作戦ミスです。
琉球軍は北部の良港である運天港を守るために千人の兵を今帰仁城に配置しましたが、まずここを薩摩軍に攻められ壊滅します。
薩摩軍はその後、読谷山の付近で海路、那覇港へ向かう部隊と、陸路、首里へ向かう部隊の二つに分かれ、二方向より進撃します。
琉球軍は薩摩軍が那覇港に来ると思い三千の兵をここに配置し守りを固めていました。薩摩の水軍はその那覇港の守りの堅さに一度は敗退しています。
しかし、琉球軍は陸路、進撃してくる薩摩軍の早期察知には失敗しており、気付いた時には手遅れで首里目前でこの薩摩軍を食い止めるには兵力が100人ほどしかなく、この部隊も結局薩摩軍に壊滅させられました。
そして首里に迫った薩摩軍に琉球の王は降伏を決断します。
つまり琉球軍は多いとは言えない貴重な防衛戦力を北部に派遣して各個撃破され、情報収集を疎かにして薩摩の進撃路を読み誤って陸路の防備を疎かにし、薩摩軍に敗北しました。
つまり琉球軍は情報と兵力の集中に誤りがあったための敗北です。
なお、沖縄本島の戦いでも薩摩の鉄砲に痛手を受けたようなので、薩摩の鉄砲にしてやられたという部分もあるかと思います。

薩摩が琉球を侵略できたのは、琉球軍の作戦が悪かったからです。

その前にまず・・・

1.薩摩軍の航海について・・・薩摩軍はまず琉球の支配下にある奄美諸島の攻略に行きます。島々を攻略しながら沖縄に近づいていきますが、島と島との間は短く、ほとんど1日から2日で到着しており、海上で何日も過ごすという事をしていません。
島々の制圧期間を除くと、薩摩の山川港から奄美大島までは途中の島で一泊しましたが、それを入れて2日で着いていますし、その次の徳之島へも1日で着き、その次の沖永良部島にも1日で...続きを読む

Q薩摩の琉球王国侵攻について

薩摩による琉球侵攻についてですが、

・なぜ薩摩は琉球に侵攻したのか。
・侵攻による利益,不利益は何か。

がわかりません。ぜひご教授いただければと思います。

そして、
・現在につながるもの、遺跡....etc....
なども紹介していただけると助かります。

よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------
最後に、一応・・・・・
以下、wikiのコピペ

薩摩による琉球侵攻

16世紀後半、豊臣秀吉が明とその進路にある李氏朝鮮を征服しようとし、琉球王国に助勢を命じたが、明の冊封国であったため国王は一旦拒否した。しかし、実際に文禄・慶長の役で日本が朝鮮半島に攻め込んだ時には、琉球は日本軍に食料を提供し、日本軍の兵站の一部を担った。

1609年(琉球暦万暦37年・和暦慶長14年)、薩摩藩の島津氏は3000名の兵を率いて3月4日に薩摩を出発し、3月8日には当時琉球王国の領土だった奄美大島に進軍。3月26日には沖縄本島に上陸し、4月1日には首里城にまで進軍した。島津軍に対して、琉球軍は島津軍より多い4000名の兵士を集めて対抗したが敗れた。4月5日には尚寧王が和睦を申し入れて首里城は開城した。

これ以降、琉球王国は薩摩藩の付庸国となり、薩摩藩への貢納を義務付けられ、江戸上りで江戸幕府に使節を派遣した。その後、明を滅ぼした清にも朝貢を続け、薩摩藩と清への両属という体制をとりながらも、琉球王国は独立国家の体裁を保ち、独自の文化を維持した。琉球王国が支配していた奄美群島は、薩摩藩直轄地となり分離されたが、表面上は琉球王国の領土とされ、中国や朝鮮からの難破船などに対応するため、引き続き王府の役人が派遣されていた。

薩摩による琉球侵攻についてですが、

・なぜ薩摩は琉球に侵攻したのか。
・侵攻による利益,不利益は何か。

がわかりません。ぜひご教授いただければと思います。

そして、
・現在につながるもの、遺跡....etc....
なども紹介していただけると助かります。

よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------
最後に、一応・・・・・
以下、wikiのコピペ

薩摩による琉球侵攻

16世紀後半、豊臣秀吉が明とその進路にある李氏朝鮮を征服しようとし、琉球王国に助勢を命じ...続きを読む

Aベストアンサー

薩摩藩が琉球王国を支配下に置こうと考えたのは薩摩藩を成立させる為です。薩摩藩の領地は、桜島の度重なる大噴火の影響で痩せた火山灰地が多いのです。それなのに家臣の数が多い。とても食べていけない。戦国時代末期に、九州を統一しようかという勢いで勢力を拡大しましたが、時既に遅しで秀吉が天下を統一したので、拡大した領地を失い、元々の薩摩・大隈・日向が安堵されただけだった。元の木阿弥。関が原の合戦でも西軍に加担して、家康に敵対してしまったので領土を守るだけで精一杯だった。そういう風に幕府からは警戒される存在になってしまったので、もう本土には領地を拡大できる可能性は全く無かったのです。

このままでは家臣を食べさせていけない。そこで眼をつけたのが琉球王国です。北方に拡大することが不可能なら、南方に拡大するしかないわけです。

これが大成功して、薩摩藩は外様名ながら西南雄藩と呼ばれる経済力を持つことができました。琉球王国特産のさとうきびから作った黒糖を薩摩藩の専売とできただけでなく、琉球王国が中国から移植したサツマイモを薩摩藩に持ち帰って薩摩藩でも栽培して飢饉でも餓死者を出さずに済んだ。サツマイモは火山灰地の痩せた土地でも栽培することができたのです。

なお薩摩藩と琉球王国は戦争をしたわけではありません。薩摩藩の意図が伝わらなかった当初は、局所的に散発的な戦闘がありましたが、薩摩藩の意図が琉球王国を服属させることだけだと分かると琉球王国はあっさりと薩摩藩の支配を受け入れました。戦国時代、秀吉の朝鮮出兵と勇名を馳せた薩摩軍に対抗できる軍事力など元々琉球王国にはありませんでしたから。

薩摩藩が琉球王国を支配下に置こうと考えたのは薩摩藩を成立させる為です。薩摩藩の領地は、桜島の度重なる大噴火の影響で痩せた火山灰地が多いのです。それなのに家臣の数が多い。とても食べていけない。戦国時代末期に、九州を統一しようかという勢いで勢力を拡大しましたが、時既に遅しで秀吉が天下を統一したので、拡大した領地を失い、元々の薩摩・大隈・日向が安堵されただけだった。元の木阿弥。関が原の合戦でも西軍に加担して、家康に敵対してしまったので領土を守るだけで精一杯だった。そういう風に幕...続きを読む


人気Q&Aランキング