知り合いが心筋梗塞と診断されました、近々手術を行います。そこで、食事など、このような事をすると予防になるよとか、これは心筋梗塞の人にいいよというのがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ここが参考になるかもしれません。




「突然の心筋こうそく」~食事と日常生活~

http://cgi2.nhk.or.jp/kenkotoday/2001/20000726/i …

参考URL:http://cgi2.nhk.or.jp/kenkotoday/2001/20000726/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/04/15 12:52

 直接の回答ではありませんが,下記サイトは参考になりませんか。



  ◎ 循環器病情報サービス (↓1番目)

 「食事について」の「予防と改善のための食事療法」や「疾病別食事療法」の「虚血性心疾患」。「知っておきたい循環器病あれこれ」の「酒、たばこと循環器病」,「心筋梗塞、狭心症とその治療」,「心筋症とはどんな病気」,「心臓リハビリのQ&A」,「循環器病の食事療法」,「運動と循環器病」,「ストレスと循環器病」,「飲酒、喫煙と循環器病」,「心筋梗塞、狭心症-その予防と治療」等。

 ◎ 札幌厚生病院循環器科 (↓2番目)

 「循環器系生活習慣病」の「虚血性心疾患」,「尿酸と循環器病」,「喫煙と循環器病」,「塩分と循環器病」,「飲酒と循環器病」,「ストレスと循環器病」,「有酸素運動しよう」,「肥満の食事療法」,「肥満と循環器病」,「生活習慣病と食事」,「入浴と循環器病」など。「サイト内の検索」で「心筋梗塞」を検索する方が簡単かもしれません。

 ご参考まで。

参考URL:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/cvdinfo.htm, http://www.gik.gr.jp/~skj/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どんな情報でも知りたかったので助かりました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/04/15 12:54
  • 虚血性心疾患<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    高齢者での特殊事情  米国の65歳以上の高齢者では、その3割の人が狭心症を含めた虚血性心疾患(狭心症(きょうしんしょう)、急性心筋梗塞(しんきんこうそく)など)の臨床的徴候を示すといわれており、日本でも高齢社会の到来とともにポピュラーな疾患になってきています。  75歳未満では男性に多くみられる病気ですが、75歳以上では男女間の差は少なくなり、85歳以上ではほぼ同じ頻度になります。また、虚血性心疾患による死亡者の85%は65歳以上であるといわれています。 狭心症の場合  狭心症のひとつである労作性(ろうさせい)狭心症は、歩行などの運動や労作によって1〜15分続く前胸部痛、前胸部不快感などが誘発され、安静あるいはニ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれは心筋梗塞の前触れとかですか?

最近、母が心筋梗塞を起こしかけて倒れました。幸い処置が早かった為、薬を飲むだけで、大きな手術とかはしませんでした。
発作が起こったときに、母が、「胸がおかしい!痛い!左腕が変!」と叫んでいました。そこで気になったのですが、ここ何年か私も月に一度くらい、胸の辺り(右・左関係なく。右脇の下に近いときもあります。)がズキズキと痛み、その時と同時かは分からないのですが手先が痺れる様な感覚を時々おぼえます。たいてい「あれ?そういえばいつの間に治まったんだろ?」って感じで30分後や1時間後くらいには何も感じなくなっています。ですが、母のことがあって以来、その症状が出ると、「私も心筋梗塞や狭心症なのだろうか?これはその前段階症状なのだろうか?」と不安になります。
何の症状も出ていないときに循環器科(ですよね?)を受診して、心筋梗塞などが分かるものなのでしょうか?今度、乳がんの超音波検査をするのですが、そのついでにわかるものではないのでしょうか?最近採血を何度かし、そのときに何も異常は出ていなかったようなのですが、検査項目が違うものなのでしょうか?
なんだか気になって仕方がありません。もちろん症状がひどくなるようでしたらすぐに病院に行きますが、とりあえずご意見をうかがいたくて。
よろしくお願いいたします。

最近、母が心筋梗塞を起こしかけて倒れました。幸い処置が早かった為、薬を飲むだけで、大きな手術とかはしませんでした。
発作が起こったときに、母が、「胸がおかしい!痛い!左腕が変!」と叫んでいました。そこで気になったのですが、ここ何年か私も月に一度くらい、胸の辺り(右・左関係なく。右脇の下に近いときもあります。)がズキズキと痛み、その時と同時かは分からないのですが手先が痺れる様な感覚を時々おぼえます。たいてい「あれ?そういえばいつの間に治まったんだろ?」って感じで30分後や1時...続きを読む

Aベストアンサー

やはり心配だったら専門の先生に症状などを話して
検査してもらった方がいいでしょう。
血液検査だけでなくいろいろあるはずです。

わたしは今甲状腺の病気になっていたんですが
その症状が出たときにとても不安で友達に相談したんです。
友達も何種類も病気をもっており、かなり詳しかったのですが
やはり これと決めて検査をしないと分からない病気あるようです。
血液検査も全部してくれるわけではなく、こちらが希望しないと
してもらえないこともありますから。

なのでやはり乳がんの検査をされるときに、一緒に受けて
検査してもらってください。
ちゃんと心配なことや症状などいった方がいいですよ。

Q心筋梗塞の手術費用

父が昨年心筋梗塞で、心臓カテーテルの処置を受けましたが、先日再発し次はバイパス手術する事になりました。
どなたか、費用と国保が利用出来るか、おしえてください。

Aベストアンサー

症状によって、違いはあると思いますが、
 入院、3週間で、バイパス手術をして、
 心臓カテーテル2回(術前、術後)で、
 個人負担(3割)は、120万位と思います。
 しかし、高額医療のため、
 内、90~100万は、数ヶ月以内に戻ってくると
 思います。
 もし、現在のその金を、用意できないときは、
 病院で相談すれば、よいと思います。
 でも、20万から30万は、支払う必要があると思います。
 命がその金額で、助かるなら・・・・。

Q心筋梗塞と歯痛の関連性

心筋梗塞の前触れのひとつに歯の痛みがあるそうですが、どういう関連でそうなるのでしょう。

また場所の範囲は歯ごとでしょうか、それとももっと広範囲でしょうか。
またどのくらい続くものですか?

Aベストアンサー

それを説明しているページを見つけました
http://evltns.com/1886.html

Q心筋梗塞の手術を受けた人のその後の寿命

今日10月14日の朝日新聞に心筋梗塞、狭心症の手術(カテーテル、バイパス手術)を受けた人の5年後の生存率がリハビリで2割アップするとの記事がありました。そもそも、5年後の生存率は何割でしょうか。また、手術後に同じ箇所で再発するのでしょうか。

Aベストアンサー

 国内文献のデータ
(NO.114 標  題 虚血性心疾患の術後遠隔成積とQuality of Life アンケート調査の分析
著者名 水谷哲夫,片山芳彦,下野高嗣,金森由朗,松岡正紀,井村正史,東憲太郎,田中国義,新保秀人
出  典 胸部外科 VOL.41 NO.3 PAGE.213~219 1988)
によれば

 虚血性心疾患《心筋梗塞、狭心症などの総称》に対して外科的治療《手術》を行った160人に調査をした。(1)術後5年生存率は男性89.5%、女性70.6%、術後10年生存率は70.6%。(2)術後平均3年10カ月で心筋梗塞を8例に認め、4例は硬(=梗)塞死した。(3)生存例の92%は通院治療を継続しており、41%が抗凝固剤内服。(4)術前と同じ職場に復帰したのは65%(定年による職種の変更17%を含む)。術後無職7%。労働時間の短縮6%。(5)運動療法36%。(6)食事療法64%であった。

《》内は私が入れた補足です。

 カテーテルは詰まったその場を広げることですから、短い方で半年程度でも同じ箇所が再発することは多いです。しかし10年経っても大丈夫な方もいます。
 バイパス手術はつまったところを避けて違うところに道を作りますから再発するなら違うところになります。

 国内文献のデータ
(NO.114 標  題 虚血性心疾患の術後遠隔成積とQuality of Life アンケート調査の分析
著者名 水谷哲夫,片山芳彦,下野高嗣,金森由朗,松岡正紀,井村正史,東憲太郎,田中国義,新保秀人
出  典 胸部外科 VOL.41 NO.3 PAGE.213~219 1988)
によれば

 虚血性心疾患《心筋梗塞、狭心症などの総称》に対して外科的治療《手術》を行った160人に調査をした。(1)術後5年生存率は男性89.5%、女性70.6%、術後10年生存率は70.6%。(2)術後平均3年10カ月で心筋梗塞を8例に認め、4例...続きを読む

Q心筋梗塞と急性心筋梗塞

先日、主人が心筋梗塞で入院、カテーテルしてステントを入れました。保険会社に保険の請求をしようと思いますが、友人から、成人病特約に入っていても、心筋梗塞では対象にならない(急性心筋梗塞ならばOK)ことがあるという話を聞きました。本当でしょうか?また、この逆もあり得ますか?(心筋梗塞では出るが急性心筋梗塞では出ない)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

急性心筋梗塞と心筋梗塞の違いですが、以下リーフレットを抜粋します。

心筋梗塞は、通常発症後4~8週を「急性期」、それ以降を「陳旧性心筋梗塞(ちんきゅうせいしんきんこうそく)」と呼びます。
一般的には激しい胸部痛などの急激な症状が出て、直ちに病院へ搬送されるのため「急性心筋梗塞」と判断されることが多いのですが、まれに急性期(発症直後)をほとんど無症状で経過し、後に心電図などの検査結果から「陳旧性心筋梗塞」と診断される場合があります。この「陳旧性心筋梗塞」はこの保障の対象とはなりません。

とあります。したがいましてご質問の逆はありません。

また、通常の入院給付金特約では支払いの対象となりますが、成人病特約はの給付金は「急性心筋梗塞」で初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が続いたと医師から診断されたときに対象となる給付金がほとんどです。

成人病特約での入院給付金で急性心筋梗塞であれば、入院初日から貰えるところもありますので詳細は加入なさっている 保険会社にお問い合わせ下さい。

Q急性心筋梗塞・心不全・腎不全で重症と診断されました

私の父親(68歳)が4日前の朝方、激しい胸痛と呼吸困難を訴え、救急車で運ばれました。急性心筋梗塞と診断され、緊急カテーテル手術を行い、成功し、現在は落ち着いてきた状況です。診断は「二枝同時閉塞の急性心筋梗塞・急性心不全・急性腎不全・肺水腫」で「重症」と診断されました。
いろいろな情報を見ると、様態が急変し亡くなるということもあるとのことで、とても心配です。できるだけ私のわかる範囲で情報を書きますので、ご専門の方、もしくは同じような経験をされた方がおられましたら、ご回答いただければ幸いです。素人なので、専門家の方からは言葉の表現がおかしいところがあると思いますが、どうぞご容赦ください。

まずは、既往歴を書きます。父親は、糖尿病を患っていました。今年に入り、三大合併症を医師に指摘されました。高血圧・不整脈もあります。
また、今年に入り大腸に初期のガンが見つかり、今年2月に開腹手術をしました。糖尿病で傷がなかなか治らず、また退院直後に腸閉塞を起こし、結果70日間の入院をしました。予後は、良好でした。
そして、今年の8月に網膜症からくる眼底出血を起こし、入院し手術を行いました。こちらも無事に成功し、予後も良好で、視力も元に戻りました。今は通院でもともとあった白内障のレーザー治療が終わろうとしているところでした。

そんな矢先に、今回の心筋梗塞がおきました。発作を起こす1週間前から、「風邪気味、胸の辺りがゼエゼエする、肩が凝る」と言っており、発作の3日前くらいから朝方に寝転んでいると息苦しいといい、椅子に座っていたそうです。ドクターの話では、明らかな前兆であり、早く来ればここまでならなかった、といわれました。今後の見通しとして、24時間・48時間・72時間・1週間というところを抜ければ救命率は高まると言われ、1週間以内にはICUを出て一般病棟にうつり、心臓リハビリテーションをしていくが、このときに発作を起こしてしまうこともある、と言われました。
入院した日の状態は、全身が浮腫み、肩や足が痛いと言っていましたが、意識ははっきりしていました。肺に水が溜まっていて、レントゲンでは真っ白だと言われました。血液をさらさらにする薬を入れていることで腎臓に負担をかけてしまっているため、翌日から4日目まで一時的に人工透析を行ないました。また、3日目には、アルブミン(たんぱく質といわれました)を投与しました。4日目には人工呼吸器(とても圧の高いもの)から、普通(?)の酸素吸入器になりました。
現在の父親の様子は、浮腫みもほぼなくなり、身体のあちこちに痛みやだるさはあるものの(腕や足を揉んでくれといいます)、本人も良くなってきている感じがするとのことで、家のことや農作物、友人との約束などいろいろと気にしているくらいの余裕が出てきたようです。私から見ても、顔色も良くなり、表情もいい感じです。

以上が現在の様子ですが、今の父親の状態はどのような状態なのでしょうか。一時は覚悟もしましたが、良くなっている父親を見ていると、また元気な姿が見られるという期待が膨らんでいます。
このような状況でも、やはり覚悟はしておいたほうがいいのでしょうか。
また、今後無事に回復をし退院したら、どのようなことに気をつけていかなければならないでしょうか。
「予後は悪い」と、知り合いの内科のドクターに言われましたが、どういう意味なのでしょうか。
まとまりのない、文章で、また私の舌足らずな情報ではなんとも言えないということも多かろうと思いますが、情報をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

私の父親(68歳)が4日前の朝方、激しい胸痛と呼吸困難を訴え、救急車で運ばれました。急性心筋梗塞と診断され、緊急カテーテル手術を行い、成功し、現在は落ち着いてきた状況です。診断は「二枝同時閉塞の急性心筋梗塞・急性心不全・急性腎不全・肺水腫」で「重症」と診断されました。
いろいろな情報を見ると、様態が急変し亡くなるということもあるとのことで、とても心配です。できるだけ私のわかる範囲で情報を書きますので、ご専門の方、もしくは同じような経験をされた方がおられましたら、ご回答いただけ...続きを読む

Aベストアンサー

20年ほど前にICUの経験があります。

今回の基礎疾患である糖尿病は取り敢えず置いておいて、原因疾患の心筋梗塞から始めたいと思います。

内容からすると、お父様はこれまでちょこちょこ狭心症の症状があったようですね。
その段階で受診していれば・・・という事なのでしょう。
でも心筋梗塞まで起こしてしまった。
狭心症と心筋梗塞の違いは、同じ心臓の血管が詰まる病気なのですが、狭心症との違いは心筋梗塞の場合は心臓のある部分が壊死を起こしてしまい、動かなくなっている状態なのです。
その為心臓の動きが制限されることで、心不全・肺水腫・腎不全が急激に起こります。

でも文面からすると、お父様は多分軽い心筋梗塞を起こされていたのかな?とも想像出来ます。
そこに今回心不全まで起こす程度の病変が起きた、と考えますが如何でしょうか?

抜管(挿管チューブが抜けたこと)はとてもいい事だと思います。
要するに内服薬が飲めると言う事。また食事が摂れるという事です。
良くなれば、少しずつ点滴やその他の注射類の数が減っていきます。

あとはリハビリの過程でどれくらい動けるようになるのか?と言う事でしょうか。
勿論、いろいろなケースはありますが、突然不整脈が起きて突然死される方もいらっしゃいますし、心不全を繰り返したりする場合もありますので、予後の事はこれからだと思います。

退院出来るようになったら、基礎疾患の糖尿病のコントロールですね。
腎不全は心不全によるものだと思われるのですが、糖尿病性腎症というのもあって、いずれは透析に移行する事にもなり兼ねません。
糖尿病はどんな名医でも治せるものではなくて、結局は自分自身の血糖コントロールの問題だと思います。
今回の事を機会に、家族の皆さんと協力して、お父様が過ごしやすい環境(あんまり甘やかすと自己管理が出来なくなるので程々に・・・)を整えてあげることでしょうね。

今、言えることは、一つ一つお父様の身体に入っている管が抜ける事が回復への兆しでしょうか。
数が反対に増えるようでしたら、それは主治医の方に聞かれて下さい。
曖昧な回答ですみません。

20年ほど前にICUの経験があります。

今回の基礎疾患である糖尿病は取り敢えず置いておいて、原因疾患の心筋梗塞から始めたいと思います。

内容からすると、お父様はこれまでちょこちょこ狭心症の症状があったようですね。
その段階で受診していれば・・・という事なのでしょう。
でも心筋梗塞まで起こしてしまった。
狭心症と心筋梗塞の違いは、同じ心臓の血管が詰まる病気なのですが、狭心症との違いは心筋梗塞の場合は心臓のある部分が壊死を起こしてしまい、動かなくなっている状態なのです。
その為心臓の動...続きを読む

Q急性心筋梗塞と思い込んでいたのだが?

今から、5年前の8月(平成16年8月)に胸の痛みにより、懸かり付けの医師により紹介され、国立病院で、カテーテル検査を受け、その検査中に急性心筋梗塞と告げられ急遽ステント治療に切り替わり留置しました。退院時に診断書には、陳急性心筋梗塞と書かれていました。その後(平成19年)に加入している保険会社より調査が入り診断書の内容から急性心筋梗塞になっている可能性が在るのでは、ないかと問い合わせがきています。懸かり付けの医者からも<急性心筋梗塞>ですよと、言われておりまが、ステントを留置した病院からは<急性心筋梗塞>とは、認めてもらえません。今もまだ保険会社からは保留の状態です。あのカテーテルのだんかいで、手術の先生から急性心筋梗塞と書いた書面を頂きましたが、いったい、なんだったんでしょうね?私も今でも旧制心筋梗塞でのステント手術だと、思っております。よきアドバイスをお待ちしております。

Aベストアンサー

平成16年8月が心筋梗塞による胸の症状で、発症から数時間以内に緊急カテーテル~ステント挿入されたのならば「その時は急性(最近生じた)心筋梗塞」です
それが数ヶ月たった後になれば陳旧性(以前生じて傷跡になった)心筋梗塞と言えます
つまり、過去の急性心筋梗塞を陳旧性心筋梗塞と言いますから別の病気ではありません

Q辛い偏頭痛...予防方法とかありますか?本当に困っているんです。

初めまして現在19歳の女子です。
私は小学5年生の頃から「偏頭痛」を持っています。当時は知識も無くただの頭痛だと思っていたのですが、小学校6年生のときに言語障害のような症状が出たため、大きな病院に運ばれきちんとした検査を受け異常が無かった、私の症状から「偏頭痛」と診断されました。

症状としては(典型的な偏頭痛らしいのですが…)
まず予兆としてぎらぎらした市松模様のようなものが見えます。
その光が広がり、視界が狭くなり一時的に視覚障害に陥ります。
そしてズキンズキンと頭が痛くなり、必ず吐き気が伴います(というか吐きます)頻度は特にストレスがないと月に1回~2回、ストレスを抱えていると週に1度くらいで起こることもあります。またアイプチや肩こり気味だと起こりやすいと思います。寝不足でも寝すぎでもなりやすいと経験上思います。お風呂後や強い光を見た後とかもなりやすいと思います。

年齢とともに落ち着くと医師に言われているのですが、一向に良くなりません。頭痛とても怖くて出先で起きたら?とかいろいろ考えてしまい予期不安で積極的な行動が取れません。本当に困っています。

頭痛外来のある病院へ通い、薬もイミグラン→レルパックスなど変えてもらっているのですが…トリプタンも一向に効く気配が無いんです。(多少は効きますけど、それでも特効薬とよばれるほどの効き目は感じたことが無いです)

頭痛は片側がズキンズキンとする感じで、右側が痛くなるときも左側が痛くなるときもあります。怖いです。一度なると収まるまで8時間くらい寝ないといけないので思うようにバイトも出来ません。

一生このままなんて絶対嫌です。ほかに出来ること予防策は無いのでしょうか??偏頭痛をあらかじめ抑える薬もあるようなのですが、ほかの病気の薬を日常的に服用しているので薬は出来るだけ増やしたくないのですが…担当医からも鎮痛薬だけにしなさいと言われました(その鎮痛薬が効かないのですが…)

最後にきちんとした検査を受けたのが7年も前なので安心のために近いうちにMRIの検査を一応受けることにしましたが…症状も変わらないため、大きな病気が潜んでいるという確立は無いに等しいと思います。

偏頭痛を克服された方アドバイスお願いします。
本当に苦しいです。

初めまして現在19歳の女子です。
私は小学5年生の頃から「偏頭痛」を持っています。当時は知識も無くただの頭痛だと思っていたのですが、小学校6年生のときに言語障害のような症状が出たため、大きな病院に運ばれきちんとした検査を受け異常が無かった、私の症状から「偏頭痛」と診断されました。

症状としては(典型的な偏頭痛らしいのですが…)
まず予兆としてぎらぎらした市松模様のようなものが見えます。
その光が広がり、視界が狭くなり一時的に視覚障害に陥ります。
そしてズキンズキンと頭が痛くな...続きを読む

Aベストアンサー

 ずぼらではなく、几帳面な性格の持ち主ではありませんか。
頭痛が発症した時に、痛みがある方の頸動脈を指で押されてみて。
血流を止めるような感じで押さえます。痛みがある片側だけで
あって、もう片方も同時に押さえることがあってはいけません。

 押さえて離してと繰り返すんだけど、押さえてる時間は長く。
利く時と効果が認められない時があるかも知れないけれど、
利く時は押さえてる間だけでも苦痛から解放されるから
この動作を暫く継続します。痛みは治まってケロッとするかも。

 頭痛のピークあたりだと自身の唾液や食事も受け付けなく、
内服薬なども一切受け入れないタイプの頭痛かもね。
吐くものがなくても積極的に吐くことで痛みが和らぐことも。
この年頃では、痛みの程度とか発症する頻度は
まだまだ落ち着く時期にはないのかも知れません。

Q心筋梗塞と急性心筋梗塞

心筋梗塞と急性心筋梗塞の違いってなんでしょうか?
とても気になるので、どなたか教えていただけないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

心筋梗塞とは、血流が停止し、その血管の栄養している心臓の筋肉が機能停止状態になり、細胞死の状態に陥った状態と理解しています。

実験で冠動脈を縛り、そのダメージを観察すると、血流を止めた時間や部位により心筋の致命的な状態が変わります。

10分程度停止し、その後血液を流れる状態に戻すと、霜降り状に心筋の死亡した部位と生き残った心筋が混ざって観察されます。完全に長時間停止すると、その部位は完全に駄目になり、心臓が機能不全になりますが、部分的なときはある程度障害が残るものの機能できるのです。

急性心筋梗塞は何かしらの原因で血流が阻害され起こる心臓のダメージの状態で、その後生き残った後で心筋の一部が機能停止状態、先ほどの霜降り状態を心筋梗塞の状態と表現します。

その後もそのダメージが持続し、繰り返せば慢性といったり、その中間を亜急性と表現するのは疾患の時間的経過を意味するだけです。

つまり、急性は短時間に病態がすすむことで、心筋梗塞が急に起こった状態を表現しているだけです。

一度機能を完全に停止した心筋は線維組織等に置き換わり再び前と完全に同じ状態にはなれませんが、ダメージが軽ければ生存できます。しかし、心臓の収縮の異常が起こりやすく、専門用語でリエントリー回路を作りやすいので、心臓発作等が起こりやすくなります。

専門用語を使用しないと説明できないので、ちょっと分かりにくいと思いますが、あとは医学書や一般向けの説明のホームページを見て下さい。私の過去の回答のHPも役に立つかも知れません。

心筋梗塞とは、血流が停止し、その血管の栄養している心臓の筋肉が機能停止状態になり、細胞死の状態に陥った状態と理解しています。

実験で冠動脈を縛り、そのダメージを観察すると、血流を止めた時間や部位により心筋の致命的な状態が変わります。

10分程度停止し、その後血液を流れる状態に戻すと、霜降り状に心筋の死亡した部位と生き残った心筋が混ざって観察されます。完全に長時間停止すると、その部位は完全に駄目になり、心臓が機能不全になりますが、部分的なときはある程度障害が残るものの機...続きを読む

Q知り合い(40代女性)が、病院で乳がん(2.2mm)と診断されましたが

知り合い(40代女性)が、病院で乳がん(2.2mm)と診断されましたが、そちらの病院よりも設備の整っている大きな病院を紹介されました。 紹介された病院に連絡を取った所、一ヶ月先の予約になってしまいました。(紹介状有り)乳がんは、進行が早いと聞きましたが、 30日も放置して大丈夫なのでしょうか?とても心配です。

Aベストアンサー

sodenositaさんのおっしゃるとおり、乳がんは一般的には
他の癌に比べて進行が遅いと言われています。
なので、“乳がんは進行が早い”と言う情報は間違いです。
(稀に、炎症性乳がんなど特殊なタイプがありこれは進行が
早いとされていますが。)

私も昨年乳がんを患いましたが、じっくりといろいろな病院
を探して、セカンドオピニオンなどを聞きに行きました。

初診から、乳がんと診断されるまで2ヶ月ぐらいかかり
(セカンドオピニオンで1ヶ月待ちましたから。)、
さらに診断されてから手術にいたるまでは4ヶ月かかりました。
でも私の体にある癌の状態は初診の時と全く変わらず大きさも
変化していませんでした。

癌だと診断された時は初期の乳がんでしたが、先生が
『初期で発見されたけれど、体の中には3年前ぐらいからあった
と思います。』とおっしゃっていました。

そのぐらいゆっくり進行していくのが乳がんです。

もちろん、待っている間、無治療の間の不安は計り知れないものが
ありますよね。
『こうしている間にもしこりが大きくなっていくのではないか・・』
って私も毎日不安になっていました。

なので、病院に行くたびに先生に
『こんなにゆっくりしていて大丈夫なのか』
と聞いてました(笑)

そのたびに『今の状態なら慌てなくても大丈夫です』と言って
くださってました。

あとは無料で出来るメール相談などでも相談していました。
下記のサイトに乗っているので相談してみるといいと思います。
乳腺の専門医が答えてくれるので安心できましたよ。

URL:http://nyuganwosirou.net/migicategory/secondopinion.html

どうしても不安な場合は、最初に受診した病院(紹介状を書いてくださった
病院)に連絡をして今の状況を説明し、待っていても大丈夫かどうか
聞いてみてはどうでしょうか?

sodenositaさんのおっしゃるとおり、乳がんは一般的には
他の癌に比べて進行が遅いと言われています。
なので、“乳がんは進行が早い”と言う情報は間違いです。
(稀に、炎症性乳がんなど特殊なタイプがありこれは進行が
早いとされていますが。)

私も昨年乳がんを患いましたが、じっくりといろいろな病院
を探して、セカンドオピニオンなどを聞きに行きました。

初診から、乳がんと診断されるまで2ヶ月ぐらいかかり
(セカンドオピニオンで1ヶ月待ちましたから。)、
さらに診断されてから手術にいたるまでは4...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報