昔ながらの家の土壁の材料は、ワラスサを入れてねかした方が上部ですが、
化学的にはどういう変化がおきているのですか?
土の元素は、色々な物が混ざっていて、地域によっても違うと思いますが、
主成分は何ですか?他には何が混ざっていることが多いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 わらを入れて壁土の強化については他の先輩諸氏がおっしゃる通りです。

ので、土についてのことだけ少々。
 まず、粒度。土の粒子の荒さ・細かさです。細かい粒子がそろっていると、粘土
。ちょっと粒子が大きくなると「シルト」といいます。さらに、「砂」「れき」となるのですが、壁土に使うのは粘土かシルトです。砂は形を作ってもすぐ壊れる。シルトはあるていどその形態を維持できるが、水分を失うと壊れる。粘土は壊れないというのが目安です。「すいひ」した粘土が最上で陶土にも用いられるのですが、カオリナイトだけの成分では高価すぎます。さらに、含水率が多いので仕上げ後の収縮率が大きくひび割れの原因になります。それで、適度な、粘土とシルトの混合を壁土とします。
 わらとの関係では微生物の繁殖が粘土に影響します。わらの微生物の繁殖(腐る)により、粘土の粘性は増加します。これの例は、焼き物の世界でも微生物による発酵粘土がよい素材として使用されます。ねかす=たんに粘土の親和性を持たせるだけではないのです。
 最後に土の成分ですが、日本は変成岩それも、花崗岩や安山岩質のものが風化した土が多いので、シリカ(SiO2)、アルミナ(Al2O3)、酸化鉄(Fe2O3)が主成分です。後は長石の変化した、酸化カリウム、酸化または炭酸カルシウムなどが含まれます。
    • good
    • 0

土壁に使う赤土はそのまま塗ってもいいくらい、


粘土が高くてそれだけで壁が作れます。
しかし、湿った状態で均一に塗ったとすると、
乾いたときに収縮しひび割れてしまいます。
それを防ぐためにワラを入れているだけです。
だから主成分はただの赤土です。
ねかした方が丈夫になるのは、土とよく馴染むからです。
かわいたワラが濡れた土と馴染むまでには、
時間がかかるからです。
ちなみにワラよりも丈夫な壁を作るときは、
髪の毛を入れたりするそうです。
中国のかまどにそういうのがあったような気がします。
    • good
    • 0

ほぼ、nozomi500さんのおっしゃるとおりです。

ワラには化学的な効果は実質的にはありません。
ひびわれ(専門的にはき裂)の進展に対し、き裂を開こうとする力の一部を受けることによりねばり(専門的には靭性)を上げる働きをしています。物理的な働きが主ということになります。

このように2種類以上の材料を組み合わせ、互いの性質を補い合って特性を高めた材料を「複合材料」と言います。鉄筋コンクリートや繊維強化プラスチックなどがその例ですね。土にワラを混ぜる方法はそのご先祖様と言えそうです。

この回答への補足

今回はじめて投稿しました。とても親切で感謝しています。

物理的な役割はなんとなくですがわかります。
今まで、寝かすのは、ワラが発酵すると、
まず、粘り気がでて、作業性が良くなる。
ワラと土がよりなじむので、靭性が更に良くなる。
のかな? と思っていました。

でも、あのワラが発酵したせいで黒くなる土自体にはどんな変化が起きているのか知りたいので、化学的に教えて頂けないかと思いました。

補足日時:2001/03/16 14:52
    • good
    • 0

化学変化が起きているわけでなく、ひび割れ等に対してねばりが出るためだと思います。

(ひびが広がることに対してブレーキをかける)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qある元素が別の元素に変化することはあるのでしょうか

ある元素が別の元素に変化することはあるのでしょうか?

例えば炭素と酸素では陽子のまわりにある電子の数が2つちがうだけのようですが、なにかの自然現象や人為的操作によって炭素が酸素に変わるというようなことはあるのでしょうか?

自分なりにしらべてみたところ核反応によってたとえば水素からヘリウムができたりというようなことはあるようですが、これってごく一部の種類の原子が作られるだけですよね?
だとすると核反応によって作ることができない物質はどうやって作られたのでしょうか?

Aベストアンサー

いいえごく一部ではなくすべての元素で起こることですよ。ただし人工的に行えるのはごく一部ですけどね。

確かに水素からヘリウムへの核融合反応は有名ですね。太陽がまさにそれですからね。逆に重い元素が軽い元素に変る反応も原子炉として身近にありますね。こちらは核分裂ですね。また、核分裂反応ではさらに重い元素が出来上がることもありますね。例えばウランからプルトニウムが出来上がったりする奴ですね。自然界に存在する最も重い元素はウランで、それより重い元素は一部の例外(自然にウランが濃縮され核分裂の連鎖反応起こすと言う天然原子炉など)を除き人工的に作られた元素で、その多くが非常に短い時間で放射線を出しながら崩壊していしまうものです。

水素より重いすべての元素は太陽のような核融合反応や超新星爆発のようなとんでもない、高温や高圧の元で融合や分裂を起こした結果出来上がったものです。太陽程度の小さな星の持つエネルギーではヘリウムどまりですけど、もっと大きな星では核反応がもっと激烈な勢いで進み太陽の温度や圧力などとは桁違いな高エネルギーの状態になり。ある程度以上大きな星では最終的に大爆発を起こします。この時の膨大なエネルギーが物質を作り出すのです。かの有名な相対性理論の公式のE=MC^2でもわかる通り、エネルギーと物質は互いに変換が可能なのですよ。

いいえごく一部ではなくすべての元素で起こることですよ。ただし人工的に行えるのはごく一部ですけどね。

確かに水素からヘリウムへの核融合反応は有名ですね。太陽がまさにそれですからね。逆に重い元素が軽い元素に変る反応も原子炉として身近にありますね。こちらは核分裂ですね。また、核分裂反応ではさらに重い元素が出来上がることもありますね。例えばウランからプルトニウムが出来上がったりする奴ですね。自然界に存在する最も重い元素はウランで、それより重い元素は一部の例外(自然にウランが濃縮さ...続きを読む

Q典型元素について「典型元素では、原子の価電子の数が周期的に変化する」のはなぜですか?

典型元素について
「典型元素では、原子の価電子の数が周期的に変化する」のはなぜですか?

Aベストアンサー

失礼しました、中学生ですか、それなら結構立派かもしれないが、「化学基礎」の教科書がそれでは困ります。あなたには基礎知識があるので、大学の教養の化学を読んで下さい。疑問は一瞬で解けます。だから私がそんな事知っていても、なんと百年前のメンデレーエフの仕事だから、一銭にもなりません。もしあなたが化学に興味がああるなら、物理化学、分析化学、無機化学、有機化学の教科書を突破することを薦めます。どれも大部で物理と分析化学では量子論は必修です。ですが私はそいつをやりました、プロフィールに書きましたが、理Ⅱから化学へ進み学位を得ました。中学でもそれができたのは半世紀ぴったり前の大学教養の化学は非常に量が少なかった、さらにライナス・ポーリング教授の名著「一般化学」があったから、ポーリング教授は化学賞平和賞を受けていますが、教養の化学に量子論を持ち込んだとんでもない人で、あなたは既に旧過ぎるが便利なポーリングの電気陰性度も習うでしょう。でも化学はニュートンの物理が死んだ様に死にました、上記の教科書は絶対必要ですが、もう旧過ぎるのです。あなたはバイオへ行くことを勧めます。

失礼しました、中学生ですか、それなら結構立派かもしれないが、「化学基礎」の教科書がそれでは困ります。あなたには基礎知識があるので、大学の教養の化学を読んで下さい。疑問は一瞬で解けます。だから私がそんな事知っていても、なんと百年前のメンデレーエフの仕事だから、一銭にもなりません。もしあなたが化学に興味がああるなら、物理化学、分析化学、無機化学、有機化学の教科書を突破することを薦めます。どれも大部で物理と分析化学では量子論は必修です。ですが私はそいつをやりました、プロフィール...続きを読む

Q12族の元素が典型元素なのはなぜですか?

1、2、13~18族の元素が典型元素なのはわかります。
3~11族の元素が遷移元素なのもわかります。
でも、どうして12族の元素が遷移ではなく典型元素なのか分かりません。

Aベストアンサー

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内部の軌道に空きができるわけですから、CdやHgのように『遷移元素的な』性質が出てくることもあります。

ちなみに、『電子の軌道のうちの内部にあるもの』の意味が取りにくいかもしれませんので補足します。高校ではM殻に最大で18電子収容されることを習うはずです。しかし、周期表の第3周期には8種の元素しかありません。残りの10個はどこに行ったかといえば、第4周期の遷移元素とZnのところに行ったということです。だから第4周期では遷移元素9個とZn1個の合計10個が多くなっています。そして、前に述べた『電子の軌道のうちの内部にあるもの』というのが、このM殻で第3周期までに満たされなかった軌道を意味しています。つまり、N殻に電子が2個入った後に、M殻に残りの電子が入り始め、その入り始めから、入り終わる前までの元素が遷移元素に相当するということです。

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内...続きを読む

Q元素記号や元素名の覚え方

学校で元素名と元素記号を覚える宿題が出てて、私は元素記号=元素名(例えばAL=アルミニウム)って書いたのをノートに繰り返し書いたり、オレンジで書いたのを赤シートで隠して覚えたり、単語を覚えるのは朝がいいと聞いたので朝覚えたりしてるんですが、他に何かいい覚え方無いでしょうか?語呂合わせとか…。

元素名や元素記号だけじゃなく、法則や原子の構造や、その他色々あって、今はまだ元素名と元素記号を少しずつ覚えれてきたくらいなので、まだ沢山あると思うと気が遠くなりそうです…。(-_-;)

何かいい覚え方があれば教えてください!m(_ _)m

Aベストアンサー

 覚えようとするからそれが障害になって覚えられないのです。覚えようとする必要はありません。銅は何だっけと思えば参考書を見ます。するとCuと書いてありますか。そこでそうかと思えばいいのです。それを三回も繰り返せばイヤでも覚えちゃいますよ。私はそれでやって来て殆どの元素を覚えてますよ。これは元素記号だけではありません。すべてのことがそうです。大化の改新は何年だっけ? と思ったら歴史の本を見ます。すると645年と書いてあります。あ、そうかとそこで思えばいいのです。

 ウソだと思ったら今ここで試してごらんなさい。そして1時間後にもう一度試してみて下さい。覚えていなかったらもう一度参考書を見ます。三度目は覚えています!!(^_^)

Q内部遷移元素と外部遷移元素の違い

大学の講義で内部遷移元素と外部遷移元素の違いについてレポートを作るように言われたのですが、
検索ワードで調べてもわかりませんでした。
教えてください。

Aベストアンサー

電子配置に注目することです。
つまり、外部遷移元素では、原子番号の増加に伴って、どの軌道の電子が増加するかを見れば良いですし、内部遷移元素でも同様です。
・・・共通項としてのdとかfとかに注目するということです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報