こんにちは。よろしくお願いいたします。
般若心経を一日3回ほど唱えております。簡単な意味は理解し唱えておりますが、、よく理解できていません。ネットで調べるのですが、、、。
「色は空であり、空は色であり」、、、実体のあるものは本当はないのであり、苦しみがなくなることも、苦しみをなくす修行法もありません。などと、、、。

全体的にはイメージは出来来ているのですが、、、。この世のすべてのものは何もない空であるという意味なのでしょうか?苦しみをなくす修行法もありません。。。というのは、「考えて悩むこともない」といういみでしょうか?

最初は、仕事や人生で悩んだときに唱え始めて、2年ほどなります。
もっと理解したいので、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

私は、仏教、日蓮宗系の宗派、日蓮正宗の者です。


経は、法華経、日蓮大聖人様の書文、帰依を三大秘法の久遠元初の仏。
根を三大秘法とし、それなくして、僧侶(お坊)も経も書文も無意味とされる宗派です。

私なりの「回答させて」いただきますが、絶対に正しいということ自信は持てません。

私が少ない期間ですが、修行して感じた「空」というのは、かなり深いものと感じます。感じることは、容易ではなく、体験を通し、感じるものだと思います。だから、感じることなくして、「空」という説明を聞いても決して悟ることは不可能ではないかと思います。
傲慢になっていますね。あくまで私が感じた空というものです。

空の説明に入る前に、余計と思われることを書かせてください。

仏教とは、成仏、つまり、仏様に成るということです。
法華経を初め、諸経では、釈尊が、普通の人からすぐに仏に成ったという訳ではなく、数多くの修行やその生まれた人物や人生において修行をし、数々の悟りや、上級の教えや修行に巡り成仏されたとされています。

成仏するということは、私が解釈する限りと実感を通す限りでは、内在する仏性を開花、強めるということだと感じています。

知識や技術等を身につけ、成仏に至るのではなく、自分に秘められた仏性を開き成仏する。
しかし、その開きも徐々にしか開かないものとだと感じています。

ここから、空についての説明です。
人は、感覚を持っています。その感覚には、3つがあると私は感じています。
1つが攻、2つ目が恐怖、3つ目が、禅定なる幸です。

人は、傷つけら時、怒ったり、、憎むことがあります。これが、攻撃なる感覚です。
また、傷つけたれた時に、絶望や、深い悲しみ、苦しみ、恐怖となることがあります。これが恐怖です。

この攻と恐怖では、決しては、救われることはないと私は感じます。
攻の行動をすれば、誰かが傷つき、攻か恐怖を感じます。
恐怖では、自分がどんどん生気を失い、苦しみ喘ぎます。

この攻と恐怖というのは、要は、傷つけたれたこと(感じたこと)に対する反応です。
この感じたことに反応するということは、簡単に変えることは無理かと思います。ただ、それに基づいて行動はしないという「制御・我慢」という行動はできると思いますが。

この傷つけらたこと、上記で()で感じたこと、いろいろな感覚器官を通して感じて、攻・恐怖は発する訳です。


冷静に考えると、感じて、自分の感性が通し、攻・恐怖、哀れみ、哀しみ、救いの念が生じるものです。

空の第一として、攻・恐怖といういった決して救われることの無い感覚を消滅させ、哀れみ、哀しみ、救いといった仏の感性を生じることです。

ここで言う、空とは中道です。つまり、攻でも、恐怖でもない。冷静であり落ち着きがあること「禅定」です。クールとかそういったものではありません。感情はあっても、激情ではない感覚といいましょうか。
感じたことが無い人には理解認識し難いものかと思います。

そうやって物事を禅定になり、見ていくと、なんとなく、色と空というのが分けられてきます。
色とは、目に見えることです。私は、色よりも、「仮(け)」と言う方がしっくりします。
色、つまり、目に見えるものは、因縁によって生じます。
仏性を開いていけば、仏性が徐々が現れるように、
愚行をすれば、どんどん心が荒れ果てていくように
行動(因縁)によって、色が生じきます。

とは、言え、人間が条件に応じて結果生じることを、絶対的な法則として捉えるには限界があります。すべてが法則として存在し、その法則を把握し、その法則に基づいて何でもこうなると言える人はいないでしょう。

なんで、日本に生まれ、貧しい国に生まれる人が存在するのか、それは「運」というしか答えを出せないのが人間です。「運」と答えを出す以外にできないのが人間で、それが上記に書いたすべてのことにおいて法則に基づいてこうなると言えないと書いたことの説明です。

物事を禅定を持って追求し、攻・恐怖、快・不快というものに囚われず、終わることの感情・感覚を逸脱し、捨て、生きる活気に生ずる捉え方をしていくと、この肉体さえも、色であると感じてきます。たぶん、私は、死んでも、空としての存在は残り続けると。

>実体のあるものは本当はないのであり、苦しみがなくなることも、苦しみをなくす修行法もありません

と言われるのは、かなりの功徳があり、禅定を持って悟る境地対して言われたことと存じます。
高い功徳を持った人は、仏教の話を聞いて、実感悟り得ることができると思います。私は、対して功徳を持っていなかったので、苦労を重ね、実感悟り得たことが多々あります。

このことについて日蓮正宗の宗派の解釈によりますと、釈尊時代は、正法と言い、今の時代は末法といいます。何が違えば言えば、仏教を聞く者の功徳の高さ・低さです。正法は、功徳が高く、末法は、功徳が低いとされています。功徳が高い=仏様に近いということを意味します。また、機根も同様にして、機根が低い=仏様に遠いということを意味します。

正法の者たちは、その前世及び過去世において功徳を得た者です。ですのえ、仏教にめぐり合えばこそ、その教えが知識ではなく、実感や道理として存在するという実感の元に悟り得ることができるものと思われす。

末法の者は、修行をせずに、功徳が低いく、禅定なる心がなく、攻・恐怖、快・不快、自尊心、卑下、得が好であって、嫌が排除となる感覚が強く、禅定なる心を持って、静かに考え、道理上に実感することは不可能とされています。

さらに、正法の時代に生まれ、(華厳)阿含、方等、般若というように、衆生の功徳に応じて得を積むように説かれています。
般若の教えを悟り得る衆生に対しては、
「実体のあるものは本当はないのであり、苦しみがなくなることも、苦しみをなくす修行法もありません」のが解ったのだと思います。

以後、蛇足です。
私の読んだ宗派の教書では、
小乗の空を、肉体は色、魂は空というもの。これによって輪廻を解脱できるとされるという考え
大乗の空、般若の空は、物事の攻・恐怖ということの拘り、執着を捨て、禅定を持って、落ち着きを持って、真実・実相を悟るというもの
法華経の空?というか、法華経では、三諦円融(さんたいえんゆう)と考えがあります。「一念三千」、「十界互具」という考えとかなり関係があります。

簡単に言うと、一人の人間(あるいは存在)の中に、仏性、菩薩、縁覚、声聞、天、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄という10の世界があるとあれています。世界という言い方が適切とは思いませんが、界では、伝わりにくいと思うのでそういった表現にしました。

上記に書いたように、仏性を開く修行をしていけば、仏様に近づき、餓鬼、畜生、地獄に落ちるようなことをしていけば、そうのようになるということです。

法華経では、提婆達多という者が出ており、過去において、釈尊(お釈迦様)に法華経を教えた者とされています。それが、釈尊が成仏して、長い時を得て、「事実であれば」今から3000年前に釈尊が仏教を説いた時でも、まだ、成仏しておらず、釈尊の邪魔をしたとされる者です。

話が逸れました。
空を悟り、因縁・徳と業によって色(仮)という目に見える世界、感じる世界が生じる。これは大乗の空と同じです。
法華経では、空も色(仮)としています。
法華経の三諦円融(さんたいえんゆう)とは、空、仮、中という3つ別れ、
中を成仏、
空は成仏によって悟り得る故に色(仮)として感じる者、
仮とは、空であり、中です。
つまり、
成仏することに、
空を感じ、
空を感じることは仮であり、
仮というのは、成仏の境地
それが、法華経の三諦円融(さんたいえんゆう)という私なりの解釈です。ここは実感してないところなので、解釈に過ぎません。

最後にもう2つ
人生は、悩み考えるものだと思います。悩み考え、それの本当の苦悩から救われる悟りを得た時に、1つ、人間性(仏性)が高まると感じます。
いくら、修行をしても、悩み考え、苦の因を見つけ、それを解消、救われたいと思わない人に、智慧というものは得られないものだと感じます。

仏性を開花、仏様に近づくことよって、
物事の実相、真理を悟り得る智慧
物事を正しく捉え、考える精神的落ち着きの禅定
物事の苦・救の繋がることを踏まえ、苦に繋がることをしない戒
が身につくとされています。

そして、最後の1つ。
私の宗派の教え上に書いているので、もしかしたら、私の宗派や法華経に興味を持たれるかもしれません。
私は、質問者さんの人生に肩代わりは決してできません。あくまで参考意見として述べただけであって、その正誤、幸・不幸、価値、無価値は質問さんが判断することです。誰かを信じることは裏切られる、騙される可能性があるからこそ、「信じる」という言葉を使うものだと私は思います。
自分の人生の責任を持って人の参考にしてください。
私は仏様ではなく、質問者さんを救える人間かも解りませんから。


長い回答で、誤字、脱字もあるかもしれませんが、
質問者の人生やそれ以上の広域において、何か参考や、ためになれば幸いです。
もし、最後までお読み頂いたのなら、ありがとうございます
    • good
    • 6
この回答へのお礼

詳しく書いてくださいまして、ありがとうございました。
とても勉強になりました。
私はまだ若く、深く入っているわけではなく、いろいろなきっかけで、お経を読んだり、お釈迦様の本を読んだり、することになりいろいろと調べました。ただ、今一度心に入っていくものが簡単にはいきません。
>空とは中道です。つまり、攻でも、恐怖でもない。冷静であり落ち着きがあること「禅定」>
よく分かりやすいでした。
どんなことがあったとしても、恐怖感を感じでない、かといって逃げているわけでもない、きちっと自己分析して冷静でいられる、、、。本当に凄い事ですね。
人間は、釈尊様のようになれるのか日々考えますが、、、一つ一つの積み重ねが精神、仏性の成長に繋がるのでしょうね?
では、人間はやはり苦しみぬくことこそが大事だという子になるのでしょうか?難しいところですね。
仕事で大変であると、遠回り、逃げてしまいたいこともあります。

でも、そこが成長の分かれ目なのですね。
ありがとうございました。成長できるよう、がんばりたいと思います。

とても参考になりました。また、人生においての何が大事かも、少し見えることもできました。苦しむことですね。

最後まで読ませていただきました。
失礼いたします。

お礼日時:2009/09/06 14:25

般若心経は大乗仏教の経典であり、その根本思想は唯識思想です。

よって唯識思想を理解する必要があります。

個人、個人にとってのあらゆる諸存在(色)が脳内のイメージ(表象、識)にすぎないというところまでは簡単だと思います。

個人のイメージにすぎないがゆえに、それは短時間で消滅する空虚なもの、夢のようなものである。(=色即是空)

「苦しみがなくなることも、苦しみをなくす修行法もありません。」はイメージとして、構想された形としてそういうこと(=「苦しみが、、、、」)もない(空)と私なら解釈します。

最初から、色=空 といわれても はあ???ですよね(笑い)。大昔の呪文みたいな性格もあるのでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E8%AD%98
唯識とは、個人、個人にとってのあらゆる諸存在が、唯(ただ)、八種類の識によって成り立っているという大乗仏教の見解の一つである。ここで、八種類の識とは、五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)、意識、2層の無意識を指す。よって、これら八種の識は総体として、ある個人の広範な、表象、認識、思考の諸行為を内含し、それらと相互に影響を与えあうその個人の無意識の領域をも内含する。

また、唯識は色即是空などに代表される大乗仏教の空 (仏教)の思想を基礎に置いている。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうなんです。色=空て、よくわからないのです。ですが、あまり考えないようにしました。空なのだから、考えなさんな。ということかもしれません。唯識についても勉強したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/06 14:46

現実問題として、自分自身が見・聞き・考えること等々によって、(般若心経を含む)様々な思想について「知ったり、理解したり」することができるわけです。



で、般若心経の隅々まで読んでおられることと思いますが、どこかに「いつ・どこで」といった「固定された」時空概念にかかわる言葉がでてくるでしょうか?

たとえば、「色不異空、空不異色、色即是空、空即是色」ですが、文字通り、【今・ここ】を離れずにそういった心境に達することは不可能に思えてしまいます。でも、(般若心経のどこにも書いていないので)「時空概念にしばられずに」(【今・ここ】に縛られずに)考えるならば、「人は、いつかは死んでしまうので、仮の存在だ。でも、仮の存在だとしても、現実問題として【今・ここ】を離れては存在し得ない」とかいった概念で捕らえることは非常に簡単です。

逆説的にいえば、私のような凡人には、「その程度の理解」で「(十分に)割り切って、積極的に人生を生きていくことができる」ので、深くは考えないことにしています。

※「色不異空、空不異色、色即是空、空即是色」の前には、「色性是空・空性是色」が入るバージョンがあるそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは。
>私のような凡人には、「その程度の理解」で「(十分に)割り切って、積極的に人生を生きていくことができる」ので、深くは考えないことにしています。>
そうなんですね、、、意味を理解しようしようと考えていました。やはり、積極的な生き方が、一番大事ですよね?。ある程度の理解で割り切るのも、私の課題だと思います。
勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/06 14:43

色即是空に、ついて説明します。

仏教では、この地球を仮の世界と言います。仮の世界だから、本当の世界では無く、影絵の様な虚像の世界です。だから色が見えても、実体は空です。諸行無常で、すべてが相対的で、絶対的なもの永遠なものがありません。しかし宇宙の大元は、完全調和の実像の世界があります。この地球は、不調和を調和に変換するために、仮の場所として作られました。脳の自我と、自然の無我が、出会うためのシュミレーションの世界です。これが仏教で説明している事です。お経の唱え方は、意味がわからない方が、効能があります。目的は、頭を空にする事、脳の思考を休む事ですから、意味がわかると、脳が活動します。わからないから脳が休み、脳波がアルファ波になり、座禅や瞑想の効果があります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

こんにちは。目から鱗でした。
>目的は、頭を空にする事、脳の思考を休む事>
こういうこともあるのですか~、知りませんでした。勉強になります。座禅や瞑想はやはり、意味があるのですね。奥が深いですね。あまり考えて異様にします笑。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/06 14:41

般若心経の「心」、これはインド語で心臓を意味する「フリダヤ」を漢訳したものです。


この場合のフリダヤは同時に「フリダヤマントラ(心真言)」の意味でもあり、般若心経は“般若波羅蜜多の心真言を説く経”“心真言の念誦による瞑想の功徳をたたえる経”です。
その修行の結果として「一切は空」というビジョン(視点)に解放されたのです。

つまり「五蘊は皆空」はまず始めに「一切は皆五蘊である」という視点に立った人が、さらにその上に「その五蘊も空である」という視点へとステップアップしています。
この段階を経ずしていきなり「五蘊は皆空」を机上の理論で理解しようとするのが、質問者さんの混乱の一因でしょう。

般若心経は、般若の心真言(神咒)念誦による瞑想によって段階的に、世界への視点がステップアップし、その結果が「五蘊皆空」です(色即是空は、五蘊皆空の一要素です)

その偉大なる心真言こそが「ギャテイ・ギャテイ・ハラギャテイ・ハラソウギャテイ・ボウジソワカ」であり、心経本文はこの真言の功徳をたたえ、その念誦修行の素晴らしさを賞賛しているのです。
ですから、経典を頭だけで理解しようとしてもある意味どうしようもありません。なぜなら心経は唱えること自体が修行であり、真言念誦による瞑想が重要だからです。

これは般若心経の成立からみても明らかです。
といいますのが、漢訳最古のもの『般若波等蜜神咒』であり、「神咒」とは真言と同意です。また現存最古のサンスクリット語で書かれたものも、末尾に「ギャテイ…」の後に「以上が般若波等蜜多のフリダヤである」と締めくくられています。
つまり「ギャテイ…」の真言への信仰が先です。


詳しくは下記サイトをご参照下さい。執筆者の宮坂宥洪師はサンスクリットやインド哲学の碩学ですので、インドにおける信仰、世界観、歴史に基づいて解説されています。

「般若心経は真言を説いたお経」
http://www.mikkyo21f.gr.jp/academy/cat48/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんにちは。
>なぜなら心経は唱えること自体が修行であり、真言念誦による瞑想が重要だからです>
なるほど、修行と捕らえてよいのですね。そっか、深く考えることも大事ですが、修行と捕らえるとより、分かりやすいですね。
HPも読ませていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/06 14:36

仏教哲学には詳しくはないのですが…参考になればさいわいです。



般若心経とは「空」について説いたお経ですよね?
「色即是空 空即是色」とは「存在するものは実体がなく、実体がないものこそが存在するものなのだ」
という意味…であっていると思います。
つまり「空」とは「実体がない」ということです。
「実体がない」とはどういうことかと言うと…
わたしもさっぱりわからなかったのですが、
「ミリンダ王の問い」というお経にある説明がわかりやすかったです。
以下のサイトを参照してください。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~shu-sato/bensyo1.htm
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがおうございます。
HP拝見しました。確かに理解が進みました。こういう説明の仕方もあるのですね。
ミリンダ王の問い、も面白かったです。
ありがとうございます。 

お礼日時:2009/09/06 14:33

実体への理解が広がれば少し進展するのではないかと思い、書いてみます。



雪や雨、雲、ヒョウ。これらは名前が違い、形も違いますが、実体は同じモノです。H2Oですね。
この例えの中で、名前が違うのは見えているモノが異なるように見えるから名前が異なります。でも、実体から見れば全く同じものであって、違いはないという観点を理解することが重要かと思います。

『色即是空』でいう色というのが、雪や雨に当たり、空がH2Oにあたります。
つまり、この世の中で、形の違うもの(形の無いものも含む)、名前のついているもの(無名も含む)、さらには、あらゆる考えやイメージ、感情、精神といった、とにかくあらゆる全てのものの実体が一つしかないよと、それが空だよと言っている世界です。

補足のイメージとして、H2Oの代わりに空気をイメージしてみます。
空気に形やいろがない為、部屋の中にある空気も地球をおおっている空気も同じ言葉で表現していますよね。
ここで、空気という言葉や概念を知らなかったとしたら、どうなるでしょう。そもそも、空気という概念すら知らないわけですから、空気が有るとか無いとかすら、考えることができなくなってしまいます。
つまり、考えることができなくなってしまうという世界を現しているのが『色即是空』の世界といえます。

修行として、無心やthink stop、瞑想を行うのは、空の境地を得るためです。
逆に言えば、人は相対比較や自分の存在感の大小、対象との関係性に苦しんでいますね。これは、空と全く逆の世界です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

そうですね、
>逆に言えば、人は相対比較や自分の存在感の大小、対象との関係性に苦しんでいますね。これは、空と全く逆の世界です。>
よく分かります。人間は、比較などで苦しむ、僕もその一人ですが、必要ないということになるのでしょうか?「空」ではないということですね?
そこが難しいところだと思っております、、、。


でも、まい進します。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/06 14:29

 般若心経を本当に理解している人が、いるのでしょうか。



 『色即是空』
 悟りを開いた釈尊だからこそ、色(物質)は空(無いに等しい)である。空(無いといっても)は色(実体が無いのではない)である。
 と言えたのでしょう。

 物事を認識する能力を持っている人の心「精神」の不確かさを言い表したものと、我々凡人は受け止めるべきだと思いますが。

 ycqxs765さん。この回答への感想を聞かせてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、すべては空、ということだと思います。自分の心のありようで、いかようにも変わってしまう、、、ということかと、、、。
たしかに心の不確かさということも当てはまるかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/06 14:15

いろいろの解釈がありますが、「色即是空」を簡単に例をあげて説明します。


これは人が在ると思い込んでいるモノは人間社会の価値判断に振り回されているに過ぎず、実体はないという意味です。

例えば「コップ一杯の水」でも大衆食堂で出されるコップ一杯の水と砂漠の真ん中でのでコップ一杯の水では雲泥の差です。
例えば「テストの70点」でも平均点が50点の時の70点は素晴らしく、平均点が90点の時の70点はバカです。
例えば「課長のポスト」、新入社員はとりあえずの目標が課長でしょう、しかし同期の多くが部長になっているとしたら課長のポストは軽蔑のポストです。
例えば「100万円」、この大金が調達できずに自殺する人もいますが、一方でそんな端金など一晩で使う人もいます。
例えば「早稲田大学での学生生活」、早稲田が憧れの人にとっては楽しく、東大に落ちて滑り止めが早稲田の人は毎日が後悔の日々です。

実は「水」も「70点」も「課長」も「100万円」も「早稲田」も変わりないはずなのに、人によってその価値が異なるのは、実体でなく人間社会の価値判断に振り回されているからです。
つまり俗世間の価値判断に惑わされなければ苦などないと言えます。

釣りバカ日誌という映画がありますが、佐々木課長は役員を目指してあくせくしています。
多分係長の時代もヒラの時代もあくせくしていたと思います。
一方浜ちゃんは万年平社員を恥ずかしいとも思わず毎日釣り三昧です。
係長に昇格しても、生活が変わることはないでしょう。
彼にとっては役職など実体はなく色即是空を理解した生き方と言えます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、よく分かります。具体例が、とても分かりやすかったです。回りと比べてしまうと、考えないことも考えてしまいますね。
もっと自分のものにして、生きて生きたいと思います。
勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/06 14:13

空 (仏教)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA_(%E4%BB%8F%E6%95%99)

稚拙な個人的な解釈では
どこにもいない
どこにでもいる
って事かなと思っています。

般若心経をどう捉えるかは個々の有り様。
破邪の経典として使うのも間違いではないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
HP拝見しました。自分しだいなのですね。
勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/06 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q般若心経の意味 般若波羅蜜多について 

般若心経の最初に

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 
・・・

とつづきますが ここで 観自在菩薩は菩薩のお名前でいいのでしょうか

次は般若波羅蜜多を深く行じていたときに という意味でしょうか
ここで質問です
般若波羅蜜多というのはどのような行なのでしょうか
般若心経にはそのことがなにも書かれていないようですが

Aベストアンサー

「般若波羅蜜多」はあえて訳せば「悟りの世界に至る智慧(瞑想による根源的なる力)」となるでしょうが、ここでは般若波羅蜜多は般若波羅蜜多という固有名詞と考えてもいいでしょう。
 次に「心」ですが、これはサンスクリット語でフリダヤ。心臓を意味しますが、そこから「(生命の)中核」、それは同時に真言(咒)を意味します。旧訳の般若心経では『般若波羅蜜神咒』『般若波羅蜜大明咒経』など、フリダヤの部分ははっきりと咒であると説かれます(現存する最古のサンスクリット語の心経でも「以上が般若波羅蜜のフリダヤ(咒)である」と締めくくられます)。

 弘法大師による心経論『般若心経秘鍵』では観自在菩薩を「諸乗の行人」の意味と説きます。つまり「諸々の大乗仏教の修行者」という意味です。つまり礼拝対象の観音菩薩という意味にとどまらず、「観」は瞑想の意味であるから瞑想自在なる修行者。
 その瞑想とは「ギャテイ ギャテイ・・・」の般若波羅蜜多の咒を唱えるという修行です。その修行の結果として「五蘊皆空」という境地に達した故に「一切の苦厄を度した」。この苦厄を度する力が「ギャテイの咒」にあるからこそ心経は信仰されてきたのです(ちまたにあふれる心経解説書は“こだわりを捨てる心”などと説き、咒を付け足しぐらいに紹介していますが、それは心経成立の歴史を知らない不完全なものです)。
 『般若心経秘鍵』では「大般若波羅蜜多心経と者(いっぱ)、即ち是れ大般若菩薩の大心真言三摩地法門なり」と的確に説きます。般若菩薩とは般若波羅蜜そのものを尊格化した菩薩ですから、現代訳すれば“般若心経とは偉大なる般若波羅蜜多の大心真言による、深い禅定(瞑想)に入るための教えである”。ですから「観自在菩薩」から「咒即説咒曰」までがギャテイの咒の偉大さを説くものです。
 また羅什訳『仏説摩訶般若波羅蜜多心経』、義浄訳『般若波羅蜜多心経』には末尾に「此の経を誦せば十悪五逆九十五種邪道を破す。若し十方の諸仏を供養し、十方の諸仏の恩を報ぜんと欲せば、当に観世音の般若を誦すること百遍、千遍にすべし。無間の昼夜に、常に此の経を誦せば、願ひとして果さ不といふこと無し」と読経と真言念誦の功徳を説きます。「観世音の般若」とはギャテイの咒のことですから、的確に真言念誦による瞑想を説いています。
 ですから般若波羅蜜の瞑想を行う者、自身がそれを行えば自分自身が観自在菩薩に成ることも意味します。

 より詳しくは『般若心経秘鍵入門』(村岡空著:大覚寺出版部)を参照ください。
http://www.sagagoryu.gr.jp/shop/hiken01.html

「般若波羅蜜多」はあえて訳せば「悟りの世界に至る智慧(瞑想による根源的なる力)」となるでしょうが、ここでは般若波羅蜜多は般若波羅蜜多という固有名詞と考えてもいいでしょう。
 次に「心」ですが、これはサンスクリット語でフリダヤ。心臓を意味しますが、そこから「(生命の)中核」、それは同時に真言(咒)を意味します。旧訳の般若心経では『般若波羅蜜神咒』『般若波羅蜜大明咒経』など、フリダヤの部分ははっきりと咒であると説かれます(現存する最古のサンスクリット語の心経でも「以上が般若波...続きを読む

Q原始仏教と般若心経

先日、たまたまマハーヴァッカを見ていたら
「色受想行識は我ではない」というくだりがあったので般若心経と似てると思ったんですが、
般若心経の中には「無苦集滅道」というように原始仏教の四諦をあからさまに否定するような一節もあります。
マハーバッカにある「色受想行識は我ではない」という部分と、般若心経の「「色受想行識即空」という部分は関連付けない方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

岩波文庫

般若:はんにゃ
原語の音訳、パンナ。真理を悟ることによって得られる智慧。

波羅蜜多:はらみた
原語の音訳、パーラミータ。彼岸に至ること、完成。

彼岸:ひがん
彼の岸。対語此岸が苦悩と迷いの現実世界であり、彼岸は悟りの世界。

心経:しんぎょう
心を述べた言葉、真言。

と言うことですから、そうなった暁には四諦も自身の中から無くなる
(存在しなくなる)と言うことではないでしょうか。


詳細は大般若経に書いてあり、般若心経は要約ですので
大般若経にて確認できるようです。

Q般若心経の意味が、よく理解できません

こんにちは。よろしくお願いいたします。
般若心経を一日3回ほど唱えております。簡単な意味は理解し唱えておりますが、、よく理解できていません。ネットで調べるのですが、、、。
「色は空であり、空は色であり」、、、実体のあるものは本当はないのであり、苦しみがなくなることも、苦しみをなくす修行法もありません。などと、、、。

全体的にはイメージは出来来ているのですが、、、。この世のすべてのものは何もない空であるという意味なのでしょうか?苦しみをなくす修行法もありません。。。というのは、「考えて悩むこともない」といういみでしょうか?

最初は、仕事や人生で悩んだときに唱え始めて、2年ほどなります。
もっと理解したいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は、仏教、日蓮宗系の宗派、日蓮正宗の者です。
経は、法華経、日蓮大聖人様の書文、帰依を三大秘法の久遠元初の仏。
根を三大秘法とし、それなくして、僧侶(お坊)も経も書文も無意味とされる宗派です。

私なりの「回答させて」いただきますが、絶対に正しいということ自信は持てません。

私が少ない期間ですが、修行して感じた「空」というのは、かなり深いものと感じます。感じることは、容易ではなく、体験を通し、感じるものだと思います。だから、感じることなくして、「空」という説明を聞いても決して悟ることは不可能ではないかと思います。
傲慢になっていますね。あくまで私が感じた空というものです。

空の説明に入る前に、余計と思われることを書かせてください。

仏教とは、成仏、つまり、仏様に成るということです。
法華経を初め、諸経では、釈尊が、普通の人からすぐに仏に成ったという訳ではなく、数多くの修行やその生まれた人物や人生において修行をし、数々の悟りや、上級の教えや修行に巡り成仏されたとされています。

成仏するということは、私が解釈する限りと実感を通す限りでは、内在する仏性を開花、強めるということだと感じています。

知識や技術等を身につけ、成仏に至るのではなく、自分に秘められた仏性を開き成仏する。
しかし、その開きも徐々にしか開かないものとだと感じています。

ここから、空についての説明です。
人は、感覚を持っています。その感覚には、3つがあると私は感じています。
1つが攻、2つ目が恐怖、3つ目が、禅定なる幸です。

人は、傷つけら時、怒ったり、、憎むことがあります。これが、攻撃なる感覚です。
また、傷つけたれた時に、絶望や、深い悲しみ、苦しみ、恐怖となることがあります。これが恐怖です。

この攻と恐怖では、決しては、救われることはないと私は感じます。
攻の行動をすれば、誰かが傷つき、攻か恐怖を感じます。
恐怖では、自分がどんどん生気を失い、苦しみ喘ぎます。

この攻と恐怖というのは、要は、傷つけたれたこと(感じたこと)に対する反応です。
この感じたことに反応するということは、簡単に変えることは無理かと思います。ただ、それに基づいて行動はしないという「制御・我慢」という行動はできると思いますが。

この傷つけらたこと、上記で()で感じたこと、いろいろな感覚器官を通して感じて、攻・恐怖は発する訳です。


冷静に考えると、感じて、自分の感性が通し、攻・恐怖、哀れみ、哀しみ、救いの念が生じるものです。

空の第一として、攻・恐怖といういった決して救われることの無い感覚を消滅させ、哀れみ、哀しみ、救いといった仏の感性を生じることです。

ここで言う、空とは中道です。つまり、攻でも、恐怖でもない。冷静であり落ち着きがあること「禅定」です。クールとかそういったものではありません。感情はあっても、激情ではない感覚といいましょうか。
感じたことが無い人には理解認識し難いものかと思います。

そうやって物事を禅定になり、見ていくと、なんとなく、色と空というのが分けられてきます。
色とは、目に見えることです。私は、色よりも、「仮(け)」と言う方がしっくりします。
色、つまり、目に見えるものは、因縁によって生じます。
仏性を開いていけば、仏性が徐々が現れるように、
愚行をすれば、どんどん心が荒れ果てていくように
行動(因縁)によって、色が生じきます。

とは、言え、人間が条件に応じて結果生じることを、絶対的な法則として捉えるには限界があります。すべてが法則として存在し、その法則を把握し、その法則に基づいて何でもこうなると言える人はいないでしょう。

なんで、日本に生まれ、貧しい国に生まれる人が存在するのか、それは「運」というしか答えを出せないのが人間です。「運」と答えを出す以外にできないのが人間で、それが上記に書いたすべてのことにおいて法則に基づいてこうなると言えないと書いたことの説明です。

物事を禅定を持って追求し、攻・恐怖、快・不快というものに囚われず、終わることの感情・感覚を逸脱し、捨て、生きる活気に生ずる捉え方をしていくと、この肉体さえも、色であると感じてきます。たぶん、私は、死んでも、空としての存在は残り続けると。

>実体のあるものは本当はないのであり、苦しみがなくなることも、苦しみをなくす修行法もありません

と言われるのは、かなりの功徳があり、禅定を持って悟る境地対して言われたことと存じます。
高い功徳を持った人は、仏教の話を聞いて、実感悟り得ることができると思います。私は、対して功徳を持っていなかったので、苦労を重ね、実感悟り得たことが多々あります。

このことについて日蓮正宗の宗派の解釈によりますと、釈尊時代は、正法と言い、今の時代は末法といいます。何が違えば言えば、仏教を聞く者の功徳の高さ・低さです。正法は、功徳が高く、末法は、功徳が低いとされています。功徳が高い=仏様に近いということを意味します。また、機根も同様にして、機根が低い=仏様に遠いということを意味します。

正法の者たちは、その前世及び過去世において功徳を得た者です。ですのえ、仏教にめぐり合えばこそ、その教えが知識ではなく、実感や道理として存在するという実感の元に悟り得ることができるものと思われす。

末法の者は、修行をせずに、功徳が低いく、禅定なる心がなく、攻・恐怖、快・不快、自尊心、卑下、得が好であって、嫌が排除となる感覚が強く、禅定なる心を持って、静かに考え、道理上に実感することは不可能とされています。

さらに、正法の時代に生まれ、(華厳)阿含、方等、般若というように、衆生の功徳に応じて得を積むように説かれています。
般若の教えを悟り得る衆生に対しては、
「実体のあるものは本当はないのであり、苦しみがなくなることも、苦しみをなくす修行法もありません」のが解ったのだと思います。

以後、蛇足です。
私の読んだ宗派の教書では、
小乗の空を、肉体は色、魂は空というもの。これによって輪廻を解脱できるとされるという考え
大乗の空、般若の空は、物事の攻・恐怖ということの拘り、執着を捨て、禅定を持って、落ち着きを持って、真実・実相を悟るというもの
法華経の空?というか、法華経では、三諦円融(さんたいえんゆう)と考えがあります。「一念三千」、「十界互具」という考えとかなり関係があります。

簡単に言うと、一人の人間(あるいは存在)の中に、仏性、菩薩、縁覚、声聞、天、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄という10の世界があるとあれています。世界という言い方が適切とは思いませんが、界では、伝わりにくいと思うのでそういった表現にしました。

上記に書いたように、仏性を開く修行をしていけば、仏様に近づき、餓鬼、畜生、地獄に落ちるようなことをしていけば、そうのようになるということです。

法華経では、提婆達多という者が出ており、過去において、釈尊(お釈迦様)に法華経を教えた者とされています。それが、釈尊が成仏して、長い時を得て、「事実であれば」今から3000年前に釈尊が仏教を説いた時でも、まだ、成仏しておらず、釈尊の邪魔をしたとされる者です。

話が逸れました。
空を悟り、因縁・徳と業によって色(仮)という目に見える世界、感じる世界が生じる。これは大乗の空と同じです。
法華経では、空も色(仮)としています。
法華経の三諦円融(さんたいえんゆう)とは、空、仮、中という3つ別れ、
中を成仏、
空は成仏によって悟り得る故に色(仮)として感じる者、
仮とは、空であり、中です。
つまり、
成仏することに、
空を感じ、
空を感じることは仮であり、
仮というのは、成仏の境地
それが、法華経の三諦円融(さんたいえんゆう)という私なりの解釈です。ここは実感してないところなので、解釈に過ぎません。

最後にもう2つ
人生は、悩み考えるものだと思います。悩み考え、それの本当の苦悩から救われる悟りを得た時に、1つ、人間性(仏性)が高まると感じます。
いくら、修行をしても、悩み考え、苦の因を見つけ、それを解消、救われたいと思わない人に、智慧というものは得られないものだと感じます。

仏性を開花、仏様に近づくことよって、
物事の実相、真理を悟り得る智慧
物事を正しく捉え、考える精神的落ち着きの禅定
物事の苦・救の繋がることを踏まえ、苦に繋がることをしない戒
が身につくとされています。

そして、最後の1つ。
私の宗派の教え上に書いているので、もしかしたら、私の宗派や法華経に興味を持たれるかもしれません。
私は、質問者さんの人生に肩代わりは決してできません。あくまで参考意見として述べただけであって、その正誤、幸・不幸、価値、無価値は質問さんが判断することです。誰かを信じることは裏切られる、騙される可能性があるからこそ、「信じる」という言葉を使うものだと私は思います。
自分の人生の責任を持って人の参考にしてください。
私は仏様ではなく、質問者さんを救える人間かも解りませんから。


長い回答で、誤字、脱字もあるかもしれませんが、
質問者の人生やそれ以上の広域において、何か参考や、ためになれば幸いです。
もし、最後までお読み頂いたのなら、ありがとうございます

私は、仏教、日蓮宗系の宗派、日蓮正宗の者です。
経は、法華経、日蓮大聖人様の書文、帰依を三大秘法の久遠元初の仏。
根を三大秘法とし、それなくして、僧侶(お坊)も経も書文も無意味とされる宗派です。

私なりの「回答させて」いただきますが、絶対に正しいということ自信は持てません。

私が少ない期間ですが、修行して感じた「空」というのは、かなり深いものと感じます。感じることは、容易ではなく、体験を通し、感じるものだと思います。だから、感じることなくして、「空」という説明を聞いて...続きを読む

Q般若心経について教えてください

般若心経とは、いつ、誰が唱えたものですか?

大乗仏教ですか?どんな宗派ですか?

教えてください。

Aベストアンサー

大般若経という、大乗仏教もしくはヒンズへ経の経典があるそうです。
それから抜粋して、纏め、原典訳では、知恵の完成の章、と成っている短編を孫悟空で有名な、玄奘三蔵が、インドに行って、漢訳し中国に持ち帰つた経典の一つが。300文字足らずの般若心経と言う名で、異常に?広まったもののようです。
仏教経典は釈迦の死後、釈迦の言葉を伝える為に、私はこのように聞いた、として。実際に聞いた者の話しを選別する、仏教会議に於いて編纂された、のが始まりですが、やがて釈迦を知る人間がいなくなっても、釈迦の名を借りた経典が、釈迦が唱えた。として膨大=粗製濫造 な経典が釈迦の名のもとに編纂されつづけます。
元々は、密経(秘密仏教=ヒンズ-経の当て字?)の経典だつたようですが。仏教を名乗るすべての宗派、山岳信仰等々までが、意味は解らないままに、御利益のある有り難いお経、として唱えられているようです。

昔、サウジアラビアで仕事を共にした。マレ-シヤ の青年に、マレ-シヤ、ヒンズ-の聖地(バドウ・ケイフツだったか)の洞窟に案内された事がありますむ。長い信徒の奉仕作業によって築かれた石段の先の洞窟には、見覚えがあるような、彫像が立ち並び、入り口の側には、見ざる聞かざる、語らず、の三猿までありました。
これらの仏像それぞれに、物語が一体になっている。それが、ヒンズ-経だ。と言っていました。
その時私は、ギリシャ神話の起源かも?思いましたが。古代ギリシャ哲学が、インド哲学、の移入である事は、間違いなさそうです。プラトンがその知恵を怖れ彼の書を買い占め、出回らないようにした。と言われる。デモクリトスはインドに遊学し修行者達と交わっていたと言われます。
イスラム教徒は、不浄として豚を食わない、ヒンズ経徒は、神聖として牛を食わない。その差が人格形成の差、となるのかどうか。レストランで、私がステ-キを頼もうとして、止めると、牛を食わないのは自分達の戒律であり、あなたには関係ない事だから、遠慮したりしないでくれ、と言い。キヤバレ-に行くと。自分は女房で、ささやかに満足しているから、女はいい。気にしないで。楽しんでくれ、という。
26という彼ら夫婦をみていると、欧米人や、欧米化した日本人の夫婦など、ままごとでしかない、と思わされたものでした。
日本人に、君が仏教と言っているのは、ヒンズー経だぜ、と言うと、大抵いやな顔をします。ヒンズ-教を土着信仰の如く思うのは、西洋の思惑、悪宣伝、を真に受けているのであり。
イギリスが200年に渡り、植民支配しても。キリスト教を布教出来なかった。キリスト教の教えが通用しなかった国、人々なのです。
仏教はヒンズ-教に吸収される形で滅んだのです。
ヒンズ教の中にも仏教、ブッデイズムはあります。曼荼羅図には、釈迦はむ源祖神の6番目の転身として載っている、のでは?曼荼羅図そのものを見た事はありませんが?
般若心経の重大とも言える部分は。色即是空 諸法空相、不生不滅 不垢不浄、不増不減、
という部分。これは、世界の在り方の根本法則を述べており。かって理解出来た者が 一人もいない難解な哲学、と言われる。「老子」の
道は道にしてむ、常の道にあらず、名は名にして常の名にあらず。に一致しているのです。
前に書きましたし、長くなるので止めますが。
般若、とは、鬼、の意味と、一般とは違う、悟る為の知恵、老子では、名明(みん)、道(とう)を知る知恵、と名づけています。
般若波羅密多、(ハンニャ・バラミ-タ)は、釈が常に口にしていた。
・・と知恵によりて見る」と認識しています。






 

大般若経という、大乗仏教もしくはヒンズへ経の経典があるそうです。
それから抜粋して、纏め、原典訳では、知恵の完成の章、と成っている短編を孫悟空で有名な、玄奘三蔵が、インドに行って、漢訳し中国に持ち帰つた経典の一つが。300文字足らずの般若心経と言う名で、異常に?広まったもののようです。
仏教経典は釈迦の死後、釈迦の言葉を伝える為に、私はこのように聞いた、として。実際に聞いた者の話しを選別する、仏教会議に於いて編纂された、のが始まりですが、やがて釈迦を知る人間がいなくなっても、釈...続きを読む

Q般若心経の意味

なんですけど、 解説書もいろいろあり、どうやら誇大解釈が多すぎるような気がしました 誰かが解釈したそのままをほぼパクって常識的解釈になっていませんか?宇宙なんかを言われても、当時の人々に実際の宇宙がイメージできないですし おそらく世界旅行も出来ない時代に万物の法則ってごく狭い地域での法則特徴ぐらいだと思いますが?

色即是空、空即是色 原語でこれを聞いた当時の一般人はどうイメージしたのか?ぶっちゃた解説をおねがいします

Aベストアンサー

こんにちは

般若心経全体の意味を書くと、ながーーくなるのでかけませんが、
質問の後半の部分だけ書きます。

色即是空

の部分ですが、原語で聞いた当時の一般人が受け取るイメージと
我々が受け取るイメージは基本、当然同じだと思います。

まず、「色」とは「物」とか「存在」と言う意味です。
も少し解説しますと、様々な世界の構成要素の「物質」
に該当します。(他にも構成要素はあります。)
「空」とは、一番簡単な意味としては「無い」とか
「無常」という意味です。

ですので、色即是空は
物質は空虚なものである
という意味です。

基本的な本意としては、物に執着する人間の考えが誤り
である(物は執着の対象とならい空虚なものである)という
事を意味しています。

読んで、その通りなので、原文でも基本同じような内容が
記述されています。

細かいことは書きませんが、般若心経全体から、宇宙の真実を
感じ取ることは可能とは思いますが、色即是空の1フレーズには
その様な意味は無いと見るのが一般的だとは思います。

Q般若心経の読み方について

法事でいくとたいてい般若心経を読まれるのですが、
いつも読み方について疑問に思っていることが2、3あるのでお聞きします。

1 冒頭の観自在菩薩のところで菩薩の読みでボサツとふりがながふってあるのですが
  どなたもボーサーと呼んでいるようですが、ここは伸ばすところなのでしょうか。

2 空不異色 色即是空のところでクーフーイーシキ シキソクゼークウと読む方と
  クーフーイーで切って、その後シキシキソクゼークウと読まれる方がいます。
  普通に考えれば前者の方が正しいのでしょうが、後者の読み方はなんなのでしょう?
  変なところで切る方は他にも変なところで切る傾向があるようで偶然ということもなさそうです。

退屈紛れに聞いていて、気になり出すとなぜか気になってしまいました。
宗派の違いとかあるのでしょうか。それとも単なる個人的な考えなんでしょうか。
下らないことかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして 21♀です
私もよく祖父の亡くなった何回忌とかで般若心経を読んでいました。
1についてですが、私はボーサツときちんと伸ばさずに読んでいます。
2についてですが、私は基本的には単語や文章の塊ごとに
区切りをつけて読みます。

しかし、お坊さんなどでもそうですが、
他の方の読み方はそれぞれ違うようです。

宗派の違いというよりも、息継ぎのタイミングではないでしょうか。
お坊さんはある程度続けてお経を読み進め、
息継ぎをしてまた読み進めるという感じです。
そのため、お坊さん以外の人はお坊さんとは息継ぎのタイミングが違います。
基本的にはお経は亡き人に読むので、読み方などが
多少違えども気になさらなくても良いと思います。

Q般若心経と般若経典群

素人ですが、般若心経に興味を持ち、一般向けの解説書を十数冊読んできました。

般若心経は般若経典群のエッセンス、とのことですが、これはたとえば「超訳」「まとめ」のような意味なのでしょうか、それとももっと別の意味があるのでしょうか。

般若心経には難解な部分、意味の通じない部分、そして後半に突然羯諦羯諦・・・の呪文が出てくるわけですが、これも般若経典群の「まとめ」と解釈すれば納得できます。

そして、「超訳」であるなら、そもそも般若心経だけを理解して大乗仏教の深淵が理解できるわけもなく、般若心経をステップにして般若経典群を学びに入る・・・というのが本来のあり方のように思えてなりません。にも関わらず、「般若心経には宇宙の深淵がある」などといわれても、ちょっと困ります。

なんだか、般若心経はそれ自体がありがたがれ過ぎて「権威」となってしまい、疑うことまかりならん、わからんのはお前が未熟だからだ的な雰囲気がありますが、それにしては仏教会の権威である皆さんの(そのハズですが)書かれた解説書の解釈がバラバラ過ぎて、このような疑問を抱いてしまいました。

アドバイス、お叱り、否定、なんでも歓迎ですが、「知らない人の憶測による話」や、「思い込みによる感情的な否定」についてはご遠慮申し上げます。よろしくお願いします。

素人ですが、般若心経に興味を持ち、一般向けの解説書を十数冊読んできました。

般若心経は般若経典群のエッセンス、とのことですが、これはたとえば「超訳」「まとめ」のような意味なのでしょうか、それとももっと別の意味があるのでしょうか。

般若心経には難解な部分、意味の通じない部分、そして後半に突然羯諦羯諦・・・の呪文が出てくるわけですが、これも般若経典群の「まとめ」と解釈すれば納得できます。

そして、「超訳」であるなら、そもそも般若心経だけを理解して大乗仏教の深淵が理解でき...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。



☆般若心経には難解な部分、意味の通じない部分、そして後半に突然羯諦羯諦・・・の呪文が出てくるわけですが、これも般若経典群の「まとめ」と解釈すれば納得できます。
◇これは間違いです。
テキスト的にいいますと、
おまじない(真言)の部分は他の経典から引用されたものですから。
そして、
この経典の功徳の素晴らしさを強調するために付け加えられた、と考えるべきです。

また、般若心経の本文も他の般若経から借用したものに過ぎません。
さらに、般若心経は経典の体裁を有しておらず、このために、「般若心経は経典でない」とする考え方もあります。
梵文(サンスクリット)は存在しますけれども、これは中国語からサンスリット語に翻訳されたものであり、この般若心経はインドではなく中国で作られた経典、つまり、偽経の疑惑もあります。

般若心経は、結構、いかがわしい経典なんですよ。


☆そして、「超訳」であるなら、そもそも般若心経だけを理解して大乗仏教の深淵が理解できるわけもなく、般若心経をステップにして般若経典群を学びに入る・・・というのが本来のあり方のように思えてなりません。にも関わらず、「般若心経には宇宙の深淵がある」などといわれても、ちょっと困ります。
◇「般若心経には宇宙の深淵がある」というのは大げさ過ぎると思いますが、
般若経で最も重要な思想である《空》について簡潔に記されているワケですから、
般若経のエッセンスがここにあるというのは、あながちウソではありません。

般若経は、一つの経典ではなく、聖書のように文献が多数集まった経典群であり、
般若経研究の専門家でもなければ、その全体像はつかめません。
専門家であっても、その全容はつかめない、といっても過言ではありません。
私を含めて素人には、ハッキリ言って、般若経は手に負えませんよ。

これを本格的に勉強しようとしたら、アビダルマなどの仏教の基礎学の知識が欠かせません。
そして、
般若心経が分からないというのは、こうした仏教の基礎知識が欠如しているためです。
ですから、
質問者さんが一般向けの書籍をいくら読んでも、分からないのは当然だと思います。

まずは、仏教の基本思想について書かれた本を読むことをおすすめします。



☆なんだか、般若心経はそれ自体がありがたがれ過ぎて「権威」となってしまい、疑うことまかりならん、わからんのはお前が未熟だからだ的な雰囲気がありますが、それにしては仏教会の権威である皆さんの(そのハズですが)書かれた解説書の解釈がバラバラ過ぎて、このような疑問を抱いてしまいました。
◇これらは、仏教学の専門家が書いた書籍でないからです。
僧侶や芸能人などの有名人が書いた本ではなく、仏教学者の書かれた本を読まれたらいいのではないでしょうか。

たとえば、
 真釈 般若心経
 宮坂宥洪著
 角川ソフィア文庫
あたりを読まれてみてはいかがでしょう。

この本はいい本ですよ。

ただし、この本に書かれている内容をすべて鵜呑にしてはいけません。
著者の独自の解釈なども多数含まれているので、批判的に読んでください。


ではでは。

こんばんは。



☆般若心経には難解な部分、意味の通じない部分、そして後半に突然羯諦羯諦・・・の呪文が出てくるわけですが、これも般若経典群の「まとめ」と解釈すれば納得できます。
◇これは間違いです。
テキスト的にいいますと、
おまじない(真言)の部分は他の経典から引用されたものですから。
そして、
この経典の功徳の素晴らしさを強調するために付け加えられた、と考えるべきです。

また、般若心経の本文も他の般若経から借用したものに過ぎません。
さらに、般若心経は経典の体裁を有...続きを読む

Q般若心経の読経

もっと一生懸命に般若心経を唱えるには、如何すべきですか?

Aベストアンサー

あなたが生きているんじゃなく
仏に生かされているんです。

あなたがお経を唱えるんじゃなく
仏があなたの身体を使って
お経を唱えるんです。

我を捨てることはできませんが、
しばらく横に置いておきましょう。
自分を空にして、仏がお経を唱えるのを
邪魔しないようにしましょう。

Q般若心経 の色即是空、空即是色を唱えた人は誰ですか? 般若心経を書いたのは誰ですか? 色即是空、空即

般若心経 の色即是空、空即是色を唱えた人は誰ですか?

般若心経を書いたのは誰ですか?

色即是空、空即是色の意味はどう捉えていますか?

Aベストアンサー

はじめまして

>般若心経 の色即是空、空即是色を唱えた人は誰ですか?

般若心経典は、観自在菩薩(観世音菩薩)が釈迦の弟子であった舎利弗に対して教えた体裁になっています。
ですのでその教えの中に「色即是空、空即是色」という言葉がでてきます。

>般若心経を書いたのは誰ですか?

わかりません。お経というのは釈迦の直弟子が書いたという体裁をとっていますが、実際には般若経などの
大乗仏教経典が成立したのは釈迦が死んでから数百年たってから成立したと考えられています。

>色即是空、空即是色の意味はどう捉えていますか?

「 色」は、宇宙に存在するすべての形ある物質や現象を意味し、「空」は、固定した実体がなく空虚である
という意味です。それが実は同じだろいうことなんですね。
なかなか含蓄の深い言葉です。

Q般若心経は間違い?

スマナサーラさんの『般若心経は間違い?』という本を読みました。
彼が言うには、「色即是空、空即是色」という部分で、空は色の上位概念であり色即是空は正しいが、空即是色は正しくないというのです。例えば、「みかんは果物です。」は正しいけど、「果物はみかんです」は正しくないのと同じだと。もし、「色即是空、空即是色」が成り立つなら空=色となり、わざわざ別の単語を使う意味がないではないかと。
この経典の著者は空を正しく理解していないとのことです。

皆さんはどう思われますか?

それから、この本とははなれますが、こんな説があります。サンスクリット語で書かれたこの経典の世界最古のものは7世紀の法隆寺のものです。カナダ人の学者が、この経典は中国人が作った偽経をあとの時代になってサンスクリット語に逆翻訳したものではないかと言っています。

Aベストアンサー

 こんにちは。


 色受想行識の色について 

   色即是空、空即是色

 と言ったあと ほかにもさらに

   受即是空 空即是受
   想即是空 空即是想
   ・・・

 というふうに 五蘊のすべてについて同じ見方を述べています。

 仮りに《空》が 五蘊のそれぞれに対して上位概念であったとすれば 前半の認識のあと 《空即是・・・》というかたちで捉える後半の認識については 色受想行識が言わば現象であるのですから そういった現象としての下位概念にかかわると言っていると読めば 問題はないと考えます。

 《空》という上位概念に 下位概念としての五蘊のそれぞれが言わば認識の上で到達し 《空》は下位概念のそれぞれを言わばつつんでいるとすでに前半の句で言っていますから しかもそのひとつの認識の段階にはとどまらず 上位概念が 下位概念にも降りて来ると言ったことになる。これだけのことではないでしょうか。


 《即》という表現が 気に食わないということかも知れません。
 
 批判するときには 出来るだけ相手に不利にならないように・またときには有利に解釈した上で しかもなお残る根本的なマチガイを指摘するのが 筋だと考えます。



 また 思想の良さを捉えるときには その著者いかんや出自の如何を問う必要はありません。
 ぎゃくに著名な書物であっても その思想のマチガイは きちんと捉えて指摘せねばなりません。
 すべからく中身で勝負だと考えます。

 こんにちは。


 色受想行識の色について 

   色即是空、空即是色

 と言ったあと ほかにもさらに

   受即是空 空即是受
   想即是空 空即是想
   ・・・

 というふうに 五蘊のすべてについて同じ見方を述べています。

 仮りに《空》が 五蘊のそれぞれに対して上位概念であったとすれば 前半の認識のあと 《空即是・・・》というかたちで捉える後半の認識については 色受想行識が言わば現象であるのですから そういった現象としての下位概念にかかわると言っていると読めば 問題...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報