お世話になります。

私の父親なのですが、気象庁を定年になりその後関係団体にて2年間勤め、このたびこちらも退職せざるを得なくなりました。

気象庁在職時にはかなり活躍し、それなりに出世もしている様子ではあります。

年齢は62歳。酒・タバコもやらずかなり元気です。
が、学者肌の堅物でコネクション等もなく再就職先に困っている状況です。
私としては元気な間はまだまだがんばってもらいたいと考えています。

できることといえば在職中に気象予報士を取得しております。
その他この場では差し控えますが専門分野の知識ではかなりのものがあるようです。
就職活動は何もしておらず、いまのところ情報何もありません。

参考になるご意見、なんでも結構です。
息子として本当に困っています。
特に役立つご意見には個人的に謝礼等させていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の知り合いで、カリスマ天気予報士(20代前半の女性)が勤務している、そこそこ有名なベンチャー企業があります



そこでは、気象庁の定年者を捜していたと思いましたよ

理由は、やはりベンチャーと言う事から、しっかりとした方が在籍していないと仕事も取りにくいと言う事かと思います

仕事の内容は、雇い主との相談になるかとは思いますが、従業員の教育や、管理職など、色々あるかと思います

もしご希望がございましたら、メールで直接お知らせ下さい
    • good
    • 0

気象庁にお勤めでった上に、予報士資格を持っておられる


と言う事は、『気象業務支援センター』と言う名前も
聞いた事があるのではないかと思いますが、
そちらに問い合わせてみてはいかがでしょうか?
もしかすると、求人情報なんかも来ているかも知れません。

ただ、実際に仕事をするとなると、かなり難しいかも
知れませんねぇ。予報士試験も、毎回4000~5000人の
受験者がおり、その内の5~6%が合格しています。
つまり、毎年数100人の気象予報士が誕生している訳です。
ですが、気象予報士と言う仕事の需要は、それ程多くは
ないと思われます。
そうなると、若くて活きのいいヤツか、適度に経験を積んだ
中堅クラスの需要が高まるのではないでしょうか?
もちろん、それらをまとめて行ける、ベテランを欲する
ところも、無いとは言い切れませんが。

気象庁にお勤めであったと言う事で、大手町の本庁に
通っていらっしゃったと勝手に推測しますが、そうでしたら、
気象庁の図書室や、気象業務支援センターの『気象の広場』
などで、関係書籍などをご覧になってみてはいかがですか?
もしかすると、予報士募集の広告などが出ているかも
知れません。気象業務支援センターが発行している
『気象新聞』なんかにも、たまに、民間企業の求人広告が
載る事がありますよ。

参考URL:http://www.jmbsc.or.jp/
    • good
    • 0

こんにちは。



本当に思いつきですみません。
資格教室の講師などいかがでしょう。
例えば,↓こんな感じです。
もう専属の非常勤講師がいるのかもしれませんが,
ご参考まで。

では。

参考URL:http://shikaku.nikkei.co.jp/course/tc_001_001.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気象予報士さんって、何者?

 テレビに出てくる気象予報士さんは、どこかに所属しているの?(気象予報士の資格ができる前は、日本気象協会と肩書きがついていましたが。)それとも、気象予報士さんは、占い師さんみたいに、個人の資格で、個人的に予報して出しているの?とすると、スタッフがたくさんいないと困りそう。また、予報の元になる情報は、どこから、どうやって得ているの?どこかが出している気象予報などを、ご自分なりに、アレンジしているだけ?もし、予報が大きく外れた場合は、個人責任?
 NHKのニュースでは、気象予報士の○○さんと他人行儀に敬称をつけていますから、非常勤職員ではなく、外の人という扱いなんでしょうが、どういう身分?待遇?か、どなたか、教えてください。ニュースで、気象予報士の○○さんと聞くたびに、不思議な気分です。

Aベストアンサー

> テレビに出てくる気象予報士さんは、どこかに所属しているの?
基本的にタレントさんと同様に、事務所所属の方が殆どだと思います。

> 予報の元になる情報は、どこから、どうやって得ているの?
気象庁が定期的に予報を発表していますから、その情報をを基に、気象予報士さんが予報を行います。朝5時以前の予報は、前日の午後5時気象庁発表の予報を、朝5時以降は、朝5時気象庁発表の予報を使います。

> どこかが出している気象予報などを、ご自分なりに、アレンジしているだけ?
気象庁発表の予報には逆らえませんから、実質的にはそうなります。

> もし、予報が大きく外れた場合は、個人責任?
基本的には、予報の基情報を発信した、気象庁の責任でしょう。

> どういう身分?待遇?
事務所所属のキャスターの方なので、基本的にはタレントさんの扱いに準じると思われます。
例えば NHKで言えば、「おはよう日本」の加藤祐子さんは、ウェザーマップ所属、橋詰尚子さんは、ライフビジネスウェザー所属、「ニュース7」の半井小絵さんは、ウィング所属、と言った具合です。

> テレビに出てくる気象予報士さんは、どこかに所属しているの?
基本的にタレントさんと同様に、事務所所属の方が殆どだと思います。

> 予報の元になる情報は、どこから、どうやって得ているの?
気象庁が定期的に予報を発表していますから、その情報をを基に、気象予報士さんが予報を行います。朝5時以前の予報は、前日の午後5時気象庁発表の予報を、朝5時以降は、朝5時気象庁発表の予報を使います。

> どこかが出している気象予報などを、ご自分なりに、アレンジしているだけ?
気象庁発表の予報には...続きを読む

Q私が行ってるコンビニに理系のそれなりに名の効いた大学を出ている人がフリーターとして働いているのですが

私が行ってるコンビニに理系のそれなりに名の効いた大学を出ている人がフリーターとして働いているのですが、○○大学出ていてそんなことあるのか!?
って思いました。

その人は根は真面目そうで責任感もなんだかんだでありそうな人なので、どうしてこうなってしまったのかと不思議に思いました。


文系ならよく聞きますが、理系で大学を出ても就職が見つからないのは、どういう理由がありますか?

Aベストアンサー

おじさんです。
一般的な感覚で考えれば不思議に思うでしょうね。
でも、学業優秀で高学歴といえども、社会で通用するかどうかは、また別なのです。
つまり、学校では性格などは関係なく、ペーパーテストだけ出来れば東大にも入れます。
しかし、社会は学業の世界ではないのです。
職場では、朝の挨拶に始まり、周囲の人間とのコミュニケーションがほとんどの世界です。
例え、東大理学部を優秀な成績で卒業したとしても、技術現場で周囲の人間との穏やかなコミュニケーションができなければ仕事にならないのです。
そのような経験をした人なのかもしれません。
それとも、別な目標があって、一時的にコンビニで働いているのかもしれませんね。
学業と企業は必ずしも一致するものではないのが現実の社会だと思いますよ。

Q気象予報士の仕事場は・・?

気象予報士の職場はテレビ局しかないのでしょうか?
テレビに出なくても気象予報士になられるのでしょうか。あまりテレビに出たくない!という理由で気象予報士への道をあきらめる・・という人もいるのでしょうか。
宜しく御願い致します!!

Aベストアンサー

企業向けに(たとえば東京ディズニーランド)気象情報を提供する会社は、少なからずあります。
気象予報士をとったからといって、ダイレクトにそれを活かす人もいればそうでないひともいます。

気象予報士の資格はもっていないですが、僕の恩師は、気象学の権威で、スペースシャトルの打ち上げの際の気象状況判断などにも参加したことがあるそうです。あと、海洋気象に長けた友人は船会社に入りましたよ。気象の世界もいろいろあるってことで。

Q在職中の転職について

いつもお世話になっております。
転職についてですが、
今の会社よりもっと能力を生かせる仕事に就きたいと思っています。
そこで質問なのですが、

1.在職中の転職先の見つけ方。
2.面接日はどのようにして会社を休むか。
3.今の会社を辞める時の理由は?
4.会社を辞めてから転職するのと、
  在職中に転職先を予め決めておくのとではどちらが有利?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。
実は私も在職中ではありますが、転職先を探しております。
私の場合、求人情報はネットと情報誌(ビーングやとらばーゆ)を利用しています。まず、履歴書を郵送し、面接は書類選考の後で、というところに重点的に応募しています。面接の際はできれば土日や終業時間以降にしてもらいますが、無理な場合は半休をもらって行ったりしたいます。理由は私用のため。家の都合で・・・と言っています。会社を辞める理由というのは、面接の際?それとも今の会社に対してですか?どちらにせよ、今の気持ち(キャリアアップのため)を率直に伝えて差し支えないと思いますが・・・。
在職中に転職活動をしていて実感したことですが、私は転職先が見つかってから今の会社に辞意を伝え辞めようと考えています。これだと新しい会社への入社日は少なくても1ヵ月半くらい先になってしまいます。しかし、求人先はすぐにでも働ける人を探している場合が多いんですよね。その点で、いまいち不利かなーと思うことがあります。それなら、転職先が見つからなくても、切りのいいところで辞め、転職活動に専念したほうがいいかな?と思い始めているところです。
ご参考になるかわかりませんが。お互い頑張りましょう!

はじめまして。
実は私も在職中ではありますが、転職先を探しております。
私の場合、求人情報はネットと情報誌(ビーングやとらばーゆ)を利用しています。まず、履歴書を郵送し、面接は書類選考の後で、というところに重点的に応募しています。面接の際はできれば土日や終業時間以降にしてもらいますが、無理な場合は半休をもらって行ったりしたいます。理由は私用のため。家の都合で・・・と言っています。会社を辞める理由というのは、面接の際?それとも今の会社に対してですか?どちらにせよ、今の気持ち...続きを読む

Q気象庁と気象予報士の役割分担は?

TVで各局の天気予報が放送されますが、予報の内容に余り差異が無いように思います。
確か放送局では気象予報士でなければ天気予報をして放送することができないようになっていると聞きました。
気象予報士の役割が良く分からないということだと思いますが、気象庁から各局に提供される情報はどこまでで、その情報を気象予報士がどのように分析して放送するのでしょうか?
余り差異が無いので全て気象庁から提供される情報のような気がしております。

Aベストアンサー

国立病院と民間の開業医と言えば良いのでしょうか?
気象予報士も医師も国家資格でして、気象予報士については「指定試験機関が実施する知識及び技能についての試験に合格した者であって、気象庁長官による登録を受けた者」しか予報業務の許可を受けることが出来ません。

これまでは気象庁にしかその業務が許されませんでしたので、いわゆる勤務地も気象庁しかなく、予報内容の発信も同様でしたが、1993年の気象業務法改正によって、気象庁以外の者に対する予報業務の許可が一般向け予報業務についても実施されることになったために、民間の気象予報士も存在し業務を行えるようになりました。

医師免許を持つ物がどこでも勤務・開業しているのと同様、気象予報も気象庁に限らず存在、営業しているわけです。

例えが良いのか悪いのか、医師同様に技量や経験の差はあってもしかるべき?あるいはどの予報士も見立てにそう大差はないとも言えます。

Q退職した会社に在職証明書を依頼したいのですが?

再就職が決まり、以前働いていた会社の在職証明書を提出しなければならないのですが、在職証明書の書式が決まっています。そこで以前の会社に在職証明書をできれば文書で依頼したいのですが、どのように依頼をすれば良いのでしょうか?また、文書を郵送する際に、連絡をしないといけないのでしょうか?ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

前にも似たような質問があって回答したのですが、
「就職のため必要ですので、業務ご多忙のところ恐縮ですが、同封の書類にご記入頂きご返送下さいますようお願いします。勝手ながら、提出期限がありますので、○月○日頃までにご返送下さい。」という趣旨の文章を添えて、できれば切手を貼った返信用封筒を添えて特定記録か簡易書留で郵送したら良いのでは?事前に電話でお願いできるのであれば、それはしておいて下さい。いきなり文書を送るより良いとは思います。

Q気象予報士は必要?

気象予報士は必要でしょうか?
温暖化などで過去のデータに当てはまらない事例が多いので
予想が外れるのは仕方ない面もありますが、
それならば尚更不用であるように感じます。

そして外れてもヘラヘラ笑いながら後付の理由説明…。
(しかも義務教育で習うレベルの説明が多い)
月間、週間予報なんて全く当たらないし当日の予報すら外れることも多々。
そんな気象予報士なら国の予算を東京アメッシュなどのデータを更に
より詳細したものを迅速にネット配信する方に予算を回した方が良いような気がします。
つまり気象庁の発表≒気象予報士の予想(当たらない可能性大)と
後は迅速に自己判断できる詳細なデータ提供だけで良いのではと思うのです。

デイトレーダーや証券マンは難しい要素でも外れれば責任を問われ下手すれば破産や解雇すらあるのに対して、
気象予報士(気象庁も含め)は外れても「ごめんなさい」で済む
(それすら言わないで言い訳だけの予報士も多いが)
なんて楽な職業なのかと思います。
そんなタレントまがいの気象予報士を高額にで雇うなら公共の電波を独占しているTV局などは
一般国民に還元すべきことが他にたくさんあると思います。

天気予報が重要となる企業では専門のプロ天気予報会社に予報を高額で依頼している事も多いそうですが、
そういう職が成立すること自体がTVなどの気象予報士の不要性を証明しているように思います。

そういった予報専門会社のサービスに劣らない機関に国やTV局は予算を割くべきなのではないでしょうか?
国民の誰でも利用できる少なくても予報専門会社程度の精度を持ったサービスを。

みなさんは不要、必要、どちらだと思いますか?
私は今の精度の予報なら気象予報士は少なくても不要だと思います。

もしくは的中率による出来高制にすれば良いと思います。
とは言っても精度の高い予報には大企業や国レベルの観測情報が必須でしょうから非現実的でしょう。
だったら気象予報士なんて不要で代わりは高学歴のアナウンサーで十分だと思います。

気象予報士は必要でしょうか?
温暖化などで過去のデータに当てはまらない事例が多いので
予想が外れるのは仕方ない面もありますが、
それならば尚更不用であるように感じます。

そして外れてもヘラヘラ笑いながら後付の理由説明…。
(しかも義務教育で習うレベルの説明が多い)
月間、週間予報なんて全く当たらないし当日の予報すら外れることも多々。
そんな気象予報士なら国の予算を東京アメッシュなどのデータを更に
より詳細したものを迅速にネット配信する方に予算を回した方が良いような気がしま...続きを読む

Aベストアンサー

気象予報士という職業を誤解されていませんか?

>天気予報が重要となる企業では専門のプロ天気予報会社に予報を高額で依頼している事も多いそうですが

これをするのが気象予報士の本来の仕事であり、テレビに出ているのはほんの一部の人だけです。

>(しかも義務教育で習うレベルの説明が多い)
そのレベルで解説しないと、テレビを聞いている人は理解できないでしょう。

>なんて楽な職業なのかと思います。
大多数の気象予報士が働いている気象予報会社は、はずれが多くなれば仕事が来なくなります。

Q民間企業在職中に再就職活動するのは違反になるのか?

私民間企業に在職中ですが、賃金低い理由により再就職活動しようと考えております。しかし世の中甘くなく、なかなか再就職に失敗し歯が立たないほどなのです。在職中に再就職活動するのは違反になりますか?

Aベストアンサー

違反になりませんよ!
転職を考えてる方のほとんどが在籍中に活動してますよ。
質問者さんの言う通り、企業の採用枠はかなり厳しいと思います。だからこそ在籍中に転職活動をされ、内定をもらってからの今お勤めの
会社を辞める方が懸命ですね!

最近では、そういった方に考慮し土、日に転職フェアーなどを開催されてますよ。また、今のお仕事も考慮してくれる企業も多いですよ。
『頑張ってください』

Q各TV局や番組毎に、天気予報のコーナーがあり、担当の気象予報士が天気予報を解説していますが…??

各テレビ局や、それぞれのTV番組や、それ毎の天気予報のコーナーで、各々の担当している気象予報士達が天気を予想し解説してますが、これらの予報って、それぞれの気象予報士によって=各局・各番組によって、異なっていることもあり得ているんでしょうか?

フトそんな疑問を感じたのは、各局の各番組の天気予報コーナーの、それぞれの気象予報士の予報と解説って、チャンネルを細めに切り替えて見比べても、全く同じ一緒としかの感覚しかないんで、とても不思議な感じを覚えてしまったからで…。

天気予報って、気象予報士が各々それぞれの資格に基づいた上で予想して、その見解を予報として述べて発しているんではないのですか?

それとも、例えば気象庁とかの公的機関が発したデータと予報をソノママそのとおりに言うことになっている、なんていう決まり事でも存在してるんでしょうか?

要するに、気象予報士という試験に合格した資格を取得した人が、その資格をもってして、自由に独自に気象を予想して、それを予報することが出来ない、又は許されていない、ということなんでしょうか?

実際・実態・真相って、どうなっているのでしょうか、是非とも教えてくださいますか。

各テレビ局や、それぞれのTV番組や、それ毎の天気予報のコーナーで、各々の担当している気象予報士達が天気を予想し解説してますが、これらの予報って、それぞれの気象予報士によって=各局・各番組によって、異なっていることもあり得ているんでしょうか?

フトそんな疑問を感じたのは、各局の各番組の天気予報コーナーの、それぞれの気象予報士の予報と解説って、チャンネルを細めに切り替えて見比べても、全く同じ一緒としかの感覚しかないんで、とても不思議な感じを覚えてしまったからで…。

天気予報っ...続きを読む

Aベストアンサー

「予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない。」
つまり、気象庁の出した予報をしゃべるだけなら気象予報しでなくても構いません。だから東京MXでは鈴木奈々や変な外人が天気予報をしています。あと今は知りませんが日テレでも菊川怜が予報していましたね。
あれは気象庁発表内容を読むだけだからOKなんです。
しかし解説やもう少し狭い範囲の予報をする場合は気象予報士の資格が必要になります。例えば「予報では曇りですが、場所によっては雨が降る可能性があります」なんていうのは気象予報士の資格が必要な訳です。資格がなければ原稿通り「曇りです」としか言えない訳です。

それでも気象庁のデータに基づいているので大きな違いは無いはずだし、あまり違いがあってはおかしいですね。そういった細かい部分だけの違いなので、見ていても気がつかないことが多いと思います。
また気象に関する詳細な説明も資格者か研究者でなければなりません。最近解説で面白いのは私はTBSひるおびに出ている森朗(もりあきら)さんですね。理解力のない人に説明する事の難しさを教えてくれます。

「予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない。」
つまり、気象庁の出した予報をしゃべるだけなら気象予報しでなくても構いません。だから東京MXでは鈴木奈々や変な外人が天気予報をしています。あと今は知りませんが日テレでも菊川怜が予報していましたね。
あれは気象庁発表内容を読むだけだからOKなんです。
しかし解説やもう少し狭い範囲の予報をする場合は気象予報士の資格が必要になります。例えば「予報では曇りですが、場所によっては雨が降る可能性があります」なんて...続きを読む

Q在職中の就職(転職)活動について

現在、真剣に転職を考えています。在職のまま就職活動をしたいのですが
もし会社に知られてしまったら・・ということがとても気になっています。
ネットでもいくつか求人のサイトを見つけ 応募したいと思っている企業もあるのですが
問い合わせだけでも氏名や連絡先など明記しなければならないようなので結局躊躇しています。
企業側に応募の秘密をお願いしたりすることは出来るのでしょうか。
また秘密は守って頂けるものなのでしょうか。
まだ何も調べていないので無知でお恥ずかしい限りですが、
このような事に詳しい方、在職中に転職活動をされた経験のある方のお話を伺えたらと思っています。
現在のところ一番気になっているのは上記の件ですがその他の事でも構いません。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。

生活源が途切れてしまうのも問題ですから、在職中の転職活動は当り前といえば当り前です。
多くの人は在職中に転職活動をすると思います。転職活動をしている応募者の「秘密厳守」は企業としては当り前なので問合せをされる心配は無いです。(賞罰の罰がある場合はあるかもしれないけど、殆どの人は無いと思うから)
Webで応募するにしてもページの隅に「応募の秘密厳守します」とか書かれていますよ。

人材紹介会社を利用すれば、自分の行きたい仕事の方向・希望年収・規模の会社をチョイスしてくれて、更にその中から自分で選ぶというカンジなので「会社を探す」手間が省けると思います。また、面接日なども掛け合ってくれます。もちろん、相手企業が「平日にしか面接はやらない」と言えば前もって「この日は面接に行って下さい」と言ってくるでしょうしね。
もちろん、応募は秘密にしてくれるし、メールや夜の電話などで連絡を取るので、日中職場に電話がかかってくることも無いです。

ただ、在職中に転職活動をするのは時間がかかる場合があります。人材紹介会社経由で転職活動をして、次の会社に就業するのに半年かかった人がいます。その間、一次面接・二次面接、TOEICを受けさせられたり健康診断をしたりと時間がかかります。
なお、書類選考から一次面接までが2ヶ月かかった企業もあります。
なので、退職予定日の半年~3ヶ月前くらいには余裕を持って活動した方がいいです。これはWebで応募の場合も同じだと思います。

がんばってくださいね。

こんにちわ。

生活源が途切れてしまうのも問題ですから、在職中の転職活動は当り前といえば当り前です。
多くの人は在職中に転職活動をすると思います。転職活動をしている応募者の「秘密厳守」は企業としては当り前なので問合せをされる心配は無いです。(賞罰の罰がある場合はあるかもしれないけど、殆どの人は無いと思うから)
Webで応募するにしてもページの隅に「応募の秘密厳守します」とか書かれていますよ。

人材紹介会社を利用すれば、自分の行きたい仕事の方向・希望年収・規模の会社をチョイス...続きを読む


人気Q&Aランキング