お世話になります。

私の父親なのですが、気象庁を定年になりその後関係団体にて2年間勤め、このたびこちらも退職せざるを得なくなりました。

気象庁在職時にはかなり活躍し、それなりに出世もしている様子ではあります。

年齢は62歳。酒・タバコもやらずかなり元気です。
が、学者肌の堅物でコネクション等もなく再就職先に困っている状況です。
私としては元気な間はまだまだがんばってもらいたいと考えています。

できることといえば在職中に気象予報士を取得しております。
その他この場では差し控えますが専門分野の知識ではかなりのものがあるようです。
就職活動は何もしておらず、いまのところ情報何もありません。

参考になるご意見、なんでも結構です。
息子として本当に困っています。
特に役立つご意見には個人的に謝礼等させていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

私の知り合いで、カリスマ天気予報士(20代前半の女性)が勤務している、そこそこ有名なベンチャー企業があります



そこでは、気象庁の定年者を捜していたと思いましたよ

理由は、やはりベンチャーと言う事から、しっかりとした方が在籍していないと仕事も取りにくいと言う事かと思います

仕事の内容は、雇い主との相談になるかとは思いますが、従業員の教育や、管理職など、色々あるかと思います

もしご希望がございましたら、メールで直接お知らせ下さい
    • good
    • 0

気象庁にお勤めでった上に、予報士資格を持っておられる


と言う事は、『気象業務支援センター』と言う名前も
聞いた事があるのではないかと思いますが、
そちらに問い合わせてみてはいかがでしょうか?
もしかすると、求人情報なんかも来ているかも知れません。

ただ、実際に仕事をするとなると、かなり難しいかも
知れませんねぇ。予報士試験も、毎回4000~5000人の
受験者がおり、その内の5~6%が合格しています。
つまり、毎年数100人の気象予報士が誕生している訳です。
ですが、気象予報士と言う仕事の需要は、それ程多くは
ないと思われます。
そうなると、若くて活きのいいヤツか、適度に経験を積んだ
中堅クラスの需要が高まるのではないでしょうか?
もちろん、それらをまとめて行ける、ベテランを欲する
ところも、無いとは言い切れませんが。

気象庁にお勤めであったと言う事で、大手町の本庁に
通っていらっしゃったと勝手に推測しますが、そうでしたら、
気象庁の図書室や、気象業務支援センターの『気象の広場』
などで、関係書籍などをご覧になってみてはいかがですか?
もしかすると、予報士募集の広告などが出ているかも
知れません。気象業務支援センターが発行している
『気象新聞』なんかにも、たまに、民間企業の求人広告が
載る事がありますよ。

参考URL:http://www.jmbsc.or.jp/
    • good
    • 0

こんにちは。



本当に思いつきですみません。
資格教室の講師などいかがでしょう。
例えば,↓こんな感じです。
もう専属の非常勤講師がいるのかもしれませんが,
ご参考まで。

では。

参考URL:http://shikaku.nikkei.co.jp/course/tc_001_001.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ