「分かる」「判る」「解る」をどういう場面で使うのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

補足意見です。



漢字をあてる場合、分る/判る、越える/超える、早く/速く、などの一部の語では厳密に使いわけることができないと思います。
このような漢字を区別して使うことにこだわる方もいますが、文章を書く人の感性にまかせてよいのではないでしょうか。

ところで、「わかる」は和語(やまとことば)です。そこには、分別、判断、理解などの意味がすべてふくまれています。
わたしは、和語の含蓄を大切にしたいので和語をむやみに漢字にすることは避けています。ひらがなでは読みにくくなる場合や意味を限定したいとき以外は、よくひらがなを使っています。

なお、役所の文書などでは、使う漢字に慣行があるようです。
たとえば、手元にある税務署の文書を調べてみましたが、すべて「越える」を使わずに「超える」になっていました。
    • good
    • 3

stomachmanは、かつては厳密に


・分かる - 意図を了解する。(AとBとの区別が分別される。)
・解る - ものごとの仕組みを理解する。問題が解ける。
・判る - 事実が判明する。真実を見極める。
と使い分けてましたが、近頃はめんどくさくなって、特に強調したいときを除いては、たいてい「分かる」を使います。やまとことばとしては「わかる」で十分のような気がしてきたので。
    • good
    • 3

漢字の使い方に迷った時は、私はその漢字を使った熟語を考えてみる事にしています。


御質問の場合ですと、「分別」「判断」「理解」などとなる訳です。
「判る」は、判断がつきました、と言い換えられる場合、「解る」は理解できました、と言い換えられる場合、「分かる」は説教された時などの「はい」という返事が似合う場合。
すごく大雑把ですが、この法則(?)に従って、私は使い分けております。
正しいかどうかは判り(!!!???)ませんが、御参考までに。
    • good
    • 2

 えーと、日常会話では区別されてなかったりしてなかなか難しいものがあるようですが……(笑)



・「分かる」は見聞きした結果、それが頭に入ってきた状態
・「判る」は、見聞きしたものを自分で判断可能だった状態
・「解かる(送りがなはこうだった気がします)」は、理解できないものを深く考察した結果、その答えが出た状態

 です。
 3つ目は広辞苑(第4版、電子版)にはもう記載すらされておらず、1つ目と2つ目はいっしょくたになっているようです。
 もっとも、広辞苑は妥協好きなのでこういった調査にはまるで役に立ちませんが……(笑)
    • good
    • 1

今、辞書を見たのですが


分かる:見聞してわかる。考えてわかる。
判る:見分けて判断してわかる。
解る:解き明かしてからわかる。
と、なってますがほんとわかりにくいですよね。
どれを使って良いのやら・・・
一応僕は一般的に”分かる”を使いますが
”例の件わかった?”(判明した?)の時は”判る”で
”この機械の使い方わかった?”(理解した?)って時は”解る”で
使い分けています。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「分かる」と「判る」と「解る」の使い分け

ビジネス(技術)レポートをまとめる時、「分かる」と「判る」と「解る」の使い分けに困っています。使い分ける際の考えかたと、意味の微妙な違いと使い分けの事例も教えてください。

Aベストアンサー

「分かる」というのは知りたい(はっきりしたい)と思っていた事柄について
正しい情報が得られる場合に用います。

「判る・解る」というのは頭で考えたり、自分で経験したりして、
正しい判断・理解が得られる事や相手の立場・事情をよく心得、やぼな事を
言ったりしないようにする場合に用います。
ですから「判る・解る」は本義は同じといってもいいでしょう。

使い分けとしては、上記のような事柄を「判断」という意味で用いるか
「理解」という意味で用いるかの違いです。

でもはっきり言って今は「分かる」という書き方が主流ですから
「分かる」で書いた方が無難ですよ。
レポ-トを読む教授もその使い分けを知っているとは限りませんからね。
ま、知識として知っておけば便利でしょうね。

Q「分かる」と「判る」と「解かる」について

この3つはどう違うのですか?どれを使ってもいいような気がしますが。どういった場面でどの言葉を用いるのですか?

Aベストアンサー

分かる(一般的) 「事情が分かる」「消息が分かる」「話がわかる」

判る(判別)=分かる・わかる  「善悪が判る」「違いが判る」

解る(理解)=分かる・わかる  「ドイツ語が解る」「意味が解る」

『分かる』はどの場合でも使用できます。常用できます。

『判る』は区別できるという意味です。「味が判る」のように使えます。
『判る』は理解できるという意味です。「学問が解る」などのように使います。

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q「捨てる」を「ふてる」というとか、「そこにおるやん」を「ほこにおるやん」というように

「すてる」を「ふてる」、「そこにいてるやん」を「ほこにいてるやん」というように、「サ行」を「ハ行」で言ってしまうのは、方言だからでしょうか。ちなみに、親の田舎は、滋賀県です。

Aベストアンサー

生まれてから14才までは横浜に住んでいましたが、小学校4年生くらいまでは、ふてる、と言っていました。
ふてる、という言い方はとてもなつかしい印象があります。親は横浜と東京です。
でも、ほこに、は全く初耳です。

従いまして、ふてる、は幼児言葉の延長で、ほこに、は方言のような印象です。
 す、よりも"ふ"の方が言いやすい(舌を使って歯と舌の隙間加減をマスターする必要がない)ので、どちらも幼児言葉のような気もします。

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報