プロが教えるわが家の防犯対策術!

築30年以上の古い木造建築の和室(2階)で、砂壁の内部に断熱材が入っていないようです。
夏場は暑く、冬場は寒いため断熱材を入れようと思っていますが、施工方法を悩んでいます。

エアコンダクトの穴から壁の内部を確認したところ、壁内の断熱材が入っていないようでした。
(夏場や天気の良い日はとてつもなく暑く、冬場は寒い。場所は千葉県です)
リフォーム後は部屋をビデオ編集に使う予定のため、断熱と遮音(主に屋外の喧騒を少なくする目的)のため、断熱材を入れようと思いました。

断熱材はグラスウールだとへたるのでスタイロフォームを考えています。
表面は、壁面が露出する場所には吸音スポンジを貼る予定です。

通常だと、壁を一度崩して内部に断熱材を入れ石膏ボードでふさぐと思います。当初はこの方法にしようと思いましたが、かなり大がかりな工事になってしまいます。
そこで、砂壁の表面をはがし、モルタル(?)をサンダーでならしてスタイロフォームを貼り、すき間をシリコンでコーキング。棚などを置く壁面はそのままで、露出する壁面のみに吸音スポンジを貼るという事で済まそうと思っていますが、この方法でもよいでしょうか?
あるいはもっとよい方法があれば教えてください。

なるべく安価でコストパフォーマンスの高い方法が望ましいです。見てくれはそれほど重要視していません。
予算がないので、DIYでやる予定です。
また、施工が比較的簡単な方がよいです。

A 回答 (1件)

壁のことだけしか書いていませんが、天井の断熱はどうなっているのですか?築30年で壁に断熱材がないということは天井にもなさそうですよね。

壁より天井の断熱の方が効果があると思いますが。
ホームセンター辺りからグラスウールを買ってきて、天井裏に敷き詰めるだけなので比較的簡単だと思いますよ。
それと、窓(サッシ)はどうなっていますか?家の中で窓(サッシ)が一番断熱が弱いところですよ。ここがシングルガラスでアルミ枠だとかなり断熱性能は低いです。例えば樹脂のインナーサッシを追加すれば、断熱&防音(遮音)に大きな効果があります。
壁よりもまず先に、天井&窓を対策した方が効果は大きいです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

床や天井裏、窓や押し入れ、ドアなどはそれぞれリフォームをする予定です。
すべて書くとかなり長くなってしまうので、現在懸念している壁の方法のみに絞った質問をしました。

補足日時:2009/10/19 21:36
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング