現在リートフェルト法の勉強をしているのですが、
判らないところがありましたので
質問させてください。
XRDの回折強度の補正の時に用いる
ローレンツ因子の式が,なぜ
L = 1 / sin(theta)*sin(2theta)
になるのか判りません。
1/sin(theta)はどこから出てくるのでしょうか?

A 回答 (1件)

粉末回折データから構造パラメーターを求めるのが、リートベルト法であるので、多結晶からの積分強度を求める式にもどると、見えてきます。



回折角θから微小回転角Δαの間で、Bragg反射を起こす全ての(hkl)面からの反射を考える。
粉末試料からのhkl反射の全積分強度Pは、
(1個の結晶粒からの強度)×(θΔαの中にある結晶粒の数)×(強度測定面上の面積)
を、全方位、測定面の全面積で積分したものであり、
  P=K×(1+(cos2θ)^2)/(2sinθ)
Kは、θに依存しない項。

しかし、実際には、ディフラクトメータなどで測定されるのは、半頂角2θの円錐の底面の円周上の極一部。試料からR離れた点において、この円錐の底面の円周は、
  2×π×R×sin(2θ)
とかけ、単位長さ当たりの強度P'は、
  P'=P/(2×π×R×sin(2θ))

したがって,
P=K’× (1+(cos2θ)^2)/(sinθ×sin2θ)となります。
 K’は、θに依存しない項。
 
Lorentz偏光因子は、
   (1+(cos2θ)^2)/(sinθ×sin2θ)
または、
  (1+(cos2θ)^2)/(2(sinθ)^2×cosθ)

となります。
(ローレンツ因子は、 1/(sinθ×sin2θ) )

#文章で書くと、分かりにくいですねぇ
詳細な計算方法は、教科書を参照してください。
参考URLに、泉先生のHPを示します。

参考URL:http://homepage.mac.com/fujioizumi/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみませんでした。
ご回答いただいてから、相当考えたり検索したり
しまして、ようやく理解しました。
L = 1/sin^2(theta)*cos(theta) =

1/sin(2theta) : 単結晶のローレンツ因子
*cos(theta) : 反射に関与する粒子の割合
*1/sin(2theta) : ご回答中で説明の項

ありがとうございました。本当は10000ポイントほど
差し上げたいのですが、20ポイントで勘弁してください。

お礼日時:2003/05/10 16:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回折格子の回折像の強度(明るさ)

レーザーを回折格子にあてるとスクリーンに干渉縞
ができますが、中心(0次)の干渉縞が一番明るく
m次回折像でmが大きくなるほど干渉縞が暗くなっていく理由が理解できません。

【I=(Io/N^2)・(sin^2 α/α^2)・(sin^2 Nδ/sin^2 δ)
と与えられるそうですが、これでは意味が理解できません。
(Io=0次干渉縞の強度、N=格子数、
α=πasinθ/λ、δ=dα/a、a=スリット幅、d=格子定数
θ=像と回折格子の原点Oを結ぶ線がOとスクリーンの
原点を結ぶ線と成す角)】

光が減衰するとは考えられないので、
どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

参考URLのところに結構詳しく書いてあります。

参考URL:http://www.keirinkan.com/kori/kori_physics/kori_physics_1/contents/ph-1/4-bu/4-3-4-1.htm

QX線回折(XRD)について

XRDのピークに(002)とか(004)とかたくさんのピークがありますよね。
それから格子定数を求めようと思っています。
2dsinθ=nλの式に当てはめますよね。
その時に(002)ピークから格子定数をもとめる場合と、(004)からピークを求める場合はnの値をそれぞれ2と4にすればいいんでしょうか?
あまり結晶構造のことは詳しくないので、誰か助けてください。

それとBi超伝導の2212相というのがありますよね?
たとえば(001)というピークがあれば、そこからすぐにcが求まりますよね。
でここで疑問に思ったのですが、Bi2212のXRDは、(00偶数)ピークしか出なかったと思います。なぜ偶数しか出ないのでしょうか?

Aベストアンサー

2dsinθ=nλと書いた場合のdは、面間隔であって格子定数ではありません、おそらく。
上の式は、面間隔がdの反射面(h k l)によるn次のブラッグ反射と読みます。
または、
2(d/n)sinθ=λ
と書き換え、面間隔が(d/n)の反射面(nh nk nl)による1次のブラッグ反射と読みます。
格子定数とは、ブラベー格子を表記するために必要な値のことで、平行六面体の3つの辺の長さと、それらのなす3つの角からなります。ブラベー格子の対称性が上がるとこのパラメータの数は少なくなり、立方晶系の場合は、1つ辺の長さのみであらわします。
よって立方晶系の場合は、格子定数aと面間隔d'のhkl反射には
d'=a/√(h^2+k^2+l^2)
という関係があるので、
a=λ√(h^2+k^2+l^2)/(2sinθ)
となります。
128yenさんの場合、立方晶系の002反射であれば、h=0,k=0,l=2を代入ということになり、結果として、
「nの値をそれぞれ2と4にすればいい」ということになります。

Bi2212については、私はその晶系がわかりませんのでなんともいえませんが、幾何学的な条件が上記の式に結果的に合致するのであればいいのですかねぇ~(謎)


消滅則については、結晶構造の対称性が重要なポイントになります。Bi2212の結晶対称性が、00偶数反射のみ出すようなものなのでしょうか。消滅則とは、体心立方構造の場合は、h+k+l=奇数の時は反射出ないというアレです。各空間群の対称性は、International Tables for X-ray Crystallography の第一巻をに書いてありますので、参考までに。

2dsinθ=nλと書いた場合のdは、面間隔であって格子定数ではありません、おそらく。
上の式は、面間隔がdの反射面(h k l)によるn次のブラッグ反射と読みます。
または、
2(d/n)sinθ=λ
と書き換え、面間隔が(d/n)の反射面(nh nk nl)による1次のブラッグ反射と読みます。
格子定数とは、ブラベー格子を表記するために必要な値のことで、平行六面体の3つの辺の長さと、それらのなす3つの角からなります。ブラベー格子の対称性が上がるとこのパラメータの数は少なくなり、立方晶系の場合は、1つ辺の長さのみであ...続きを読む

QX線回折(XRD)分析の半値幅について

現在粉末用のXRD装置を使用しているのですが、半値幅に含まれる情報に関して教えてください!
参考書などを呼んでいると、結晶性のピークに着目した場合、ピークの半値幅が大きくなるほど結晶子サイズは小さいことを意味すると書いてあり、これはなんとなくわかりました。
しかし、非結晶性のものを測定すると一般的にはブロードピークとなるものが多いかと思うのですが、相互関係がわかりません・・・。非結晶性のものは結晶子サイズが小さいということではないですよね?

段々結晶子サイズが小さくなっていった時に、少しづつピークはブロードに近づくとは思うのですが、
・結晶子サイズが小さくなっている
というのと、
・非結晶性のものである
というものの区別はどうやって判断したらよいのですか?ある程度は半値幅を超えたら非結晶性のものとかいう基準があるのでしょうか?

Aベストアンサー

半値幅から微結晶サイズを求めるシェラーの式は、固体中にある
微結晶のサイズを求めるための式です。適用できる微結晶サイズは
nmオーダから0.1μmまでの範囲です。この点に注意してください。

さて微結晶サイズが小さくなると半値幅はサイズに反比例して拡がり、
ピークはだんだん鈍くなります。さらに小さくなるとブロードで
ガラス等による散乱パターンに似たものになることも有ります。

ピークの拡がりは、1)結晶が十分な大きさで無いこと、2)結晶に
欠陥があるか、または空間的な規則性が低いか、3)装置による制約
から来ます。
原因3)は基準物質を使い補正計算をしてある程度除去することが
できます。
原因1)の影響を考慮したのがシェラーの式ですが、常に原因2)の寄与
も含まれています。
原因2)は小さくても結晶で有れば散乱強度を決める構造因子は定まります。
ここで構造因子に欠陥や小さくなることで発生した構造の乱れを組込めば
非晶性の広がったハローを再現できるかも知れません。
しかし、非晶性物質では構造の乱れは大きすぎ、結晶学的な構造因子は
もう決められません。
その代わりに、原子の相互配置を確率的に表した動径分布関数が散乱強度
の計算に導入されます。
一つの物質からの散乱強度の計算に、ここまでは構造因子方式、ここからは
動径分布関数方式という使い分けはされていません。

したがって、結晶子サイズが小さくなっているというのと、非結晶性の
ものであるということの明確な境界は無いように見えます。
当然、ある半値幅を超えたら非結晶性のものとかいう基準は有りません。

溶融体を急冷して結晶化させようとした場合、できたモノを欠陥だらけの
極微細結晶からなるとするか、非晶質になったと解釈するかは半値幅だけ
からはできないと思います。

半値幅から微結晶サイズを求めるシェラーの式は、固体中にある
微結晶のサイズを求めるための式です。適用できる微結晶サイズは
nmオーダから0.1μmまでの範囲です。この点に注意してください。

さて微結晶サイズが小さくなると半値幅はサイズに反比例して拡がり、
ピークはだんだん鈍くなります。さらに小さくなるとブロードで
ガラス等による散乱パターンに似たものになることも有ります。

ピークの拡がりは、1)結晶が十分な大きさで無いこと、2)結晶に
欠陥があるか、または空間的な規則性が低...続きを読む

Qローレンツ力によって生じる電流が、新たにローレンツ力を生み出すか

導体を動かすことでローレンツ力がはたらき電流が生じますが、これは導体の動きの向きとは垂直ですよね。この電流はその向きと逆向きに電子が動くことで生じているわけですから、さらにそれによってローレンツ力が発生しそうですが、このような問題は出てきません。

なぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

>さらにそれによってローレンツ力が発生しそうですが

発生します。それが棒を押す力に逆らいます。

この力がないと発電機は空回りして発電できません。

>このような問題は出てきません。

そんなことはないと思います。

導体棒 エネルギー保存 あたりで検索してみてください。

Q光の回折 (回折格子)

回折格子に光線を当てると離れた壁のところに干渉縞ができます。そもそも、干渉縞というのは壁に光が当たったために現れるのですよね?では回折格子と壁の間の空間に粉のような小さい粒子をばらまいたらどうなるのですか?予想としては、水面に多数の点波源をつくったときのような強めあう場所ができるとおもうのですが、自信がありません。どのようになるのかということと、その理由を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

予想の通りです。
煙を入れてみれば、縞が壁までずっと続いているのがよく見えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報