【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

「陽気」には天候、気候の意味がありますが、
例えば2月に「春の陽気」というのは、冬なのに暖かいという意味で
理解できるのですが、10月に「12月の陽気」という使い方を
するのは普通なのでしょうか?

自分としては、陽気には暖かいイメージがあるので、
「10月なのに12月の寒さ」は理解できても、
「12月の陽気」という言い方はしっくりしません。
辞書を見てもそこまで説明してないので、ご存知の方が
おりましたら教えていただきたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


すでにNo.2様が辞書から引用されていますが、私の手もとの辞書にも少し載っていましたのでご参考までにいくつか挙げてみます。

> 「陽気」には天候、気候の意味がありますが、
> 例えば2月に「春の陽気」というのは、冬なのに暖かいという意味で
> 理解できるのですが、10月に「12月の陽気」という使い方を
> するのは普通なのでしょうか?

質問者様がおっしゃっているのは、10月の時点で感じる「12月の(ような)寒さ」ということですよね。以下の引用にあるように、本来の意味からいえば間違いではないのでしょうけれど、最近の使われ方の傾向からいうと違和感があるとなるのでしょうね。
実際、私も質問者様と同じような感覚を持っています。

【陽気】

|「陽気」は本来暑い、寒いといった大気の状態をいうが、今日では特に暖かい大気状態、快適な大気状態をいうのが普通である。『小学館使い方の分かる類語例解辞典』

------------------
・毎日の生活の面から見た気候、天気の具合。「春らしい陽気になる」
『小学館日本語新辞典』

・気候。天候。「―がいい」「―のせいで」※人の生活や気分に関係あるものとしていう。
『集英社国語辞典』

・[寒暖などの]時候。天候。「春らしい―」
『学研現代新国語辞典』

・[生活の適不適からみた]比較的短い期間の気候。時候。『類語国語辞典』

【陽】
日の光…「陽光。夕陽。洛陽。斜陽。」
日のあたる方。ひなた。山の南側。川の北側。
【気】天地間に起こる自然現象…「気象。気候。空気。大気。熱気。湿気。」
『岩波国語辞典』
------------------

「12月の陽気」で検索しますと、少しですがヒットします。
これらが「12月の暖かい大気状態の日」を言っているのであれば、質問者様のご意見と合致するのですが、ざっと見たところでは大半が「12月の(ような)寒さ」という意味で使っているようです。「冬の陽気」で検索しても傾向は同じような感じでした(数は少し増えました)。

これらはネット上に限定したごく一部の調べになりますが、上記『類語例解辞典』にあのように書かれている(今日では~)ということは、ある程度確かな根拠があるということだと思います。

> 陽気には暖かいイメージがあるので、
> 「10月なのに12月の寒さ」は理解できても、
> 「12月の陽気」という言い方はしっくりしません。

したがって、質問者様が抱かれた違和感は、他の多くの人の感じたところと一致するという推論が成り立つのではないでしょうか。
しかし上記の使い方をしても決して間違いではないということでしょうね。

「天気」という言葉には「良い天気」という意味がありますが、今回の場合も「快適な大気状態」が派生したところを見るとよく似たパターンのようですね。
ただ今回の場合は、「陽気」という言葉自体が「快適な大気状態」を意味するのが本来のあり方のように思えてしまいますが^^; 本当に日本語は難しいです^^;

実は、私は今まで「陽気」にはどの季節でも使える「天気」の意味があることを知りませんでした^^;
今回のご質問について調べる過程で勉強させていただきました。ありがとうございました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。
確かに天気、気候という意味では「まだ10月なのにもう12月の陽気だね」という言い方は間違っていないのかもしれませんね。
ただ、自分としてはやはり「12月の肌寒さだね」と言いたいところです。

******
「陽気」は本来暑い、寒いといった大気の状態をいうが、今日では特に暖かい大気状態、快適な大気状態をいうのが普通である。『小学館使い方の分かる類語例解辞典』
******

この部分でとても納得できました。
実は60代の年配の方が1年中、陽気という言葉をふだんの会話で
使うのですが、暑い、寒いという大気の状態をさすなら問題ないですね。
しかし、今日的な使い方なら気温、湿度とも快適な状態を指す言葉として
使われることが多いように思います。

類語例解辞典というものは今まで知りませんでした。
これは便利そうですね。
ありがとうごました。

お礼日時:2009/10/28 21:21

こんにちは。

きょうは、こちら、まるで初夏の陽気です。

goo辞書には「陽気」として「天候」「時候」とあり
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/198402/m0u/% …
新明解国語辞典には「(生活に快適かどうかという観点から見た)時候」
とありますので、「10月に『12月の陽気』」と言っても
あながち間違いではないのでしょう。
「陽気の加減で頭痛がする」とか
「陽気によって植物の生育も変わる」などと言うのはよく聞きます。
なので、
暖かい陽気、寒い陽気、という表現も可能なのかも知れません。
でも、陽気⇔陰気 を考えると
陽気には、やはり暖かい明るいイメージがありますよね。
猛吹雪の日に「今日はひどい陽気になった」というのは
確かにちょっと違和感があります。
今、話題の「破天荒」のように
いつの間にか、本来の意味からズレが生じて
いい天気として定着したのかも知れません。

参考までね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
自分としては「陽気=ぽかぽかした日だまりのなか、庭いじりしながら
犬とたわむれる」ような光景を思い浮かべるので、ひどい陽気という
言い方は確かに違和感を覚えますね。
やはり本来の意味からすれてきたのかもしれません。
恥ずかしながら破天荒の本来の意味も調べてはじめて知りました。

お礼日時:2009/10/28 21:28

 陽気は、お天気のいいことで、高齢者の間では「今日は結構な陽気で」といった挨拶を聞くことがあります。


 次に暖かいこと。
 ですから寒い季節に使う言葉です。八月に「陽気」とは言いません。
 そこで十月に「十二月の陽気」と言うのは何か、というご質問ですが、十二月なら「陽気」と言える程度の気温だった、という意味ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに寒い季節に暖かい日を「いい陽気」とは言っても、
8月の気温の低めの日を「いい陽気」とはあまり言わない気がしますね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/28 21:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「新緑」とは、いつからいつまでを言いますか?

今の時期暑中お見舞いの葉書に「新緑」といれてよいものか迷っています。いつからいつまでなら、使って良い言葉なのでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

No.1さんのおっしゃる通り、「新緑」は5月頃までです。
季節感を表現する語で、主に7月に用いられるものは
・盛夏/猛暑/大暑(の候)
・白雨/梅雨明け/青空/夏空/土用/天の川/涼風
・雨後の緑/緑が濃く~/夕顔/睡蓮/風鈴/蝉/すいか
などがあります。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q映画を観る? 見る

映画館へ映画をみにいくと
時に
見る 観る どっちが正しいですか?
それともどちらも正解ですか

Aベストアンサー

どちらも正しい。国語辞典風にいうと基本は「見る」でOK、観るとも書くとなっていると思います。
つまり見るという単語は汎用性のあるものと解釈すれば分かりやすいかと思います。
こういったことは国語辞典を見れば簡単に書いてありますのでこれからはまず辞書を紐解いてから聞いた方がいいかもしれませんね。
では。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「観点」と「視点」の使い分け

「観点」と「視点」は、どう使い分けたらいいでしょうか。用例なども含めて、教えてください。

Aベストアンサー

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります。

一方、「観点をかえる」といった場合、視点と同じ意味合いを持ちつつも、単なる方向だけではなく、「考える次元や、そもそもの思考の基盤をかえる」という意味が加わると思います。

したがって、私の語感では、例えば、「哲学とは無関係に思われた事柄を、そもそもの前提を見直して、哲学の立場から考察すると」という場合、「哲学的観点に立てば…」とは言いますが、「哲学的視点に立てば…」はやや表現の適切さに欠けるように思われます。
 ただし、「そもそもの前提を見直さないで、単に考えの方向を変えてみて」という意味でなら、「哲学的視点では」とも言えると思います。

視点と観点とは、totanさんが挙げた:
視る→まっすぐ目を向けてみる、一点を集中して見る。
観る→多くを並べてみくらべる、広く見渡す。
という漢字本来の意味内容をかなり正確に引き継いでいるのではないかと感じます。

以上、私の語感でした。

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q『その旨を伝え』という言葉の意味&読み方を教えて下さい・・・・。

よくみなさん、
内容を言ってから、『その旨を伝えて~して下さい』
などと、文章で書いたりしていますが、

『その旨を伝える』という言葉の意味と、読み方がわかりません・・・・。

読み方は『そのむねを伝える』でしょうか?
意味は『その内容を伝える』ということでしょうか?

一度こんな言葉を使ってみたいものです。

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご理解なさっている内容で間違いありません。

が、もし言葉の読み方や意味で悩んだら、一度辞書で調べてみては、と思います。
ネット上でもyahoo辞書などがあり、十分調べられます。

「旨を伝える」ですが、「伝える」の意味はご存じのようですから、
「旨」を調べてみて下さい。ネットなら読み方が分からなくてもコピー&ペーストでいけますね。
「旨」は(述べたことの)中心や趣旨となります。
単に中心という意味もありますし、質問者様のおっしゃるように「内容」という意味もあります。

ですから、例えば電話を受けていた人が「上司にその旨を伝えます」と言っていたら、電話の相手の言っていた内容を上司に伝えるということですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング