演奏の専門家の方が、モーツァルトの演奏は独特で、
決まりのようなものがあり、難しいといってました。

素人の私は、音符の粒を揃える・・・ぐらいしか、
思いつきません。

モーツァルトの曲の演奏上の注意について、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

プロの演奏家のレコーディングを聴き比べてみると,


同じ曲でも,突き刺さるような刺激的なものもあれば,
ふんわりとソフトなものもあります。
その人のモーツァルト観の違いを感じます。

プロの演奏を聴いて,「素晴らしい」と絶賛する人もいれば,
反対に酷評する人もいます。演奏する人のモーツァルト観と
聴く人のモーツァルト観がそれぞれにあります。

とは言え,
モーツァルトとは,こんなものだという一般的なイメージがあります。
それが「決まりのようなもの」かどうかはわかりませんが,
私なりのモーツァルト観で思ったことを3つ書きます。

(1)
ヴァイオリンに関しては,アレグロでの弓使いはベタ弾きできない…,
しかし,音が短くなりすぎてもいけない…,
では,どの程度?と言われると大変難しく,
モーツァルトらしくとしか言い方がないような微妙な音の長さがあります。
音の長さと言うよりは,音の短さと言う方が私がイメージしているものです。
弓使いにはとても神経を使い,とても緊張します。
イメージ通りの音が出やすい弓毛の張りの強さも気になります。

(2)
表現面で思いつく特徴的なことでは,
フレーズの最後の音(一音)で力を抜くことです。
曲の終わりの最後の一音も勿論そうです。
これはモーツァルトに限らず,他の作曲家にも当てはまることですが,
モーツァルトの場合,これを怠るとたいへん下品なモーツァルトになります。
特にモーツァルトでは,
フレーズの最後の音の処理は,とても重要だと思っています。

(3)
それと,楽譜に関しては,基本的には p(ピアノ)か f(フォルテ)です。
それは,極端に「弱く」「強く」ではなく,
p と f を比較して「弱い目」「強い目」程度ではないかと思っています。
pp が出てきても,神経質なピアニシモではないと思います。
sf や fp もたいへん多く出てきますが,刺激的な音を意味しないと思います。


(1)アレグロでの微妙な音の短さ(音符の粒を揃える),
(2)フレーズの最後の音の力の抜き具合,
(3)極端(急激)にはならない強弱変化の加減,
これらは,自分なりのモーツァルト観によって決まると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

モーツァルト観が人によって違うために、人前で弾くのが恐い、
という心境になるようですね。

(1)ベタベタと濃い演奏が好きな人にとっては、難しい曲になりそうですね。音の短さが、粒を揃えるということになるのですね。

(2)ふわっと消えるような感じですね。
それで軽い感じが特徴に出てくるようですね。
十分に意識しないと、1箇所だけ忘れた!ということになりそうです。

(3)昨日モーツァルトのいろいろな曲を弾いてみましたが、
ピアノとフォルテが交互に出てくることが多かったです。
しかしCDでは、それほど強調されていなかったので、
楽譜通りに、大袈裟に演奏する曲ではないと感じました。
刺激的に演奏した場合、「あれってモーツァルト??」といわれるのでしょう。

これらをしっかり守ると、モーツァルトらしく、全体にバランスよく
曲が仕上りそうですが、モーツァルトばかり弾くわけではないので、
そこが難しいところです。

ロマン派が得意なピアニストは、バロック、古典もメロメロに
なってしまうって聞いたことがあります。

バイオリンは楽器が持っている音もあるので、合う合わないが
出てくるので、私のレベルでは、「深く考えて弾かない」レベルから
出ないようにするのが、悩まない方法ですかね。
(消極的な考えですいません)

ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/12 08:05

#1さんの書かれていることもそうですが、その前に楽譜の読み方(特に装飾音符)から違います。

大げさに言えば、ロマン派では大きな音符が重要で、小さい音符はあくまで「あっても無くてもいい音」ですが、古典派、あるいはもっと古い音楽では、対等かむしろ小さい音符のほうに重きを置きます。

これを書き出すと膨大になりますので、本などで勉強されることをお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モーツァルトは、装飾符が重要なのですね。

時代が新しくなってくると、リズム、音程も複雑になってくるので、
装飾符も少なくなり、あっても、おおげさに弾くと、
うっとおしい感じになるかもしれません。

古い時代のシンプルな曲は、たっぷり装飾しないと、
面白くないかもしれません。

聞いた感じ、が大切なようですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/12 07:22

どれか特定の楽器はありますか?それとも一般的にということでしょうか。


私はピアノ弾きでしたが、モーツァルトは古典派なのでロマン派のようにならないように注意してました。具体的には
・ペダルの量少なめ
・必要以上にテンポをゆらさない。
・室内楽のイメージ。フレージングは弦楽器みたいな感じ
・重たく聞こえないように響きを整理する(主旋律と伴奏のバランス)
・ハーモニー(モーツァルトは単純なのでとくにI→V→Iを意識する。)
・明るく立ち上がりのよい音色
ロマン派以降のリストやラフマニノフなどのヴィルトゥオーゾ的な曲と違ってただ弾けたからと言って恰好がつかないのが難しいところだと思います。シンプルでごまかしがきかないので。

この回答への補足

バイオリンをやってますが、話しはピアノとバイオリンの方から聞きましたので、一般的なことでも、特定の楽器でも、なんでもいいので、
意見をお聞きしたいと思いました。
モーツァルトする前に、ビビッたので。

補足日時:2009/11/11 13:38
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ロマン派のようにならない・・・というところが、
規則がある、ということだったのですね。
崩してはいけない・・・とうところで、音符の粒を揃える・・・
という表現が出てくるようですね。

モーツァルトのコンチェルト、ソナタ、弦楽四重奏、小曲を弾いてみたら、
音程、リズムが易しく、演奏の技術は高くありませんでした。
確かに、これが弾るというだけでは、プロや上級者は、格好がつかないですね。それ以上のものを出そうとしても、出しようがないので、
基本に忠実になるということが、いい演奏となっているのでしょう。

弾いていると楽しいけど、CD聞いて楽譜を追っていると、眠くなりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/12 07:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーツァルトについての質問です。今日、音楽の授業の時に渡されたプリントでこの5つの問いがわかりません

モーツァルトについての質問です。今日、音楽の授業の時に渡されたプリントでこの5つの問いがわかりません。
1.モーツァルトはどこの国の人?
2.モーツァルトの一番弟子と言われている人物?
3.モーツァルトは生涯に交響曲を何曲作曲した?
4.モーツァルトの作品記号【K】の読み方?
5,モーツァルトとベートーベンの年の差は年号上で何年?
どれでもいいので教えて下さいお願いします(´・_・`)

Aベストアンサー

ググればわかりますよ。
ググり方は「モーツァルト 国」みたいに。

Q音符でbが4個あるのは、どう演奏すればいいのでしょうか。

音符でbが4個あるのは、どう演奏すればいいのでしょうか。
また、メキシコのマリアッチのギターをインターネットラジオ
で聞きたいのですがいいところありますか。
映画メキシコの哀調をおびた音色がよかったので。
ケーナに似た、楽器があるんですが、穴の数とかがケーナと違い
自分で音階をみつけて、演奏するしかないのですか。

Aベストアンサー

シとミとラとレを♭(半音下げて)で演奏すればよいです。変イ長調かヘ短調ということでしょうか

Qモーツァルトという名前

ふと思ったんですがモーツァルトって作曲家のモーツァルト以外に知りません。珍しい名前なんでしょうか。他に有名なモーツァルトさんがいれば教えて下さい。また、バッハは小川みたいな名前の語源があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

多くの愛好者が抱く彼のイメージを変えはしないかと、回答を逡巡。。。

本題です。

このアレマニア語は、十四世紀に既に存在して
Mozart はMotzhar(d)tから派生し、二つの言葉から成立です。

先頭は、motzen, motschen で、ドロを動かすとの意義から
そのような仕事、そのような仕事に従事している労働者のことです。

末語のhard/hartは大変との強調を示して、罵りや陵辱する言葉です。

これからの連想されるお仕事や労働者に関しての言及は、控える事に致します。

分布していたと考えられる地域は、ドイツの Augsbourgを中心に
アルザス、リヒテンシュタイン、オーストリアの西部と一部スイスの用です。

今一つの解釈(マイナーだが)は、har(d)tを、風景の一部と看做して
『沼地と森林』とするものです。

(年少組みの頃から、その楽曲を頻繁に聴き
名前の由来を知ってからも一層悦楽に。。。)

Q二分音符=97は四分音符=194と同じ意味ですか?

ツェルニー50番を練習中なのですが、その楽譜に速度記号として(二分音符=97)と書いてあります。これは、四分音符=194と同じ意味でしょうか?もしそうだと本当に速い曲になってしまいます。ちなみに購入したCDはそんなに早く弾いてないのですが……。
 ぜんぜん意味がわかりません。どうか教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
別の視点から,そのC Dについて,もうひとつ書きます。
そのC Dは,ショパンの練習曲などとは違って,
学習者のための「教材」という性格のものだろうと思います。

ショパンの練習曲なら,プロが弾くC Dを手本として使う人もいますが,
ピアノを弾かない人も鑑賞用として購入します。
しかし,ツェルニーの方は鑑賞用として購入する人は普通はいません。
演奏会のプログラムに取り上げられるような曲でもありません。
購入されたのも,鑑賞のためではなく,教材としてだろうと思います。

速く弾くことを目的とした練習曲をゆっくり弾いているようでは
練習の意味がありませんが,指定の速さでは学習者には
技術的に無理なので目標とする速さはこれぐらいで…という
ひとつのサンプルではないかと思います。

楽譜の指定の速さと,C Dの演奏の速さのどちらを信じればよいのかと
混乱されてのご質問かと思いますが,今,練習されているのなら,
C Dの方を目指すテンポにされるといいだろうと思います。

Qモーツァルトの生きた時代背景について

高校の歴史リポートを、モーツァルトをテーマにしてまとめることにしました。
モーツァルトの生きた時代背景や、その時代背景がモーツァルトが手がけた作品(オペラなど)に与えた影響などについて知りたいのですが、よい本があったら教えてください。

Aベストアンサー

これだけ読んだら、見たら100%分かるというのではなく参考になるということで、以下をお勧めします。

モーツアルトの生きた時代背景は池田理代子の「ベルサイユのばら」の1巻がお勧めです。マリーアントワネット(1755年11月2日)とモーツアルト(1756年1月27日)同じ頃にオーストリアで生まれ、出会っています。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/salieri-mozalt/antwanet.htm

また、「モーツアルトは子守唄を歌わない」という推理小説はモーツアルトとフリーメイソン(フライマウアー)の関係を描いていてなかなか面白い小説です。

本ではなく、映画「アマディウス」も魔笛の夜の女王は彼の姑をモデルにした。とかそんなエピソードも伺える映画で、死の床で、モーツアルトがレクイエムのフレーズを歌い、それをサリエリが筆記するなど、たいへん面白い映画でした。

モーツアルトは幼い頃から旅周りをしていて、ロンドンではヨハン・クリスチャン・バッハに出会い、彼からバッハ一族の音楽とイタリアの音楽を学びます。
http://www.mozartways.com/flash/map_window.php?lang=en

参考URL:http://de.wikipedia.org/wiki/Wolfgang_Amadeus_Mozart#Gedenken_an_Mozart

これだけ読んだら、見たら100%分かるというのではなく参考になるということで、以下をお勧めします。

モーツアルトの生きた時代背景は池田理代子の「ベルサイユのばら」の1巻がお勧めです。マリーアントワネット(1755年11月2日)とモーツアルト(1756年1月27日)同じ頃にオーストリアで生まれ、出会っています。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/salieri-mozalt/antwanet.htm

また、「モーツアルトは子守唄を歌わない」という推理小説はモーツアルトとフリーメイソン(フライマウアー)の関係を描いてい...続きを読む

Q2分音符に16分音符の旗?

ベートーヴェンの「月光」三楽章の楽譜を見ていたのですが、2分音符に16分音符の旗(横に二本線)がついている音符を見つけました。
これは、どういうものなのでしょうか?
4分の4拍子にその音符が四つあります。(説明が下手ですみません)
↓が、その楽譜のサイトです(6ページ目あたりにあります)
http://www.sheetmusicarchive.net/compositions_b/btsn27_2.pdf

教えて下さるとありがたいです

Aベストアンサー

16分音符を簡略化させた物だと思います。

その音符の書かれているすぐ前の小節を見て下さい。
16分音符で2音が交互に書いてありますよね。奏法はこれと同じです。2分音符の長さ分16分音符で交互に弾くんです。

これが全て16分音符で書かれていると、1小節の幅が広くなってしまうし、みにくくなりませんか?
だから見やすくするようにこのような表記になっているんだと思います。

Qモーツァルトの100枚組CDがあるという話を聞いたのですが

以前、フジTV「特ダネ!」のオープニングトークで、モーツァルトのCDが紹介されていて、モーツァルト生誕50周年ということで、モーツァルトのCD100枚組が発売された!と紹介していましたが、本当なのでしょうか?
タイトルはなんでしょう?値段はいくらですか?
モーツァルトのFANなので、欲しいです(でも高そう)。
でも、100枚組だったかどうか、炊事しながら聞いていたので、自信がありません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

モーツァルト生誕250年記念企画

http://www.ongakunotomo.co.jp/content/new_mozart/250kikaku.html

100枚組以外もあります



http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BDJ48K/503-5121752-5589538

Q五線譜や音符などの記号を発明したのは誰ですか? また五線譜、音符が誕生する前はどのように作詞、作曲していたのでしょうか?

五線譜や音符などの記号を発明したのは誰ですか? また五線譜、音符が誕生する前はどのように作詞、作曲していたのでしょうか?

Aベストアンサー

まず最初に、以下のサイトあたりをお読みになるとよいかと。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%BD%E8%AD%9C#.E6.A5.BD.E8.AD.9C.E3.81.AE.E6.AD.B4.E5.8F.B2

Qモーツァルトのアンコール

 今年はモーツァルトの生誕250周年記念ということで、演奏会でモーツァルトを聞いた人も多いと思うのですが、そのときのコンサートで、アンコール曲になにが演奏されたか、と、その曲を聞いた感想(うまい下手ではなく、プログラムの構成として)を教えてください。プログラム(アンコールではなくて)のほうも、どんな曲だったか教えてください。

 モーツァルトがプログラムの1部であった場合はともかく、オール・モーツァルト・プログラム(と、せいぜいハイドン)で、アンコールに全然違う作曲年代の曲(ウィンナ・ワルツとか)って、「あり」ですか?

 

Aベストアンサー

昔ですが、ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー管弦楽団で、モーツァルトの交響曲39,40,41番の演奏会で、アンコールが、グリーンスリーブスだったのを覚えています。これは、当時マリナーが、積極的にグリーンスリーブスを演奏していたので、納得しました。今年(2006年)の、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートでモーツァルトのフィガロの結婚序曲が演奏されましたが、その次には、ランナー作曲の「モーツァルト党」というウィンナワルツが演奏されました。この曲は面白くて、魔笛の序曲とかが3拍子になっていましたね。とても楽しかったですよ。

Q素人がティンパニを演奏します。

 女子中学生です。私の学校で今度、11月に合唱祭があります。
そのときの吹奏楽部の演奏でティンパニをピンチヒッターとして、引き受けることになってしまいました。
私は弾ける楽器はリコーダー程度の音楽のど素人です。
音譜も読めませんし、人よりも不器用です。
昨日、初めてティンパニを教えてもらったのですが、手首のスナップ(?)させて叩くというのが上手くできず、腕を振って叩いていると指摘されます。
演奏するのは簡単な曲だというのですが、自信がありません。

ということで、上達するコツなどを教えてほしいです。
ティンパニがない家での練習方法などもあるのなら教えていただけると幸いです。
もちろん、やる気はあります。
アドバイス、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
いきなりティンパニーをピンチヒッターとは、大変ですね。
でも、11月までしっかり練習すればだいじょうぶですよ。
がんばってください。

まず、基本的に手首だけで演奏するものではありません。
たぶん腕の使い方が問題なんだと思います。
基本的なことをいくつか書いておきますね。

マレットの持ち方
親指人差し指でマレットを持ってほかの指は、
そえてるだけといったイメージを持つといいかもしれないです。
するとマレットを上下に動かすと手の中でわりと自由に動くようになると思います。
マレットをにぎってしまうと、手首に力が入って
手首が自由に動きません。故障の原因になります。

それで、八の字になるようにマレットを持ちます。
手のこうが上にくるように持てていたらOK。
腕全体というよりも、ひじから動かして打ってみてください。

音の出し方
フォルテの音を出すときには、腕、ひじをしっかり使わないと音が
でません。手首だけで音を出さないように。
あと、皮の10センチ下を打つイメージでしっかり打ちこんでください。
ピアノは、手の中の自由な場所をつかって手首をつかって音を出します。

練習
私も中学のころに打楽器を始めたんですが、
そのころは、電話帳などあつい本を打っていました。
はね返りは全くないので変な感じがしますが、
正しくリズムを打つ練習にはなると思います。
あと、自分のフォームが正しいか、鏡の前ですることも
大事かもしれないです。

本当は、ちゃんとみてあげてからアドバイスをしてあげるべきですが、
あまりためにならないかもしれないです。
私も、中学から始めた打楽器が、今職業になっています。
チャレンジする心って大切ですよ^^
がんばってくださいね。
また、何かあれば質問してください!
では。

こんにちは。
いきなりティンパニーをピンチヒッターとは、大変ですね。
でも、11月までしっかり練習すればだいじょうぶですよ。
がんばってください。

まず、基本的に手首だけで演奏するものではありません。
たぶん腕の使い方が問題なんだと思います。
基本的なことをいくつか書いておきますね。

マレットの持ち方
親指人差し指でマレットを持ってほかの指は、
そえてるだけといったイメージを持つといいかもしれないです。
するとマレットを上下に動かすと手の中でわりと自由に動くようになる...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング