doxylamine succinate(コハク酸ドキシラミン)とはどういった薬品なのでしょうか。
私が摂取している睡眠薬(アメリカで普通に売っています)のなかに入っている
成分なのですが、次の日もすごーーーくあとを引きます。ずっと麻薬で飛んでいる
ような状態になっちゃうんです。今までは違う睡眠薬を飲んでいたのですが、
初めてこの薬品の方にかえたらダメみたいで・・・。体にあわないのかな?
それともこの薬品的にキツイというか、何かあるのでしょうか。
ちなみに睡眠薬の摂取量はdoxylamine succinateを25mgで一眠り(一晩眠る用)
です。これがどういう作用のある薬品なのかどなたかわかりましたら
教えてください!

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

エタノールアミン系の抗ヒスタミン(アレルギー)の薬で、古いタイプのものは副作用で眠たくなるので、睡眠改善薬としても使われます。


抗アレルギー作用は日本で市販されているドリエル(ジフェンヒドラミン)の方が強いですが、鎮静作用はドリエルより上です。
米国FDAの睡眠改善薬としての使用推奨量は6.25mg~25mgですので、上限ぎりぎりですね。もっと高い国もあるので決してとり過ぎってことはないと思います。
最高血中濃度到達時間(一番良く効く時間帯)は2時間、血中濃度半減期(薬が半分抜けるまで)が6~12時間と差があります。人にもよるみたいですし、喫煙の有無で抜ける時間が変わるので、あまりに辛い様なら半分に割って飲むことも考えてみたほうがいいと思います。
例えば半減期が12時間の人なら24時間後に6.25mgまだ体に入っているので昼間に下限ぎりぎりの量を飲んでるようなもんです。毎日夜中の決まった時間に飲めば徐々に蓄積されて、約4日目以降でおよそ33.3~8.3mgで定常状態(常に薬がこれだけの量入っている)になります。
日本では使われていない薬ですが、ヒスタミンのH1ブロッカーですので外国では吐き気止めとしてつわりの際に処方されることが多く、他にも鎮痛薬と組み合わせて緊張型頭痛の薬として使われます。
ちなみに自分はジフェンヒドラミンがだめで飲むとイライラしてたんですが、慣れたらそうでもなくなりましたので、体が慣れてくれれば辛いのも直るかも知れませんよ。
    • good
    • 1

doxylamine succinateはヒスタミン遊離抑制剤です。


花粉症の時や、鼻水のひどい風邪等、アレルギー性の炎症反応の時に、経口薬として処方されます。また、蕁麻疹やアトピーなどの場合は外用薬として処方されます。
もともと風邪薬の成分で、眠気の副作用に注目して、適用拡大されて睡眠導入剤として定着してきています。鼻水を止めるので、のどや鼻が渇くなど副作用もあります。
私はオーストラリアでdoxylamine succinate(25mg)製剤であるUnisomというのを買って来ましたが、私にはあまり効きません。次の日どころか、その日も眠れません。私は特に不眠症ではないので、私が眠れないとなるとほとんど効かないのではと思っていました。貴殿の話で驚いています。
従って、恐らく個人差でしょう。それも次の日まで残ると言うことであれば、お止めになった方が良いかもしれませんね。特異的にこの薬品の排泄が悪いのかもしれません。
抗ヒスタミン剤の中には向精神薬と親戚筋の物もあるみたいなので、安易には考えられませんが、少量の服用(25mg)であれば一般にはさほど「きつい」とは思えないです。
抗ヒスタミン系であれば他にも色々出ていますし日本でも普通に売っていますので、いくつか試されたら如何でしょうか。

http://en.wikipedia.org/wiki/Doxylamine
http://www.healthsquare.com/drugs/72472.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/抗ヒスタミン薬
    • good
    • 1

MiJunです。


補足に対する回答です。
#1で紹介したサイトには「薬効分類」も記載されていますが・・・・?
「PHARMACOLOGICAL ACTION」
===================================
analgesic, antipyretic and antihistaminic properties
===================================
この詳細なメカニズムが知りたいのでしょうか?

補足お願いします。
    • good
    • 0

MiJunです。


追加情報です。
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「MERSYNDOL」

これら以外にも「doxylamine succinate」*「side effect」で検索すると沢山Hitします。

ご参考まで。

参考URL:http://healthanswers.telstra.com/drugdata/DrugDe …
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ACURATE Tablets」
このページで「DOXYLAMINE SUCCINATE」の項の記載は参考になりますでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://home.intekom.com/pharm/apotex/acurate.html

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。でも残念ながら頂いたURL等は全部DOXYLAMINE SUCCINATEが使われている薬の説明なので、私の知りたい「この薬品の効力はどういったものか?」ということがわかりません。この薬品が使われている薬が知りたかったのではないので・・・・すみません。でもありがとうございました。やっぱり日本では使われていない薬品のようなので、どなたもわからないのでしょうね~。うーん。

補足日時:2001/03/23 09:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塗り薬タイプの睡眠薬(睡眠剤) 質問理由:治安対策

塗り薬タイプの睡眠薬(睡眠剤)というのは、
存在するのでしょうか?
もし在るのであれば、
ふつうに市販されているものなのでしょうか?国内外問わず。
製造は可能なのでしょうか?

質問した理由は、
海外での治安情報を収集しているためです。
経口睡眠薬を飲まされていないのに、
睡眠薬強盗に遭ってしまった事件を聞きました。

Aベストアンサー

製造は可能ですが恐らく存在しないです。薬の製造は日本いうと厚生省の許可が必要で、塗る睡眠剤には許可がおりないのでは?
なぜかというと皮膚に塗るタイプは効果が出るまでに数時間がかかり、効果がダラダラと持続してしまいます。ですから朝起きれなかったり昼間も睡魔に襲われ、実用性がないです。これは、どこの国いいっても同じだと思います。

経口でないとしたら強盗が使ったのは睡眠剤の静脈内注射(経口タイプを何かに溶かし注射)か吸入の麻酔剤でしょうか(手術の全身麻酔剤)。それなら、眠りにつくまで30分以内です。
私が思うに睡眠剤というより吸入の麻酔剤ではないかと思いますがわからないです
ただ、睡眠剤、麻酔剤などは使用量を間違えたら致命的なものなので市販では入手不可です

Q鳥居薬品の薬 は たばこ会社が製造した薬を販売しています。

鳥居薬品の薬 は たばこ会社が製造した薬を販売しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%85%E8%96%AC%E5%93%81
タバコが有害なのは世界中で常識になっています。
健康に悪い 商品で営業している会社が
作った薬が 医薬品として 許可され
治療に使われる 日本の制度を
どう思いますか?

Aベストアンサー

確かに、タバコが吸いたくなる成分を混入させているとの都市伝説がありますが、さすがタバコ会社だけのことはあり、うまく煙に巻いているみたいです。

Q麻薬をやめる薬

麻薬中毒になった人が麻薬をやめられるような薬はないんでしょうか。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人の愛情じゃないでしょうか?

Qバファリン81mg.と330mg.について教えてください。

81mgは血栓溶解などの作用、330mg.は非ステロイド性の抗炎症薬として、解熱・鎮痛などの作用があると本で読みました。
透析を行っている患者さんが、透析前に330mg.を内服し、ダイアライザー内の凝血を防ぐと言ったような作用もあるのでしょうか??

Aベストアンサー

バファリン330mg投与の患者の血液の非凝集性が透析に必要なレベルか否かということに対する結論は、「ビミョー」である。つまり、イエスともノーともはっきり言えないが、多分イエスに近い、としかいえない。それ以上は血液の専門家に訪ねてほしい。
「アスピリン・ディレンマ」をご存じですか。
アスピリンはアラキドン酸代謝中のサイクロオキシゲナーゼを阻害することで血小板凝集と血管内皮細胞の両方に作用します。細かい作用機序は省きますが、アスピリンは血小板内のトロンボキサンA2の生成を抑制します。トロンボキサンA2は血小板凝集を促進し、血管収縮作用がありますから、この生成を阻害することは脳梗塞やTIAの予防には好都合です。ところがアスピリンは同時に血管内皮細胞ではプロスタサイクリンの生成も阻害します。このプロスタサイクリンは反対に血小板の凝集を抑制し、血管拡張作用がありますから、この生成を阻害されてはプラスマイナス・ゼロということです。
しかし、血小板内でトロンボキサンA2の生成抑制に作用するアスピリンの量が血管内皮細胞に作用する量の約10分の1なので、「少量投与」すればアスピリンは有効な抗凝集剤となる理屈です。
そこで本題のバファリン330mg投与の透析患者の血液はどうなっているかというと、おそらく血液中ではトロンボキサンA2は確実に抑制され抗凝集性が働いている一方、プロスタサイクリンも抑制され血管内壁では抗凝集能は働かない、従って本人の血管中ではプラマイゼロだが、透析にかかる血液だけをとりあげて見れば、凝集性の低い血液になっている、というのが私の推論。
しかし、大事なことは透析する本人にとっては命に関わる問題なので、こんな推論で納得してはいけないのが医師、医療従事者の態度ではないでしょうか。きちんとした確認が必要です。

バファリン330mg投与の患者の血液の非凝集性が透析に必要なレベルか否かということに対する結論は、「ビミョー」である。つまり、イエスともノーともはっきり言えないが、多分イエスに近い、としかいえない。それ以上は血液の専門家に訪ねてほしい。
「アスピリン・ディレンマ」をご存じですか。
アスピリンはアラキドン酸代謝中のサイクロオキシゲナーゼを阻害することで血小板凝集と血管内皮細胞の両方に作用します。細かい作用機序は省きますが、アスピリンは血小板内のトロンボキサンA2の生成を抑制します。...続きを読む

Q子供に睡眠薬

昨年の飛行機のお隣の米国人のお話です。医者に行き子供用の睡眠薬を処方してもらえばおとなしく、寝るわよ。(これって、アメリカ人の常識?)とのことで、私の日本人の感覚では「ひえーっ!うそー!!そんなことして大丈夫?」って、感じでした。彼女はよければ、今年にステーツに帰った時に余分にもらったからあげるわよとの事でしたけど、私は何となく 気がすすみませんでした。

どう思います?デパス0.5mg(マイナートランキラーザー)くらいなら良いかな?と心に悪魔がすんでます。日本においては、小児に適応のある医薬品はまずないでしょう。知人で、抗ヒスタミン剤(鼻水などの症状を取るが、眠たくなるという副作用あり)を逆手にとってる方もいます。多分しないでしょうけど

Aベストアンサー

私は専門家ではないのでよく分かりませんが。

うちの子は、生まれて1ヶ月くらいの時に、水頭症の可能性があると言われ、CTを撮りました。
何しろ、赤ちゃんなので、眠っていないと撮れない、とのことで、小児用の睡眠薬を飲ませました。
オレンジ色のドロッとした液体でした。
その後も、MRIを撮るのに、2度ほど服用しています。

そういうときには、医師の元でなのでいいのでしょう。
でも、子供に(双子なんです)二人揃って毎晩夜泣きされた時は、あの薬が欲しい、あれを飲ませて、朝までぐっすり寝たい、そう思ったこともありました。
でも、やはり体にはあまり良くないのか、3ヶ月に一回の服用が限度、見たいに言われました。

子供って、ちゃんと親が着替えて(パジャマに)一緒に布団に入ると、よく眠ってくれますよ。

薬なんかに頼らないで、文化は違うから、いいところも悪いところもあります。
いいところは見習って、悪いところは見習わないで、自分なりの育児をしていきたいと私は思っています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報