映画などで見るテキーラのショットをテーブルにコツンと置いてから泡が消えないうちに飲む飲み方をオーダーしたい場合、
バーテンさんには『テキーラ、ショットで』と言えば伝わるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

それはショットではなくて、ショットガンです。


ショットと頼めば、炭酸の入っていない、小さなグラスに注がれたものが
出てきます。

よって頼むときはショットガンというようにしてください。

次に、「テキーラのショットガン」では注文ができません。
テキーラといってもいろんな銘柄があって、
その銘柄を示さなければなりません。

よって、「オルメカ、ショットガン」とか
「サウサゴールド、ショットガン」というようにすればよいでしょう。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショットバーでウォッカやテキーラなどを注文すると、どんなグラスで何ml

ショットバーでウォッカやテキーラなどを注文すると、どんなグラスで何ml出るもんですか?
常温でしょうか、それとも冷えてますか? スピリッツの水割りなんてあるもんでしょうか?
あと、チェイサーは別料金で取られるもんですか?
スピリッツに混ぜて飲むもんでしょうか?

来週、メニューもシステム説明もないバーに同僚と行くことになりまして、
恥をかきたくないので教えてください。一般論でけっこうです。

Aベストアンサー

おはようございます。先ず、グラスについてですが、「ウォッカ」、「ウイスキー」、「ジン」などスピリッツ系をストレートで飲む場合はショットグラスと言ってシングル又は、ダブル用の小さめのグラス(お酒の猪口の倍くらいの入る量のサイズ)。「ブランデー」はブランデーグラス。「リキュール」はちょうど30ml入るリキュールグラス等があります。『常温でしょうか、それとも冷えてますか?』については、そのお店または、バーテンダーのこだわり。当然、それを注文されるお客様の好みが最優先されます。あなたの好きなスタイルでオーダーして下さい。ちなみに、ホットで下さい。と言うのもありです。と言う事で『スピリッツの水割りなんてあるもんでしょうか?』も、注文されるお客様の好みによってはありです。スピリッツ系については、生ライムのスライスを絞って、グラスの中に落として貰ってソーダで割る飲み方もあります。最後に、『チェイサーは別料金で取られるもんですか?』もともと、お酒をストレートやロックで飲む場合について来るものですから無料です。『チェイサー』は、口直しと言うか、そのお酒の味を見るために添えるものです。ちなみに『チェイサー』は、『追いかける』と言う意味があります。ですが、そのお酒の味を見るために水以外に、ソーダとかコーラとかジンジャーエール等をオーダーする時はその種類によっては料金が発生する場合があります。『スピリッツに混ぜて飲むもんでしょうか?』については、『追いかける』と言う意味からも別々に飲むものです。下記にURLを貼っておきます。ちょっとだけカクテルの話と言うのがありましたので参考にして下さい。
http://www.h7.dion.ne.jp/~pubabe/

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~pubabe/

おはようございます。先ず、グラスについてですが、「ウォッカ」、「ウイスキー」、「ジン」などスピリッツ系をストレートで飲む場合はショットグラスと言ってシングル又は、ダブル用の小さめのグラス(お酒の猪口の倍くらいの入る量のサイズ)。「ブランデー」はブランデーグラス。「リキュール」はちょうど30ml入るリキュールグラス等があります。『常温でしょうか、それとも冷えてますか?』については、そのお店または、バーテンダーのこだわり。当然、それを注文されるお客様の好みが最優先されます。あなた...続きを読む

Qテキーラの飲み方

テキーラを飲む時ライムをかじるタイミングは、飲む前なのか、飲んだ後なのか、どちらが正解なのでしょうか。
本人がおいしく飲めればどちらでもいいのでしょうが、両論相まみえています。
その他おすすめの飲み方があれば教えて下さい。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私は、塩→テキーラ→ライムの順です。
テキーラ本来の甘みを一番感じられます。(ライムは口直し的なものと思っております)
多分、一般的ではないでしょうが・・・。カクテルというよりも、テキーラそのものを味わう飲み方といったところでしょうか。
ちなみに、No.3さんの経験されたカクテルは、ニコラシカのブランデーをテキーラに変えたものですね。

Q飲み放題とラストオーダーの時間がおかしいと思う

飲み放題120分ということは、言葉の通りだと120分間飲み放題ということですよね?

しかしながら、大半が30分前にラストオーダーとなります。

これだと、実質の飲み放題は90分なわけで、正確には120分の利用期間、90分間の飲み放題と表記すべきだと思うのです。

ラストオーダーで30分間分の数オーダーが出来るわけでないですし、やっぱり120分間飲み放題というのはおかしいと思います。

みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

え?
飲み放題のラストオーダーは残りの時間=30分で飲み切れるオーダーは受けますよ
なので何も間違ってないですよ
実際昔は食べ放題や飲み放題で残した場合きちんと単品価格で残した分請求されました
それと「正確には120分の利用期間、90分間の飲み放題と表記すべきだと思うのです。」と
ありますが小さい文字ですがちゃんと30分前にラストオーダーの表記はありますので
正当な販売方法になります
私、居酒屋のシステムを管理してるので

Qウォッカ、ジン、テキーラの特徴

ウォッカ、ジン、テキーラはスピリッツに
分類されるようですが、どう違うのでしょうか??
この3つの中ではテキーラは何となく毛色が
違う気がするんですが、ウォッカ、ジンに関しては
同じ様に思えます。
それぞれの
・製造過程の違い
・飲み方の違い
・味の違い
を教えて下さい。
自分はアルコール初心者なのでどれも飲んだことはありません。
どれかに挑戦(カクテル等ではなく、ストレートで)しようかと思ってるんですが、
その前に基礎的な知識を知っておきたいです。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウオツカは様々な原料(ブドウだってある)を醸造酒にした後、連続蒸留器にかけます。ぶっちゃけ甲類焼酎と作り方はほぼ同じです。

ジンは蒸留中にボタニカル(香り付け原料)を通します。
ボタニカルは柑橘類が増えてきましたが、本来杜松の実を使います。
ジンがマツヤニ臭いのはこの杜松の実の匂いです。
蒸留器は多くが連続です。

テキーラの前にメスカルを説明する必要があります。
メキシコ等でアガペ(竜舌蘭)から作られる醸造酒「プルケ」、これを蒸留したのがメスカルです。

メスカルの中で「アガペ・テキラーナ」を原料とし、テキーラ地区で決められた製法で作られるのがテキーラです。


味はどれもアルコールの味がします(特にウオツカ)。

慣れると味の(というより香りの)違いが解ってきますが、これは飲むまでのお楽しみに。
そんなに高いものではありませんし。

Qバーテンダーをバーテンと呼ぶのが失礼なのはなぜですか?

バーテンダーについてのコラムサイトに、「バーテンダーをバーテンと呼ぶのは失礼」「バーテンは差別的な言い方」とありました。
漫画の「バーテンダー」の中でも、バーテンダーをバーテンと呼んでいるお客は、バーテンダーを低く見ている客に描かれています。(低く見ているからバーテンと呼んでいる?)
確かにバーテンという呼び方は正しくありませんが、なぜこの呼び方が差別的な言い方となったのでしょうか。
そのあたりの事情は書かれていないので、どういったニュアンスなのかわかりません。
(自分は20代前半なので、バーのこともよく知りません)
ご存知の方、解説していただけると嬉しいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

バーテンダーです。
#2の方の参考URLにて回答しているものです。

BARとフーテンを掛け合わせた造語、しかもかなり差別的な意味合いを含んでいるからです。
フーテンとは定職に付かずぶらぶらしている人のこと。今で言うフリーターみたいな人の事を指します。

今と昔では従業員の給料に関する取り決めも全く違い、バーテンダーやウェイターにはお店から給料は出ませんでした。
昔のカフェー(今のクラブみたいな横に女の子の付くお店)では、まず女の子(A)が自分のテーブルをオーナーから買います。(日単位、週単位、月単位など様々だったようです。)女の子(A)は自分のテーブルを担当する他の女の子をヘルプとして集めて営業開始。
そのテーブルでの売り上げは全て女の子(A)の物となり、ヘルプの女の子に給料を支払います。
ウェイター、バーテンダーは名目上、お店のオーナーに雇われていますが、先にも書いたとおり給料は出ません。ではどうするのか。
女の子(A)は何か物をオーダーする時、用事を頼む時、ウェイター、バーテンダーに対してチップを払います。これが彼らの給料となります。
チップぐらいで給料になるのか疑問に思われるかもしれませんが、ウェイター、バーテンダーは女の子に対して義理も恩義もありません。払いが少ないテーブルのオーダーは拒否できるのです。
女の子からはチップの額で態度を変える事、お客様からは女の子からかすりを取っているような所そんなところから「フーテン」のイメージが付いたのではないかと推測します。
また昔のBAR従業員は今のバーテンダーに比べると知識や技術を求められることも少なく、店を転々と変えることや、非常に自堕落な人たちが多く、正に「飲む」「打つ」「買う」を地でやっているなど、あまり印象は良くなかった事が原因の一つでもあります。

近年では先人の血の滲むような努力や国際コンクールでの入賞、業界全体の技術、知識の底上げ、メディアでの取り上げなど、ようやく認知されてきた感はありますが、まだまだ誤解も多く、国際的に見ても日本のバーテンダーの社会的地位はかなり低い位置にあります。

バーテンダーです。
#2の方の参考URLにて回答しているものです。

BARとフーテンを掛け合わせた造語、しかもかなり差別的な意味合いを含んでいるからです。
フーテンとは定職に付かずぶらぶらしている人のこと。今で言うフリーターみたいな人の事を指します。

今と昔では従業員の給料に関する取り決めも全く違い、バーテンダーやウェイターにはお店から給料は出ませんでした。
昔のカフェー(今のクラブみたいな横に女の子の付くお店)では、まず女の子(A)が自分のテーブルをオーナーから買いま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報