質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

ガルバリウム鋼板で約30m2の家を増築検討中です。

防食性が良いのと、瓦より軽量で安価というのが魅力で、屋根材はもちろん
外壁材もガルバリウム鋼板を使用する事を考えてましたが、ネット検索で調べたら
屋根材の欠点で「雨音がうるさい」「夏場の暑さ」が非常に気になりました。
但し「シルバー色のガルバリウムにすれば、むしろ瓦屋根より屋根の温度は上がらない」
という情報もありますが、本当でしょうか?
他の塗装色でも?「硬質ウレタン5mm付ガルバ+グラスウール」で解消される情報もありす。

他に、雨があたらない庇下の「白サビ」や「もらいサビ」もあるそうですね。

屋根は「片流れ」もしくは「切妻」を考えてます。

断熱は「シルバー色」で問題なければ、後は「雨音対策」です。
「雨音対策」は具体的にはどうすればいいのでしょうか?

いっそ、窯業系サイディング+瓦屋根にしてしまおうか迷ってるのですが
かなり割高になってしまいますか?

なお、関東地区在住で夏は暑く、冬もそこそこ寒くなります。雪は滅多に積もりませんが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

No5のtoto です



棟換気はあくまで動力(換気扇等)を使用しないで、小屋裏の熱い空気を棟(屋根の頂点部分)から外に自然に排出する物です
暖かい空気は軽いため冷たい空気より上に上がるという特性を活かした方法で、簡単に言えば煙突のような考え方です
煙突があるのと無いのとでは物の燃え方はまったく違いますよね
煙突から熱い炎症ガスが上に抜ける事によって、新鮮な空気が燃焼部分に継続的に供給されるからです

例えば棟から熱い空気が外に排出される事により小屋裏内部は負圧になり、軒裏通風口から外気が入ってくるという換気サイクルです
下手な動力換気扇をつけるより遙かに効果があるようです(私も実感済みです)

一点注意が必要なのは、屋根勾配の点と同じように激しい台風が頻繁に来るような地域だと、棟換気部分から雨のしぶきが小屋裏に入ってくる可能性が若干ある事でしょうか(施工業者は大丈夫だと言っていましたし、我が家でも今までのところその心配はいらないようです)

片流れか切り妻かについてですが、建物の最大高さが制限されているなら断然切り妻ですし、小屋裏空間の確保の面から寄せ棟よりも切り妻です(残念ながら我が家は寄せ棟ですが)
同じ棟の高さで同じ室内高を確保するためには、切り妻に対し片流れは屋根勾配が無くなってしまいます(小屋裏容積は同じですが)
ガルバ屋根の場合でも屋根勾配が大きい方が雨水の進入に対する心配が少ないです
また小屋裏の空気の流れを考えても両脇の軒裏換気口から中央上の棟換気口へ自然に流れやすいので尚更ですね(片流れは屋根材の使用量(面積)を少なくできるメリットかデザイン的な好みの問題かと)

瓦風ガルバ材はコスト的には高く付きますが、野地板との空間を確保(遮音・断熱)でき何より外観が豊かになるの点で選択しました
洋瓦風ガルバ屋根材で良く知られているのは積水が出していますが結構高いですね
私は同等他社製品(製造元は同じだと業者は言っていました)で3割程度安い材料費でした

下記の棟換気のカタログページのURLを参考にしてみてください

参考URL:http://www.tanita-hw.co.jp/product/md1-nm1%8A%B7 …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

再び回答ありがとうございました。

おかげさまで「棟換気」が理解できました。
私は妻壁の一番高い位置に換気口(もしくは換気扇)を取り付けるのかと
思いましたが、屋根の一番高い棟につけるのが「棟換気」なんですね。
検索で調たら「妻壁に換気扇を付けて試したが、熱気は全部抜けなかった」
との事で、「棟換気」の方が効果的のようですね。

>片流れか切り妻かについてですが、建物の最大高さが制限されている
>なら断然切り妻です

実を言うと、棟続きの増築の為、屋根勾配と高さが制限されてる?らしく
現段階の図面は肩流れです。切り妻に変更可能か後日、相談してみます。

カタログページを見ての直感ですが、肩流れより切り妻の頂点から排気した方が
効率が良さそうな感じがします。開口巾の15と30の違いも気になりますし...
※ここら辺は、棟換気のメーカーに問い合わせてみようと思います。

>私は同等他社製品(製造元は同じだと業者は言っていました)で
>3割程度安い材料費でした

さしつかえなければ、メーカー名と商品名を教えていただけませんか?

お礼日時:2010/01/27 10:44

丸大鉄工の(福瓦)なるものが開発されました。



(1)ガルバリウム鋼板使用で高耐久
(2)雨音静音シート加工がされている
(3)高断熱構造に対応
(4)非常に軽量

ソースはこちらです。(日経BP)

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/knp/produ …

ちなみに丸大HPは、 http://www.marudai1.com/ です。

参考URL:http://www.marudai1.com/

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
ソースを見るのに会員登録が必要なようですね。
読者の「垂木や野地板が無くなってしまう」「値段が高すぎて一般的には使えません」
が気になります。
現在、他メーカーの「ガルバ屋根+棟換気+遮熱シート+遮音材」で
検討中です。一応、比較検討してみます。よろしくお願いします。

補足日時:2010/03/09 20:03
    • good
    • 3

totoです



私の利用した物は先のWEBに有るようなたいそうな物では無く、見た目は棟換気が付いているかどうかはまったく分かりません
ガルバ瓦の棟瓦部分の下に換気機能を備えている感じで、構造上は先のWEBにあるものと同等です

業者の人とのやり取りで決めたので、詳細を調べる事は出来ませんでした(WEBページにも取り寄せたカタログにも詳細な収まり図や、棟換気システムなどの情報は有りません)

その為多少の不安はありましたが、何より他社製品に比べかなり割安だったので決断しました
これはお願いした業者さんの事情もあったのかも知れないので、一般的にこの瓦が他社同等品より安いかどうかは、それぞれ見積もってみないと分からないと思います(積水より安い事は確実だと思います)

また軒下の換気口については特に新しいシステム的な物では無く、単に軒天井に換気口が数カ所付いているだけです(何も注文しなくても通常は付いていると思います(要確認))
例えばどの様な家でも通常の基礎なら数カ所に床下換気口がつけてあるのと同様と考えてください

ちなみに瓦の色はバーントアンバーの方だったと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常にご連絡が遅くなり申し訳ございません。

色々、メーカーに問い合わせしたりしてたので、随分時間が経過してしまいました。
棟換気材メーカーの担当者さんは大変、レスポンス良く好感が持てたのですが
工務店曰く、雨仕舞いの指摘をされ、別のメーカーのガルバ屋根と棟換気と
軒下換気(フクビのNMD12等)を検討中です。
瓦風ガルバにはあこがれがありますが、値段が高いのと施工がやはり面倒
(瓦と同じく桟が必要)らしいのです。
結局、スレート風?ガルバ「ガルテクト」が候補に上がってます。

さらに小屋裏にアルミ遮熱シート+壁にはタイベックシルバー等の
透湿防水遮熱シートを検討中です。

断熱材も雨音対策や結露対策で非常に悩んでおります。
かなり、このカテは参考になります。どうもありがとうございます。

お礼日時:2010/03/14 05:22

No5/7のtotoです



私の場合は下記URLの製品で「ミラノ」という商品名です

最初は焼き付けた石粒がパラパラ脱落してきてちょっと心配でしたが、すぐに落ち着きました
まあ積水も使っている製品なのでその辺りは大丈夫だと思っています(カタログの最下段の2種)

ただ施工する人にとっては、通常のガルバ材より硬くて曲げ加工や切断にとても時間がかかるようで、職人さんは割に合わないと嘆いておられました
その為か施工期間が大幅に(わずか数日ですが)延びてしまいました(施工する職人さんにもそれなりのノウハウが必要なのかも?)

棟換気はそこの純正部材がオプションで有りましたが、断熱材はこちらの注文で入れてもらいました

参考URL:http://www.ahiroofing.jp/sub-our-products/produc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございます。

画像で「ミラノ」を見る限り、完全に「瓦屋根」ですね。
私も大変、気に入りました。カラーは黄土色の方ですね。
手間がかかる点は、承知しました。

>棟換気はそこの純正部材がオプションで有りましたが、

ところで「ミラノ」のメーカーのオプションの棟換気を取り付けたのですか?

No.7のメーカーに問い合わせたところ、早速回答が届きました。

やはり「方流れ」より「切り妻」の方が良く、「片棟S形」より「棟まどS形」
の方が、換気能力が高く、開口部面積の広い「棟まど」の方が計算値上
の排気能力が高いそうです。
※納まり図を比較しても、およそ想像つきます。

「片棟S形」は強風対策(漏水防止性能)商品との事で、頻繁に台風がくる
地域向けだと思います。
当方は強い台風が比較的こない地域なので、一番安価な「棟まど」でも
よいかと考えてます。

私の場合、小屋裏換気の方法は、下記リンク先の「4.軒下換気と棟換気の併用」
が理想的でしょうか?
http://www.ads-network.co.jp/zairyo-kouji/26.htm
ただし、「瓦の形状に合わない棟換気金物を無理に取り付けると漏水の元になります」
とあるので、換気棟と屋根材の選択は慎重に行う必要がありますね。
おかげさまで、棟換気の重要性がわかってきました。 

お礼日時:2010/01/27 18:48

知人のオウチの話で申し訳ないのですが・・・・・



知人宅では 片流れ屋根:ガルバ+ポリエチレンフォーム で建設したようです。
参考URLを見ていただければいいともいます。
夏や雨の日に知人宅にお邪魔したこともありますが、気になるようなことはありませんでしたよ。
また、知人も別に気にならないと言ってますし。

参考にしてください。

参考URL:http://cosmolife.exblog.jp/12468152/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

参考サイトはイラスト付きなので、大変わかりやすいです。
ここまでやれば完璧!といった印象を受けましたが、コスト的にどうでしょうか?
これなら、瓦屋根にした方が安くありませんか?

ガルバ屋根(たてひら葺)
 +防水材-1ミリ
 +遮音材-9ミリ
 +合板---9ミリ
 +通気層-21ミリ
 +遮熱材-4ミリ
 +合板---12ミリ
 +断熱材-45ミリ
垂木

う~ん。省略できるものはないでしょうか?(汗)

お礼日時:2010/01/26 18:21

昨年初めにシージングボードを下地にガルバ材で屋根を葺き替えました


雨音は表面に天然の小石粒(大きめの砂粒?)を貼り付けたタイプのガルバ材なので、殆ど気になりません(実際には多少大きくなりましたが)

断熱材も重要でしょうが、それよりは切妻屋根にして棟換気をつける事をお薦めします
夏場の暑さが全然違いました

我が家は外観と野地板との空間が確保できる点で洋瓦風のガルバ材で葺きました
色はくすんだ黄土色系の煉瓦色で気に入っています(外観も知らない人は瓦葺きに見えるようです)

本当は焼き物の(セメント瓦でない)昔ながらの瓦葺きがベストだとは思います(重量以外の全ての面で)

耐候性やメンテナンスコストを考えると外壁もガルバがお薦めですが、質感が若干貧弱なのと雨音は気になりますね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

その後、いろいろ調べましたが...
「シージングボード」は防振と吸音効果があり、多少の断熱効果もあるようですね。
http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/ …

>切妻屋根にして棟換気をつける事をお薦め

そうなんですか!
屋根の一番高い所に、吸気口と排気口を設けるという事ですね?
さらに、換気扇をつければ効果的でしょうか?
素人質問ですが、「片流れ」だと棟換気(その他の換気)はできないのですか?

「瓦葺きに見える洋瓦風のガルバ材」は興味ありますね。

>本当は焼き物の(セメント瓦でない)昔ながらの瓦葺きがベスト

日本瓦ですか?でも、今回は屋根勾配がとれないので瓦は難しいようです。

お礼日時:2010/01/26 18:42

No1です。


貴方が何を優先させるかだと思います。
省エネとコスト重視なら、シルバー系の鋼板を使えばいいと思います。黒系よりは暑くならないと思いますので。
でもやはり「屋根の色は黒がいい」ということであれば、暑くなる分断熱材を増やして対処するしかないと思います。

瓦は高価ですし、屋根が重くなり地震にも不利になりますので、「どうしても瓦で」出ない限りやめた方がいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。

今のところ、無塗装のシルバー色ガルバは候補外としたいと思います。
どうしても、シルバー色は工場か倉庫に見えてしまいます。

色以外の優先順位は、断熱>内部音の遮音>雨音の遮音の順です。
耐震性に関しては、あまり心配しておりません。

瓦屋根は既存建物との物理的な問題で難しく、かつコスト高になるので、
屋根材はガルバ等の低勾配が可能な品しか使えないようです。
 

お礼日時:2010/01/25 20:27

ガリバリュウム鋼板の裏面に発泡樹脂の断熱材が付いているタイプもありますよ。


これでしたら断熱プラス雨音減少の効果もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

おそらく発泡ウレタンが裏面に付いてるタイプだと思いますが、
これは断熱目的で、遮音効果はそれほどないのでは?という印象があります。
それに、割高になりますよね。

ネット検索で調べてみると「シージングボードと呼ばれるもので、
木の繊維をボード状にしたもので、12mmの厚さのモノを、野地板と
ガルバリューム鋼板の間に入れると、鋼板の振動を防ぎ、吸音する
ようになる」という情報を見つけました。
この方法が良いのではないかと検討中です。
http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/ …
 

お礼日時:2010/01/25 20:09

『金属屋根 静けさ』で検索すると色々出てきますよ


金属屋根の下に施工すると効果があるようです。

また、我が家では屋根の断熱材を100mmにしました。それだけでもだいぶ違うと思うのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

その後、ネット検索で調べましたが、雨音対策にはいろいろな方法があるようで
これがベストといった方法が見あたらず困惑しております。

一番コストパフォーマンスの良い方法を工務店と相談してみます。

お礼日時:2010/01/25 20:00

ガルバリウム鋼板の屋根(黒)を使っています。


以前の家は瓦でした。

正直あまり気にしたことは無いですね。
瓦の時より断熱材がしっかり入ったというのもあるかもしれませんが。
車でも分かるとおり黒よりシルバーの方が熱くはならないですね。ただ瓦と比べるとどうでしょう。黒の瓦とであれば熱くならないかもしれませんが、シルバーの瓦だとガルバリウムの方が熱くなりますよね。瓦の方が厚さもありますし、材質が違いますから。
雨音ですが確かに大きくなります。でもあんまり気にならないですね。もししっかり対策するなら、屋根に遮音材を入れてそして断熱材をしっかりと多めに入れれば(特に吸音性があるもの)大丈夫だと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

現在、瓦屋根ですので、雨音は気にした事がありませんでした。
でも、せっかく建てるなら「遮音材」や「吸音性のある断熱材(GWもしくはRW)」
を用い、瓦程度の遮音性は欲しいと思います。

>ガルバリウム鋼板の屋根(黒)を使っています。

正直言いますと、屋根はシルバー色ではなく黒、ダークグレー、紺、モスグリーン
等の濃い色が、配色的にお気に入りですが、シルバー色(おそらく無塗装)は
「熱反射性に優れてる」そうで、どうしてもその「遮熱性能に期待」してしまいます。

ちょうど下記Q&Aを見つけました。
http://okwave.jp/qa/q2541343.html
      ↑
「ガルバリウム鋼鈑に塗装をした場合、(熱反射性は)カラー鋼板と同様になる」
これが正しければ、なるべく熱反射性の良い色のガルバリウム鋼板を選択すれば、
効果が期待できるのではないでしょうか?

お礼日時:2010/01/24 17:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガルバリウムの屋根の悪評について

新築中です
ガルバリウムの片流れの屋根です(外壁もガルバです)
ロフトは無く屋根裏を設けています
熱さや音についての悪評も耳に入りましたので設計段階では設計事務所の方に対策を願っております
その上で・・・実際にこの様な住宅に住んでおられる方の熱さや音(本人&近隣)について後日談がありましたら沢山語って頂けませんか?宜しくお願いします

Aベストアンサー

たしかに以前いやいまでも金属屋根の三悪と言われている。 
暑い、錆びる、うるさいと言われていますが、これは、金属屋根が、トタンの時代の話です。
金属材料も進化してきています。
1 錆びるといわれつづけたトタンからガルバニウム鋼板へ
ガルバニウム鋼板の原板の保障が10年、色に対する保障が10年ついているのが普通です。
屋根材、外壁材で材料のみで10年以上の保障があるものがどれほどあるでしょうか。

2 暑いといわれたトタンから遮熱鋼板塗装のガルバニウム鋼板へ
お客さんの要望によりこのごろは普通のガルバニウム鋼板の材料から遮熱塗装鋼板のガルバニウム鋼板に変わりつつあります。
遮熱鋼板のガルバニウムと普通のガルバニウム鋼板では、夏の暑いときの屋根の温度は10度ぐらい違ってくるともきいています。

3 うるさいと言われた金属屋根から金属防音材張りの材利へ
雨音の軽減策として私どもが使用しているのは、金属屋根防音材で屋根材の裏に貼り付けるだけで、カラーベストと同等の雨音になります。
くわしいことは、金属屋根防音材で検索してください。
以上のように金属屋根も変わってきています。
ここで書いたものは、金属材料やそれに付帯するものをとりつけるだけのことしか書いてありません。
その他の方が書いてあるような屋根通気工法や断熱工法をとればもっと悪評も気にすることなく使用できます。

たしかに以前いやいまでも金属屋根の三悪と言われている。 
暑い、錆びる、うるさいと言われていますが、これは、金属屋根が、トタンの時代の話です。
金属材料も進化してきています。
1 錆びるといわれつづけたトタンからガルバニウム鋼板へ
ガルバニウム鋼板の原板の保障が10年、色に対する保障が10年ついているのが普通です。
屋根材、外壁材で材料のみで10年以上の保障があるものがどれほどあるでしょうか。

2 暑いといわれたトタンから遮熱鋼板塗装のガルバニウム鋼板へ
お客さんの要望によりこ...続きを読む

Qガルバリウム屋根 断熱と施工の注意について

現在設計の最終段階なのですが、断熱部材で悩んでおり、
詳しい方にご教授頂ければと思い相談させて頂きました。

東京市部(エリアIV)です。1階の日当たりが悪いため
2階リビングにするのですが、それだけに断熱に失敗して
夏暑いと最悪な状況を迎えることになりそうです。

ガルバリウム鋼板屋根で0.5寸勾配であり、あまり軒裏空間が
ありませんので基本仕様のグラスウール10K100mmから断熱
性能を上げようとした場合に、薄くて熱抵抗値が高い硬質ウレタン
ボードなどの断熱材に変更するとどうでしょうか?と建築依頼先に
相談しても「良ければ良いんじゃないですか?」的な返答のため、
間違った依頼をすると大変な事になってしまいそう&本を読む限り、
断熱材の透湿性が変わると周辺部材も透湿性を考えて変更しなけ
れば結露する?ような内容も見たため、不安で一杯です。

「矩計図で見る基本仕様」
屋根:ガルバリウム鋼板縦鉤葺
アスファルトルーフィング22kg
野地合板ア12
垂木 45×45 @455
グラスウール10K100mm

硬質ウレタンボードにする事自体は適切でしょうか?
適切である場合だとしても周辺を合わせて変更する
必要がございますでしょうか?
※透湿防水シートが併せて必要 など

長文で失礼致しましたが、本当に悩み果てております為、
ご教授頂けると助かります。

現在設計の最終段階なのですが、断熱部材で悩んでおり、
詳しい方にご教授頂ければと思い相談させて頂きました。

東京市部(エリアIV)です。1階の日当たりが悪いため
2階リビングにするのですが、それだけに断熱に失敗して
夏暑いと最悪な状況を迎えることになりそうです。

ガルバリウム鋼板屋根で0.5寸勾配であり、あまり軒裏空間が
ありませんので基本仕様のグラスウール10K100mmから断熱
性能を上げようとした場合に、薄くて熱抵抗値が高い硬質ウレタン
ボードなどの断熱材に変更するとどうでしょうか?と建築...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言って「BOX形状の家が好み」と「2Fリビング」というご希望から、0.5寸勾配という結論は出ないですね。

屋根材は軽い方が耐震性が向上しますが、建築基準法では、スレートと鉄板が軽い屋根、瓦が重い屋根という二分類で考えます。したがって鉄板(ガルバ)でもスレートでも、建築基準法上の必要な強度は同じで、同じ構造で同じ空間が認められます。厳密にいえば軽ければ軽いほど丈夫であることは事実ですが、木造住宅はそこまで厳密に計算しなくて良い様に安全率が取られているからです。

「4寸勾配+スレート」を「0.5寸勾配+ガルバ」に変更すると35万円アップというのも、少々???です。
もともと純然たる注文建築であれば費用の差は無いか、むしろ下がると思われますが、ハウスメーカーの標準仕様に対して、「ユーザー希望への変更」で、追加料金が発生するのではないでしょうか?
このハウス・メーカーに拘るのであれば、標準の屋根で良いと思いますし、0.5寸勾配+ガルバに拘るのであれば、標準仕様なぞ無い注文建築を工務店に注文すれば良いでしょう。

35万円を追加支出するなら、その分で、窓ガラスを真空ガラスにアップグレードすればそれだけ冷暖房効率が向上しますよ。
http://shinku-glass.jp/21/index.html
冷房も暖房も両方効果がありますし、ランニングコストゼロですから、長期的には、省エネで35万円回収できるかもしれません。

なお、立てハゼ継は確かに工数のかかる板金方法ですが、金属屋根にする場合には「瓦棒ぶき」という標準的な(ローコストな)板金方法もあります。屋根屋に直接依頼する場合、立てハゼ継の方が瓦棒ぶきよりも料金がかかると思いますので、これが35万円を追加する根拠なのかもしれません。でも、屋根屋なら差額は坪あたり5千円内外だと思います。屋根坪30坪で15万円ぐらいの差はないのではないでしょうか。

なお、ネットのQ&Aでは、いろいろと細かい状況が不明ですから、これ以上細かなことを申し上げて却ってご迷惑をかけるかもしれません。お知り合いに大工さんがいらっしゃるようなので、その方を間にいれて交渉するか、あるいは別の工務店と相見積もりをさせるのが、より納得できる方法かと思います。

結論から言って「BOX形状の家が好み」と「2Fリビング」というご希望から、0.5寸勾配という結論は出ないですね。

屋根材は軽い方が耐震性が向上しますが、建築基準法では、スレートと鉄板が軽い屋根、瓦が重い屋根という二分類で考えます。したがって鉄板(ガルバ)でもスレートでも、建築基準法上の必要な強度は同じで、同じ構造で同じ空間が認められます。厳密にいえば軽ければ軽いほど丈夫であることは事実ですが、木造住宅はそこまで厳密に計算しなくて良い様に安全率が取られているからです。

「4寸勾配+ス...続きを読む

Q屋根勾配と軒の出について意見を下さい。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建材は優秀だから
問題無い」と言われました。

(1)ネットで調べると、外壁が"木造の場合"は耐久性の観点から
「最低でも60cmが望ましい」と書かれておりましたが建築会社の
言う通りサイディングの場合は25cmでも大丈夫という事なのでしょうか?

(2)知人の大工も「最低でも60cm。意匠なんかどーでも良いから軒を出せ」と
言われましたが「意匠はどーでも良い」とも思えないため悩んでおります。
機能性だけでなく意匠も考慮した場合、何cm位の軒の出がバランス良いと思われますか?

『屋根勾配について』
(3)スレート(コロニアル)のメーカー推奨が3.5寸以上となっており、建築会社も
3.5寸が良いと言っていますが、3.5寸「以上」と言う事は、以前に別の方が
仰っていた通り4寸勾配にしておいた方が良いものなのでしょうか?

大変お手数ですが、ご教授頂ければ幸いです。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建...続きを読む

Aベストアンサー

軒は長いほど良いと思います。
私が以前建てた家はコロニアルで1尺でした。
日当たりが良く南面は全て大きな掃き出しでした。
夏は地獄のような家でした。
夏は家に入ると温室のように暑かったです。
紫外線により10年で床板は傷みました。
今は瓦屋根の古い中古住宅で2尺です。
夏も涼しく外から入ると締め切っていてもひんやりしています。
冬の日差しを確保するより、夏の日差しをさえぎる事の方が重要だと思います。
日本の家は夏向きが良いと言います。
理想の軒の長さは、軒から窓の下端までの高さの1/3が良いだったと思います。
夏の日差しをさえぎり、冬の日の入る長さです。
冬の日を入れることより、夏の日を遮るちょうど良い長さだと思います。
私の家は2尺ですが、庇が低いため1/3になっています。
当然家の中は少し暗いです。
屋根の勾配もきついほど良いと思います。
天井裏も大きくなります。
汚れも雨で流れますし、良い事はあっても悪い事は無いのでは。
安く建てたコロニアルの家は暑いですよ。

Qガルバリウムの屋根勾配

ガルバリウムの屋根勾配を建築屋さんに1寸勾配で行きましょうと
言われたのですが大丈夫でしょうか?
勾配が無さ過ぎて心配です。
家の形はシンプルな箱型の四角い家です。
ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

再々の補足にお答えします。
1)木造に折板屋根は一般的か?
  一般的ではありません。
  折板屋根は、主に鉄骨造の建物に用いられます。
  木造の車庫等に使われているのは、見たことがあります。

2)折板屋根の利点?
  板厚が厚いほど普通の鉄板屋根に比べるなら丈夫です。
  工期がかからず早く出来ます。
  屋根垂木が必要としないので木材費を安くできる。
  屋根下地の合板t12mmが要らなくなり工事費を安く出来る。

  折板屋根の要注意点
  面戸の防水性と耐要年数に疑問があります。

3)木造屋根の標準工法で一般的なものは?
  鉄板葺きの場合
  屋根の形は、切妻、寄せ棟、片流れです。
  葺き方は、横長尺葺き、瓦棒葺きが一般的ですね。

折板屋根にする場合、天井裏の断熱の厚さや方法、また横殴りの風雨によって雨漏れの危険があると思いますので、よく業者さんに雨押えの納まりの確認を取りましょう。
工事費は、折板屋根の方が格段に安くすることが出来るでしょう。

Qガルバリウム鋼板の下地ボードについて

法22条区域の件、何度も質問をして恐縮です。

H12建告示1362号により、
外壁のガルバリウム鋼板(縦ハゼ葺き)に、準不燃材のボードを張る事になります。

■そのボードとして、一般的な建材は何でしょう?

ネットで調べてみましたが、石膏ボード、耐水石膏ボードを使ている場合もあるようですが、逆に石膏ボードは外部に使うべきでないとの意見もありました。

ケイカル板t=5ではどでしょうか?

ケイカル板は外部(軒天)等にもつかわれますが、雨がかりには使えないようです。
また、ガルバのハゼ部分から、雨が侵入する可能性があるとすれば、不安です。

軒天であれば、補修改修が容易でしょうが、ガルバ下地材に使って湿気等により劣化しても目視できませんし、何かあっても大がかりな範囲に影響があると思います(ハゼのため、部分的にはがせない)


耐水性を考慮しますと、外壁にも使われているフレキシブル板がよさそうですが、重量が2倍ほどあります(石膏ボードより若干重い)が、コストが高いため、予算が厳しい中、使いきれないかもしれません・・。

コストは(厚みによっても異なりますが)、石膏ボードを1とした場合、ケイカル板2倍、耐水石膏ボードが2.3倍、フレキが5倍以上・・・

外壁面全体ですと、コスト差もばかにならないため、耐水性との兼ね合いで悩みどころです。

耐水石膏ボードを使うくらいなら、ケイカル板かな?と思いますが、いかがでしょうか?

もしくは、別の素材がありましたら、ご紹介願います。

アドバイスよろしくお願いします。

法22条区域の件、何度も質問をして恐縮です。

H12建告示1362号により、
外壁のガルバリウム鋼板(縦ハゼ葺き)に、準不燃材のボードを張る事になります。

■そのボードとして、一般的な建材は何でしょう?

ネットで調べてみましたが、石膏ボード、耐水石膏ボードを使ている場合もあるようですが、逆に石膏ボードは外部に使うべきでないとの意見もありました。

ケイカル板t=5ではどでしょうか?

ケイカル板は外部(軒天)等にもつかわれますが、雨がかりには使えないようです。
また、ガルバのハゼ部分から...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃるとうり、水が心配ならケイカル板、さらに心配ならフレキシブル板でしょう。重いといってもしれてます。重さはほとんど問題になりません。

しかし、ガルバ鉄板が水漏れするようなら、すでにその壁はだめになっています。石膏ボードでもよいと思いますが。

Q☆屋根 「ガルバリウム鋼板」か「カラーベスト」か

屋根の材質についてご助言願います。

現在「商談中」の業者の標準プランでは、屋根は「カラーベスト(コロニアルNEO)を使っているようですが、私としては「ガルバリウム鋼板」を希望しています。
この場合、差額は+約35万円との見積もりだったのですが、実際問題として、この「ガルバリウム鋼板」は「カラーベスト」に比べ、いかがなものでしょうか?

私の知る限りでは「ガルバリウム鋼板」は、耐久性に優れ、軽い為負担が少なく、酸性雨にも耐えうる材質であると。
ここ10年ほど前に建てられた「カラーベスト」仕様の屋根は、軒並みかなり「色落ち」が目立ち、また実際にモデルハウスで見た現物も、新品であるにも関わらず、何とも薄っぺらく頼りない材質のように感じます。
その点「ガルバリウム鋼板」の屋根は、一見「とたん板」風な安っぽさは感じますが、耐久性はなかなか良さそうで、色落ちの心配もなさそうに感じますが・・・。

基本的に、現在のプランとしましては、ほぼ正方形(凹凸なし)の建物で、屋根の形状もシンプルなものです。
勾配もあまり付けるつもりはなく、大屋根(様々な角度に屋根をいくつも付けるのではなく)を望んでいます。

実際に「ガルバリウム鋼板」を使用されました方、いかがなものでしょうか?
この「ガルバリウム鋼板」は、外壁としても利用できるようですが、屋根も外壁も・・・となると、やはり割高になってしまうのでしょうか?
それぞれの「メリット」「デメリット」を教えて頂きたく思います。

私自身、+35万円を別途支払ってまで「ガルバリウム鋼板」にこだわって良いものか・・・悩んでおります。

どうかご助言、宜しくお願い致します。

屋根の材質についてご助言願います。

現在「商談中」の業者の標準プランでは、屋根は「カラーベスト(コロニアルNEO)を使っているようですが、私としては「ガルバリウム鋼板」を希望しています。
この場合、差額は+約35万円との見積もりだったのですが、実際問題として、この「ガルバリウム鋼板」は「カラーベスト」に比べ、いかがなものでしょうか?

私の知る限りでは「ガルバリウム鋼板」は、耐久性に優れ、軽い為負担が少なく、酸性雨にも耐えうる材質であると。
ここ10年ほど前に建てられた「カラーベ...続きを読む

Aベストアンサー

ご要望がありましたので、再度ご回答させていただきます。
次から次へと気になることがでてきてしまうことと思いますが、私からの回答はこれで最後にさせてください。

>そのような、屋根裏の断熱材については、やはり一応業者に確認した方が良いものでしょうか?

気になることはどんな些細なことでも業者と確認を取るべきです。建ってから後悔しないよう遠慮せずに質問しましょう。

>確認するとすれば、一般的にガルバリウム鋼板屋根に必要な屋根裏の工法とは、どういったものがあるのでしょうか?

基本的な考え方としては天井裏に断熱材(多いのはグラスウール100mm程度)を敷き詰めて、その上のスペース(小屋裏)の熱が逃げるように通気層をとります。もし基本を抑えておきたいのであれば、住宅金融公庫が発行している「木造住宅工事共通仕様書」の内容を抑えておくのがおすすめです。融資を受けるときに満たさなければならない性能基準がまとまった仕様書で銀行で買えます。施工業者の提案する住宅がその基準を全て満たすように建ててもらえれば、性能の良い住宅といえるでしょう。

>ちなみに「細長いタイプの通気ガラリ」とはどういったものなのでしょうか?

http://www.fukuvi.co.jp/catalog/pdf/k-124.pdf
このような通気部材のことです。他にも様々な種類があります。

>先日、業者との話の中で、『ガルバリウムを表面にコーティングしたようなタイプの外壁がある』と聞いたのですが・・。
名称ははっきりと覚えておりませんが。

金属サイディングのことかもしれません。名称がわかればメーカーからご自分でカタログや実物カットサンプルを取り寄せられますよ。

>やはり35万円というのは、妥当な金額とはいえないのでしょうか?
業者によって得意不得意な工法がありますので妥当かどうかについてはなんともいえませんが、一般的に標準工法を持っている業者は決められたパターンでどんどん建てる分だけ安い反面、その標準から外れると高くなる場合が多いようです。見積りの詳細を確認して総合的に判断するしかないと思います。

以上、長くなってしまいましたが、良い家になるといいですね。
頑張ってください。

ご要望がありましたので、再度ご回答させていただきます。
次から次へと気になることがでてきてしまうことと思いますが、私からの回答はこれで最後にさせてください。

>そのような、屋根裏の断熱材については、やはり一応業者に確認した方が良いものでしょうか?

気になることはどんな些細なことでも業者と確認を取るべきです。建ってから後悔しないよう遠慮せずに質問しましょう。

>確認するとすれば、一般的にガルバリウム鋼板屋根に必要な屋根裏の工法とは、どういったものがあるのでしょうか?

...続きを読む

Q床材の価格について

フローリングについて教えてください。
ダイケンやパナソニックなどの一般的なフローリングと、無垢のフローリングの価格差ってどの程度なのでしょうか。
延べ床31坪程度2階建てです。
無垢材の種類にもよるとは思うのですが、安いと思われるパイン材でしたら、合計でどの程度の価格差になるのでしょうか。
オークなどは高そうなので考えていません。

Aベストアンサー

こんにちはご参考までに

新築で無垢材を張るのでしょうか?
価格差は使うフローリングと使う無垢材によって全然変わります。高いフローリング(合板)より安い無垢材の方が安いですし、、それから、合板のフローリングは一般的には303mm巾長さ1820mmですが、無垢のフローリングは75mm巾長さ1820mmというものが主流です。施工性が単純計算4倍違いますので無垢材は材料費が上がるのと工事費も上がります。

単純にいいものはお金かかります。安い無垢材は合板のフローリングにも劣ります。
一般的に高価な床材(無垢)カリン・チーク等も良いものは高いく3~4万円/坪ぐらいしますが安いものだと2万円/坪しません。(材料費)それに対して一般的なフローリングは6,000~1.5万円/坪ぐらいかと思います。

ちなみにパインの無垢材では1.5万円/坪前後でしょうか?とても柔らかい木ですので良くその性質を理解してからのご選択をしてください。北欧スタイルの家でしたら良いかと思います。杉やパイン等は表面がすぐぼこぼこになる。ひび割れ等の発生率が極めて高い。床暖房・ホットカーペットが使えない等ご注意ください。

余談ですがオーク(なら)は一般的な無垢材フローリングのなかでは一番安いものとなります。(パインを一般的な床材とみなさないので、、)1.5~2万円/坪ぐらいです。

一応パインのお勧めのフローリング(無垢)はWOODONEさんのピノアース12mmパインです。
無垢材のパインをうづくり塗装により表面強化された優れ物価格は1万円強/坪程度かと、、

延べ床31坪とはいえ床材はる面積はもう少し少ないのでは?予算がないのなら一階部分を無垢材にして2階は合板のフローリングにする方が多いかと思いますが、、、

以上ご参考までに

こんにちはご参考までに

新築で無垢材を張るのでしょうか?
価格差は使うフローリングと使う無垢材によって全然変わります。高いフローリング(合板)より安い無垢材の方が安いですし、、それから、合板のフローリングは一般的には303mm巾長さ1820mmですが、無垢のフローリングは75mm巾長さ1820mmというものが主流です。施工性が単純計算4倍違いますので無垢材は材料費が上がるのと工事費も上がります。

単純にいいものはお金かかります。安い無垢材は合板のフローリングにも劣ります。
一般的に高価な床材(無...続きを読む

Qトタン屋根の雨音対策

先々月、会社が倒産し幸いなことにすぐに新しい職を見つけることが出来たのですが今までの収入の3分の2弱程度になったため今まで住んでいた家では家賃を払うのも困難なため今月築50年過ぎの文化住宅へ引越しをいたしました。
台所4畳半・和室6畳・庭8畳程の小さな家です。我が家には小学4年生・小学2年生の娘がおりせめて勉強机を置いてやる場所を作ってやりたいと思い、また以前住んでいた家での荷物が入りきらないため、
和室から4畳半程の部屋を庭のスペースを切り崩し増築いたしました。
家計のこともあり、屋根も壁もトタンで工事していただき、部屋というよりも小屋に近いですが幸い娘も喜んでくれておりホッとしていたのもつかの間…
おととい夜中に激しい雨が降りました。初めは「トン、トン、ポチョン、」だった雨音も雨が激しくなるにつれ、「ボトボトボトボト!バリバリバリッ!」というような凄ざまじい音に和室で寝ていた妻も子も飛び起きました。トタン屋根だからある程度は覚悟していたのですが、まさかこんなにうるさいとは…。
文化住宅ですのでもちろん2階部分には住人がおり、どれほどうるさいか、迷惑かを考えると心苦しく申し訳ない気持でいっぱいでした。
今、台風が接近しているということもあり何とかあの凄ざまじい雨音をなんとか少しでも軽減出来ないものかと色々調べてみましたが、瓦に変えれる資金も工事を依頼する資金もなく、自分で出来る良い対策法を探しております。人工芝のカーペットを屋根部分に敷いてみるのはどうか?と考えてみたり…
どうか皆様の知恵をお借りできないでしょうか?お恥ずかしいことにお金がありませんので何か自分で出来る方法で少しでも雨音の軽減を考えております。よろしくお願いいたします

先々月、会社が倒産し幸いなことにすぐに新しい職を見つけることが出来たのですが今までの収入の3分の2弱程度になったため今まで住んでいた家では家賃を払うのも困難なため今月築50年過ぎの文化住宅へ引越しをいたしました。
台所4畳半・和室6畳・庭8畳程の小さな家です。我が家には小学4年生・小学2年生の娘がおりせめて勉強机を置いてやる場所を作ってやりたいと思い、また以前住んでいた家での荷物が入りきらないため、
和室から4畳半程の部屋を庭のスペースを切り崩し増築いたしました。
家計の...続きを読む

Aベストアンサー

台風接近でお察し申しあげます。
どちらの地方にお住まいですか?
風当たりが強い場所の住宅でしょうか?
2階に住人ということは、1階下屋部分に増築(テラス状)されたのでしょうか?
多分、天井と屋根の空間はないのでものすごく音がするのではないでしょうか。
音を軽減する安価な方法として、
1.屋根の内側にロックウールを敷き詰める(トタン下地の合板の所へ逆打ちで止めていく)できるだけ密着させて、そして、石膏ボードを2重に貼る。等考えられます。(カラオケの防音を想像して下さい)
2.屋根内側より、発砲ウレタンを吹き付ける。
やはり専門職人さんに頼んだ方が良いと思います。
音をもっと減らすには、天井をはれる高さがないと無理かも知れません。

もっと安価な方法
いらなくなった毛布を何枚か重ねて屋根内側から逆打ちで止めていく(1枚貼れたら、2枚めは少しずらして、密着させて音が漏れない様)
屋根の上に何かを張るのは、固定方法に無理があると、雨漏りの原因になりかねません。くれぐれもご注意してくださいね。

参考URL:http://www.nittobo.co.jp/kw/info.html

台風接近でお察し申しあげます。
どちらの地方にお住まいですか?
風当たりが強い場所の住宅でしょうか?
2階に住人ということは、1階下屋部分に増築(テラス状)されたのでしょうか?
多分、天井と屋根の空間はないのでものすごく音がするのではないでしょうか。
音を軽減する安価な方法として、
1.屋根の内側にロックウールを敷き詰める(トタン下地の合板の所へ逆打ちで止めていく)できるだけ密着させて、そして、石膏ボードを2重に貼る。等考えられます。(カラオケの防音を想像して下さい)
2.屋根内...続きを読む

Q低コストで耐久性のある屋根材と外壁材は?

年内に家を建てる計画があります。
現在のところ工務店に勧められた屋根材はガルバニウム、外壁は無地のサイディングにしようかと考えていますが、耐久性(年数)はどのくらいなものなのでしょうか?
あと、ガルバニウムやサイディングのメリット・デメリットも教えていただければありがたいです(^^ゞ
また、ガルバニウムやサイディング以外に長期間メンテナンス不要で安い部材があれば教えていただきたいのですが、専門家の方、そういった住宅にお住まいの方、アドバイスよろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

去年に新築したものです。外壁関係の仕事の経験があるものです。

まず、サイディングの耐久性についてですが、メーカーの公表値は10年と言われています。が実際には施工される環境によって違いがでます。北側の一日中日光に当たらない場所で湿気が高い場合は3/2程性能は減退します。一般にサイディングは水分に弱いものです。セメントとパルプが主原料のためです。
一方、ガルバニウムはアルミが主原料の為水分には強いです。
共に、外壁の表面に塗装している塗装は紫外線や排気ガスで劣化していくため少しずつ薄くなっていきます。

安い部材の外壁材はサイディングとガルバニウムしかないと思います。タイル、レンガ、石材は高価ですし・・・。

長期間のメンテナンス性能が高いのは、タイル>ガルバニウム>サイディングとなります。
理由は、コーキングにあります。コーキングとは、窓枠と外壁との隙間にゴム系の樹脂で隙間を埋めます。外壁内部に雨等の水分の侵入を防ぐのが役目です。しかしコーキングの寿命は以外に(メーカー公表値にくらべ)短いものです。ということは、自分で行はなければなりません。その度に足場も必要になるわけです。
その点、ガルバニウムはコーキングの必要部分が明らかに少ないのがメリットです。自己のDIYの負担を軽減してくれます。

しかし、ガルバニウムにも欠点はあります。屋根材に使用した場合、ようは鉄板ですから屋根が焼けてしまいます。二階の部屋はすぐに暑い空間となってしまうと思います。
もうひとつ挙げると、あまり見た目に高級感がなく思います。

いろいろな選択がありますが、メリット・デメリットを理解したうえで納得のいく家作りをしてください。

去年に新築したものです。外壁関係の仕事の経験があるものです。

まず、サイディングの耐久性についてですが、メーカーの公表値は10年と言われています。が実際には施工される環境によって違いがでます。北側の一日中日光に当たらない場所で湿気が高い場合は3/2程性能は減退します。一般にサイディングは水分に弱いものです。セメントとパルプが主原料のためです。
一方、ガルバニウムはアルミが主原料の為水分には強いです。
共に、外壁の表面に塗装している塗装は紫外線や排気ガスで劣化していくため少...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング