人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

とても初歩的な質問で申し訳ないのですが、
S=民間総貯蓄
T=税収
I=民間国内総投資
G=政府支出 とした際になぜ

S+T>I+G ならば財・サービス市場は超過需要の状態にある

となるのでしょうか。
超過供給ではないのかと思うのですが…
私のノートの書き間違いでしょうか…

調べても見つからないので困っております。
初歩的な質問で大変申し訳ありませんが、
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

国内経済だけで考えます


YD≡C+I+(G-T) ←総需要の定義式
Y-C=S ←貯蓄
YS=YD=Y ←均衡所得
Y:所得、YD:総需要、YS:総供給、C:消費、S:貯蓄、I:投資、(G-T):純政府支出、
とします。


均衡ではY=YDだから、以下変形すると
Y=C+I+G-T
Y-C=I+G-T
S=I+G-T
S+T=I+G
ですね。ここで、この式はあくまで「均衡しているとき」ということを思い出してください。
超過供給なら
Y>C+I+G-T
Y-C+T>I+G
S+T>I+G
です。したがってこの式は正しいということです。
この式の意味は、一国全体で蓄えた民間貯蓄と政府が吸い上げた税収が民間投資と政府支出では使い切れていない状態、すなわちマクロ的な超過供給が生じている状態を意味します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がものすごく遅くなってしまって申し訳ありません;;
よく理解することができて、
おかげさまでテストもなんとか乗り切れました
ありがとうございました!!

お礼日時:2010/05/21 05:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGDPの計算方法

 GDPを求める際に出てくる数値ってたくさんありますよね。民間では最終消費支出や住宅投資、企業設備投資、在庫品増加などとありますし。他にも、政府最終消費支出や、公的固定資本形成、公的在庫品増加。さらに、財・サービスの輸出入。GDPを計算する際に、これらの数値のどれをどうすれば良いのか混乱してしまい、わからなくなってしまいました。
 それから、例えば企業が在庫から商品を売ったり、海外に工場を拡張することや、道路公団が道路を補修することはGDPのどの項目に影響を与えるのでしょうか?
 加えて、GNPや国民純生産(NNP)の求め方も教えていただけると助かります。
 よろしくお願いします。  

Aベストアンサー

GDPとは、簡単にいえば「期間内に作られた財・サービスの価値の総和」です。

例として次のようなものを考えましょう。
 製粉所とパン屋がある経済を考えます。製粉所では小麦を買って小麦粉を作り、パン屋では小麦粉を買ってパンを作っています。機械屋では製粉所とパン屋に製造機械を作っています。
 この場合の「作り出された価値」は、製粉所で(小麦粉-小麦)、パン屋で(パン-小麦粉)ですので、トータルでみれば(パン-小麦)になります。ところでパンは誰かが買って食べているわけですから、最終消費支出になります。一般家庭が普通に買う分は民間最終消費支出、互助会のようなものを考えて、働けない人にパンを与える、などを考えれば、政府最終消費支出になるでしょう。この場合、政府か民間かは問題ではありません。この事情は投資(住宅投資、設備投資、公的固定資本形成)にも言えることです。
 さらにパンの一部が輸出されていたとしましょう。すると(パン=民間最終消費支出+政府最終消費支出+輸出)になることが分かります。また、小麦は輸入していたとしましょう。すると「作り出された価値」は(パン-小麦)でしたので、輸入分は引かなければなりません。
 次に生産設備を作る機械屋がいると考えましょう。話を簡単にするために、この生産設備は壊れないものとします。すると、パン屋や製粉所がこの生産設備を買うとその分新たな価値が増えます。これが設備投資です。生産設備が壊れないので、パンから引く必要もありません。
 最後に、製粉所で手違いがあり、小麦粉を作りすぎてパン屋に売り切れなかったとしましょう。そうすると在庫として計上されます。つまり、在庫品が増えた分も「作り出された価値」になります。
 以上をまとめると、次のようになります。
GDP=最終消費支出+投資+在庫増加+輸出-輸入

> 企業が在庫から商品を売った
上の例でいえば作りすぎた小麦粉が売れたので、在庫が減って消費が増えます。
> 海外に工場を拡張する
設備を日本から輸出する場合、輸出が増える、などありますが、基本的に影響ないです。
> 道路公団が道路を補修する
道路公団が政府かどうかが微妙ですね。今はどっちになっているんだか知りませんが、政府だとして、小さなものを別にすれば、補修費も設備投資に入ります。したがって公的固定資本形成になります。

GNPとGDPは、上の例では全く同じものです。なにが違うかといえば、外国人の扱いです。GNPは例えば日本人なら日本人が作り出した価値なのですが、GDPは日本内部で作り出された価値です。ですので、例えば国内にアメリカ人が働いていたとすれば、GDPから彼らの給料を引いた分がGNPになります。一般には、GDPから海外からの要素所得を加え海外への要素所得を引いたものがGNPになります。

NNPは、上の例では生産設備は壊れませんでしたが、年に5%が壊れるとしましょう。するとその分だけパンの製造に使われたのだと考えれば、パンから引かなければなりません。この考え方にたったのがNNPです。したがって、GNPから固定資産減耗を引いたものになります。

GDPとは、簡単にいえば「期間内に作られた財・サービスの価値の総和」です。

例として次のようなものを考えましょう。
 製粉所とパン屋がある経済を考えます。製粉所では小麦を買って小麦粉を作り、パン屋では小麦粉を買ってパンを作っています。機械屋では製粉所とパン屋に製造機械を作っています。
 この場合の「作り出された価値」は、製粉所で(小麦粉-小麦)、パン屋で(パン-小麦粉)ですので、トータルでみれば(パン-小麦)になります。ところでパンは誰かが買って食べているわけですから、...続きを読む

Qミクロ経済学について。

需要曲線がD=300-2P,供給曲線がS=Pで表されるとする。
この財に1単位当たり60の従量税が課せられた時の税収は3600である。
(1)税収を3750としたいとき、政府はこの財に1単位当たりどの程度の従量税を課せばよいか。
(2)今度は、政府がこの財を生産者から120単位必ず買い、消費者に買い上げた120単位を必ず売るとする(税は考えない)。政府は幾らで買い、幾らで売ればよいか。
(3) (2)の時、政府の補助金相当額(政府の赤字)と死重的損失は幾らか。
という問題が分かりません。
答えは(1)75 (2)120,90 (3)3600,300です。
計算方法を教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

回答1のヒントだけでは不親切かもしれないので、問題にある

「需要曲線がD=300-2P,供給曲線がS=Pで表されるとする。
この財に1単位当たり60の従量税が課せられた時の税収は3600である」

を回答1のヒントの方法を使って示しておこう。Ps = 売り手(の受け取り)価格、Pb=買い手(の支払い)価格とすると、

(1) D = 300 - 2Pb
(2) S = Ps
(3) Pb - Ps = 60
(4) D = S

となる。(1)と(2)を(4)の市場均衡条件に代入すると
   300 - 2Pb = Ps
(3)より、Ps = Pb - 60。これを上の式の右辺に代入してPbについて解くと
Pb = 120 ⇒ Ps = 60
よって、(2)と(4)より、D = S = 60を得る。よって、税収=(Pb - Ps) S = 60×60 = 3600と、確かに示された。

問1の問題は同じように解けばよい。(1)、(2)、(4)は上と同じ。税収=(Pb-Ps)Sだから
(3')   (Pb-Ps)S = 3750
とおき、(1)、(2)、(4)、および(3')を解いて、Pb、Psを求めればよい。それらが得られたら、従量税=Pb-Psで与えられる。

回答1のヒントだけでは不親切かもしれないので、問題にある

「需要曲線がD=300-2P,供給曲線がS=Pで表されるとする。
この財に1単位当たり60の従量税が課せられた時の税収は3600である」

を回答1のヒントの方法を使って示しておこう。Ps = 売り手(の受け取り)価格、Pb=買い手(の支払い)価格とすると、

(1) D = 300 - 2Pb
(2) S = Ps
(3) Pb - Ps = 60
(4) D = S

となる。(1)と(2)を(4)の市場均衡条件に代入すると
   300 - 2Pb = Ps
(3)より、Ps = Pb - 60。これを上の式の右辺に代入してPbに...続きを読む

QISバランス?の計算式について…

なぜ式がなりたつかがよくわかりません。

民間貯蓄=民間投資+政府財政赤字+海外での赤字……民間供給資金の使われ方

とあるのですが、なにに使われるのですか??
どうして赤字ばかりを足すと貯金になるのですか?

民間貯蓄超過=政府財政赤字+海外での赤字……民間過剰資金の使われ方

これも同じく、なににつかわれるのかわかりません。
式の成り立つ意味もわかりません…

経常収支黒字=民間貯蓄超過-政府財政赤字

がなりたつ理由も教えてください。

Aベストアンサー

#1です。申し訳ないです。質問の意図を読み取れていませんでした。

改めてなぜ先述した式が成り立つのかと申しますと
国民所得は三面等価の原則により、生産面からみたGDP=支出面からみたGDP=分配面からみたGDPとなります。

支出面からみたGDPは民間最終消費支出+政府最終消費支出+国内総固定資本形成+在庫品増加+純輸出ですので
GDP=C+I+G+NX・・・(1)となります。(C:消費 I:投資 G:政府支出 NX:経常収支)
(1)のようになるのは以下の式を参考にしてください。
国内総固定資本形成=民間住宅投資+民間企業設備投資+公的固定資本形成
在庫品増加=民間在庫品増加+公的在庫品増加
投資(I)=民間住宅投資+民間企業設備投資+民間在庫品増加
政府支出(G)=政府最終消費支出+公的固定資本形成+公的在庫品増加

次に分配面からみたGDPですが、所得というのは最終的に消費にまわされるか、貯蓄にまわされるか、税金として徴収されるかのいずれかですので
GDP=C+S+T・・・(2)となります。(C:消費 S:貯蓄 T:租税)

そして三面等価の原則により(1)と(2)を連立させると
C+I+G+NX=C+S+T
NX=S-I+T-G・・・(3)となります。
S-Iは貯蓄超過でT-Gは財政収支の黒字を表しています。

(3)式はNX=S-I-(G-T)とも書き換えることができます。
G-Tとは財政収支の赤字のことなので経常収支黒字=貯蓄超過-財政赤字も成り立ちます。

分かりにくかったらごめんなさい。

#1です。申し訳ないです。質問の意図を読み取れていませんでした。

改めてなぜ先述した式が成り立つのかと申しますと
国民所得は三面等価の原則により、生産面からみたGDP=支出面からみたGDP=分配面からみたGDPとなります。

支出面からみたGDPは民間最終消費支出+政府最終消費支出+国内総固定資本形成+在庫品増加+純輸出ですので
GDP=C+I+G+NX・・・(1)となります。(C:消費 I:投資 G:政府支出 NX:経常収支)
(1)のようになるのは以下の式を参考にし...続きを読む

Qミクロ経済学の問題について

需要曲線がD=-p+30,供給曲線がS=p-10とする。
この財に1単位当たり4の物品税が課された場合の,政府の税収の金額を求めよ。という問題なのですが、何度計算しても64となり答えである32と一致しません。
どのように解けば良いのか教えてください!

Aベストアンサー

物品税の分を足すのか引くのかわかりくいので、グラフで説明します。

需要曲線、供給曲線のグラフを書いてください。
縦軸が P:価格、 横軸が数量:D、S

2つの式は次のように書いた方が図示しやすく、イメージもわかりやすくなります。
P=30-D
P=10+S

(1)ここで、1単位当たり4円の物品税が売り手に課された場合、
売り手は以前より4円高い値付けにしますので、
供給曲線が4円ぶん上方にシフトし、
P=10+S+4になります。
需要曲線は不変です。
(以上、No.1の回答と同じこと)
D=Sとして連立方程式を解きます。

(2)一方、物品税が買い手に課された場合、
買い手の限界効用が4円減少しますので、
需要曲線が4円ぶん下方にシフトし、
P=30-D-4 となります。
供給曲線は不変です。
D=Sとして連立方程式を解きます。

(1)は税込み価格、(2)は税別価格ですので、価格は異なりますが、数量は同じです。その数量に1単位当たりの税額をかけると税収が算出されます。

Q経常収支

我が国の1990年代前半までの資金循環を主体別にみると、家計が唯一の安定した資金余剰主体であって、、家計の貯蓄は、資金不足主体である企業および政府の投資に利用させるとともに、海外部門の資金不足(国際収支では、日本の( A )の黒字にほぼ相当する)にあてられるという構図であった。

(A)は経常収支なのですが、何故なのかよく分かりません。てっきり、投資収支だと思いました。できれば、説明と経常収支の何収支か教えてください。ちなみに、投資収支は資本の流入が+で流出が-だということは理解しました。

Aベストアンサー

恒等的に
Y = C + I + G + (X-M) ...(1)
が成り立ちます。ここでY:GDP、C:民間消費、I:投資、G:政府消費、(X-M):経常収支です。この式は、要するにGDPが何に使われたかを表しています。

さらに、
Y = C + S + T ...(2)
が成り立ちます。所得は、消費されるか、税金でもって行かれて、残りが貯蓄になることを示しています。

(1)式と(2)式からYを消すと、
(S-I) = (G-T) + (X-M) ...(3)
という式が導出できます。この式は、家計貯蓄から投資をひいたものが、政府のプライマリーバランスと貿易の経常収支に等しいことを示しています。


> 投資収支は資本の流入が+で流出が-
投資収支が黒字(+)ということは経常収支は赤字(-)ということです。したがって、(3)式に即して言うと
(+) = (+) + (-)
となるので、政府のプライマリーバランスを海外部門も支えている構造になるので、間違いです。

Q均衡GDPの求めかたについて、、、

Y=C+I+G
C=0.8Yd+100
Yd=Y-T
T=0.3Y-10
YはGDPを、Cは消費を、Iは投資を、Gは政府支出を、Ydは可処分所得を、Tは政府税収を表しています。IとGは外生変数です。
I=G=100であるとき、均衡GDPは700なのですが、なぜ700になるのか
解りません。式に、値を代入するのがが下手なのかもしれませんが、、
ご教授おねがいします。

Aベストアンサー

方程式に代入すれば良いだけの話です。

Yd = Y-T = Y - (0.3Y-10) = 0.7 Y + 10
C = 0.8Yd+100 = 0.8 (0.7 Y + 10) + 100 = 0.56 Y + 108 
Y = C+I+G = 0.56 Y + 108 + 100 + 100 = 0.56 Y + 308
0.44 Y = 308
Y = 700

となります。

Q均衡GDPの求め方について

均衡GDPの求め方がわかりません
マクロ経済学の参考書を読んだのですがわかりません
問題文は
政府活動のない閉鎖経済を考える、この経済の消費関数は次式のようにあらわされている
C=0.6Y+40(C:民間消費、Y:GDP)
民間投資は独立投資のみからなり、I=200とする。
です。
もしよろしければ教えてください

Aベストアンサー

民間消費をC、投資をI(I:外生)とすると、

Y=C+I ・・・(1) (この場合、厳密にはYはGDEです)

ここで、消費関数を、

C=0.6Y+40   ・・・(2)  とします。

あとは、(1)にI=200と、(2)をそれぞれ代入して、Yについて解くと
均衡GDP(GDE=GDP)が求められると思います。

Q国際収支

理系ですが経済の授業受けてみたんですが国際収支の所分かりません!国際収支=資本収支+経常収支+外貨準備増減ですよね?そしてこれの合計が0になる。ここが分かりません!外貨準備増減が一定だとして経常収支が+の時なぜ資本収支が絶対-になるんですか??日本の場合貿易で黒字になって対内投資も黒字になる事はないんですか??教えてください。

Aベストアンサー

輸出企業が対価をドルで受け取ったとします。
輸出企業はドルを円に替えて、国内で使います。と言うことは銀行にドルを売り円を買います。銀行は買い取ったドルを手元においても、収益を生みません。アメリカの銀行に預金(対外投資)することで利子を稼げます。アメリカ国債を買ったり、IBMの株を買ったりすることもあるでしょう。もちろん銀行自ら投資するよりも、誰かがドルを買って海外に投資するほうが多いとおもいますが。
いずれにせよ、経常収支が黒字でドルが余れば、それを国内で箪笥預金することはない、何らかのルートで海外に投資されるということです。
逆のケースで考えてみましょう。ある国の輸出等が輸入等より小さい、経常収支が赤字の国で、決済ができるのは誰かがお金を貸してくれるからです。その国では外国から借りる分(対内投資)以上に外国に貸す分(対外投資)が大きくて、資本収支が赤字になることはありません。

Q利益率の計算方法!

アホな質問ですみません。。

利益率=利益÷原価だと思うのですが・・・

原価2,163,720円、
利益1,436,280円、
定価3,600,000円の場合の利益率を
計算式と共に教えてください。

Aベストアンサー

利益÷定価=利益率

1,436,280÷3,600,000=0,39896

利益率は約40%です。


人気Q&Aランキング