プロが教えるわが家の防犯対策術!

ご教授ください。

ポリエチレングリコール(PEG)とポリエチレンオキサイド(PEO)の違いがわかりません。

出発原料が違うのは知っているのですが、重合体の見分け方ってありますか?

PEGのほうが柔らかいとか聞いたんですけど、構造の違いが分らず・・・

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

化学辞典(東京化学同人)でポリエチレンオキシドを引くと、「ポリエチレングリコールに同じである」とあります。



ポリエチレングリコールは「両末端がヒドロオキシル基であるポリエーテルをいう」とも書いてあります。
しかし、「PEGはエチレンオキシドのアルカリによるアニオン重合、プロトン開始によるカチオン重合により合成される」とありますから、「区別はない」というのが本当のところででしょう。

PEOはPEGから水が取れた構造です。
「酢酸エステル」を作るときに酢酸を使うか無水酢酸を使うかの違いと同じであるという風に考えられます。出来上がったものは同じです。名前は1つしかありません。酸の方を基準にした名前です。
でも無水酢酸を用いる方が反応が容易です。

EGから出発するするよりはEOから出発する方が反応は起こりやすいのでしょうが名前はPEGの方で付けているのです。

分子量の違いによりPEG,PEOと名前が異なるというのは化学的な根拠のあるものではありません。別の基準による慣用的なものでしょう。重合度の違いによる物性の違いが用途の違いに反映するので区別のために異なる名前を使っているというものでしょう。材料の違いを反映しているかのような名前の付け方をしているので混乱するのです。多分、「業界用語」でしょう。

フェノール樹脂でも重合度の高いものと低いものに異なる名前を当てはめています。用途が異なるからです。
    • good
    • 1

#2です。


訂正です。
>PEOはPEGから水が取れた構造です。   (誤)
→EOはEGから水が取れた構造です。     (正)
    • good
    • 0

以下URLをご参照ください。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA% …

基本的な構造は同じで、分子量の違いで区別しているようですね。

上記記事を要約すると、分子量 50,000 g/mol 以下のもの(エチレングリコールの重合体)をPEGといい、より高分子量のもの(付加重合体)をPEOといっているようです。(おそらく分子量あるいは合成経路の違いから)両者は融点、粘度などの物理的性質が異なり(後者のほうがより高粘度)、その結果用途も異なるということかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPEGとPEOの違い

最近実験で頻繁にPEG(polyethylene glycohol;ポリエチレングリコール)を使用しており、新たに発注しようとしました。ところがAldrichのカタログをみると同じ構造式でPEO(polyethylene oxide)と書いてあり同じものなのかCASで調べたところ、どうも名前が違うだけのようでした。研究室のメンバーに聞いても詳しい人がおらず、今回この掲示板で聞くことにしました。PEGとPEOは全く同じものなのか、それとも何らかの違い(重合方法など)があり、構造式は同じだが、物理化学的な違いがあるのかなど、詳しいことをご存知の方はアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

命名法的には,エチレンオキサイド(三員環)の開環重合体とみるか,エチレングリコール(HO-CH2-CH2-OH)の縮重合体とみるか,の違いです。

しかし,実際に行われている合成方法は,ほとんど前者のみだそうです。つまり合成経路からすると,ほとんどがポリエチレンオキサイドと呼ぶべき物です。全く同じ物を二つの名前で呼んでいるだけみたいです。

Qポリエチレングリコール(分子量500000)のサイズ

最近実験で上記の分子量のポリエチレングリコール(PEG)を扱っているのですが、そのサイズ(長さ)がよく分かりません。いくつか物理化学の教科書を見ているのですが、高分子のサイズについて触れられていません。もしこの質問について何かアドバイスをお持ちの方はご助言宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ポリエチレングリコ-ルなら分子式は

HO-(CH2-CH2-O)n-H ですよね。

繰り返し単位の(CH2-CH2-O) は分子量 12+2+12+2+16= 44 なので n = 500,000÷44 = 11,364
ですね。あとは C-C-O- の結合距離を調べれば判るのでは?

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qn数?N数とはどのような意味ですか?

こんにちは。
よく、サンプルテスト等でn数?N数という言葉を聞くのですがどのような意味ですか?
テスト回数を意味するのでしょうか?

ご存知の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

[簡単な例]
りんごの重量を10個量ってみた
→n=10

nはnumberの頭文字です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング