【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

エストラジオールの値を pmol/L から pg/ml へ、
プロゲステロンの値を nmol/L から ng/ml へ返還したいのですがどうしたらよいでしょうか?

例えば
エストラジオール 100pmol/Lなら何pg/ml、
プロゲステロン 10nmol/Lなら何ng/mlですか?

A 回答 (1件)

エステラジオールの分子量は272.39


プロゲステロンの分子量は314.47


宿題とかじゃないと思うので答えを書きますが
エステラジオールは27.239 pg/mL
プロゲステロンは3.1447 ng/mL
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分子量が関係してくるのですね。そちら方面は全く疎いのでわかりませんでした。

質問後、たまたま見つけたページとも値が一致します。
http://www.globalrph.com/conv_si.htm

助かりました。ありがとうございました!

お礼日時:2010/02/19 21:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単位換算をわかりやすく・・・

大変お恥ずかしいのですが、単位換算が苦手です。

主に必要なのは
m、g、ナノ、マイクロなどです。

例えば、『ng/ml を μg/Lにする』の時に
1,000,000,000ng=1gだから・・・と考えてしまい訳がわからなくなってしまいます。
もっと簡単に考える(計算する)方法はあると思うのですが
それがわかりません。

簡単に換算する方法(理屈?)を教えていただけないでしょうか。


わかりやすく教えていただけると助かります。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

1μg=1*10^(-6)g
ここでmg=10^(-3)gということが頭に入っていると,それを作るように変形することができる。
1μg=1*10^(-6)g=1*10^(-3)*10^(-3)g=10^(-3)*mg

たとえば500μgであっても
500μg=5*10^(2)*10^(-6)g=5*10^(-4)g=5*10^(-1)*10^(-3)g=5*10^(-1)mg=0.5mg
となる。

Q[mol/l]を[g/ml]に単位変換?

鉄の濃度の単位で[mol/l]を[g/ml]に単位変換しなければいけなくなりました。

どのように単位変換すればいいのでしょうか?どなたか教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

単位計算をすればいいわけです。

まず 物質量[mol]=質量[g]/原子量[g/mol]
ですから、上式を変形すると
   物質量[mol]×原子量[g/mol]=質量[g]
物質量に原子量をかけてやることで[mol]→[g]に変換できますよね?
ここでは鉄(Fe=55.85)の濃度を求めるのですから、
あらかじめわかっている[mol/l]の濃度に原子量55.85をかけると
[mol/l]→[g/l]に変換できます。

あとは、1リットル=1000ml ですから、
これを 1000[ml/l] (1リットルあたり1000ml)
という単位をつけて考えれば
[g/l]/[ml/l]→[g/ml]
と変換できるハズです。

まとめると、
 濃度[mol/l]×55.85[g/mol]÷1000[ml/l]=濃度[g/ml]


あんまり上手く説明できないんですけど(^^;
どうでしょうか?
頑張ってください!

※原子量には単位はありませんが、便宜上、[g/mol]ということにしてます。

QCRPの単位 nmol/Lとmg/dL

お世話になります。
文献を読んでいるとCRPの単位がnmol/Lとなっていました。
普段使用している単位はmg/dL であり、比較することができません。
nmol/Lの値をmg/dLで表すには どのように換算すればよいでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

mg/dLの値×10でmg/Lになるので、
その10倍のmg数をその物質の式量、分子量より
nmolに変換すればOKです。

Q【mg/dL】⇔【mmol/L】の変換方法について

簡単な式でmmlo/Lに18をかければmg/dLに変換できるという記事を見ました。
一方で、違うmg/dLに0.5551をかければmmlo/Lに換算できるという記事も見ました。

そこで、友人に聞くと「そもそもの定義が違うから厳密には換算できない」と言われました。

質問は次のとおりです。

1 実際に【mg/dL】⇔【mmol/L】へ正確に変換は出来ないのでしょうか?
2 また、できなかった場合なぜできないのかを説明頂けませんでしょうか?もしくは、詳しく載っているサイトを教えて頂ければうれしいです。

どうぞよろしくお願いいいたします。

Aベストアンサー

mmol/Lの意味は1リットルの体積に何ミリモル(1000分の1モル)の物質量が含まれているかを示している単位です。
それに対してmg/dLの意味は10分の1リットルの体積の質量を表しています。
そもそもどんな物質が含まれているかも分からない状態で、物質量から質量への換算など出来るはずもありません。
1リットル中に含まれる物質量が1ミリモルの場合であってもその物質が酸素であるのか窒素であるのか水素であるかによってその質量は大きく変わります。
mmol/Lに18をかければmg/dLに変換できるという文章から判断するとおそらく水蒸気を想定することができますが、その場合には1mmol/Lに含まれる水蒸気の質量は18mgです。1デシリットル中には水蒸気質量の10分の1ですから1.8mgとなります。したがってその場合にはmmol/Lに18ではなく1.8をかければmg/dLに変換できるということになります。
mg/dLに0.5551をかければmmlo/Lに換算できるという文章では上記のように水蒸気を想定した場合には1mgの水蒸気が10分の1リットルの体積に含まれているのですから1リットルの体積の中には10mgの水蒸気が含まれることになり,この水蒸気をモルに換算すれば
10 / 18 = 0.5556
したがってmg/dLに0.5556をかければmmlo/Lに換算できるというということになります。少し数値が違うようですね。
いずれにしても物質が与えられていなければmmol/Lからmg/dLへの換算など出来るはずもありません。その意味では「そもそもの定義が違うから換算できない」というのが正しい意見ですね。

mmol/Lの意味は1リットルの体積に何ミリモル(1000分の1モル)の物質量が含まれているかを示している単位です。
それに対してmg/dLの意味は10分の1リットルの体積の質量を表しています。
そもそもどんな物質が含まれているかも分からない状態で、物質量から質量への換算など出来るはずもありません。
1リットル中に含まれる物質量が1ミリモルの場合であってもその物質が酸素であるのか窒素であるのか水素であるかによってその質量は大きく変わります。
mmol/Lに18をかければmg/dLに変換できるという文章から判断...続きを読む

QDNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

DNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

先日シークエンスする機会がありました。
プロトコールにprimerは6.4pmolとあったのでPCR用(10μM)を
10000000倍希釈(1pM)にして6.4μl(final volume14μl)使用したところ結果は全滅。

先輩に聞いたところ1μMを6.4μl使えばOKとのことでした。
この数値はメーカーが推奨している、とのことです。
確かにそれで結果は出たのですが、釈然としません。
先輩に聞いたところ「bp数と分子量の関係で・・・」と説明してくれましたが
よくわかりません。

どなたか高校生程度の化学理解力でわかるように教えてください。

Aベストアンサー

>大文字のMはモル濃度で小文字のmolはモル数、でいいのでしょうか?
そうです。
高校なんかでは、molもMも「モル」と言うようになっていたかもしれませんが、正しくは、molは「モル」、Mは「モラー」(molar)と発音します。
Mはモル濃度(molarity)の単位で、1 Lの溶液に何molの溶質が入っているかを表します。
Mは国際単位系では、正統的ではないけれど慣習的に使用を認めるというような範疇に入っていて、mol/Lを使うほうが望ましいとなっていたと思います。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q分子量を物質量に変換、モル濃度の換算

モル濃度を求めるために、分子量を物質量に変換したいのですが、やり方がわかりません。
いや、大体は分かるのですが・・覚える自信がないのです。それというのも私は、「理解」しないとすぐ忘れてしまうのです・・。

物質量のことと、変換の仕方、それがモヤモヤとしてて・・
なるほど!って思えるような、説明求みます!

さらに、質量パーセント濃度からモル濃度への換算の仕方を教えてください。密度の求め方すら分からなくて・・・(恥)

Aベストアンサー

分子量というのは、1molあたり質量のことだとわかっていれば、出来ると思います。
分子量=質量(g)/物質量(mol) ということですね。

すなわち
物質量(mol)=質量(g)/分子量 と変換できます。

質量%濃度というのは、溶質の溶液に対する割合、つまり
質量%濃度=溶質の質量(g)/溶液の質量(g)×100
ということです。

密度というのは、1cm^3あたりの質量のことです。今回は溶液のことを考えていますから
溶液の密度(g/cm^3)=溶液の質量(g)/溶液の体積(cm^3)

モル濃度は、溶液1lあたりに溶けている、溶質の物質量ですから、
モル濃度(mol/l)=溶質の物質量(mol)/溶液の質量(l)
となります。

結局、公式を羅列しただけになってしまったけれども参考にしてください。

Qg(グラム)からmol

に直すのってどうやるんでしょうか?
ネットで検索しまくっているのですが、
書いてあることがわからない、
高校でやったことが思い出せないんです、、汗
1molが6.0*10^23個とか
pv=nRTくらいしかおもいだせません。
二酸化炭素の排出量というのを
計算しているのですが、、
お願いします。
g(グラム)からmolに直すやり方を教えてください。

Aベストアンサー

グラムを分子量で割ればmolになりますよ。

ちなみに二酸化炭素(CO2)の分子量は44なので、
二酸化炭素が44グラムで1モルということになりますね。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q対数変換する意味?

私は数学が苦手な文系大学生です。最近「地域分析」という本を読んでいるのですが、たびたび数式を「対数変換すると・・・」と言う風に話が進みます。対数変換をすることの意味がわからないので内容が理解できません。

まず、対数変換とは何なのか?対数変換を行なうと何がどのように変わるのでしょうか?
また、一般的に対数変換とはどのような目的で行なわれるのでしょうか?

ということを文系の学生にわかりやすく教えていただけないでしょうか。
対数変換の内容を理解していないため、質問が的を得ていないかもしれませんが、よろしくお願いします。(また、ここで説明できるような内容でなければ、その旨をお伝えください。)

Aベストアンサー

まず、ここで論じられている「対数」が「常用対数」を意味する
ことを前提として話を進めましょう。

対数に変換するということは、ある数値を
任意の底の値の指数値で表すことを意味します。
具体的に言うと(ここでは常用対数に限定することにしたので)、
ある数値が10(これが常用対数の底の値)の何乗であるのか
ということです。

たとえば、100という数値の常用対数を取ると、
100は10の2乗ですから、「2」となります。
同様に1000は「3」、10000は「4」です。

このように表現すると、正の数値で1以下の小数から
万や億などの非常に大きい値に散らばる数値サンプルを
整理したり表現するのに非常に便利です。

また、対数にしてグラフを作ると、上記のように非常に
大きな数(または0.00000・・・・のように非常に小さい数)
を限られた紙面上でプロットする事ができます。
もしそのプロットした結果が直線になった場合、
その直線の傾きでサンプルの近似式を導き出すこともできます。

具体的例を挙げると、身近なものではpH値。
これはある液体の単位量あたりどのくらい水素イオンが
含まれるかを対数表現したものです。
(厳密には、モル濃度で表した水素イオン濃度の逆数の常用対数)

まとめると、対数は小数から数万・億などの広範囲に散らばる
数値を整理するために使われる道具とお考えになられたら
良いと思います。

まず、ここで論じられている「対数」が「常用対数」を意味する
ことを前提として話を進めましょう。

対数に変換するということは、ある数値を
任意の底の値の指数値で表すことを意味します。
具体的に言うと(ここでは常用対数に限定することにしたので)、
ある数値が10(これが常用対数の底の値)の何乗であるのか
ということです。

たとえば、100という数値の常用対数を取ると、
100は10の2乗ですから、「2」となります。
同様に1000は「3」、10000は「4」です。

この...続きを読む


人気Q&Aランキング