グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

鉄を溶かし、アルミニウムを溶かさない薬品というのはあるのでしょうか? 薬品の名前、あるいは参考サイト、文献を教えていただければと思います。

鉄もアルミニウムも酸には溶ける。ただし濃硝酸には不働態をつくりどちらも溶けない。水酸化ナトリウム水溶液にアルミニウムは溶けるが、鉄は溶けない......
程度の知識はあります。今回は水酸化ナトリウム水溶液とは逆になる薬品がないかという質問です。酸や塩基でなくてももちろんかまいません。

A 回答 (1件)

アルミニウムは、亜鉛、錫、鉛とともに両性金属で塩基とも反応します。


ですから、鉄を溶かしてアルミをとかさない薬品はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
学校で習うような酸や塩基では無理そうですが、例外、もしくは酸や塩基以外の薬品で該当するものはないのでしょうか。

お礼日時:2010/03/03 22:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサンポールが鉄の赤錆を剥がす原理を教えてください

今バイクのガソリンタンクをサンポールで洗浄し、赤錆を取り除く作業にトライしています。
前段階の実験として真っ赤に錆びた針金(工事現場の足場などで使われている軟鉄)をサンポールの原液、希釈液=原液2:水1、1:1、1:2の4通りに10分間浸して、原液または原液2:水1の時、良好な結果の得られることがわかりました。この後は重曹水で中和処理をしておくことが必要なのも検証しています。
ところでサンポールは塩酸が主成分なので、酸で錆び=酸化鉄が取り除ける→鉄が甦る原理があることを目の前にして自分の既成観念がひっくり返りました。酸化したものを無くす(というよりこの場合は剥がす=分離する?)にはアルカリや還元物質の出番ばかりではないのですね。自分は化学の専門家ではありませんが、ある程度は化学反応式を理解できるつもりですので、原理的なレベルというか、素人にもへぇーそうなるんだとわかるレベルでサンポールと赤錆の化学反応の世界を教えていただけたらと思います(色々調べたのですが赤錆の正体自体がよくわかりません)。
ちなみに塩酸と重曹の反応だったらHCl+NaHCO3→NaCl+CO2+H2Oで塩と二酸化炭素と水ができるから処理水を下水に流しても無害だなと理解しているほどの者です。

今バイクのガソリンタンクをサンポールで洗浄し、赤錆を取り除く作業にトライしています。
前段階の実験として真っ赤に錆びた針金(工事現場の足場などで使われている軟鉄)をサンポールの原液、希釈液=原液2:水1、1:1、1:2の4通りに10分間浸して、原液または原液2:水1の時、良好な結果の得られることがわかりました。この後は重曹水で中和処理をしておくことが必要なのも検証しています。
ところでサンポールは塩酸が主成分なので、酸で錆び=酸化鉄が取り除ける→鉄が甦る原理があることを目の前に...続きを読む

Aベストアンサー

別に酸化鉄が鉄に戻ったわけではありません。酸化鉄が溶けただけです。溶けた下から酸化されていない鉄が出てきただけです。当然、サビがひどければ鉄は薄くなります。

Fe203 + 6 HCl → 2FeCl3(水溶性) + 3 H2O

重曹水で処理するのは酸が残っていると、鉄が溶けてさびやすくなるからです。

Q銅や、鉄に硫酸をかけると

銅や、鉄に硫酸をかけるとどんなものが生成するのでしょうか?硫化物と硫酸化物とどちらが生成する可能性が高いのでしょうか?また、電気が流れているような状況ではできるものが変わってくるのでしょうか?もしわかったら教えてください。

Aベストアンサー

まず、硫酸と一言で書かれていますが、その濃度で実際の反応が
変わることがあります。一般に濃硫酸は酸としては弱酸ですが、
酸化力をもっています。逆に希硫酸は強酸ですが、酸化力は
ほとんど示しません。

金属が水に溶けるときは、金属イオンになる必要があります。
つまり酸化剤が必要になるのです。これは合金でも単体でも
同じことです。酸と反応して溶けるときには水素イオンが還元されて
水素分子を生じ、酸化剤として働くときは硫酸イオンが還元されて
二酸化硫黄を生じます。しかし、硫黄そのものが(2-)の酸化数となる
硫化物イオンとなることはありません。

実際に生じる物質ですが、鉄を希硫酸にとかした場合、鉄(II)イオンと
硫酸イオン、水素分子が生じます。水素が発生している間は水溶液中の
酸素が水素によって消費されるため、鉄(III)イオンが生じることは
ありません。

電気が流れている状態というのは硫酸銅水溶液の電気分解などでしょうか?
そうであれば、改めてご説明します。

最後に言葉の件ですが、
~化物という言葉は単原子イオンと水酸化物イオンのみに使います。
塩化物、臭化物、窒化物など。
多原子イオンの場合は~塩となります。
硝酸塩、リン酸塩などです。

また一般的な書き方は硫酸鉄(III)もしくは鉄(III)イオン、鉄(3+)イオン
などです。

まず、硫酸と一言で書かれていますが、その濃度で実際の反応が
変わることがあります。一般に濃硫酸は酸としては弱酸ですが、
酸化力をもっています。逆に希硫酸は強酸ですが、酸化力は
ほとんど示しません。

金属が水に溶けるときは、金属イオンになる必要があります。
つまり酸化剤が必要になるのです。これは合金でも単体でも
同じことです。酸と反応して溶けるときには水素イオンが還元されて
水素分子を生じ、酸化剤として働くときは硫酸イオンが還元されて
二酸化硫黄を生じます。しかし、硫黄そ...続きを読む

Q銅が硝酸や酢酸に溶けるスピードについて

ベネチアンビーズ(ガラス玉)を作る方法で銅製の芯棒に
ガラスを巻き付けて冷ました後に硝酸に付けて銅のみを
溶かすという方法があるらしく、その作り方を試して見たいの
ですが、硝酸は取り扱いが大変そうなので酢酸というものを使おうか
とも思っておりますが、実際どの程度の時間で銅が酢酸に溶けるのかが
分かりません。
太さが1、5mm~3mm程度の銅の芯棒を酢酸に入れて溶かすにはどれくらいの時間がかかるものなのでしょうか?
あと、硝酸の場合だと、どの程度の時間で銅を溶かすのか教えて
下さい。
濃度にもよると思いますが、溶ける時間というのは大体で結構です。
他に酢酸以外でガラスはそのままの状態で銅のみ溶かす液体が
あれば教えて頂けますか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

酢酸ではダメですね.
私も塩化鉄のエッチング液を薦めます.
エッチング液はサンハヤトからアマチュアの電子工作用のものが後処理用の薬剤もついて売っていますので,それがいいでしょう.

エッチング液の中味は要するに40%くらいの濃度の塩化鉄(III)です.薬品の入手ができるなら自分で作っても問題ありません.後処理は考えてください.水道に流したりはできません.

ちなみに銅版画のエッチングは硝酸か塩化鉄です.なので画材店でも手に入るでしょう (後処理用の薬剤も売っているかどうかはわかりませんが).
本来は溝のエッジの具合が違うため,版画にしたときの線の出方が違うので,どちらを使うかは表現の問題もあって必要に応じて使い分けるのだそうです (美大卒の妹の談による).ただし,今は画材店では硝酸はふつうには売ってないでしょうが.

塩化鉄のエッチング液の場合,40℃くらいに暖めて使いますが,これは常温では溶解時間がかなりかかるからです.電子回路のプリント基板の銅箔の厚みは数10μくらいですが,それを溶かすのに40℃でよく撹拌しながらやっても3分とか5分とかかかります.したがって,mm の銅を溶かすには数時間程度かかる可能性はあります.この辺は銅と溶液がどのくらい接触するか,さらには撹拌等によって新しい液が常に銅にあたるようにできるかで大きく変化します.プリント基板の場合は最も効率的に銅をとかせるケースといえますが,それでもそのくらいの時間がかかるということです.

なお,塩化鉄でおこる反応は
2 FeCl3 + Cu → 2 FeCl2 + Cu2+ + 2 Cl-
また溶液はかなり強い酸性で,わずかながら塩酸蒸気を発します.とくに加温して使うときは換気に気をつける必要はあります.

酢酸ではダメですね.
私も塩化鉄のエッチング液を薦めます.
エッチング液はサンハヤトからアマチュアの電子工作用のものが後処理用の薬剤もついて売っていますので,それがいいでしょう.

エッチング液の中味は要するに40%くらいの濃度の塩化鉄(III)です.薬品の入手ができるなら自分で作っても問題ありません.後処理は考えてください.水道に流したりはできません.

ちなみに銅版画のエッチングは硝酸か塩化鉄です.なので画材店でも手に入るでしょう (後処理用の薬剤も売っているかどうかはわかりま...続きを読む


人気Q&Aランキング