【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

塩と塩基の単元の問題をやっていて、

「KHSO4(塩)の水溶液の液性を答えよ。」
というのがあったんですが、

「KHSO4はたぶん硫酸H2SO4と水酸化カリウムKOHが中和反応してできた塩だから、組み合わせは『強酸+強塩基』。だから中性だ。」

と思ったんですが、答えを見たら酸性でした。orz

化学が苦手なもんでなんでだかわかりません。
「強酸と強塩基からできた塩は中性。ただし例外としてNaHSO4は酸性である。」と『岡野の化学をはじめからていねいに』に書いてあったんでそれで考えてたんですが、わかりません。

A 回答 (2件)

NaHSO4とNaHCO3はどの酸と塩基が組み合わさっているかを考えるだけでは不十分なのです。


キーは陰イオンです。

まず,硫酸イオン(SO4^2-)は電離しやすいです。
ので,NaHSO4は水溶液中で,
NaHSO4 → Na+ + H+ + SO4^2-
という電離を起こします。
H+が出てますよね?よってこれは酸性です。
KHSO4でも同じです。

ちなみに,
NaHCO3の陰イオンCO3^2-は電離しにくいので,
NaHCO3 → Na+ + H+ + CO3^2-
とはいかず,むしろ,
NaHCO3 + H2O → Na+ + HCO3 - + H2O → Na+ + H2CO3 + OH-
となってOH-を生じるので塩基性になります。

高校範囲ではNaHSO4(KHSO4)とNaHCO3がなぜそのような液性を示すのかを問われることはほぼないです。
とりあえず覚えてしまいましょう。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。

う・・・化学式は似てるのにNaHSO4とNaHCO3では電離のしやすさが理由で液性が違うのですね。。。これは引っかかりそうです。

>>高校範囲ではNaHSO4(KHSO4)とNaHCO3がなぜそのような液性を示すのかを問われることはほぼないです。
とりあえず覚えてしまいましょう。

そう言い切ってもらえると安心できます。

お礼日時:2007/10/15 00:06

>KHSO4はたぶん硫酸H2SO4と水酸化カリウムKOHが中和反応してできた塩だから


ここは正しい考えです。
>組み合わせは『強酸+強塩基』。だから中性だ。
一見すると正しいようですが誤りです。

硫酸は2価の強酸で、水酸化カリウムは1価の強塩基です。
これらが完全中和するとK2SO4ができるはずです。
KHSO4は、硫酸を中途半端にしか中和しておらず、まだ1価の酸のように働くことができます。
なので硫酸水素塩は
KHSO4 → K^+ + H^+ + SO4^2-
のように電離をし、酸性を示します。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど、まだ完全に中和してないからH+が残ってて、酸性を示すのですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/15 00:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!