ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

学校で先生がちらっと言っていたのですが浄土真宗にだけは女性僧がいないとのことでした。
なぜですか?
浄土真宗といえば妻を持った親鸞が開祖ですよね?
女性に対してどちらかと言えば寛容な宗派なのにどうしてなのかなあと思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私の知り合いの方で女性ですが、将来家業のお寺(浄土真宗)を継ぐと資格を取られている方いらっしゃいましたよ。


浄土宗とは違って髪を剃らなくていいからちょっと女性に優しいな、とか思いました。

考えてらっしゃるのと違ったらごめんなさい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実際にいらっしゃるんですね。
じゃあ、私に聞いたものが間違っていたんですね。

お礼日時:2003/06/13 22:17

そう言えば、親戚に女性で(とくどう)をとってお経あげている人がいました。

忘れていました。(汗)
(お寺の資格)とくどう=徳道?かはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/06/13 22:19

何かの間違いでは?


浄土真宗は女性の僧侶がいますよ。
知り合いにいますから間違いありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
間違いのようですね。

お礼日時:2003/06/13 22:18

うちは真宗本願寺派の檀家ですが、たまに娘さんがお経をあげにきてくれますよ。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/06/13 22:18

浄土真宗の寺にヨメに行って、ダンナさんだけでは手が廻らないので、資格(?)を取って「坊さん」している友人がいます。


袈裟着て檀家まわりして葬式行ってます。
髪の毛は普通ですよ。ダンナさんもそってません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
髪をそらなくていいのはいいですよね。

お礼日時:2003/06/13 22:17

そういえば見たことありませんね。

規模も建物も歴史も日本一なのに?天皇家とも親戚だし(関係ないか)
 ま、それはいいとして戒律の関係ですかね?
大谷家の方かお寺の方よろしくです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どうしてなんでしょうね?
お寺の方、よろしくお願いします。

お礼日時:2003/06/12 21:48

「女人不浄」観というのがあるからではないでしょうか。



参考URL:http://www6.plala.or.jp/fynet/2book146bukkyo.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ええ?親鸞は奥さんがいたのに!?
と言う感じですね。

お礼日時:2003/06/12 21:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性が出家できる禅寺

宗教カテがないようなので、こちらで質問します。仏教哲学をほんのちょっと学んでいたので人から相談をされてしまったのですが、自身では理屈方面しかまったく知識がないので、こちらで質問させて下さい。
 知人で禅寺に出家したいといっている女性がいます。俗世から離れたいという想いが強いということで、出家後も檀家との世間づきあいが続くようではまったく出家した意味が無いので、そういうことにならない寺で、なおかつ、坊主間の世間みたいないっそう泥臭そうなものにも巻き込まれないお寺を推薦していただけないでしょうか。
 観光名所としての寺のガイドは数多くありますが、出家先としてみた場合は、比較検討する資料も見出し難く、難儀しています。どうかお願いいたします。

 条件をまとめますと
1俗世とも坊主世間とも縁が切れたような清浄さ
2女性の出家も受け入れてくれる
3とても健康体とは言いがたいので、その辺を多少ケアできる修業形態

です。なるべくこれに近いものを、というかたちでお願いします。

Aベストアンサー

出家先というのが良く分かりませんが、尼僧専門の僧堂(修行道場)ということでしたら、臨済宗では、愛知専門尼僧堂が有名ですね。ここの青山春堂師はよく活躍されて名前も知られています。ただここは僧侶養成施設ですので、いずれは出て行かなくてはいけないと思います。

僧堂でも坊主とのつきあいは、色々ありますし、ぎゃくに閉鎖されてる分、仲間内でいろいろあるようですが、修行期間だけのことですから、一生坊さんやるのでしたら、それは我慢しても良いのではないかと思いますが・・。

こちらも電話で問い合わせてみてください。受け入れるかどうかは、推薦があるにしてもないにしても、最終的には出家したいという人の心構えにかかっていますので(人物が見たい)、簡単にはいきません。実際、修行のきつい宗派では、僧堂から逃亡する人も多くて、推薦した人に迷惑がかかることも多々あります。

僧堂で修行したら、しかるべき寺に赴任できる可能性もありますし、そのまま指導僧として残る道もあるかもしれません(無住寺になると思いますが)。

Q出家して尼になるための、心の準備

こんにちは。

29歳未婚女性です。
もうすぐ30歳、人生を半分、自分の思うまま、自由に過ごしてまいりました。仕事はしておりますが、自分が好きなことをやるんだと意気込み、農業を始めましたがそれだけでは生活できず、レジのアルバイトをしております。それだけではお金がたまらないので、あと二つ、アルバイトをしています。(笑)

目下のところ生活に不満はありませんが、やはりこのまま老いて、なんの役にもたたずに人生を終えることにむなしさを感じる日々です。

結婚し子供を産み育て、親を喜ばせることすらできておりません。

私は生まれてきたことを大変うれしく思いますし、私を育ててくれ、雇ってくれ、頼りにしてくれる社会に感謝しています。少し間違うと気持ち悪い偽善的考えですが、本当にそう思います。

ですが、私は周りに、何の恩も返せていないわけです。このまま老いるだけでは社会のお荷物、そんな思想にずっととりつかれております。

いつかご恩返しがしたい、でもそのやり方がわからないと思っていた矢先、図書館で仏教の本をよみました。外国人にわかりやすく日本の文化を紹介するための超軽い本でしたが、心の中にずしっと残るものがありました。それは二年前のことです。25歳あたりからこういうことを考えていました。べつに病んでるわけではありません。毎日元気です(^^;

まだ足を突っ込もうかどうしようか考えている途中ですが、もし、皆様方の中に、出家するにあたり読んでおいたほうがいい文献をご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?サイトや、HPでも結構です。できれば浄土真宗がいいです。実家はそこの檀家(っていうのでしょうか、浄土真宗では)ですので。

これから数年かけて、自分に何ができるのか考えていきたいと思っております。なかなか今の快適な(自由すぎる)生活を変えられないかもしれませんが、長くて遠い目で人生を見ていきたいのです。

軽薄な意志で出家を望む、小娘への叱咤でもかまいません。


よろしくお願いいたします。

こんにちは。

29歳未婚女性です。
もうすぐ30歳、人生を半分、自分の思うまま、自由に過ごしてまいりました。仕事はしておりますが、自分が好きなことをやるんだと意気込み、農業を始めましたがそれだけでは生活できず、レジのアルバイトをしております。それだけではお金がたまらないので、あと二つ、アルバイトをしています。(笑)

目下のところ生活に不満はありませんが、やはりこのまま老いて、なんの役にもたたずに人生を終えることにむなしさを感じる日々です。

結婚し子供を産み育て、親を喜ばせる...続きを読む

Aベストアンサー

今どき、出家と言っても「世を捨てる」というほどのことはありません。そこらの坊さんを見ていれば分かることです。
それに、浄土真宗は、「非僧非俗」と言って、最初から「世を捨てた坊主ではない」と宣言していますから、得度して僧侶の資格を取ってしまえば、あとは心の持ちようだけで、普通のサラリーマンと変わらない生活ができます。

しかし、得度して、坊主としての資格を得るために一定の修行をするについては、これは昔ながらの厳格な修行をします。
浄土真宗とて同じ。
浄土真宗の坊さんの多くは髪の毛を生やしていますが、出家時にはみなきちんと坊主頭になります。
ま、女性はそこまでしていませんが、形だけでも髪を剃る儀式をきちんとします。

そしてその後は、厳格な僧侶の生活が待っています。
それを数ヶ月から数年重ねて、ようやく坊主と名乗ることができるようになります。

お寺の出身者ではない質問者さんが、その先どうなるかはNo.1さんのおっしゃるように、未知数です。

で、坊さんになって、何がしたいのですか。
得度して坊さんになったからといって、社会にどんな貢献ができますか。
もう少し具体的なビジョンがあれば別ですが、質問を読む限りは坊主になって何がしたいか全く見えてきません。

出家さえすれば、私心がなくなって、慈悲の精神に溢れた人間に生まれ変われるわけではありません。
また、坊主だからといって、皆に喜んでもらえる社会奉仕がし放題にできるわけではありませんよ。

このことは、世の中の坊さんを見渡してみれば分かることです。
どれだけの坊さんが奉仕の精神、無償の愛(と仏教に使う用語ではないですが便宜上使います)を持って人々に接しているか。
少なくとも日本の坊さんを見れば、坊主になったからといって社会の役に立つ人間になれるとは、私は思いません。

社会の役に立ちたいというお気持ちは尊いものです。
ですが、そんなことは何も坊主にならないとできないことではありません。
坊主になったらできるようになると思ったら大間違いですよ。

ご自身のその役に立ちたいという気持ちを、そのまま素直に、今、表現すればいいのです。
困っている方は日本中、どこにでもいます。
特に今は、震災のために不自由な生活をしている人、悲しい気持ちで居る人など、助けを求めている人はたくさんいます。
そういう人のためにボランティアをすれば、それで解決するのではないですか。

今、そういう社会に役立つ活動ができないのなら、出家してもできないでしょう。
誤解を恐れずに言えば、出家のための修行は、ボランティア精神を養うための学校でもないし、社会の役に立つ人材を育てるための学校でもありません。

ちなみに体験修行のようなものは、あんまり参考にならないと思います。
金儲けのための客寄せですから。
永平寺あたりの禅寺で、数日泊まり込んでみっちり体験できるものは別ですが、一泊二日程度のものは本当におままごとみたいなものです。

浄土真宗の門徒さんだそうですが、別に永平寺で体験修行をしてはいけないということはありませんから、一度、永平寺へ行ってみては如何ですか。
あそこなら、修行とはどんなものか分かると思いますよ(それでも客寄せ用ではありますけれど)。

今どき、出家と言っても「世を捨てる」というほどのことはありません。そこらの坊さんを見ていれば分かることです。
それに、浄土真宗は、「非僧非俗」と言って、最初から「世を捨てた坊主ではない」と宣言していますから、得度して僧侶の資格を取ってしまえば、あとは心の持ちようだけで、普通のサラリーマンと変わらない生活ができます。

しかし、得度して、坊主としての資格を得るために一定の修行をするについては、これは昔ながらの厳格な修行をします。
浄土真宗とて同じ。
浄土真宗の坊さんの多くは髪の毛...続きを読む


人気Q&Aランキング