今、歴史でラテン語と英語の関係について調べているのですが、
ラテン語で英語のMr.にあたる言葉は何ですか?

例えば英語で
God morning, Mr. Ttanaka.
はラテン語にどのように訳せばよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

古典ラテン語に関してはありません。



あいさつの言葉としては Salve! というのがありますが、これは「おはよう」にも「こんばんは」にもなり、How are you? や Welcome! にもなります。

Good morning, Mr Tanaka. = Salve, Tanaca!

名詞(名前を含む)の中には呼びかけに用いる形(呼格)を持つものがあります。

現代の諸言語にある、二人称複数形を単数に使うことで敬称にあてる用法も古典ラテン語にはありません。
Mr 自体フランスを経由したラテン語からの借り物で(magister* - maistre - master - mister)それ以前に Mr にあたるものがあったのかどうか分かりません。
(*magister - 「先生・師匠・リーダー」などの意味。例えば Magister Marcus はあくまで「マルクス先生」ということ。フランス語に受け継がれても maistre は相変わらず「先生・師匠」であり、現代語(mai^tre)では敬称としては弁護士や公証人など非常に限られている。男性への一般的な敬称として Master が用いられたのは英語独自であり、16世紀中頃から用例がある。Mister はそれが弱まった形)

呼びかけとして Sir に相当する Domine(dominus「主人」の呼格)を使うようなことが Spoken Latin「話し言葉としてのラテン語・ラテン語会話」の例文にありますが、歴史的な英語との関わりという点では別問題でしょう。
Spoke Latin の例
http://en.wikibooks.org/wiki/Spoken_Latin
http://linguaeterna.com/la/conv.php
http://www.linguanaut.com/english_latin.htm

ヴァチカンでは公用語としてラテン語が使われますが、そこでは Domine かあるいはまた別の語が使われているかもしれませんが、あいにくそちらは存じません。いずれにしても英語との関わりはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい説明ありがとうございます。

教授と話し合った結果、Domineを使うことで一致しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/18 23:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラテン語で創造神

今小説を書いているんですが、その中でラテン語で「創造神」を使いたいんですが調べてもわかりませんでした。
「破壊の神」はわかりましたが、「創造神」がわからないので教えてくださいm(_ _)m
どの部分が「創造」で、どの部分が「神」なのかも教えてくれたら幸いです。

Aベストアンサー

どのような世界観かは分かりませんが、次のような表現で大丈夫と思います。

Deus Creator(デウス・クレアートル)

これは創造神ということではなく「神すなわち創造主」ないし「創造主である神」ということで、神という名詞と創造主という名詞を同格で並べたものです。英語でも the Creator とか Creator deity というようにありふれた creator という語にもこういう意味があります。

検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&q=%22deus+creator%22&start=10&sa=N

文字通り訳せば Deus creationis (=God of creation), Deus, qui creat omnia (=God, who creates everything) なども可能ですが名詞同格の方がすっきりしています。ちなみに同じやり方で「破壊の神(破壊者である神)」は Deus Vastator(デウス・ワスタートル)と言います。ついでにこれの検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%22deus+vastator%22&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

どのような世界観かは分かりませんが、次のような表現で大丈夫と思います。

Deus Creator(デウス・クレアートル)

これは創造神ということではなく「神すなわち創造主」ないし「創造主である神」ということで、神という名詞と創造主という名詞を同格で並べたものです。英語でも the Creator とか Creator deity というようにありふれた creator という語にもこういう意味があります。

検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&q=%22deus+creator%22&start=10&sa=N

文字通り訳せば Deus c...続きを読む

Q【英語】Oh my God!とOh my freaking God!の意味の違いを教えてください。

【英語】Oh my God!とOh my freaking God!の意味の違いを教えてください。

あと、Oh my ○○ God!でfreaking以外に使われる言い回しも教えてください。

Aベストアンサー

Oh my God!
ヤバい!
Oh my freaking God!
超ヤバい!

元来は、
Oh my fucking God!
という直截表現を、幾らか柔らかい響きで代用したものが、
Oh my freaking God!
であって、その他の代用語としては、
fricking
frigging
fudging
などがあります。

Qラテン語の素読

ラテン語の素読に適した本を教えてください。

それから、古典ラテン語や中世のラテン語があるようですが、どの時代のラテン語がおすすめでしょうか?

Aベストアンサー

ぜひ古典ラテン語の詩(韻文)に挑戦してみてください。

Vergil"Aeneis" Ovid"Metamorphoses"など叙事詩の韻律で書かれたものが手始めにはよいのでは。

Loeb Classical Libraryが入手し易く、英訳も付いています。

またstorm50さんが挙げておられる「楽しく学ぶラテン語」(大学書林)のシリーズには別に(1)の初心者向けのほうがあって、様々な作家の原典から抜き出した例文が対訳・長音記号付きで載っています。

この本は例文それぞれに出典が明記してあるというのが良いところです。お好みの作家・作品を見つけ出す参考になると思います。

Qラテン語でラテン語

リングワ・ラティーナは英語ですよね?
じゃあラテン語で「ラテン語」はなんと言うんでしょうか?
スペルと読みをお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>リングワ・ラティーナは英語ですよね?

なぜ?

ラテン語で lingua Latina [lingwa lati:na]、英語で Latin。Latin language とも言えるが通常は Latin だけで可。

Qラテン語の辞典

現在ラテン語の辞典として田中のを用いているのですが、中世ラテン語や学術ラテン語がほぼ全然掲載されていません。古典ラテン語の語彙以外の語彙を手広く収録した羅語辞典か、中世ラテン語・神学ラテン語・学術ラテン語等に特化した辞典か、できれば前者、ご紹介していただけないでしょうか。日本語・英語・ドイツ語ならどれでもかまいません。購入媒体もamazonその他お教えください。
自分で見つけた限りでは学習者向けlangenscheidtの1000ページ超のが情報量が多そうなのですが、未見なので購入に踏み切れません。この辞典などご存知の方、内容についてお教えください。

Aベストアンサー

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見かけることがありますが、近世以降の学術用語ではなく「スーパーマーケット」「インターネット」といった現代的な語彙を意味している場合が多々あります。統合されたヨーロッパの共通語としてラテン語を復権させようという動きと繋がっているのでしょう。

神学ラテン語から中世、近代の学術用語までを網羅した辞書というのは無理かもしれません。特化するには地理的にも時間的にも対象が広すぎます。神学なら神学の専門辞書、という形で探された方がよいかもしれません。イギリスで書かれたラテン語を専門に扱った辞書すらあります。

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見か...続きを読む

Qライプニッツの言葉(ドイツ語、英語、ラテン語)

哲学者ライプニッツの言葉に「音楽とは魂が知らず知らずのうちに数を数えること」というのがありますが、これを原文で言うとどのような表記になるのでしょうか。
または、ラテン語や英語だとどうなるのか教えてください。

Aベストアンサー

失礼、文字化け
”Musik ist die versteckte arithmetische Taetigkeit der Seele, die sich nicht dessen bewusst ist, dass sie rechnet.”
- 1712年4月 27日付けChristian Goldbach宛ての書簡より。

この分なら、独英機械翻訳で綺麗に出てくると思います。
遊んでみます。

Qラテン語学習者に質問

私の憶測ですが、日本でラテン語を学習する人はみんな英語を一定レベル習得し、約半数の人は フランス語またはイタリア語も既に学習されているかと思います。
そこでラテン語学習の経験のある方に質問します。
ラテン語の学習にはどんな参考書を使いましたか?
また、ラテン語学習前に英語以外で学ばれた外国語はありますか?

Aベストアンサー

>ラテン語の学習にはどんな参考書を使いましたか?

独習者のための楽しいラテン語
ラテン語4週間
ラテン語のはなし

学習したといっても初歩の初歩です。

フランス語を勉強しようとしたこともありますが
ラテン語より難しいと思いました。

>また、ラテン語学習前に英語以外で学ばれた外国語はありますか?

ラテン語系ではないですがドイツ語です。
何故か、フランス語などにはない格変化があります。

Q外国語について。英語では語順が大事です。ラテン語やサンスクリットでは格

外国語について。英語では語順が大事です。ラテン語やサンスクリットでは格変化があり語順が自由だったと聞きます。日本語は基本はSOVですが語順を変えても意味が通じます。
そこで、外国語で、語順が基本的には格変化がありSOVであり、名詞に性が無く冠詞や単数複数形がある言語を探しています。教えてください。

Aベストアンサー

条件に一番当てはまるのは、ハンガリー語でしょう。
ただ、語順が自由すぎて基本SOVが多いですが他の語順も多い。
複数形もありますが、数詞があるときは、複数形にしません。
数詞がつかない不定のときに複数形にします。

質問文で語順と格変化は、関連はありますが、性数と冠詞は、なぜ
からめて限定するのか意味がわからないですが。
また、冠詞ありでも、定冠詞・不定冠詞両方ありと定冠詞のみあり
があります。また、定形語尾ともいう後置定冠詞も含むかなど。
さらに、フランス語・イタリア語には不加算名詞用の部分冠詞も
あります。
冠詞が発達した言語は、格変化が簡略化する傾向にはあります。
ラテン語子孫は、ほぼ格変化がなくなってますし、ブルガリア語や
マケドニア語では、後置定冠詞とともに、格変化が簡略化してます。

ラテン語やサンスクリットの大元のインド・ヨーロッパ語族は、名詞
に3つの文法性・格変化がありました。冠詞は、なかったのですが、
古いギリシャ語で定冠詞が生まれ、ラテン語・ゲルマン語の子孫で発達
したようです。アイスランド語では、後置の定冠詞、不定冠詞なしです。
ルーマニア語を除くラテン語子孫、アイスランド語以外の北欧語では、
2性化が進んでます。インド・イラン語派でも2性化が多いようです。
その中でも文法性がほぼなくなったといえるのが英語・ペルシア語です。
この2言語、格変化もほぼなくなってます。

ハンガリー語ですが、ウラル語族で、非印欧語族です。文法性は元々は
なかったようです。冠詞は、ドイツ語の影響で発達したのかもしれません。
ほかに印欧語以外で冠詞があるのは、セム語族アラビア語・ヘブライ語
あたりのようですが、定冠詞だけで、不定冠詞はありません。
なお、ハンガリー語に文法性がないからといって簡単に英語と冠詞用法が
比較はできません。目的語が定冠詞か不定冠詞かによって動詞の活用が
変化します。ハンガリー語は、英語より格段に複雑な文法です。
面白いことに、英語不定冠詞 a (an) でハンガリー語定冠詞 a (az) です。
(ハンガリー語不定冠詞は egy )

条件に一番当てはまるのは、ハンガリー語でしょう。
ただ、語順が自由すぎて基本SOVが多いですが他の語順も多い。
複数形もありますが、数詞があるときは、複数形にしません。
数詞がつかない不定のときに複数形にします。

質問文で語順と格変化は、関連はありますが、性数と冠詞は、なぜ
からめて限定するのか意味がわからないですが。
また、冠詞ありでも、定冠詞・不定冠詞両方ありと定冠詞のみあり
があります。また、定形語尾ともいう後置定冠詞も含むかなど。
さらに、フランス語・イタリア語には不加算...続きを読む

Qラテン語について。

最近ラテン語に興味を持ち始め
独学でもしようかなと思っているのですが
分かりやすくラテン語を学べるサイトや
翻訳(ラテン語→英語・英語→ラテン語)サイトなどをご存知の方はいますでしょうか?

Aベストアンサー

学習のガイドとしては参考に挙げたサイトがお勧めです。

翻訳サイト、といいますか辞書代わりに単語が引けるようなものならウェブ上に多数存在します。
http://www.freedict.com/onldict/lat.html などがそうです。

但し、この種の辞書は文法の基礎知識がなくては使えません。"luceat"という単語の意味が知りたくて、そのままの語形で入力しても「該当なし」です。この場合、紙の辞書の場合と同様"luceat"の意味を知るにはその1人称単数現在の形である"luceo"という語形を導き出す必要があります。

英語の辞書だって"shines"のように3単現の"-s"の付いた形や現在分詞(-ing)の形をいちいち載せてはいませんよね。英語の辞書だと動詞はその「原形」を見つけないといけません。「知識がないと使えない」というのはそういう意味です。

そういった決まりごとを覚えるのが最初ちょっと大変かもしれないけれど、フランス語だってドイツ語にだってほとんどのヨーロッパ語には最初に覚えないといけない語形変化の膨大な規則があります。ラテン語は古風なだけにきっちりしていて例外が少なく覚え易いと思いますよ。

参考URL:http://www.kitashirakawa.jp/~taro/indexj.html

学習のガイドとしては参考に挙げたサイトがお勧めです。

翻訳サイト、といいますか辞書代わりに単語が引けるようなものならウェブ上に多数存在します。
http://www.freedict.com/onldict/lat.html などがそうです。

但し、この種の辞書は文法の基礎知識がなくては使えません。"luceat"という単語の意味が知りたくて、そのままの語形で入力しても「該当なし」です。この場合、紙の辞書の場合と同様"luceat"の意味を知るにはその1人称単数現在の形である"luceo"という語形を導き出す必要があります。

英...続きを読む

Qアイホンの辞書設定のところにアメリカ英語 フランス英語 イタリア語-英語 オランダ語-英語 スペイン

アイホンの辞書設定のところにアメリカ英語 フランス英語 イタリア語-英語 オランダ語-英語 スペイン語-英語 ドイツ語-英語とあったのですが僕たちが学校で学ぶ英語はどれですか?あとなぜ英語が6ヶ国語もあるんですか?英語は世界共通じゃないんですか?

Aベストアンサー

もしご質問の通りに表示されているのだとしたら、例えば「イタリア語-英語」は「イタリア語と英語の相互の辞書」という意味ではないでしょうか。つまり、そこに設定を合わせた場合には、イタリア語の単語を調べると、その意味が英語で出てきて、英語の単語を調べれば、イタリア語でその意味が表示される、というわけです。べつに、イタリアふうの英語で表示されるとかそういうわけではありませんし、そもそもそんな英語は存在しません。

今の日本の中高で学ぶ英語はたいていアメリカ式の英語です。したがって、「日本語」とか「日本語ー英語」とか、ただの「英語」という設定がないのなら、「アメリカ英語」にしてみてはどうでしょう。

>英語は世界共通じゃないんですか?

基本的には世界共通ですが、例えば、アメリカとイギリスとでは、たまに単語のスペルが1文字ずつくらい違ったりします。英語を理解できる人には、どちらでも通じるのですが、自分が慣れているほうにソフトウェアを設定したがる人もいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報