住宅ローンをこれから組みます。
夫婦で入り、返済比率を自由に変えてローンが組める、関西アーバン銀行と三井住友銀行をハウスメーカーからお勧めされ、そのどちらかで検討しています。(妻も働いているので控除がWできくため)

変動金利で考えており、両方とも金利はまったく同じ。
ただ、関西アーバン銀行は、癌保険がついているというメリットが。
色々、特典でついている内容を見ると、上皮癌には適用されないが、それ以外の癌なら、住宅ローンが全額免除されるというもの。
三井住友だと、同内容の保険をローンに組み込むと、金利が0.2%あがるらしい。
3000万の35年ローンということもあり、金利0.2%は結構痛いです。
都市銀行の安心感をとるのか、癌保険の安心感をとるのか・・・非常になやみどころです。
何より、保険適用の上皮癌以外は適用されないということですが、
実際は、ほとんどその保険は活用されないのかな?
と少し不安に思いました。

どなたか詳しい方お教えいただければ非常に嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

関西アーバン銀行は旧住友銀行支配下なので、安心できないほどの銀行でもないのですが…。



特約付き団信については、内容をよく確認しないといけないのですが、
がん団信については、関西の銀行の中でも関西アーバンと中央三井のものは優れています。
関西アーバンの場合、
入院保障とがんと診断された時に一時金100万円が出る仕組みです。
これが三井住友のものにはありません。

ただ、返済に関しての融通がアーバンは悪いので、
(繰上返済手数料がある・窓口対応のみ)

その辺りも考慮点になるかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報