「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

病院に勤めています。医師が「患者に”様”なんてつけなくていい。普通に”さん”でいいんだ。”患者様”なんて呼ぶから、患者がモンスターになるんだ」「最近は病院もそれに気がついて”様”付けは少なくなっている」なんていいます。そうでしょうか?最近の病院の患者の呼称ってどうなっていますか?またこの意見に対してどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

国立病院機構や各地医師会でも大勢となっています。


そもそもは千葉の民間病院が目立とうとはじめたことですから。
以下参考
*****保険医協会より抜粋

【論壇】 

   「患者様」から「患者さん」へ

 病気を治してくれたり命を助けてくれたりと、とても頼りになる有難い存在として「お医者様」と呼ばれていた時代がありました。患者を普通に「患者さん」と呼んでいた時代から、いつの頃からか「患者様」と呼ぶ病院・医院が増えて、本来対等であるべき関係に歪みが生じてきているようです。
 
 ◎患者の権利意識
 近頃、患者の権利意識が非常に強くなったという声をよく耳にします。少し親しみを込めて、「お医者さん」くらいが妥当な呼び方だと思いますが、「あの医者に××された」などと呼び捨てにされる場面も増えてきています。
 『患者様は神様です』であれば良かったのですが、『患者様は神様を通り越えて王様に…』なってしまわれました。
 医療者へのクレーム、理不尽な要求、迷惑行為、暴言・暴力、ネット掲示板での中傷、慰謝料、損害賠償、告訴等が急増してきています。そして「患者様」という呼び方を見直す動きも拡がっています。

 ◎「様」の蔓延
 「○○様」という呼び方は、2001年11月、厚生労働省の「医療サービス向上委員会」 が出した、「国立病院・療養所における医療サービスの質の向上に関する指針」の中の「職員の接遇態度や言葉づかいの改善」の項目で、『患者の呼称の際、原則として姓 (名)に「さま」を付する』としたことが全国的に波及するきっかけとなったようです。
 そこには「患者様」という総称を使えとは一言も書かれてはいません。個人名で呼ぶときに「○○さん」ではなく、「○○様」と呼ぶことを要求したものです。ですが、一般的に使われる「患者さん」という言葉まで「患者様」と言うようにと、誤って伝わってしまったようです。
 「患者」は、「患(わずら)った者」という意味ですから、この言葉に尊敬語である「様 」を付けるのは、日本語として問題があります。言葉尻だけ丁寧な形にしても、決して丁寧な意味とはなりません。
 病院の外来窓口・受付・呼び出しなどでは違和感なく聞こえる場合もありますから、 患者個人の名前を呼ぶ場合は「○○さま」でも「○○さん」でも好きな方を選べば良いと思います。
 実際の診療の場面では会話やコミュニケーションに支障をきたすので「○○さん」の使用が多いようです。
 総称したり、一般名称として呼ぶ場合は「患者」、或いは「患者さん」を使用した方が良いと思います。「患者様」という言葉は院内掲示・院内放送・学会発表等ほとんどの場合に不適切のように感じます。
 例えばホテルの従業員と客の場合は主従関係がはっきりとありますから「○○さま」 と呼び、「お客様」と総称することに何の違和感もありません。しかし医療者と患者は対等な関係であるべき、医療者は患者と対等なパートナーシップを築くべきと考えるからです。

 ◎意外に根が深い?
 言葉の使い方は本質的な問題ではありませんから、勿論「患者様」が好きな方は使われれば良いと思います。本当に患者さんのためを考えた医療を実践することが重要なのですから。
 しかし医療関係者が「患者様」という言葉を多用したために、一部の人が「誤った権利意識」や「変なお客様意識」を持つようになったのも事実だと思います。「モンスターペイシェント」を生み出す土壌にもなっているでしょうし、医療崩壊を後押ししている危険性さえあることを考えてみる時期かも知れません。
 「様」をつけるのは、「患者」でなく、姓(名)に対してであることを再認識していただきたいと思います。(理事・*****)
■****保険医新聞**年**月号

*****は編集させていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさに2001年ですね、院長から「患者さん」を「患者様」と呼ぶようにと言われました。始めは戸惑いましたが慣れればなんということもなく、丁寧でいいんじゃないの、という感じでした。呼び出すときは「○○様」。目の前でお話しするときは「○○さん」。それが今になって、「様」付けだと患者がつけあがる、という意味のことを言われても、ちょっとそれは「様」だけの問題じゃないのでは?と思ったんです。この資料で「さん」と「様」のこれまでの経過や問題点がよくわかりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/19 03:14

患者としての立場ですが。



「さん」で良いと思います。
「様」というのはそぐわない気がします。
「お客様」ではありませんから。
退院とか、病院から出るときも
「ありがとうございました」とか「またお越しください」なんて言いませんし。

医療とか学校とか塾とか、お金を払ったのに「治らない・分からない・成績が上がらない」
という「支払いに対する対価」が曖昧な物は「お客様」扱いはしない方が良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かにお客様ではありませんね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/19 03:24

 慇懃無礼なんですよ。

様という呼び方は。

 様と呼ばれるからモンスターになるのでなく、呼ばれる前からモンスターはモンスターなのです。
 様と呼ばれる方が親しみも気軽に聞きやすくないですか。
 ようは、様と呼ばれるような雰囲気でなくて様だから不自然なだけです。モンスターはモンスターですよモンスターの患者を受付が断っても主人は受付をおこったりしませんよ。また、モンスターの患者の家族が来て主人に苦情を言うことがあっても、受付の判断は私の判断です。ときちんといいます。患者の家族に「モンスター的な行為をしないように付き添われるなら診察をしますよ。ただね、患者は医師を選べるが、医師は患者を選べないので、患者は患者らしく受診をしてね。これ希望ですから、無理強いはしません」と言ってます。
 威張ってるんじゃないのですが、他の患者さんにも迷惑なので気持ちよく待てる方だけにしていただいてます。お金儲けの医者でないのでどんな人も同じに待合室で待っていただいてます。副知事の何とかの妻が、
待たされたことに腹を立てられたとき、「我慢できないほどの緊急の病気??」と聞き返したら「2度とこない」と捨て台詞に「県民優先なんで。」に待合室爆笑でしたよ。
 貴方の先生もきっとよい方かも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モンスターは「様」と呼ばれる前からモンスター。その通りだと思います。私がひっかっかたのはここかもしれません。
ちなみにうちの先生はいい先生ですよ。患者第一に考えています。そのためのスタッフとのディスカッションは大好き。先生にしてみれば私に雑談混じりの議論をふっかけたかっただけだと思います。ただ私が何も考えていなかっただけ(笑)。回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/19 09:27

病院の会計事務をしている人からみれば、患者様もでも患者さんでもなく、お客さんだと思ってます。


呼び方は使い分けますが、いつも心の中では尊敬の念を持とうと思っています。
年長者であれば自分より長く経験をもっている、年少者であれば自分の知らない可能性をもっている、クレーマーであってもそれだけの度胸や威勢を自分よりは持っているわけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。「様」と呼ぶことで自分が一歩引いて、受け入れよう、理解しようという気持ちが持てる、そういうツールとしての役割もあると思うのです。クレーマーだって一分の理があると思うしそう接することで、問題が解決することも多いのではないかと。もちろん言葉ではなく、気持ちの持ちようではあるのですが。回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/19 10:01

本の名前は忘れましたが..


お店の”お客様は神様です”という精神が子供たちを駄目にしたという意見があります。どんな人でも子供でもお金さえ持ってくれば丁重に扱ってもらえるという発想が子供たちに根付いてしまった、その結果、学校の先生との関係も、先生に教えていただく思想でなく、先生を雇ってあげている、教えてもらってあげているという発想、自分たちが消費者であるという思想になっていると。
そして、教室で先生の話を聞かずに関係ない本を読んだり友達と話すのは消費者として当然の行動である、すなわち、売り手の話をはいはいと聞いていては高値で買わされるのでできるだけ興味ないそぶりをして安くで買おうとする行動と同じ性質の行為であると。
このような事が医療にもおこってきています。患者さんは自分のいいたい事だけを言って、聞いてそうでまるで医師の話を聞いていません。

患者さんを○○様というのは、まさしく患者様は神様です、という発想に根底があります。金さえ払えば神様扱いするのか?

私は、商売も医療もホスピタリティ、すなわち主客同一関係であるべきと思っています。お客様は神様ですや患者様は神様ですという態度はホスピタリティを否定する拝金主義以外の何者でもありません。

その意味で私は○×様と呼んだことはありません。もちろん、高齢者にむかっておばあちゃんとか呼んだ事もありません。苗字で○×さんと呼びます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「下流志向」という本ではないかと。他にも出ていますか。
ホスピタリティの概念は聞いた事はあったけどよく知りませんでした。一般の病院だけでなく、地域医療や介護施設でもひとつの流れとして広まっていったらいいのでは、と思いました。情報ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/19 11:29

医療機関側の人間ですが、「さん」ですね。



「さん」で呼ぶか「様」で呼ぶか、一時期ちょっともめたのですが、結局院長の判断で
「さん」になりました。院長の意見はこのようなものでした。

 病気を治療するということは、患者さんにとって決して「気持ちイイ」ばかりではない事が多い。
 医師の言う事を守ってもらわなくてはならないし、患者さん自身にも努力してもらわなければ
 ならない。不自由な思いもさせる。そういう意味では患者さんは「お客様」ではない。
 「様」をつけることで、患者さんが自分の権利ばかりを主張するようになれば、
 治療関係が崩れるおそれがあるのではないだろうか?

という意見でした。
言われた時は確かに「そうだな~」と思いましたし、今でもその方針は変わっていません。
また、あまりにも慇懃無礼な対応は、逆に相手を不愉快にさせることもあります。
私個人としても「患者さん」くらいがちょうど良いと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

納得できる意見ですね。うちの先生の「モンスターになるから、駄目だ」に比べると格段に説得力があります!
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/19 14:21

 私の知っている病院は、みな「○○さん」です。


 入院患者のベッドに付けられているカードだけ「○○様」です。
 私自身も「○○さん」と呼ばれるほうが好きですし、そのほうが違和感がないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「様」は違和感がある、という方が多いですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/21 21:48

そうですね。

医療行為以外の部署たとえば受付 会計 投薬などの部門で、文面では患者さま○○様と書いてあるのは見かけます。口頭では患者さんか○○さんで使い分けているように思います。
お互いに信頼関係で成り立っている関係であることを再認識したいですね。医者と患者の立場は対等だと思います。
    • good
    • 0

私の行くとこはみんな「さん」ですけど。


歯医者、目医者、内科は開業医。
総合病院だって「様」じゃないです。
変に下手に出られるより対等な立場のほうがいいです。
    • good
    • 0

私の通っている病院はすべて様です。


内科・整形外科・歯医者です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「患者様」という呼び方について

最近、「患者様」という言い方や、名前を呼ぶ時に「OX様」という病院が増えてきましたが、この言い方について私はとても異和感があります。どうお考えでしょうか

Aベストアンサー

こんにちは。

ご存知かもしれませんが、http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1055258

に、過去、同様のやり取り(No.1055258 質問:病院での「患者様」という呼称について)がございましたので、ご参考までに。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1055258

Q病院での「患者様」という呼称について

30台の病院に勤務するものです。
最近、病院で「患者様」という呼称を用いるところが増えています。
当院でも今年からとりあえず、事務系には「患者さん」ではなく「患者様」と呼ぶように、名前を呼ぶ時にも「何々様」と呼ぶように義務付けられるようになりました。
しかしながら個人的には、「サービス業だから、様と呼ぶのは当然だ!」というような論理で安易に導入されているような気がして違和感を覚えています。。
世の中には慇懃無礼という言葉もありますし、現に患者さん側でも違和感を感じる方も多いようです。
患者さん側、医療者側でどのような意見があるのか実際に聞いてみたく質問しましたよろしくお願いします。

Aベストアンサー

3度目のレスで失礼します。

「サービス業」という言葉の意味するところは第3次産業のことです。農林水産や製造業ではなく、専門的技術や知識を用いて人の役に立とうとする業種の事です。ですから勿論、医業もその中に含まれます。

「サービス業」と「営利行為」は混同され易いですが、この2つをごっちゃにしてしまうのは「親子丼=玉子である」と言うのと等しいです。

医業は「サービス業」ですが、普通は「営利目的」ではありません。

サービス業ですから、サービスを受ける人に喜んでもらう事が使命です。
患者さんが嫌な思いをせず満足して頂けるのであれば、極論的に呼称はどうでも構わないと思います。しかし、患者さんに嫌な思いをさせる医療サイドの従業員が多いのが実情なので、簡単に出来る「様付け」から教育を開始する訳です。

「様付け」すればそれで済むと思って導入している場合は、安易と言わざるを得ません。これは先ず手始めの第一歩に過ぎないのです。話し方研修等をおこなえるのであれば是非そうするべきです。

飲み屋の客引きが誰にでも「社長!」と話しかけてヨイショするのとは異なります。医療の本質はそういった部分での満足ではありませんから…。
ただし、患者さんの役に立ちたい 喜んで欲しい という気持ちが希薄な「医療不適格者」が多く、その不適格な心は、言葉づかいに如実に反映されています。

患者さん個人を尊重した対応がきちんと出来ないままそれを是正する手段を得ていない医療側の問題。
契約関係を把握出来ていない患者さん側の意識の問題。
それらが重なることで、安易な「様付け」が導入されてしまうのでしょう。

3度目のレスで失礼します。

「サービス業」という言葉の意味するところは第3次産業のことです。農林水産や製造業ではなく、専門的技術や知識を用いて人の役に立とうとする業種の事です。ですから勿論、医業もその中に含まれます。

「サービス業」と「営利行為」は混同され易いですが、この2つをごっちゃにしてしまうのは「親子丼=玉子である」と言うのと等しいです。

医業は「サービス業」ですが、普通は「営利目的」ではありません。

サービス業ですから、サービスを受ける人に喜んでもらう事が...続きを読む

Qレポートでの呼び方

生粋の日本人なのに日本語が苦手な私にアドバイスをお願いします。
カテゴリーが間違っていたら申し訳ないです。

私は先日まで実習を行っていました。
今は実習が終わりまとめのレポートを作成しているのですが、以前別の実習先で
口語でなら問題はないけどレポートや記録に(例えば)「職員さん」「利用者さん」と書くのは良くないと指摘を受けました。
それで前回は「職員の方」「利用者の方」というように改めて書いていました。

今回は「患者さん」を書きたいのですが、
・患者さんに話しかけた→患者の方に話しかけた
「患者の方」って何かおかしくないですか?

でも、
患者に話しかけた だと偉そうですよね。

友達は「患者さん」って書いても何も言われなかったからと「患者さん」と書くらしいのですが・・・。

今回のレポートを以前の実習先の方も読まれるので「患者さん」は避けたいのですが・・・。
「患者の方」でいいのか、別のしっくり来る書き方があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

看護学校の実習ですか。
実習報告(謝辞の部を除く)に登場するヒトは
科学的観察の対象ですから敬称は付けません。
科学論文の中で研究対象としたヒトを「被験者様」とか「・・・の方」とか書きませんよね、それと同じです。

実習報告という最低水準の文書と言えども中身は一種の論文ですから
その中(謝辞の部を除く)に登場するヒトに敬称を付けては成りません。
「患者」と書く<<<べし>>>。
「患者の方」とか「患者さん」とかの敬称を付けて
書いては<<<いけません>>>。

「職員=事務員か」が実習報告で何ゆえ登場するのか不思議ですが、
謝辞の部に登場させるのであるならば個人名を明示し、敬称を付けて
「協力してくださったことに対して鈴木一郎氏(女ならば女史)に感謝します」などと書きます。

Q未経験で入った医療事務。泣けてきます。

昨日から新しい職場で働き始めました。
今日で2日目の整形外科の医療事務です。
ずっと医療事務がしたいと思っておりやっと未経験で採用して頂きました。

現在午後勤務をしており、
2日目なので初めは受付、カルテの内容をみてリハビリなのか、診察なのか、点滴なのか、注射なのか判断して、患者さんを誘導、お会計、院内処方のお薬の作成などをしています。

午後の医療事務として働いているのは私と院長婦人の2人で、普通は3、4人で回していくそうです。院長婦人は主にレセプトをしております。

言い訳になるかもしれませんが、私は未経験で入って2日目です。何が何だかわからない状況です。
午後の患者さんは200人いかないくらいで、次から次へと患者さんが来てすごく忙しく、メモも取る暇がありません。
1人で対応するのはいっぱいいっぱいです。

「薬の説明して!」って言われてもわからなくって。

そんな時に小さなミスが重なり婦人に、
「何回も言わせないで!もう言わないからね!」
などと数回注意されました。

でもその注意されたことでさえ、忙しくって何の理由で注意されたのかもわかりません。

少し患者さんも減った頃婦人に、
「新しい仕事とかでお母さんとか心配してない?」
「大丈夫?できそう?」と言われて、
自然に泣けてきました。号泣です。
自分では泣くつもりはなかったのですが自然に泣けてきました。

婦人は少しびっくりしたようで、
「他の病院は教えてくれないよ?」
「●●さん(私)がここにきてラッキーだと思ってる」
「●●さん(私)なら大丈夫!できる!」
と言われました。
それでまた泣けてきました。
本当に自分はできるのだろうか。
患者さんにも迷惑掛けているし。
くやしくって辛くて。

未経験で入った医療事務の方々は2日目でこんなに任されるものなのでしょうか。
覚えれるものなのでしょうか。

私はこれから続けてみるべきか、2日目では出来なさすぎなので向いていないのか。
その判断もつきません。
どうしたらいいのかわかりません。

乱文で申し訳ございません。
何かご意見を頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

昨日から新しい職場で働き始めました。
今日で2日目の整形外科の医療事務です。
ずっと医療事務がしたいと思っておりやっと未経験で採用して頂きました。

現在午後勤務をしており、
2日目なので初めは受付、カルテの内容をみてリハビリなのか、診察なのか、点滴なのか、注射なのか判断して、患者さんを誘導、お会計、院内処方のお薬の作成などをしています。

午後の医療事務として働いているのは私と院長婦人の2人で、普通は3、4人で回していくそうです。院長婦人は主にレセプトをしております。

言い...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして
30才を過ぎてから全くの未経験で医療事務に従事したことがある者です
医療事務は専門用語も多く、覚えなければいけない事が山の様にありますから、就業したての今はさぞお辛い事と存じます
私も従事したての頃は、医療事務の学校を出たばかりの20代の方から「こんな事も知らないんですかぁ?(苦笑)」等と馬鹿にされてばかりでした(;_q)
でも、大丈夫ですよ
何でも慣れです
少しずつで構いませんので、1つづつゆっくり覚えればいいのです
受付業務がメインの様ですから、接遇からやっていきましょう
今は御自身の不安でいっぱいでしょうが来院される患者様は殆どがもっと不安な心持でいらっしゃいます
そんな時に受付の方から曖昧な対応をされると、不安はいや増します
わからなくていいんです
ただ、笑顔で元気良くご挨拶して、お迎えして差し上げましょう
それだけで受付業務の一番大事な事はクリア出来てますから
(o^-^o)
怒られているのではなく、教えて貰っていると考えましょ
(^_-)≡★
大丈夫です
貴方は充分頑張っていける筈です
ただ今は少し気負い過ぎなだけです
肩の力を抜いて、笑顔でいる事を心掛けましょう
貴方のこれからが素敵な日々になることを心から御祈り致します

はじめまして
30才を過ぎてから全くの未経験で医療事務に従事したことがある者です
医療事務は専門用語も多く、覚えなければいけない事が山の様にありますから、就業したての今はさぞお辛い事と存じます
私も従事したての頃は、医療事務の学校を出たばかりの20代の方から「こんな事も知らないんですかぁ?(苦笑)」等と馬鹿にされてばかりでした(;_q)
でも、大丈夫ですよ
何でも慣れです
少しずつで構いませんので、1つづつゆっくり覚えればいいのです
受付業務がメインの様ですから、接遇からやっていき...続きを読む

Q医師は、患者の好き嫌いで診療拒否が出来るのでしょうか?

いつもお世話になっております。
タイトル通りの内容なのですが、医師は自分が気に入らない患者に対して診療拒否が出来るのでしょうか?
現在の通院先の医師と非常に相性が悪く、意思の疎通がうまくいかないのですが、治療の技術は地域で1番信頼出来るため、身体の不調にはかえられないので我慢して通っております。
しかし、医師から突然「あんた」呼ばわりされたり、命令口調で話されたり、「病院変えたら?」「技術的にも信頼してくれなくて良いから」「次から次とあちこち痛いと言われても、付き合ってらんないよ」「あんたの治療がどんだけ大変だかわかってんの?」「あんたの感謝の気持ちは全く感じたことがないよ」(私は治療に対しての感謝の気持ちを持っているのですが)などと言われて酷く傷ついています。
いわゆるドクハラに相当する言動ではないかと思うのです。
出来ることなら、転院したいのはやまやまなのですが、病状とそこの治療方法が他に無いものであり、かつ確実なのでなんとか我慢して完治するまで通院治療を続けたいと思っているのですが、そこの医師が私を嫌っていることは確実であり、医師から上記のように「病院変えたら?」などと言われるくらいですから、この先「もう来るな!来ても治療はしない」と言われるのではないかと不安に感じています。
患者が治療を望んでも、医師がその患者を人間的に嫌いな場合、診療拒否は許されているのでしょうか?
もし、許されているのであれば、診療拒否に対して法的に問題は無いと言うことで、患者はそこでの治療を諦めるしかないのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

いつもお世話になっております。
タイトル通りの内容なのですが、医師は自分が気に入らない患者に対して診療拒否が出来るのでしょうか?
現在の通院先の医師と非常に相性が悪く、意思の疎通がうまくいかないのですが、治療の技術は地域で1番信頼出来るため、身体の不調にはかえられないので我慢して通っております。
しかし、医師から突然「あんた」呼ばわりされたり、命令口調で話されたり、「病院変えたら?」「技術的にも信頼してくれなくて良いから」「次から次とあちこち痛いと言われても、付き合ってら...続きを読む

Aベストアンサー

医師法には、次のように定められています。
------------------------
第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
2 診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、正当の事由がなければ、これを拒んではならない。
------------------------

それにしてもひどい医者ですね。
あなたが他に転院できないのを良いことに、好き放題言っているとしか思えません。
早く回復されることを祈っております。

Q外来患者としてお医者様に好かれるためには・・・

表現がイマイチ適切ではないかも知れないのですが、大きな規模の病院を受診する場合、嫌な思いをすることがないように色々皆様から意見を伺いたいと思います。以前、とても嫌な思いをしました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

医者に好かれることよりも、信頼関係を築くことを考えましょう。
病人が健康な(はずの)医師に気を遣ったり、好かれるよう努力する必要はありません。

まず、ご自分の症状や悩みをきちんと説明できるよう、受診前にメモを取る、経過や発症の仕方など、ご自分で解ることをまとめておいてください。そして何が一番問題で不安なのかを考えておいてください。ちなみに問題が次第に変化することはよくありますから、受診のの都度医師に伝えてください。

その理由ですが、医師に症状を話すうちにどんどん話がづれたり、話があちこち飛んでしまう方がいますが、誤診のもとです。また、伝えたかったことを忘れて一度診察が終わり、会計後に再度診察を求める方がいますが、事務にも医師にも嫌がられる原因となります。

次に、周囲の意見やテレビなどで得た知識、友人や親類の無責任なコメントを信じたり、ご自分で勝手に自己診断して病気や治療を決めつけたり、勝手に検査や希望の薬などを求めない方が良いです。

この理由も誤診のもとだからです。ご自分で情報収集するのは宜しいのですが、判断はしないことです。中には医者が決めることだと怒る方もいるでしょう。医師は自分の診断パターンをそれぞれ持っています。

医師ー患者信頼関係は信じるところから始まります。最近はマスコミの誇大報道や医療事故報道で医師への信頼感が薄れていますが、ほとんどの医師はまじめに働いています。医師の方でもその患者はすぐ訴えそうな問題を起こしそうな患者かどうかを判断しています。お互いがまず疑いありきでは信頼関係は築けません。とりあえず医師を信頼し、その診断に従い、説明を十分受け、納得するよう努めましょう。

もし、診察室に入ったときには、お願いしますとか、こんにちはと声を掛けてください。挨拶は何より大切です。このとき、返事をしなかったり、診察中も異常を感じたら、早くに医師を替えましょう。もし、看護師が親切なら、事情を話して診察日を替え、医師を替えることも必要です。医師の中には駄目な医師がいることも否定しません。

医者に好かれることよりも、信頼関係を築くことを考えましょう。
病人が健康な(はずの)医師に気を遣ったり、好かれるよう努力する必要はありません。

まず、ご自分の症状や悩みをきちんと説明できるよう、受診前にメモを取る、経過や発症の仕方など、ご自分で解ることをまとめておいてください。そして何が一番問題で不安なのかを考えておいてください。ちなみに問題が次第に変化することはよくありますから、受診のの都度医師に伝えてください。

その理由ですが、医師に症状を話すうちにどんどん話がづ...続きを読む

Q「様」と「さん」 敬称のつけ方を教えて下さい。

電話応対で、敬称のつけ方を教えて下さい。
お客様へ電話をする際に
「○○様、いらっしゃいますでしょうか?」
それとも
「○○さん、いらっしゃいますでしょうか?」
新人さんへ教えたいのですが、
「様」と「さん」どちらが正しいのでしょうか?
ご指導ねがいます。

Aベストアンサー

相手がお客様なら、誰であれ「様」でしょう。

こちらをご参考に。

http://encyclopedia.aceplanning.com/13.htm

http://denwa.genkie.com/020/ent192.html

Q「様」「殿」「さん」等の使い分けについて

よろしくお願いします。

仕事でのメールのやり取りについての質問です。

http://www.nttcom.co.jp/comzine/no015/mail/

を見ますと、あまり必ずそうしなければならない
決まりごとというものは無さそうですが、
実際のところどうなのでしょうか。

皆さんは、どのように使い分けていますか?

 ・私は誰に対しては「様/殿/さん」を使っている・・
 ・文中ではこう使っている・・
 ・社外の人へのメール中で社内の人間の名前を
  出すときはこうだ・・

など、思い当たる使用例を教えて頂けますか。
また、こういったトピックを扱っている
サイトや本がありましたら教えて頂けると
助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

30代会社員男です。
私の場合メールのやりとりでは。

顧客対応はどんなケースであれ「様」。
社内対応は状況に応じて「さん」もしくは「役職名」ですね。

「殿」は目下の人あての呼び名という認識があるので使用することは皆無です。私が客の立場でこの呼び名で来られたら不快に感じるか、マナーを知らない人だと思うでしょう。

社外の人に対し、社内の人間の呼称は勿論呼び捨てですが、それだけでは分かりにくいことも多いので、「役職名」+「苗字」呼び捨てのパターンが最も多いでしょうか。「苗字」+「役職名」ではありません。
「○○部長の山田」と言う感じ。社外に対して自社の者を「山田○○部長」は奇異に映る気がします。

Qお医者さんと患者さんの恋愛

お医者さんと患者さんが恋愛関係になる事って、ありえるんでしょうか?もし仮にお医者さんが患者さんに好意を持ったら、自分から個人的に、連絡をしたりする事ってあるんでしょうか?そういうのは開業医でなかったら病院の規則とかで禁止されているのでしょうか?

Aベストアンサー

私は40代男の医者ですが、正直にお答えします。
どんなにその人が美人であれ優しくて思いやりのある人であれ、患者さんに好意を持ったことなど、一度もありません。
その理由は、
1.病と闘うその姿は、人として頭が下がる思いでこそあったとしても、異性として魅力ある姿であるとは思えず、恋愛感情をもつことはなかなかできません。
2.診察時に念入りな化粧をしてくる人などおらず、しかも何かしら体の具合が悪いからこそ診察に来られるわけで、健康美というものもなく、気持ちも沈んでおられるので、表情の輝きも見えません。その人の最も暗い姿をみて、なおかつ好意をもつのは難しいと思います。
3.かりにその患者さんが元気に回復されたとすれば、その時点で関わることがなくなるわけで、したがって、こちらから好意をもつに至る時間がありません。万一、治療中に好意をもつことがあったとしても、患者さんはそれどころではないわけですから、「なに言ってんの、この人は」ということになって、医師生命自体を失いかねません。だから、医者、患者という立場で関わっている期間に告白することなどありえないと思います。

唯一、例外があるとすれば、患者さんが自分を好きになってくれて、病気が治った後に、むこうからアプローチしてこられた場合ですが、たいてい、元気になれば、ゆううつな思い出しかない病院とセットになっている主治医のことなど忘れて、もっと広い世界に目を向けるようになりますね(笑)。

私は40代男の医者ですが、正直にお答えします。
どんなにその人が美人であれ優しくて思いやりのある人であれ、患者さんに好意を持ったことなど、一度もありません。
その理由は、
1.病と闘うその姿は、人として頭が下がる思いでこそあったとしても、異性として魅力ある姿であるとは思えず、恋愛感情をもつことはなかなかできません。
2.診察時に念入りな化粧をしてくる人などおらず、しかも何かしら体の具合が悪いからこそ診察に来られるわけで、健康美というものもなく、気持ちも沈んでおられるので、表情の...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)


人気Q&Aランキング