ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私の家内にねんきん定期便が来ました。

家内は昭和60年2月に会社を辞めて専業主婦となり
昭和61年4月より第3号被保険者となりました。

今回の定期便の内容を見ますと昭和60年3月~昭和61年3月までが
空白期間と書かれているのですが、これは何か手続きに不具合があったのでしょうか?

古い話で良く憶えていないのですが、確か第3号被保険者は昭和61年4月以前はなかった様な気がするのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

サラリーマンの妻は、昭和61年4月より第3号被保険者になりそれ以前は任意加入の形でしたので、質問者様のケースが多く発生しています。


カラ期間の扱いになりますので、国民年金に未加入であっても受給資格期間の25年を満たすか否かの判断する期間には数えられると考えてください。
この説明がわかりやすいです。
http://senior.sumitomotrust.co.jp/kikou/secondli …

もし受給年金額を満額にするには、60歳から任意加入で納めることが可能ですので市区町村の国民年金の窓口に相談すると手続き可能です。

厚生年金に1年以上加入していれば「特別支給の老齢厚生年金」が60歳から受給できますので、こちらと相談の上検討されたら宜しいのではと思います。
老齢厚生年金
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kyufu/01.html
 
    • good
    • 0

いまの国民年金第三号被保険者の制度ができたのは昭和61年4月からです。


それ以前は、サラリーマンで厚生年金に夫が入っている場合は妻は原則
国民年金に加入する義務がなかったのです。加入希望者のみが役所へ
申し出して、夫とは別に国民年金を納めれば、年金の金額に将来反映される仕組みになっていました。
 しかしこれだと、未加入の妻が離婚した場合、無年金になるという事例が問題になり、現行の制度に改正されたわけです。

手続に不具合があったわけではないと思います。
    • good
    • 0

その空白期間に、ウツ病とか精神的な病いを発症していると(初診日)、やっかいなことになります。



1年間の空白は、65歳になってから年額約4万円の減額になります。
    • good
    • 0

手続きに不具合がなかったからそのようになっているのでしょう。


実際に昭和60年3月から昭和61年3月までの期間に国民年金に加入して保険料を払ったりしなかったでしょう。その期間は強制加入ではなく,任意での加入でしたから自分で手続きをしていない限りは何の年金にも入っていない事になります。だから空白のカラ期間になっているのです。

年金受給権の期間計算(25年以上というやつ)にはその期間も含めて計算してくれますが,年金額の計算には反映しません。保険料を払っていないのだから当然ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qねんきん特別便の空白期間について

ねんきん特別便が来ました。
転職の切り替えの際に空白期間があります。教えて下さい。

一部抜粋
           資格取得日    資格喪失日
(厚年)A社     H14.12.1       H16. 2.1
(厚年)B社     H16. 5.2      H16. 9.21
(厚年)C社     H16.10.1

A社からB社への転職時、B社は入社後3ヶ月の試用期間があり、厚生年金に加入しておらず、また国民年金にも加入しませんでした。
国民年金支払いの通知は来ましたが、その時は無視してしまいました。
このH16.2.1~H16.5.2の期間の国民年金をさかのぼって加入して支払うことは出来るんでしょうか?

B社の厚生年金資格喪失日は、多分、退職願に記載した日付けのものと考えられますが、この資格喪失日H16.9.21~H16.10.1までのわずかな空白期間は、後々重大なデメリットになり得るんでしょうか?

H16.2.1~H16.5.2及びH16.9.21~H16.10.1の空白期間を埋める方法はなのでしょうか?
また、もしこの空白期間を埋めない場合、どれほどの損失になるんでしょうか?
とても気になります。
教えて下さい。よろしくお願いします。

ねんきん特別便が来ました。
転職の切り替えの際に空白期間があります。教えて下さい。

一部抜粋
           資格取得日    資格喪失日
(厚年)A社     H14.12.1       H16. 2.1
(厚年)B社     H16. 5.2      H16. 9.21
(厚年)C社     H16.10.1

A社からB社への転職時、B社は入社後3ヶ月の試用期間があり、厚生年金に加入しておらず、また国民年金にも加入しませんでした。
国民年金支払いの通知は来ましたが、その時は無視して...続きを読む

Aベストアンサー

>このH16.2.1~H16.5.2の期間の国民年金をさかのぼって加入して支払うことは出来るんでしょうか?

納付は2年で時効になります。なので、納付期限より2年以内なら納付出来ますが、2年を超えた場合は納付出来ません。

>この資格喪失日H16.9.21~H16.10.1までのわずかな空白期間は、後々重大なデメリットになり得るんでしょうか?
「加入」は「その月の末日に、どの保険に加入していたか?」で判断されます。

なので
H16.2.29
H16.3.31
H16.4.30

H16.9.30
の日に厚生年金を喪失していて、該当月が「国民年金」になりますので、合計4ヶ月が「国民年金の未納月数」になります。

特別便の「国民年金」の部分が「納付済月数0」「国民年金の加入月数の合計4」になっている筈です。

>H16.2.1~H16.5.2及びH16.9.21~H16.10.1の空白期間を埋める方法はなのでしょうか?
埋める方法はありません。
>また、もしこの空白期間を埋めない場合、どれほどの損失になるんでしょうか?
H19年の場合、老齢基礎年金の満額での支給額は792100円です。

絶対にこんなことは有り得ませんが、もし、貴方が65才になって老齢基礎年金の満額が現在のまま変わらないとすると、貰える年金は「79,2100×476÷480」で、約78,5499円です。

なお「老齢基礎年金の満額」は、物価や年によって変動するので、上記金額が貰えるとは限りません。絶対、今よりも下がっている筈です。

もし、貴方が65才になった時、年金制度が破綻していて「今年の老齢基礎年金の満額は20,000円です」って事になっていたら、貴方が貰える合計は「20000×476÷480」で、約19,833円です。

なので、確実に言えるのは「満額の476/480貰える。満額から4/480減る」と言う事だけ。

貴方が65才になった時「満額がいくらになっているか?」は誰にも判らないので「476/480って何円?4/480減ると何円減るの?」ってのも誰にも判りません。具体的な金額は「貰える年齢になってみないと判らない」のです。

>このH16.2.1~H16.5.2の期間の国民年金をさかのぼって加入して支払うことは出来るんでしょうか?

納付は2年で時効になります。なので、納付期限より2年以内なら納付出来ますが、2年を超えた場合は納付出来ません。

>この資格喪失日H16.9.21~H16.10.1までのわずかな空白期間は、後々重大なデメリットになり得るんでしょうか?
「加入」は「その月の末日に、どの保険に加入していたか?」で判断されます。

なので
H16.2.29
H16.3.31
H16.4.30

H16.9.30
の日に厚生年金を喪失していて、該...続きを読む


人気Q&Aランキング