【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

平面の鏡面仕上げを、業者に頼むのと同等のレベルで行いたいのですが、もう一息のところで、本当に細かいラインみたいなものが消しきれません。色々と試しているのですが、納得の仕上げに届きません、もしも、理由がおわかりになる方がいらっしゃいましたら知恵をお貸しください。素材はシルバーで平面の大きさは3×3センチぐらいの物です。工具はバッファー以外はある程度そろっています。よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

#1です。


手順としては間違っていないと思いますけど・・・
各工程の間で水洗いをする等、埃や屑の除去は徹底してますか?
ウィノールで傷が付くと言うのはあまり考えられませんが、ウィノール自体を付けすぎていたり、埃や前工程の削り屑などが混入すると傷が付くと言う事はあります。
前のアドバイスでも書いてますけど鏡面仕上げは「時間がかかります」。均等な圧力でじっくりと磨かないと文字通りの「鏡面」にはならないですよ?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。もう1度紙やすり買いなおして、じっくりトライしてみます。何度もアドバイスしていただいた優しさに応えるためにも絶対完璧な鏡面仕上げにたどりついて見せます。

お礼日時:2010/04/04 23:55

前回のアドバイスからどの様な改善を図られたのかが不明です・・・


前回のあどばいすのもの(5×5センチ)から更に小さくなっていますし、「細かいラインみたいなもの」が何で生じているのかが不明ですからね。
・研磨剤はどんなものを使用したんでしょうか?
・バフがけはしたんでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もすみません。教えていただいたように、木片を買い、紙やすりで2000番まで(耐水ペーパー)水をかけながら磨き、その後にウィノールと言う銀ようの研磨剤をセーム皮につけて磨きました。紙やすりの上で磨くときに力入れすぎかと思い軽めに行ったり、かける方向だったり色々と試しました。5×5が大きすぎる可能性を感じたので、まず3×3で練習しようと思いました。角度を変えると細かいラインが見えるんですよね…、普通に見ると自分の顔が映るくらい鏡面なのですが、バフはかけていません。最後の研磨剤で細かいラインが出てしまってる気もします。

お礼日時:2010/04/04 01:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシルバーの丸カンの接着方法について

はじめまして。
早速ですが質問させていただきます。
シルバー925の丸カンをキュービックジルコニアのついた小さいペンダントトップに通し、その丸カンの切れ目を接着したいのですが、どうしたら良いのでしょうか?


人に聞いたところによると、(私もその質問をした人も、彫金やシルバーについての知識はありません)

1)(半田ゴテのような)機械でつける
2)バーナーで溶かしてつける


という回答が帰ってきました。
そこで専用の機械などをインターネットなどで探してみたのですが、良くわかりませんでした。
どのような方法で接着(溶接?)できるのでしょうか?

できれば1~2万円以下で機械や材料が買え、
ペンダントトップについているキュービックジルコニアを傷つけない方法を知りたいと思っています。

専門業者に出す、という方法ではなく、自分でできる方法が分かればとてもうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いえいえ(^^
丸カンのつなぎ目を無くすんですね。
ハイハイ できますよ。

■三分/五分/七分ローを多めに そのつなぎ目に
置いて バーナーであぶればOK!

テクについてですけど まあ丸カンが細いでしょ?
初心者さんだとローが溶ける前に丸カンが溶けちゃう
かもしれないけど、
そーね 何度か練習すればできますよ。(^^

そんなに すっごーい大変なテクではないです。
慣れです なれ。
  
むしろキレイにヤスリがけするのが大変かもね。


お住まいはどこかしら?
ヒコみづのジュエリーカレッジっていう学校が
渋谷と原宿の間にあります。
http://www.jewelry.ac.jp/

年中、体験入学をやってるから もっていって
教えてもらうといいでしょう。

簡単だから体験カリキュラムになくても
サービスで教えてくれますよ♪

先生じゃなくてもその辺にいる生徒でも教えてくれます。
ギャルギャルして 教えてくださーい♪って言えば余裕です。

ちなみ私はにこんな質問も答えてます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=565797
この学校の値段とかもわかるので一読を♪

では、同じ趣味の方が増えるのを祈って!

追伸
No.2様の方法、ハンダでもOKですよ。
ちょっち いぶし(黒っぽい銀)になるけど。
簡単っていえば 簡単。

そして 元の丸カンも溶けないし(融点が違うから)
お金もかからないし、ちょっと試してみては?

参考URL:http://www.jewelry.ac.jp/

いえいえ(^^
丸カンのつなぎ目を無くすんですね。
ハイハイ できますよ。

■三分/五分/七分ローを多めに そのつなぎ目に
置いて バーナーであぶればOK!

テクについてですけど まあ丸カンが細いでしょ?
初心者さんだとローが溶ける前に丸カンが溶けちゃう
かもしれないけど、
そーね 何度か練習すればできますよ。(^^

そんなに すっごーい大変なテクではないです。
慣れです なれ。
  
むしろキレイにヤスリがけするのが大変かもね。


お住まいはどこかしら?
ヒコみづのジュエ...続きを読む

Qミニリューターのバフがけについて

最近、プロクソンのミニリューターを使って作業をしているのですが、ミニリューターの先端をセットで持っているのですが、ミニリューターのバフというとT時というか、先に円盤状のバフが付いているタイプですよね。
昔、インパクトドライバにフエルトバフを付けて使ったのですが、塗装が取れてしまった事があって、使うのが恐いのですが、ミニリューターには、あのT時円盤のバフしかないのでしょうか?

車のときは、サンダーに円盤状のスポンジで、円盤とボディを平行にして広い面積を磨けますが、ミニリューターの場合には、どの様に使うのでしょうか?
「リューター バフ 磨き方」などで検索してみたのですが、使い方が分からず困っています。

又、ゴムやシリコンというのがあるのを見たのですが、塗装面にゴムやシリコンを当てて磨くのですか?
そうするとピカピカになるのでしょうか?
それこそ、円盤の鋭角な部分で塗料を削ってしまいそうな気がするのです。

お詳しい方がいらしたら、是非とも教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

布バフの研磨面は、布の横ですよ、断面といえばわかるでしょうか?
布が変形することで材料を包み込んで磨きがかかります。


また、押しつけてもバフの面に対する圧力が一定ではありませんしリューターの傾きもムラなる原因なので、広い面積の研磨には向きません

バフの面積よりも小さな物に対してツヤ出しや研磨を行います。

先の尖った布バフ(植毛バフ)もあります
http://www.komeri.com/topic/CKmSfFeaturePage.jsp?dispNo=006002849&SACRL

ゴムやシリコンバフはシリコン研磨剤が含まれていますのでそのまま磨きます、ゴムが曲がるので形が一定でないような物を磨くのに使います。

Q磨きに適した、リューター的な器械ってないでしょうか?

ポリマークレイやエポキシ樹脂でアクセサリーや雑貨をつくっています。
研磨作業をしたいのですが、紙やすりやウォーターペーパーでやると気が遠くなるような作業で、リューターの導入を考えています。

とにかく磨く事が重要で、切る作業はあまり必要ではありません。
こういう用途だといわゆる「スピンやすり」を電動歯ブラシで自作される方もいらっしゃるようですが、私は電気工作に疎く、製作にも後々のメンテにも自信がありません。
市販品で2万以下くらいで、磨くという用途に強く、後のランニングコストが高くない、ある程度質の良い物が欲しいのですが、おすすめはないでしょうか。また、私はこういうものだとリューターとスピンやすりしか知らないのですが、他に磨きに特化したような器械があったりするのでしょうか。

厳密にはカテ違いとなるかも知れませんが、プラモ・フィギュア製作をされる方が一番お詳しいと思いこちらのカテゴリーに質問させていただきました。

Aベストアンサー

No.1さんもおっしゃられてますが、模型用なら結構たくさんありますよ。
入門用にいい小型の電池式やアダプタ式のものから、本格型の大型、高パワーでハンドピース(手で持つ回るところ)がコードで本体につながっているようなものもありますし、固い素材の大まかな削りだしに向いているものもあれば小さくて扱いやすく、細かい作業に向いているもの、スピードコントロール、回転方向逆転機能があるものまでいろいろあります。

リューターは、先端(ビット)を用途に合わせて付け替えて作業するので、磨き用の「サンダー」(紙やすりを巻いたような物でらせん状のロールと円筒状のドラムタイプがあります)や細かい彫刻用の「スチールカッター」(カッターとありますがいろいろな形状があり、回っているので彫れます)、固い素材の切削用の「砥石」やスチールカッターにダイヤモンド粉末を電着させた「ダイヤモンドカッター」、光沢出し用の「バフ」、もちろん回転ノコ型の「カッティングディスク」もあります。

なので、リューター本体は、大きさやパワー、耐久性や機能、どれぐらいのビット径(太さ)に対応しているか(コレットチャック式(根元を交換することによって対応する径を変更できるもの)もあります)などの方が重要だと思います。先端のビットは用途に応じて付け替えれるので。
簡易なものなら磨き専用のもの(ビット式ではないもの)もあります。

値段も、リューターだけなら2万もあれば十分だと思います。高くて高性能のものは3万ほどするものもありますけれど。大体はビットも基本的なものは付属しているものが多いです。
ただビットを買い足すとなると別にお金はかかります(単価は安いので心配はいりませんが。タミヤのビットは基本的な形状が五本セットで1050円です)。
リューター自体が故障しない限り、ビットは消耗すれば買いかえれば済むことですし、電池式は電池が要りますが、充電式やアダプタ式は電気代だけで済みます。
長く続ける、よく使うなら本格的なものの方がお勧めです(本格的なものはほとんどビット式ですし)。ただそれだと1万以上はしますが。

買う店ですが、大きな模型店に行けば大体揃っていると思います。
個人的には秋葉原の模型店がお勧めです。店員さんも詳しい方が多いので、用途を言えば自分に合ったものを選んでくれると思います。
秋葉原でなくてもプラモやフィギュア、塗料やパテなどを総合的に扱っている店ならあるとおもいます。

質問者さんの居住地域がわからないので近くのお店でいいところがどこかまではわかりませんが。

あと紙やすりを使って手で削るときとは舞う粉塵の量が違いますので、ひどいようならゴーグルやマスクの使用を推奨します。

長文失礼しました。

No.1さんもおっしゃられてますが、模型用なら結構たくさんありますよ。
入門用にいい小型の電池式やアダプタ式のものから、本格型の大型、高パワーでハンドピース(手で持つ回るところ)がコードで本体につながっているようなものもありますし、固い素材の大まかな削りだしに向いているものもあれば小さくて扱いやすく、細かい作業に向いているもの、スピードコントロール、回転方向逆転機能があるものまでいろいろあります。

リューターは、先端(ビット)を用途に合わせて付け替えて作業するので、磨き用の...続きを読む

Q銀ロウの溶接教えてください

一般用銀ロウ(750℃溶融)とフラックスを購入して一般にガスコンロに使用するボンベとトーチで鉄材を赤くなるまで熱して銀ロウをフラックスに付けて溶かしたのですが銀ロウは溶けましたが溶接になりません。こんな単純では溶接は出来ないものでしょうか?
銀ロウは1mm位の径です。フラックスはこのロウ棒専用で購入しました。
まったくの素人です、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1の補足ですが、部材に塗ったフラックスが、熱で溶けてその部分に銀ロウが熔けていき広がる感じです。

わかりやすいサイトがありましたので、貼っときます。

参考URL:http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/metalwork/welding/solder/index_j.html

Q彫金(火むら)について

自宅で彫金制作をしているのですが、平打ちのリングなどを作ると、どうしても火むらが目だってしまいます。
ブローパイプなどの設備は整っていなく、ハンドトーチで制作しております。
火の当てすぎでムラが出るのはわかりますが、なましの前などに塗布する薬品などがあると聞いた事があります。経験者の方、具体的に教えてください。
お願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

薬剤の経験者ではありませんが(あるのは知っていますが、その作業自体が面倒なので)・・・ロウ付け用酸化防止剤の事ですね。ボンプロ等が、彫金工具の店などに置いてあると思いますよ。使用法は、全体に浸して後、十分に乾かしてから火を当てます。

ただ・・・薬剤に頼るもの便利ですが、やはり火加減をしっかりと習得する方が後々を考えると良いのでは無いでしょうか。私もハンドトーチで仕事をする時もあります。確かに火加減がブローパイプと比べると難しいですが、ロウが流れる瞬間と言うのは何度も作っているうちに勘が出来ると思いますので、「あ・・・流れる」と思ったら火をそらす等の作業で、随分と火ムラは軽減すると思いますよ。

火ムラが出来ると鏡面になりませんし、なかなか難しいものですが・・・頑張ってくださいね。
ご参考になれば幸いです。

Qロストワックスで作ったシルバーアクセサリーの修正

ロストワックス製法でシルバーアクセサリーを作りました。
鋳造からあがってきた作品を見ると、
細かい穴ぼこがいくつかあります。(「巣」と呼ばれるものだと思います)
この穴を埋める方法はありますでしょうか?

ロー付けと同じ要領でフラックスを穴につけて、ロー材で埋める
方法で修正可能でしょうか?

また巣の問題とは別に、ワックス時点で細いラインをデザインとして
盛り付けしていたのですが、鋳造後、ラインの中央部分が途切れてしまいました。

-------- このようなワックスの状態で鋳造に出したのですが、
--- --- こんな感じで仕上がってしまいました。

ラインをつなげるため、なんらかの方法で対処できますでしょうか?

例えばフラックスを途切れている部分にラインと同じ細さでつけて
ロー材を溶かして盛り上げてつなげる等。

何か良い方法があればご教授ください。

ワックスの時点では綺麗に仕上げていたつもりなので悲しいです。
一生懸命作ったものですのでもう一度ワックスで作り直すよりは
シルバーの状態で直したいと思っています。

無理難題でしょうか?
ご教授いただけますと幸いです。

ロストワックス製法でシルバーアクセサリーを作りました。
鋳造からあがってきた作品を見ると、
細かい穴ぼこがいくつかあります。(「巣」と呼ばれるものだと思います)
この穴を埋める方法はありますでしょうか?

ロー付けと同じ要領でフラックスを穴につけて、ロー材で埋める
方法で修正可能でしょうか?

また巣の問題とは別に、ワックス時点で細いラインをデザインとして
盛り付けしていたのですが、鋳造後、ラインの中央部分が途切れてしまいました。

-------- このようなワックスの状態で鋳造に出したの...続きを読む

Aベストアンサー

巣を埋める方法としては大体3通りの方法があります。
1. 細かい巣(ゴマ巣)の場合は、磨き棒で磨き、巣をおさえ込んだり、または、
 おなじようなしくみで「巣埋め用 ロ-タリーバー」をリューターにつけて使い
 地金をしめて巣をおさえこむ方法。この場合、最終的にバフかけであまり強く
 磨きすぎると、また巣が出てくる場合があります。
2. ロー材を溶かして巣を埋める方法。シルバーの場合は、特に火をあてすぎると
 ロー材が地金に食い込み巣の穴が大きくなり前よりもひどくなる場合があります。
3. 巣の穴の大きさよりも少し太めのドリルで穴をあけ、そこにドリルと同じ太さの
 シルバーの丸線を突っ込みロー付けしてあとはヤスリ等で整える方法。
  この場合、何か所も巣があるとロー付けがめんどうかな?
 それぞれの方法には一長一短がありどれがいい方法かは試してみて実感してください。

 ラインの中央部分が途切れたところはラインよりも少し太めのシルバーの丸線を
ロー付けして、あとはヤスリがけして整えたほうがいいと思います。
 余談ですがキャストの場合シルバーはK18に比べて細い線(特に、細い部分が
長い場合は)は流れにくいです。

以上、長文失礼しました。
 
 

巣を埋める方法としては大体3通りの方法があります。
1. 細かい巣(ゴマ巣)の場合は、磨き棒で磨き、巣をおさえ込んだり、または、
 おなじようなしくみで「巣埋め用 ロ-タリーバー」をリューターにつけて使い
 地金をしめて巣をおさえこむ方法。この場合、最終的にバフかけであまり強く
 磨きすぎると、また巣が出てくる場合があります。
2. ロー材を溶かして巣を埋める方法。シルバーの場合は、特に火をあてすぎると
 ロー材が地金に食い込み巣の穴が大きくなり前よりもひどくなる場合があります。
3. 巣...続きを読む

Q真鍮製品の上手な磨き方

 仕事の話になるので日曜大工のカテゴリとそれますが、こちらで訪ねた方が確実だと思い質問致しております。

 会社に真鍮製品の在庫が豊富にあるのですが、保管が悪かったらしく製品の色が芳しくないものがたくさんあります。
 何れも新品なのですが、こんな色では売ることが出来ないと社員一同頭を悩ませており、その製品をなんとか販売できるまでにしろ!という大役を押しつけられてしまいました(涙)
 製品としては目に付くところで使用されるわけではないので新品同様までに綺麗にしなくてはいけないというわけではないのですが、ピカールで磨いて上司に見せたところNGと言われてしまいました。
 ピカールで磨いた以上に真鍮に光沢を持たせるには、どうやったらいいでしょうか?
 私的な考え方として、
・自動車用のコンパウンド剤を使用する
・スチームを使用する
 を考えています。
 ちなみに、ピカールは真鍮用のブラシとウエス(古タオル)を使って磨きました。

Aベストアンサー

#8です
以前写真現像(正確には現像停止)に使用した酢酸があることに気付き、試験してみました。

10%溶液を作り、汚れた真鍮を二時間漬けて置く。

引き出してティッシュペーパーで拭くと、ピカピカになっていました。留意点は

1.漬けておくだけで、擦ったり磨いたりの手間はいらない

2.10%も2時間も共に根拠はない。最適な値は他にあると予想される

3.真鍮に酸化膜以外の汚れが附着していると「酸洗い」を妨害するので、予めそのようなものは剥がしておく

4.酢酸の入手先は、私の場合ヨドバシカメラの写真用品売り場。その他薬局でも入手可能かもしれない(未検証)。いずれにせよレモン酢よりは大幅に安価

>#膨大な真鍮製品を大量のタバスコで拭きながら
>#噎せ返っている光景を想像して、ちょっと笑えました
>笑うなんて、非道い。(涙)
でも、ブラックユーモア的な情景がナントモ(^^;
 

Qシルバー925とシルバーメッキの違い

シルバーアクセが好きで色々買ったりしてるんですが、
最近買ったネックレスのチェーンが925とは刻印があるものの、
やたらピカピカしてるんです (^^;)
購入したのはミナミのアメリカ村ですが、別で買ったトップとの
光具合の違いが少し気になります

質屋に持って行くのが確実と聞いたことはありますが、
近所に無いのでなかなか行く機会がとれません
簡単な見分け方を知っている方いれば教えて下さい

一度銀座ジュエリーマキで見てもらったんですが、
店員さんも「う~ん・・・」とハッキリどちらとも
言えないといわれました (-_-;)
「中の金属が銀ではない表面だけのシルバー925かも」
とも言ってましたが・・・・

キヘイの4面カットなのでカットの加減もあるんでしょうか?
メッキならメッキで良いんですけど、何か見分け方って
有るのなら是非教えて下さい!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
私も以前に同じような疑問をもっていて、質問しました。
そのとき詳しく教えて頂きましたので
参考になさってください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=223326

Qアクセサリーの金メッキを剥がして銀色にしたいのですが

金メッキのアクセサリーや安い時計(1000円位)などのメッキを剥がして、銀色(地の色)にしたいのですが、なにか良い方法はありませんでしょうか?
ご存知の方、ご返答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

安物の金色のメッキはニッケルメッキかアルミメッキです。
1000番以上の紙やすりでナデナデすればある程度剥がれます。

番号の小さいものを使うと.地が荒れるので.細かいものを使ってください。

Qバフで磨く時のムラ

バフで鏡面研磨する時に磨きムラのような(白っぽい光沢?筋?)のようなものが出来たりしますが原因はなんでしょうか?強く当てすぎ?それとも削りカスがついてるとか?回転数が速いとか?

Aベストアンサー

元ステンレスのサッシ屋です。

・バフは絶対に少しでも柔らかい物を使ってください。
・バフ面を地面等に絶対置かない、ゴミが入り傷付けます。
・同じ所ばかり磨かない、熱がかかって来ます。
・磨きは白棒使用でしょうか。
・磨くのに力を入れる必要はありません、磨けて着たら、生まれたての赤ちゃんを触るかのような気持ちで、優しく磨きましょう。
・ディスクグラインダーでも磨けますから、それ以上の回転数は不要です、それよりも遅い方がいいです。こればかりは磨きながらの経験頼りです。
・磨く方向は一定にする。

人が磨けるのは#600くらいが限界でしょうね、よっぽどの職人さんでないと鏡のような#800以上は難しいです。
手で磨くのに、広範囲は難しいですよ。どれくらい磨くのか分かりませんが、磨いた後、ステンレス用クリナーやワックスで磨いた油分を取ってあげましょう、熱がかかりすぎると油分が付いてしまいますしステンレスも歪んできます。

頑張って下さい。


人気Q&Aランキング