障害者年金の年金請求書審査期間があまりにかかりすぎます

お世話になります。
昨年11月に日本年金機構に障害者年金の年金請求書を出しました。
請求書の審査を行い、年金支給という流れになるのですが、その審査に
標準的には3ヵ月半くらいかかると聞いていました。
全国の方を対象とするのでやはりそれくらいはかかるのは仕方ないのだろうと思っていました。

約4ヶ月たったころ、年金機構から「審査の遅延について」という知らせが来て、
審査に時間がかかっているので、今しばらく待って欲しいということでした。
それで1ヶ月ほど待ってみましたが、なにも動きがないので、年金機構に問合せの電話をしました。
そうすると、「現在、審査中なのであと5ヶ月ほど時間が必要」との回答をされ、驚いてしまいました。
「こちらの出した書類に何か問題があって手間取っているのか?」と聞くと、そうではなく、審査しなければならない書類が多いため、全体的に時間がかかっているとのこと。
あまりに時間がかかりすぎではないかと言っても、それ以上のことは教えてくれません。こうなると書類を提出して、1年近くも審査にかかってしまうということになります。
お役所仕事とはいえ、あんまりではないでしょうか? それともこれが一般的なのでしょうか?

標準の倍以上も期間がかかるのがわかっていて、こちらから問合せしないと答えず、しかも「標準的には3ヵ月半」とはっきり明示しているのにもかかわらず、平気であと5ヶ月かかるなどと言う態度自体が信じられません。それも書類に問題がある等、なにか理由があるのならまだしも全体的にそうだというのなら、いったい「標準3ヵ月半」というのはなんなのでしょうか? 

この調子だと、たとえこのままじっと5ヶ月待ったところで、また「あと5ヶ月必要です」などという回答をもらいかねません。
こちらも申請して少なくとも半年すれば、なんとかなるだろうと考えていただけに、こんな対応に困り果てています。
こういうことに関しては、いったいどこへ相談すればいいのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えいただけると大変助かります。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

もと国民年金係の市職員です。


日本年金機構に組織が変わり、単純な人員減もさることながら、ベテラン職員の減少により、
障害年金のみならずすべての処理が停滞している様子です。
年金事務にたずさわった経験のある者なら、組織変更後にこうなることは
誰もが予測していたと思います。

社会保険庁や社会保険事務所は、問題があったのが事実であったとしても、
事実以上に悪者扱いされ、A級戦犯に仕立て上げられたと私は見ています。
年金記録問題については、政治家や企業、そして年金加入者自身にも、実は大きな責任があったのです。

>こういうことに関しては、いったいどこへ相談すればいいのでしょうか?

残念ながら、皆さんが問い合わせるほど、その時間に事務時間が取られるだけの状態と思います。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

厚労省のHPをみると、私と同じような苦情に対する答えとして、4月から体制強化(職員増員等)を行い、対応すると書かれていましたが、実際、どうなんでしょうか・・・・。

とにかく、結論的には、騒いでも無駄、大人しくただ待つしかないということですね・・・。

お礼日時:2010/04/21 22:22

>個人の審査の詳しい状況は、教えてもらえるものなのですか?



>年金機構に電話で問い合わせたときは、「現在審査中です」以上のことは分からない(教えられない?)と言われました。
年金機構がそういう対応なのに年金事務所に問い合わせたら、教えてもらえる可能性があるのでしょうか?

ごめんなさい、年金機構の職員がどのような基準でどこまで回答するのかは、わからないです。
私が年金事務所をおすすめしたのは、年金事務所が住民の窓口になるところだからです。
前にも年金機構に問い合わせたのならば、今回もそちらで良いのかもしれません。

例えば、「審査が終わって通知を出す段階です」くらいまで進んでいれば、後の流れは明確なので回答可能かもしれませんが、
審査中であれば、目途を立てるのは難しいような気がします。

>それとも、こういう個人的な問合せが一番事務処理を停滞させる原因になるからすべきではないのでしょうか? (正直、そう言われるとますます納得いかなくなりますが・・・・・)

お困りな様子がとても理解できます。
何はなくとも苦情の電話は殺到していると思うのですが、手短に進行状況を聞くのは、心情的にはやむをえないことのように思います。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

とりあえず、年金事務所に問い合わせてみます。
ダメなら、また年金機構に聞いてみます。簡単にはわからないでしょうが、こちらの事情もお話して、なんとか教えてもらえるように頑張ってみます。出来るだけ、むこうの方の迷惑にならないように・・・・(難しいですが・・)

お礼日時:2010/04/30 09:16

質問者様へ



>一体どこに聞いたら教えてくれるのでしょうか?
>いま、私が一番知りたいのはそのことです・・・・・。

基本的には請求の書類を提出した先になります。おそらくは最寄の年金事務所に提出されたのではないですか。
役所の年金担当課に出した場合も、年金事務所に問い合わせてください。
年金事務所に問い合わせたときに「どこに問い合わせるのが一番いいですか」と聞いても良いと思います。

>世の中、さまざまな人がいますから、どんなに筋の通ったことを言っても、クレーム(いちゃもん)をつけてくる人はいますよね。
>でも、だからと言って、きちんと手順を踏んで年金を請求している人たちもいるのですから、その人たちに対しても、なにも情報を公開せず、ただ待たせるだけというのはどうかと思います。

No.9で少し書きましたが、最初の遅れますの通知を出してから1ヶ月後では、事務処理上、次の連絡は難しいと思います。(そろそろ2ヶ月になるのかもしれませんが)
請求した方にとっては、それはもう一日千秋の思いでしょうけれど。
人員が少ない状態では、未処理のものは増えていく一方でしょうし、そうなればなるほど苦情や問い合わせの電話が増える、
そして事務がさらに停滞するという、極度の悪循環に陥ります。
後から請求した人ほど、受給決定はもっともっと遅れます。
年金機構の上層部や大臣がかなり思い切った人員増を実行しない限りは、この恐怖の悪循環は治まりません。
人員増したらまた(社会にとって何が大事かより視聴率重視の)マスコミから叩かれるでしょうけどね。


aghpw808様

情報ありがとうございます。
労働組合も極端な思想や行動に発展してしまうことはありますね。
かといって上の言いなりだと、使い捨て扱いですし、社会問題は一筋縄ではいかず、いつも悩みます。

>新しい検索機械の導入を労働強化といって反対し、適正な職員配置を
>人員削減につながると主張して反対し、

私も行政職員として働いていて、業務量は増やされて人員は減らされというのを繰り返しているので、
人員削減とセットならば機械の導入に反対というのも判らなくはないです。
たいてい、必要以上に減らされるので。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

悪循環のしくみはわかりました。
いまここで、それをなおせと騒いでもどうにもならないことも承知しました。
こちらは、とにかく待つしかないわけですね。
なので、現実的な質問をさせてください。

個人の審査の詳しい状況は、教えてもらえるものなのですか?

年金機構に電話で問い合わせたときは、「現在審査中です」以上のことは分からない(教えられない?)と言われました。
年金機構がそういう対応なのに年金事務所に問い合わせたら、教えてもらえる可能性があるのでしょうか?

それとも、こういう個人的な問合せが一番事務処理を停滞させる原因になるからすべきではないのでしょうか? (正直、そう言われるとますます納得いかなくなりますが・・・・・)

お礼日時:2010/04/29 17:30

>pokoarukiさま



自治労のリンクを張っておられますね。
読みましたが一見もっともらしいことを書いていますが、これこそ
社保の仕事の怠慢、不労職員、不適格職員をはびこらせた元凶です。
新しい検索機械の導入を労働強化といって反対し、適正な職員配置を
人員削減につながると主張して反対し、その結果大都市近郊の年金事務所は
抱えている住民の割に職員が少なく、長時間待たされる遠因になっています。
仕事中に「オルグ」と称した組合の集会を開いたり、
残業手当を「みな平等に」という名目でしていない職員にも一律につけさせたり、
この民主党の最大の支持母体である自治労にまやかされてはいけません。
    • good
    • 2

>特定の誰かが悪いというわけではなく、さまざまな要素が絡んで、pokoaruki様の仰るような理由で事務処理に時間がかかっているのだということも理解できます。


>ただ、そのあたりの事情をきちんとこちらに示してくれれば、納得し我慢もするのですが、

この点についてお答えしていなかったので、まずこちらから。
質問者様は私の回答に対して一定の理解を示してくださいましたが、
年金機構や年金事務所の職員が、遅れについて苦情や相談に来ているお客様に対してそういうことを言ったら、
「言い訳だ!」と怒りを増幅させる可能性のほうが高いと思います。
カッとなりやすいお客様だったら、とことんクレーマーに発展していくリスクがあります。
「物は言い様」なので、どこまでも「怠慢のくせに開き直った」とねじ込むことが可能なんですよ。

ちなみに旧社会保険庁の労働組合では次のような表明をしたようです。
http://www.jichiro.gr.jp/seimei/070611.htm

今、政治や行政に対してガチガチに不信感が高まっているので、たぶん聞く耳を持ってもらえないでしょう。
確かに不手際や不正はあるのですが、何をしても疑いの目でしか見ないというのは国民自身にとって非常にマイナスと思います。
よく「国民の目線」「国民の感覚」などと言いますが、人それぞれ立場や価値観がまったく異なり、
どんな政策を考えても、絶対に「国民のうち半数は賛成、半数は反対」といった状況になります。
ところがマスコミは常に中立性なくマイナス面だけを極端にクローズアップして報道します。
また、視聴者もそのような「勧善懲悪の物語」をなんだかんだ言いながら好みます。
「悪徳政治家」「怠慢公務員」はある意味、多くの国民が好む「登場人物」です。

>本当にこちらのことを考えているなら、個人個人にきちんと審査の状況と、粗方でもいいので審査完了期日を知らせてくれるのが筋だと思います。

難しいと思いますよ…
以前、消えた年金記録問題のときも、受給できることが判明した人が手続きした後、ものすごく時間がかかっていました。
このときも、「いつ頃決まる」と最初に知らせたより、かなり遅れたようです。
何度もワイドショーで叩かれていました。
みのさんも「高齢の方から先に決定するとか、融通利かせられないのかね!全く!」なんて言ってました。
(若くても病気で亡くなったり、生活困窮と言うこともあるので、「順番どおり」が正しいのですが。)
こういう報道があると、また義侠心に燃えた、無関係の人からの怒りの電話などが増えるので、さらに業務が遅れるわけです。


>このまま、なにひとつ知らされないままの状態で待ち続けることは、どうも納得することが出来ません。これはやっぱり私の身勝手なのでしょうか・・・・。

身勝手なんてことないです!
お気持ちはとても分かります。いつごろになりそうか聞くくらいなら良いかもしれませんね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

いつもご丁寧な回答をありがとうございます。
とても参考になります。


世の中、さまざまな人がいますから、どんなに筋の通ったことを言っても、クレーム(いちゃもん)をつけてくる人はいますよね。
でも、だからと言って、きちんと手順を踏んで年金を請求している人たちもいるのですから、その人たちに対しても、なにも情報を公開せず、ただ待たせるだけというのはどうかと思います。
何が原因であるにせよ、それをちゃんとこちらに知らせる義務はあるのではないでしょうか。

ま、私の言ってることは理想論だということは承知しています。
実際問題は、とにかく現状のまま、待つしかないのだろうということも分かっています。ただ、黙ってじっと待つほど人間が出来てないので、苦情を呈してしまいました・・・。


>お気持ちはとても分かります。いつごろになりそうか聞くくらいなら良いかもしれませんね。

一体どこに聞いたら教えてくれるのでしょうか?
いま、私が一番知りたいのはそのことです・・・・・。

お礼日時:2010/04/27 06:20

申し訳ありません。

No.7・8の回答について、今朝こちらの質問を開いたとき、
昨夜投稿したNo.7がありませんでした。
送信完了しないで閉じてしまったかと思い、同じような内容で再投稿してしまいました。
新システムの不具合なのかしれませんが、しつこい状態になってしまってごめんなさい。

さて、年金手続きの遅れをお知らせするタイミングですが、
4ヶ月目に初回の「遅れています」のお知らせがあったのであれば、
その1ヵ月後では、2回目を出すにはまだ事務処理的に難しいと思います。
相当の件数がたまっているでしょうから、質問者様の1ヵ月後に申請した人、2ヵ月後に申請した人、という順になるのでは。
おそらく、遅れに対して問い合わせの電話がガンガンかかっているものと思うので、
通知を出すべきデータを吸い上げて、起案、発送という手間も惜しいところでしょう。

私が年金係にいたときは、書類不備がなければ3~4ヶ月で決まることが多かったと記憶してますから、
さらに5ヶ月遅れというのは、よほどの麻痺状態と想像します。

今、親しい同僚が年金係にいるので話を聞くことがありますが、
業務上の問い合わせを年金事務所(前の社会保険事務所)にすると、基本的なことでも以前からいる少数の職員でないと答えられないことが多く、非常に不便だそうです。

質問者様は今、経済的な面でお困りですか。
福祉協議会などで一時貸付金などがあるかもしれませんが。
障害者手帳の申請などもなさったでしょうか。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

申請書審査遅延のお知らせですが、「書類審査に時間がかかっているので今しばらく待って欲しい」などという抽象的な内容のものをわざわざ職員の方の時間と手間を取ってまで出してもらう必要はないと思います。
本当に「今しばらく」待てばいいのならともかく、実際は半年近く待たなければならないのですから。しかもたぶんそれが分かっていながら、ああいう内容のものを送ってくること自体が無駄です。
本当にこちらのことを考えているなら、個人個人にきちんと審査の状況と、粗方でもいいので審査完了期日を知らせてくれるのが筋だと思います。
それも出来ないくらいに業務が麻痺している状態とすると、肝心の審査自体、まともにしてもらえるのかさえ心配になります・・・。


現状、私は経済的に困窮状態とまではいきませんが、やはり、年金がいったいいつからいただけるのかがさっぱりわからない状態(一応、あと5ヶ月とのことですが、それもちょっと信用できません)では、これからの生活設計において困ります。収入の予定が立たないと困るのは、みなさんどなたでも同じではないでしょうか。
私は、障害者手帳等、一通りの手続は行っていますので、pokoaruki様のアドバイスも参考にさせていただきたいと思います。ありがとうございます。


とにかく、どうしても審査に時間がかかってしまうのは仕方ないことなんでしょうが、このまま、なにひとつ知らされないままの状態で待ち続けることは、どうも納得することが出来ません。これはやっぱり私の身勝手なのでしょうか・・・・。

お礼日時:2010/04/25 20:34

No.2・4のもと国民年金係員です。


どのようにしても、言われたとおりの期間かかるものと考えるのが賢明です。
10月に申請し、何度も問い合わせてほぼ標準期間内に決まったという回答がついていますが、
組織が切り替わる時期において1ヶ月の差は大きいです。
何度も問い合わせれば「本当に困っているんだな」と気の毒には思うでしょうが、
ほかの申請者にもそれぞれ事情はあるので、順番どおりの審査は変えられないでしょう。
「怠慢している」という思い込みによる問い合わせは、質問者様のみならず、質問者様のあとから申請した人の決定の遅れにつながります。
審査している人が、問い合わせに応じて電話に出たり、進行状況を(たくさん抱えている件数の中から)確認したりするのですからね。

今回お困りの状況については、年金のほうをなんとかしようとは考えずに、
役所の福祉担当課に相談するなど、別の方向で検討できないでしょうか。

社会保険庁も、人間が構成する組織としての例に漏れず、問題はあったでしょう。
しかし、軽い気持ちで手続きを怠ったり、無関心で未納にしていた人(督促にかかる費用が無駄)、
企業の手続きミス、故意の不正、
国民から不人気を買いそうな年金改革を放置し、いざとなったら職員に責任をなすりつけて責め立てた政治家、
これらの責任も大きいです。
年金は社会にとって絶対に必要な制度なのですから、多くの人にもっと大事に考えてもらいたいです。

年金記録問題が民間や海外にも存在するという論文があるので、ご覧になってみてください。
http://www.ier.hit-u.ac.jp/pie/stage2/Japanese/p …年金記録 海外'
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いろいろと詳しいご回答をありがとうございます。

年金機構のさまざまな問題はよくわかりました。
問題の多いシステムの中で、なにかあるとすぐ悪者にされる職員の方々のご苦労はお察しします。
特定の誰かが悪いというわけではなく、さまざまな要素が絡んで、pokoaruki様の仰るような理由で事務処理に時間がかかっているのだということも理解できます。

ただ、そのあたりの事情をきちんとこちらに示してくれれば、納得し我慢もするのですが、そういう説明は一切なく、時間がかかる理由を聞いても「処理する書類が多いから」、いつになるかについても「あと5ヶ月はかかる」としか教えてもらえないような対応をされると、職員が怠慢なのだと疑われても仕方ないと思います。
私も、至れり尽くせりの対応を期待しているわけではありませんが、少なくともこちらは申請書を出した者として、当たり前の疑問を聞いているだけですから、それには出来る限り誠意を持って答えて欲しいと思います。

まあ、たまたま私の対応をした職員が不誠実で、もっときちんとした対応をしてくれる方もいらっしゃるのだとは思いますが・・。
しかし、こういうことは、一職員の問題でなく、組織としてのきちんとした対応を望みます。出来る限り、情報を開示してもらわないと、年金機構も不必要な誤解を招いてしまうことでしょう。

いくらいろんな調査が必要で時間がかかるとはいえ、初めてではなく、以前からずっとやってきてるわけですから、大体の目安くらいはわかるような気がするのですが。それとも、予定もたてないで(または、たてていてもそれが管理されないままで)仕事をしているんでしょうか。
申請した方としては、いつになるのかわからないまま待つよりは、それによって少しくらい遅くなったとしても、審査完了の期日を教えてもらった方が、安心すると思います。
それともいつになるかという情報を申請者に知らせることが、そんなに難しく大変なことなのでしょうか。

お礼日時:2010/04/25 14:37

No.2・4のもと国民年金係員です。


No.6の回答者様が10月に申請して2月には決定になったとおっしゃられていますが、
年金機構に切り替わる時期において1ヶ月の差は大きいです。
ゆめゆめ何度も催促すれば早く決まるというふうには解釈なさらないでください。

とにかく年金関係職員を悪者視する見方が強く、
実態を知らない方が、さぼっていると思い込んで何度も催促することは起こりがちであろうと思いますが、
ご自身の決定が遅れる遠因になるほか、
後に申請した方々に対しても、結果的に迷惑になることを強く申し上げておきます。

そもそも年金記録問題というのは、コンピュータでなく何でも手作業で行っていた時代から、
ほぼ全国民の、全国規模の移動を、青年期から亡くなるまで追いかけるものなので、
ミスが非常に起こりやすい性質のものです。
そこから生じる業務量は計り知れないです。
年金手続き以前の問題で、めんどくさいからと住所を移さない人(住民基本台帳法違反)、
会社による氏名や生年月日の登録ミス、またそれを「まあいいや」とそのままにしておいた本人など、
本人や企業の(自覚のない)いい加減さも大きく関与しています。
大多数の人は、おおむね真面目に手続きしていますが、いい加減な人・企業も絶対数で見れば膨大な量です。

ご参考までに、海外や民間にも年金記録問題があることを調べた論文をご覧ください。
http://www.ier.hit-u.ac.jp/pie/stage2/Japanese/p …年金記録問題 海外'

また、年金業務の民間への移行は、国内外の民間企業が利益を得るために要求したことであるという見方もあります。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-14/20 …
    • good
    • 4

私も昨年10月に障害基礎年金の申請をしました。


書類提出の際、役所の担当者からも「4~5か月は最低でも待つことになるから。それでも審査に通るかわからないよ。あと審査に通っても支給されるまで時間かかるみたいだから」と言われていました。
でも今年2月に証書が届き、3月から支給されています。
この違いって何なのでしょうね。
確かに私も進捗状況が知りたくて、ねんきんダイヤル(日本年金機構)や菅軸の社会保険事務所(今は名称が違うのかな?)に何度も電話で問い合わせしました。
「年末年始があるので通常よりお時間いただく可能性がありますね~」と呑気に言われたこともありますが、担当の方が調べて連絡をくれたりということもありました。

以上のような私の経験からだと、ねんきんダイヤルより菅軸の社会保険事務所に問い合わせたほうが確実な情報が得られて、親切だった印象があります。

回答になっていなくてすみません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考になります。
私も単純にしつこく督促すれば早くなるのだろうとは思っていませんが、
正直、このように人によって差がある理由が知りたいですね。
私が近くの社会保険事務所で申請したときは、「申請書を中央の方に出した後は、中央での審査になるので、こちらでは一切対応できない」と言われました。
場所によって、人によって、いろいろ対応に違いがあるのが一番やりにくいですね。

お礼日時:2010/04/25 14:39

日本年金機構はれっきとした民間の団体ですが・・・


「民間ではありえない」というのはおかしいですよ。
すでに数名の方がコメントされているように、社会保険庁とおよびその職員がすべて悪い
というステレオタイプ的な見方が、結局有能な職員を外に去らせしめ、現在のような経験の浅い、
あるいは未経験者を大量に採用して「民間のノウハウ」を取り入れた業務遂行をしているわけです。

年金機構の上層部は「年金事務なんてマニュアルさえあればサルでもできる」くらいにしか
考えていません。それがこの結果です。
民間がやっているのですから、お役所仕事ともいえないでしょう。すべて国民が自分で自分の首を
結果として締めたようなものです。精神系の病気による年金請求が増加の一途をたどっていることも
原因です。
 標準期間というのは実情を知らない機構上層部が勝手に持ち出して決めた「理想的な」数字と
思っていた方がいいと思います。それでも納得いかなければ、厚生労働省本省に手紙なり、メールなり
すべきだと思います。年金機構は遅すぎるから、他のところに事務委託してくれと。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

さまざまな要因によって、けっきょくこのような問題の多い機構になってしまっているのですね。
私も人間が出来てないものですから、つい感情的になって、aghpw808様の仰るようなステレオタイプ的な苦情を言ってしまいました。
ただ、事務処理に時間がかかることに対してよりも、そのことに対してなにも答えてくれないあまりに不誠実な対応に憤ってしまいました。
aghpw808様のアドバイスを参考にさせていただいて、もうちょと冷静に考えるようにします。

お礼日時:2010/04/25 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害年金の認定結果はどのくらいの期間がかかりますか

今月末までに障害年金の申請をします。

その場合、認定結果がでるのは何ヶ月くらいかかりますか?

ご存知のかたはおおしえください。

Aベストアンサー

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)

◯ 障害基礎年金で3か月以内
◯ 障害厚生年金では3か月半以内

但し、実際には、この日数内に終わることは少なくなっています。
平成22年度末現在、障害基礎年金では87.7%が期限内でしたが、
障害厚生年金では7.7%足らずでした。

平成23年度末現在は、障害基礎年金ではほぼ同様(9割近く)ですが、
障害厚生年金ではいまだ半数にも満たない状態(44%)です。

つまり、結果が知らされるまで、障害厚生年金のときは
半年近くの日数を要することが稀ではありませんので、
あらかじめ承知しておいていただいたほうが良いと思います。
(障害厚生年金+障害基礎年金のときもそうです。)

★ 注
初診日が厚生年金保険の被保険者期間中にあり、
年金法でいう障害の状態(障害者手帳の級とは全く無関係です)の
2級や1級に該当する可能性があるならば、
「障害厚生年金+障害基礎年金」としての請求になります。
(このとき、2級か1級ならば、同じ級の障害基礎年金も出るから。)

いずれにしても、請求後は、結果がわかるまで待っていただくしかありません。
また、結果がわかってから約40~50日後が実際の初回振込日です。
 

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)...続きを読む

Q障害基礎年金の長すぎる審査期間について

障害基礎年金の支給申請から支給決定まで半年かかりました。

書類審査になぜ半年もの期間が必要なのでしょうか。
診断書等を専門医が審査するとしても、書類が地方から
中央へ行くとしても、2ヶ月もあれば十分だと思います。

申請から支給決定までの具体的な事務手続きの流れについて教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

障害年金と一口に言っても、大きく分けて以下の6種類があり、それぞれ審査の過程が異なります。
まず、そこから説明させていただきます。

【障害年金の請求(裁定請求)はどこで審査(裁定)されるのか?】

1.2~5の共済組合以外のサラリーマンの場合(共済組合員以外の国民年金第2号被保険者)
(1)各地の社会保険事務所で裁定請求を受け付ける
(2)裁定請求をまとめて社会保険業務センター(社会保険庁)へ送る
(3)社会保険業務センターで集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

2.国家公務員
(1)出先機関を含め、あらゆる省庁の共済組合員からの障害共済年金の裁定請求を、国家公務員共済組合連合会年金部で受け付ける
(2)国家公務員共済組合連合会年金部で集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

3.地方公務員等
(1)それぞれの共済組合(各都道府県、公立学校、都道府県警察、市町村等)毎に障害共済年金の裁定請求を受け付ける
(2)各共済組合毎に集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

4.私立学校教職員
(1)日本私立学校振興・共済事業団が、すべての私立学校教職員(加入員)の障害共済年金の裁定請求を受け付ける
(2)同事業団で集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

5.農協・漁協・農林中金等の職員
(1)農林漁業団体職員共済組合(注:単一組織)が、すべての加入者(組合員)の障害共済年金の裁定請求を受け付ける
(2)同組合で集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

6.サラリーマンではない人(国民年金第1号被保険者、国民年金第3号被保険者)
(1)市町村の国民年金担当課で受け付ける
(2)市町村の担当課で初期審査を行なう
  ・戸籍および住民票の確認、所得額の確認
  ・20歳前障害に該当するか否かの確認
  (⇒ 該当すれば、一部または全部を支給停止)
  ・国民年金加入歴の確認
  ・受給要件の確認
(3)市町村から都道府県知事(実質的には、都道府県社会保険事務局および各社会保険事務所)へ回付する
(4)都道府県社会保険事務所および各社会保険事務所で精査する
  ・年金手帳の重複の有無等を確認
  ・被用者年金(厚生年金保険、共済組合)加入歴の確認
  ・受給要件の精査
  ・裁定請求書および診断書の精査
  ・病歴・就労状況等申立書の精査
(5)社会保険業務センターへ回付する
(6)社会保険業務センターで最終確認を行ない、各社会保険事務所へ支給・不支給決定通知書を回付する
⇒ 支給または不支給の決定

【なぜ支給決定まで時間がかかり過ぎるのか?】

それでは本題に入りたいと思います。
障害基礎年金、とのことですので、上記6のケースに該当するものと思います。
一目見ておわかりになったことと思いますが、あまりにも経由地が多いとは思いませんでしたか?非効率なのですね。
これこそが、支給決定までに時間がかかり過ぎる最大の理由となっています。
うがった見方をすれば、行政は「障害年金を出したくない」としか思えません。それゆえ「ずるずると時間を引き延ばしているのではないか?」と思う方がいても、無理もないことだと思います。

裁定請求を行なってから支給決定がなされるまでの日数は、平均で90日前後(3か月)とされています。
しかし、上記6の場合には特に、市町村によってかなりの開きがあり、長いところですと4~5か月近くかかります。これは、やはり事務の非効率が影響しているものと思われます。
なお、実際に年金が入金されるまでにはさらに時間がかかり、結局、裁定請求を行なってからおよそ半年後になってしまいます。
(注:支給決定と実際の入金とは別物です。混同されないようにして下さい。)

実に困ったものですね…。
障害年金に関しては、その他いろいろと問題が多いのですが、少なくとも、手続きの迅速な処理を強く望みたいものです。
長くなってしまいましたが、お役に立てましたら幸いです。

障害年金と一口に言っても、大きく分けて以下の6種類があり、それぞれ審査の過程が異なります。
まず、そこから説明させていただきます。

【障害年金の請求(裁定請求)はどこで審査(裁定)されるのか?】

1.2~5の共済組合以外のサラリーマンの場合(共済組合員以外の国民年金第2号被保険者)
(1)各地の社会保険事務所で裁定請求を受け付ける
(2)裁定請求をまとめて社会保険業務センター(社会保険庁)へ送る
(3)社会保険業務センターで集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

...続きを読む

Q障害者年金の、初回支給日について

今日(3月20日)に「年金決定通知書」が届きました。

通知の証書の日付が「平成27年3月12日」、支払開始年月が「平成27年2月」と
記載されているのですが、支払開始年月の欄が空白になっています。

この場合、初回振込日はいつになるのでしょうか?
お詳しい方、教えていただけますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示しています。
両方とも支給される場合は、どちらの部分にも支給開始年月が印字されています。
一方、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらか一方しか支給されないときは、一方の部分が空白になっています。その点を再度確認していただき、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらが支給されるのか、その障害等級は何級何号なのかを調べて下さい。

支給開始年月とは、「◯年◯月分の年金から支給されますよ」ということを示していますが、実際の初回支給日とは直接の関係がありません。
障害認定日請求が通ったときは、一般に、受給権を取得した年月の翌月になっています。
障害認定日請求であっても、遡及請求として請求が行なわれて、時効のために5年よりも過去の部分が支給されないときは、ここは翌月にはなっていません(時効の計算によって、まちまちになります)。時効に到達していない部分については、遡及して支給されます。
一方、事後重症請求で通ったときは、請求日[窓口受理日](事後重症請求のときは、この日がある月が「受給権を獲得した年月」になります。)の翌月になっています。遡及しての支給はありません。

ポイントは、証書発行日付です。
この日から数えて、おおむね50日後に、実際の初回支給が行なわれることになっています。
したがって、5月15日には初めての振込が行なわれる、と考えて良いでしょう。
なお、年金の振込は各偶数月の15日が基本で、前々月分・前月分の2か月分が振り込まれますが、初回に限っては偶数月以外でも振込が行なわれ、次回以降の分よりも前の分が一括で振り込まれます。
質問者さんの場合には、平成27年2月分・3月分が振り込まれるとお考え下さい。
その上で、6月15日以降は通常の偶数月振込となるはずで、6月には4月分・5月分が振り込まれることとなります。

初回振込の直前(通常は、年金証書・年金決定通知書が到着した翌月)には、別途に、「 初回支払額のお知らせ・年金振込通知書」が届けられます。
その書類こそ、確定した初回支給日を示すもので、初回支給日に実際に振り込まれる額も示されています。そちらの書類の到着をお待ち下さい。

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示し...続きを読む

Q障害年金の初回振込み日について

11月18日に年金証書と裁定通知書が届きました。
そこで初回の振込み日はいつになるのか教えていただけないでしょうか?
色々と調べると原則15日に振り込まれるとなっておりました。
12月15日には通知が来なかったということは1月15日になってしまうのでしょうか?
それとも今月中に振り込まれる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。)。
つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。)。
なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます。

初回振込の直前には、年金振込通知書および年金初回支払額通知書が送られてきます。
そちらに記されるのが、実際の振込額です。
言い替えると、年金証書を見ただけではわかりませんし、誤解も招きやすくなります。時効や支給停止になる場合であっても、年金証書には金額が記されることがあるからです。

ちなみに、私が経験した例では、以下のような流れになりました。

7月31日 年金証書(兼 裁定通知書)が到着 ‥‥ 支給決定(含 遡及分)
9月9日 年金振込通知書および年金初回支払額通知書が到着 ‥‥ 初回振込額(含 遡及分)が示される
9月15日 初回振込(7月分まで)
10月15日 通常振込開始(8月分・9月分から)

ちなみに、年金額は、物価の動向に応じて毎年度変わるしくみになっています(来年4月分からは下がる見込みとなっています。)。
したがって、年金初回支払額通知書と年金証書とを突き合わせて、初めて、どのように年金が計算され、どのように実際に振り込まれるのかがわかります。
 

年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。)。
つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。)。
なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます...続きを読む

Q障害年金の更新は何年置きですか?

うつ病で障害年金2級を受けて6年になります。
2年に1回診断書を提出して更新していますが、
5年に1回という人もいます。この違いは
どのような理由から来る物なのですか?

Aベストアンサー

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。
つまりその病気と程度によるということです。
この二つが主な原因として考えられるとの話だったのですが。

鬱病だとして5年に一回の更新は現実的にあったとしたらかなりずさんなんだそうです。
ここら辺をここに書くべきかどうか迷いました。
というのも、医者との信頼関係や、治療の妨げになる可能性があるからなんですけど。
三つ目の可能性です。
つまり彼女の話では、5年に一度の申請で済んでいる人は、医者の治療方針で鬱病と説明しているが、実際には別の病気なのではないかと思われる。という話でした。
例えば鬱病でも株で大もうけすることは現実的にできなくもない話です。
5年というスパンだと長すぎるので、その間に株で大もうけして長者番付に載ったとしましょう。
そうしたら年金は不正受給にあたります。
あくまで障害者年金は障害が理由で健常者のように働けない人を助けるものですし、来年から若干法律が変わるのですが、(障害者自立支援法というものです)障害者の自立支援には繋がらないからです。
5年のスパンだということは例えば(あくまで例えばですが)重度の統合失調症で予後は悪化もしくは現状維持と診断書に書かれているような場合はありえない話ではない。とのことでした。
この三つ目に関してですが、社会福祉士を目指している友人からお願いがあるそうです。
治療の妨げになる場合があるので、絶対にその5年に一回の更新者にはこのことを黙っていて欲しいということでした。
騙されていると知れば、当然医者との信頼関係は悪くなり、よくなるものもよくならない可能性が高いからです。
私からもどうぞ宜しくお願いいたします。

それではお互い寛解状態に入ることができますように。ご回復を祈って・・・・。

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。...続きを読む

Q障害厚生年金の最終審査期間について

2月に障害年金裁定の審査状況を問い合わせたところ、「只今最終審査に入っています」との回答を頂いたのですが、それから早くも1ヶ月が経過し、いまだ支給不支給決定通知が届いていなかったため、再度問い合わせたところ、まだ最終審査をしているとのことでした。

最終審査に入ってから、一体どれくらいの時間がかかるのでしょうか?
また最終審査には、一人につき何日くらい費やして行うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

補足をありがとうございます。
そうですね。ほんとうに長い道のりになりますね‥‥。

流れがブラックボックスになってしまっているので、不安になったり、疑心暗鬼になってしまったりもしますよね。
ただ、実際には、きちんとマニュアルがあり、それにしたがって処理されています。
入手しようと思えば入手できますよ。参考URLのとおりですが、非常に貴重なものばかりです。
障害年金関係でいうと、以下のようなものがたいへん参考になります。

◯ 日本年金機構 業務処理マニュアル 平成23年10月改訂版
◯ 日本年金機構 疑義照会回答票 2010(平成22)年障害年金分
◯ 障害給付事務処理要領 平成17年3月版
◯ 国民年金・厚生年金保険障害給付の受付・点検事務の手引き

> 電話で問い合わせたところ、認定は終わって書類チェックをしている段階と言われました。

障害等級が確定(不支給の場合も含まれます)した段階です。
今後、年金証書(年金決定通知書)又は年金不支給決定通知書の送付にかかりますが、そのための書類チェックに入ります。
また、併せて、支給開始年月や初回振込額、振込先口座などのチェックにも入っているはずです。
そろそろ終わりだと考えても良いのですが、今月末あたりの書類到着を目安にされると良いと思います。

なお、実際の支給額(年金の振込月である各偶数月の振込額のほか、初回振込額[偶数月以外に振り込まれるもので、過去の分などを一括で振り込みます]を含みます)は、実は、年金証書(年金決定通知書)だけではわかりません。
といいますか、実際に届いたときにごらんになっていただければわかりますが、見ても、どういうことを示しているのかと、何が何やらわからないと思います。実際の支給額を反映してはいないからです。

実際の支給額は、さらにその後に届く、年金振込通知書ないし初回振込額明細書でわかります。
年金証書が届いてからおおむね40日前後あとで、実際の初回振込の直前です。
そこで初めて、いついつにいくらいくら振り込まれるのだ、ということがわかります。

正直申しあげて、結構こまごまとしたしくみになっています。
受給が決まったあとでも、いろいろな手続きなどが伴いますので、ご不明な点がありましたら、できれば、今度は「年金」カテゴリでお聞きになっていただけると良いと思います。
 

参考URL:http://gyosei-bunsyo.net/syaho.html

補足をありがとうございます。
そうですね。ほんとうに長い道のりになりますね‥‥。

流れがブラックボックスになってしまっているので、不安になったり、疑心暗鬼になってしまったりもしますよね。
ただ、実際には、きちんとマニュアルがあり、それにしたがって処理されています。
入手しようと思えば入手できますよ。参考URLのとおりですが、非常に貴重なものばかりです。
障害年金関係でいうと、以下のようなものがたいへん参考になります。

◯ 日本年金機構 業務処理マニュアル 平成23年10月改訂版
◯ ...続きを読む

Q障害基礎年金受給決定通知後の流れを詳しく教えて下さい

障害基礎年金受給決定通知後の流れを詳しく教えて下さい


代理で投稿させていただいている者です


事後重傷で申請をして受給決定通知が届いたそうです


決定日は9月16日と書いてあったと聞きました

次は振り込み通知書が届くと思うのですが いつ頃 届くのか分かる方いらっしゃいますか?


また いつ頃 振り込みがあるのか分かる方いらっしゃいますか?


私も色々と調べてはみたのですが サイトにより内容もバラバラで曖昧だったため投稿しました


そして 6月25日に事後重傷で申請をだしたみたいなのですが 支給される額がどのくらいの金額なのか知りたいとの事なので分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい


因みに2級だそうです


宜しくお願いします

Aベストアンサー

振込通知書は年金証書と決定通知書がお手元に届いてから
1~2ヶ月くらいかかるようです。
振込通知書は年金の送金日より前に届くものと思われます。
(下記URL参照)

http://www.city.shibetsu.lg.jp/www/contents/1249885316078/index.html

年金の送金日は15日が原則となっていますので
送金処理が早ければ10月15日に振り込まれるかもしれませんが
もしかしたら11月15日になってしまうかもしれません。

平成22年度の障害基礎年金(2級)の年金額は792,100円ですので
1月あたりの額は60,008円となります。
事後重症の請求日が6月25日とのことなので、
同日に受給権が発生し、7月分から年金を受給することが
できるようになります。

初回送金は支給開始月から支給期月(偶数月)の前月までの
期間に対する分となります。

ですので、初回送金は、7月~9月分の3月分が支払われますので
お振込み額は60,008円×3月分=180,024円になると思います。
(万が一12月送金となった場合には12月15日に
60,008円×5月分=300,040円がお振込みされると思います。)

なお、初回送金以降は偶数月に支給期月の前月までの2ヶ月分が
支給されますので各支給期月ごとの支給額は
60,008円×2月分=120,016円になります。

振込通知書は年金証書と決定通知書がお手元に届いてから
1~2ヶ月くらいかかるようです。
振込通知書は年金の送金日より前に届くものと思われます。
(下記URL参照)

http://www.city.shibetsu.lg.jp/www/contents/1249885316078/index.html

年金の送金日は15日が原則となっていますので
送金処理が早ければ10月15日に振り込まれるかもしれませんが
もしかしたら11月15日になってしまうかもしれません。

平成22年度の障害基礎年金(2級)の年金額は792,100円ですので
1月あたりの額は60,008円となります。
事後...続きを読む

Q障害年金2級を貰いながら働くことは可能ですか?

私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。主治医からはまだ働くのは無理と言われました。そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。(因みに月約十万障害年金をもらっています)しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。ネットでは2級で働いている人もいる。働いて問題ないとの意見もありました。主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌から探してバイトをしてもいいのでしょうか?そうすると情報が主治医や職安や年金事務所に伝わるんでしょうか?その結果3等級に落ちるのでしょうか?例えばれなくとも法律的に2級のまま働くのはいけないんでしょうか?そして、その後の更新日(来年)に主治医に報告が必要になるんでしょうか?その場合主治医との約束違反になります。働いていないと言ってもいいんでしょうか?しかし役場には情報が入ってるでしょうし、主治医にも情報がいくのでしょうか?因みに更新日までには治して等級が下がっても、受給停止になっても正社員で働きたいと思っています。とにかく今は切羽つまった状態で困っています。乱文で申し訳ありませんが教えて下さい。

私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。主治医からはまだ働くのは無理と言われました。そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。(因みに月約十万障害年金をもらっています)しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。ネットでは2級で働いている人もいる。働いて問題ないとの意見もありました。主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌...続きを読む

Aベストアンサー

どの障害でも同じですが、障害基礎年金2級の認定基準に該当しないと再認定時の診断書によって判断された場合は3級がありませんので支給停止になります。
2級の認定基準は、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。とされていますので、継続した労働が可能になれば障害は改善したと判断される事になります。
仕事をする(した)、しないではなく、障害の状態が改善していれば支給停止になりますが、改善したかどうかを判断するのは年金機構です。
ですので、再認定時の診断書の内容にもよりますが、支給停止になる可能性はあります。
仮に、障害の状態が改善した場合は2級の認定基準に該当しなければ、働かないでいても支給停止になります。
仮に支給停止になっても、将来万が一悪化した場合は「支給停止事由消滅届」に診断書を添えて提出する事によって、支給再開を要求する事ができます。
無理し過ぎない程度に、主治医と相談しながらお仕事なさってくださいね。

Q障害者年金の更新審査中で支給金は止まりませんか?

障害者年金の更新でお金の支給が止まることはないのでしょうか?

現在障害者年金で2級をもらっています。

五月に診断書提出だそうで、年金事務所に聞いてみたところ、
止まることはない、と言われたのですが、(審査が通らなければ止まりますが、その審査期間は止まらないと言われました)

前に、一番最初は四ヶ月ほどかかりましたし、
一度重度になったので申請したときも、二ヶ月かかり、一回止まり、
あとからそのお金は支給されるのですが、

更新の時は、止まることはないのでしょうか?

聞いたのですが心配だったのでもう一度質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

障害状況確認届(再認定[更新]のための診断書の提出)ですね。
審査期間(3か月)が終わるまでは、いまの障害年金の支給が止まることはありません。

年金額が減額改定または支給停止となるときは、指定日の翌日から起算して3か月を経過した日の属する月分から行なわれます。
指定日とは、誕生月の末日です。
質問者さんの場合でしたら、5月31日が指定日です。
したがって、その翌日である6月1日から7月・8月・9月と数えて、10月1日に3か月が経過します。
つまり、減額改定または支給停止になるときは10月分(12月振込分)からとなるので、逆に言えば、少なくとも9月分(10月振込分)までは支給されます。

一方、増額改定(級上げ)となるときは、指定日の属する月の翌月分から行なわれます。
つまり、6月分から増額されます。
また、障害等級に変化がないときは、次回診断書提出年月のお知らせ(ハガキ)が、障害状況確認届提出後約3か月以内で届きますので、そこで今後の支給が確定します。

これらの取り扱いの根拠通達は「障害基礎年金受給権者等の現況届の取扱いについて」(平成元年3月8日/庁保発第6号/各都道府県知事あて/社会保険庁運営部長通知)などです。
厚生労働省法令等データベースシステムに載っています。
きちんと根拠を知れば、必要以上に心配なさることはありません。
 

障害状況確認届(再認定[更新]のための診断書の提出)ですね。
審査期間(3か月)が終わるまでは、いまの障害年金の支給が止まることはありません。

年金額が減額改定または支給停止となるときは、指定日の翌日から起算して3か月を経過した日の属する月分から行なわれます。
指定日とは、誕生月の末日です。
質問者さんの場合でしたら、5月31日が指定日です。
したがって、その翌日である6月1日から7月・8月・9月と数えて、10月1日に3か月が経過します。
つまり、減額改定または支給停止になると...続きを読む

Q障害年金3級だと

7年間もうつ病のため、区のケースワーカーに進言され、障害年金の申し立てを行いました。結果は3級でした。2級ですと、5年分さかのぼって月66,000円×5年分もらえるそうですが、3級だとどうなるのでしょうか?現在、うつで無職になって1年くらい経ち、借金が100万ほどあります。また、厚生年金しかもらえないとしたら、ほとんど会社員ではなかったので、微々たる額しかもらえないかと心配しています。
ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三級だと、入院をしたことがない方だったと思います。二級は精神科に入院をしたことがあるのが基準になっています。

http://www.shogai-nenkin.com/gaku.html

障害厚生年金3級というものに該当すると思うのですが、一般に月五万以下で、個人差があるように書いてありますが・・。

借金は自己破産することはできませんか。払うことは出来ないと思います。支払い能力がなければ申し立てをするか、家族に返済を一時的にお願いするかしか、ないように思えます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報