出産前後の痔にはご注意!

眼球に注射する場合とは?

数日前より、左目が痛くて充血しており、今日眼科に行きました。
眼科で見てもらったところ、角膜にばい菌が入って、軽く炎症を起こしているとのことで、しばらくコンタクトの装用はやめとくように言われ、病院ではばい菌を殺す目薬をしてもらい、ドライアイ用の目薬と、ばい菌を殺す目薬、そして、ばい菌を殺すのと炎症を抑える効果のある眼軟膏をもらい、多分しばらく通院になると思いますが、「眼球に注射するのでは」という心配があります。

今まで、一回流行り目になったことがありましたが、そのときも目薬の治療で、注射にはならなかった(といいますか、眼科の注射というイメージがなかっただけだと思います)ですが、一度、コンタクトの定期健診にいったときに、前の患者さんが何の病気だったかは知りませんが、眼球に注射されていて、痛そうで怖い印象がありました。

そこで、お聞きしたいのですが、
1:眼球に注射されたことはありますか?(ある場合は、どんな状況でされましたか?)
2:私のような症例の場合は、注射される可能性はありますか?

ちなみに、まぶたや眼球にぶつぶつが出来ているだとか、腫れているということはありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは私は眼球に注射した事ありますよ。


眼球に注射するときはまず痛み止めの目薬をするので全然痛くないですよ。
2番の質問には医者じゃ無いので解りません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
眼球に注射したことがあるんですね。
痛み止めの目薬ということは「麻酔の目薬」のようなものなんですかね?
痛くないのは意外です。
とはいえ、腕と違い、見たくなくても見ないといけないのは、拷問みたいですよね。

角膜炎の治療ですが、何とか注射は回避したいです。

お礼日時:2010/04/23 11:31

1番だけ答えます。


眼球に注射、されたことあります。
網膜はく離の手術のときの麻酔(だったと思う)が
眼球に直接注射するものでした。その注射の前に
点眼薬で目をぼやっとさせる(たぶん散瞳)のですが、
それでも注射器の針が迫ってくるのがわかって
怖かったです。
同じ病室のおばあさんは白内障の手術でしたが、
やはり眼球に注射されたと言ってました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
角膜炎の場合は分からないみたいですね・・・

実際に眼球に注射されたことがあるんですね。
腕と違って、見たくないのに見ないといけないというのはもはや拷問のようですよね。

お礼日時:2010/04/23 11:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぶどう膜炎 悪化 癒着

閲覧ありがとうございます。
虹彩炎として何度か投稿しました。

今月初めに充血と痛みと
眼科に数回通院しました。

9日の木曜には
だいぶ炎症もなくなり
あと1週間ほどで治るでしょう。

って言われステロイドの量を
減らしたところ

その晩から眼痛、頭痛が再発。

土曜にも眼科に行くと
治りかけてたのにぶり返したね

って言われステロイドも元に戻し
点眼も一つ増えました。

しかし、一向に良くならず

日曜にも受診したところ
癒着していて、
目薬が効かない状態だそうです。

目薬もこれ以上増やせないし
口からも薬を入れれないからと
大きい病院へ紹介状書いて貰いました。

しかし今連休中で
明日にならないと行けません( ; ; )

今じゃ左目は
ほとんど何も見えない状態で
光が見える程度で
物の輪郭すらも見えません。

このまま失明してしまうのでしょうか。

怖いです( ; ; )

失明しませんよね!?

Aベストアンサー

このまま失明するかどうかと言うことが質問ならば、それは誰にも判りません。
治療開始が遅れたのと、この病気になった時の過ごし方を間違えたのが痛恨のミスだと思います。

こうなっては、余計に思い悩むのは止めて、明日紹介してもらった病院で「徹底的に」治療に取り組んで下さい。
ちなみに、今は虹彩が恐らく水晶体に癒着してしまい、開かず、閉じずの状態になってしまっているのだと思います。
この状態だと、目の中の房水の排出が上手くいきにくいため、眼圧が上がったり、それが原因で緑内障を引き起こす危険もあるため、癒着を緩和するための治療をすることになります。とはいっても、今処方されている目薬で効果が出にくいので、もう一段強いクスリに変えるか、直接眼球の中、あるいは裏などにステロイド注射をしたり(怖そうに思うかもしれませんが、麻酔で麻痺している上にまぶしい状況で注射するので自分では何も判らないうちに終わりますが)、白内障手術をして強制的に癒着を剥離するなどの治療があるかもしれません。
炎症を治すことと癒着を解消することの2つが治療の目標となります。

もしも炎症が虹彩から更に奥に広がっていたとなると、更に強い治療が必要となります。
それらも含めて、どんな治療が必要かは、私が最初の回答の時に示した参考URLを良く確認して下さい。
今のうちに疑問点は整理しておいて、お医者さんに確認し、指示に従って下さい。
もし急に症状が悪化した時はどうすれば良いかとか、今後の治療の見通しはどうなるかとか、そういう事を、ここで質問するのでは無くお医者さんに質問して、納得して治療に取り組んで下さい。

手遅れになるかどうかは自分次第です。

このまま失明するかどうかと言うことが質問ならば、それは誰にも判りません。
治療開始が遅れたのと、この病気になった時の過ごし方を間違えたのが痛恨のミスだと思います。

こうなっては、余計に思い悩むのは止めて、明日紹介してもらった病院で「徹底的に」治療に取り組んで下さい。
ちなみに、今は虹彩が恐らく水晶体に癒着してしまい、開かず、閉じずの状態になってしまっているのだと思います。
この状態だと、目の中の房水の排出が上手くいきにくいため、眼圧が上がったり、それが原因で緑内障を引き起こす...続きを読む

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Qぶどう膜炎の免疫抑制療法

右目ぶどう膜炎と診断されて4か月が過ぎました。
大学病院と漢方医に併行して通院しています。大学病院ではさまざまな検査をして、原因不明。現在点眼薬のみ(ステロイドと散瞳薬)ですが、少しずつ症状は進行しているので、後は免疫抑制療法しかないとのこと。
しかし、「免疫抑制療法で、治る人もいるし、治らない人もいる、悪くなる人もいる。治る人がなぜ治るのかは分からない」と主治医は言います。
治る確証もないのに、恐ろしい免疫抑制など受けたくありません。しかし漢方も、今のところ効果が見えません。
漢方の、局所だけを見ずにからだ全体を良くする、という理論は納得しますが、自分の場合、目以外は極めて健康なので、何だか当てはまらないような気がします・・・なにしろ数か月続けても何の変化も感じないものですから。

目を使う仕事をしているので、どうしても治したいのです。同じような経験をお持ちの方、また免疫抑制療法についてやその他の見解など、お聞かせいただけたら嬉しいです。

症状は、白目炎症と腫れ、眼痛、視力低下、霞み、歪み、中心暗点あり、網膜も炎症、目覚めた時に視野がとても暗い、などです。ビルベリー、水素タブレット、酵素などのサプリも飲んでます。少食療法も試してみました。

右目ぶどう膜炎と診断されて4か月が過ぎました。
大学病院と漢方医に併行して通院しています。大学病院ではさまざまな検査をして、原因不明。現在点眼薬のみ(ステロイドと散瞳薬)ですが、少しずつ症状は進行しているので、後は免疫抑制療法しかないとのこと。
しかし、「免疫抑制療法で、治る人もいるし、治らない人もいる、悪くなる人もいる。治る人がなぜ治るのかは分からない」と主治医は言います。
治る確証もないのに、恐ろしい免疫抑制など受けたくありません。しかし漢方も、今のところ効果が見えま...続きを読む

Aベストアンサー

「ぶどう膜炎」自体、原因疾患が分からない(分類不能)な方が3人に1人は居るそうです。
(そもそも目の中に炎症を起こす病気の総称が「ぶどう膜炎」のせいで色々まぜこぜなのが現状のようです)

サルコイドーシス、原田病、ベーチェット病のような全身の免疫異常であったり、
細菌性眼内炎やヘルペス性虹彩毛様体炎のような細菌・ウイルスの感染、
その他、真菌(カビ)、寄生虫による物だったり、強膜炎のように全身の免疫異常・感染が要因になる場合もあるそうです。
(質問者さんは目以外は健康との事なので、全身の免疫異常の問題はなさそうですね)

ただ、大学病院と漢方医の2つの通院をされているとの事ですが、
別途眼科に行ってみるのも有りかもしれないですね(他の病院ではこんな感じだったんですけど~と説明したうえで)

私は目の病気で(病名は不明でしたが)友人に教えられた地元でちょっと有名だった眼下に行ってみたら
点眼薬で1週間程度で完治した事も有りましたし(`・ω・´)

また、診断から4ヶ月程との事ですが、自覚症状が出だした時期に何か行った事(引っ越し・海水浴 等)が有れば、
まだ伝えていなければそういう事も医師に伝えてみるのが良いかもしれないですね!
(引っ越しだったら家に何らかの原因があるかもしれないですし、海水浴や水場などだったら菌類の可能性もありますし)

質問者さんの快復を祈ってます!

「ぶどう膜炎」自体、原因疾患が分からない(分類不能)な方が3人に1人は居るそうです。
(そもそも目の中に炎症を起こす病気の総称が「ぶどう膜炎」のせいで色々まぜこぜなのが現状のようです)

サルコイドーシス、原田病、ベーチェット病のような全身の免疫異常であったり、
細菌性眼内炎やヘルペス性虹彩毛様体炎のような細菌・ウイルスの感染、
その他、真菌(カビ)、寄生虫による物だったり、強膜炎のように全身の免疫異常・感染が要因になる場合もあるそうです。
(質問者さんは目以外は健康との事...続きを読む

Q硝子体手術後の見え方について

4月5日に糖尿性網膜症で、硝子体手術をしました。
術後2週間経ちますが、ほとんど視力が戻りません。
主治医の話では、ガスが抜けてくると徐々に見えてくると言われましたが、まだ見える気配がないです。
一般的に手術でガスを入れた場合、どの様にガスが抜けて、視力が戻ってくるのでしょうか??
教えてください。

Aベストアンサー

両目に同じ手術を受けました。

術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。

さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同時に気体は血液などに吸収されていきます。
水は眼の底からたまっていきますが、網膜の見え方はご存じの通り上下左右が逆ですので、上の方から水の線が降りてくるように見えます。眼の中の水が60%から70%近くなったら、水の線がちょうど視界の半分くらいにくるイメージです。水が90%位になると、水の線はほぼ消えて、今度は気体の残りが黒い丸の形となって見えます。(泡のようなものです)黒い泡は徐々に小さくなり、数日で気づかないうちに消滅します。

さて、視力の戻りですが、これは症状によって様々です。
単に網膜剥離での手術の場合だと、満水になってガーゼを取り、退院許可が出る時点で結構クリアに見えることが多いです。
ただし、あなたや私のように網膜症で手術を受けた場合、少量ながらも新生血管からの出血が完全には止まっていないことが多いです。従って、満水になっても白く曇った感じで濁りがあることがままあり、その場合視界がクリアとはいかないこともあります。この時は出血が引いて濁った水が置き換わるにつれて徐々に視界はクリアになっていきますが、期間は数週間から1、2ヶ月程度と様々ですので一般的なことはいえません。

もう一つ、硝子体手術が必要なほどの網膜症なので、手術中にたくさんレーザーを打たれたと思います。これはさらなる悪化を防ぐためにどうしても必要な措置ですのでしょうがないのですが、術前と同じ視力が出るとはあまり期待しない方が良いです。また、術後の視力が安定するには数ヶ月から1年ほど見ておいた方が良いです(これは説明を受けたはずです)

今はうつぶせや横向きを指定されている時期だと思いますが、しっかり指示を守って気体を網膜に押し当てるようにがんばってください。

両目に同じ手術を受けました。

術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。

さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同...続きを読む

Qブドウ膜炎の治療って長くかかる??

20代です。元々ぶどう膜炎と診断されていたのですが、
今年の頭に急な緑内障発作を起こし、眼科で治療を受けたところ、
虹彩が癒着しており、その手術をし、その後白内障手術もしました。


あまりにも治療が長い、と家族が心配しているのですが、
ブドウ膜炎の治療って長くかかる物なのですよね??
半年くらい通院しております。
以下に経過と、過去の眼について記します。
(わかりづらい文章で申し訳ないです)

術後、眼内レンズの調子もよかったのですが、2週間ほど過ぎると
だんだんかすんで見えるようになり、点眼とプレドニン(10ミリ)内服を
現在も継続しております。


16歳くらいのとき、コンタクトレンズの処方で医師Aの診察を
受けたとき、虹彩炎ぎみで瞳孔が癒着していると言われ、
ミドリンPを処方されましたが、点眼すると動悸がして眠れなくなる
ため、その旨を医師に伝えたら炎症も治まってきているといわれ、
ミドリンは中止になりました。

それ以来眼科にはかかることがなかったのですが、
20歳過ぎから偏頭痛時の前駆症状(眼が砂嵐のようにだんだん視界が
見えなくなる)が酷いので脳外科と眼科を受診しました。
結局、ごく普通の偏頭痛であるという結果でした。
その際、眼科の医師Bにブドウ膜炎で瞳孔の癒着が多少あるが
今のところ炎症は落ち着いていると言われました。
(たしか、目薬は処方されなかったはずです)

眼科で診てもらったのはそれっきりで、そのまま2~3年ほど普通に
生活していたところ、先程述べたように急性の緑内障発作を
起こしてしまいまして、現在は医師Cが主治医です。


これって結局、癒着していると言われたにもかかわらず定期的な
眼科受診をしなかったためなのでしょうか?
(とは言っても特に要経過観察ではなかったのですが)
現在、瞳孔の癒着をとる方法って、外科的な方法以外にあるのでしょうか?
(ちなみに術前は水晶体と虹彩、現在は眼内レンズと虹彩部分が癒着)
ブドウ膜炎って将来的に完治する病気・・・ですよね??
10年20年単位なのか、2~3年で治るものなのか、教えてください。

眼科の先生や、詳しい方、また自分もぶどう膜炎、
あるいは瞳孔が癒着しているなど、症状の似ている方、
ご意見いただけると嬉しいです。

20代です。元々ぶどう膜炎と診断されていたのですが、
今年の頭に急な緑内障発作を起こし、眼科で治療を受けたところ、
虹彩が癒着しており、その手術をし、その後白内障手術もしました。


あまりにも治療が長い、と家族が心配しているのですが、
ブドウ膜炎の治療って長くかかる物なのですよね??
半年くらい通院しております。
以下に経過と、過去の眼について記します。
(わかりづらい文章で申し訳ないです)

術後、眼内レンズの調子もよかったのですが、2週間ほど過ぎると
だんだんかすんで見...続きを読む

Aベストアンサー

経験者でもなく、専門家でもありませんので、参考までに。
ぶどう膜炎の原因は色々あり、原因不明も50%あります。おそらく多いのは自己免疫疾患による炎症ということになるかと思います。
 治療も免疫を抑制するステロイド剤のような対症療法が主体になると思います。
 体調のいいときにはある程度症状が出ないこともあるでしょうが、こじれた風邪を引いたり、免疫に負荷のかかるようなこと、もしくは体力的に無理をしていたり、ストレスを抱えていたりすると症状が悪化する可能性が常にあると考えたほうがいいかもしれません。
 現在の状況は専門家に相談するしかないと思いますが、こじれた風邪を引かない方法としては毎日ビタミンC1000mg程度飲まれるのもお勧めです。
 それと定期的にお医者さんにかかることは今後も大切かと思います。原因がはっきりしない病気である限り、ほとんど完治することもあるでしょうし、一生付き合っていかないといけないかもしれません。
 喘息、アトピー、リウマチその他自己免疫疾患はなかなか完治の難しい病気です。ぶどう膜は自己免疫病のターゲットになりやすい部位として知られています。

経験者でもなく、専門家でもありませんので、参考までに。
ぶどう膜炎の原因は色々あり、原因不明も50%あります。おそらく多いのは自己免疫疾患による炎症ということになるかと思います。
 治療も免疫を抑制するステロイド剤のような対症療法が主体になると思います。
 体調のいいときにはある程度症状が出ないこともあるでしょうが、こじれた風邪を引いたり、免疫に負荷のかかるようなこと、もしくは体力的に無理をしていたり、ストレスを抱えていたりすると症状が悪化する可能性が常にあると考えたほうが...続きを読む

Q加齢黄斑変性症の治療薬について

身内(女性)が加齢黄斑変性症と診断され、ルセンティスの投薬(注射)治療を受けてきましたが、現状維持が精いっぱいなので、アイリーアという新薬が良いということで、右目だけアイリーアを注射したところ視力が落ちてしまいました。お医者さん曰く確立の低い悪い結果になったが、目は左右違うので左目にもアイリーアを投与するように勧めてくるのですが、片目で失敗してるのに盛んに進める(同意書へのサインをその場でほしがる)医者が信用できません、実験されてるように思えてしまいます。同じ薬でも左右でまったく違う結果は出るのでしょうか?現状のルセンティスでの治療を続けたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

 アイリーアでの治療はしていませんが、私も加齢黄斑変性の治療中なので書込みます。

 私は右眼が加齢黄斑変性(AMD)になりルセンティスを2回注射しました。
検索しても治った旨の記述はなく、私もAMDは現状維持が精いっぱいと考えていました。
しかし、私は注射で、視野欠損、ゆがみが消え今は正常に見えています。
AMDは現状維持が精いっぱいではなく、私の様に治る人もいるのです。諦めないでください。

 まだ、網膜断層検査(写真)では脈絡膜新生血管(CNV)は完全に消えていませんので、治療は続けます。3割負担の医療費では大変ですが。

私も ninoueさん が、引用された医師向けの製品(ルセンティスの)情報の通り、
「片眼での安全性を十分に評価した上で側眼の治療を行うこと。」だと思います。
片眼での安全性が確認できない状態で同じ製品を別の眼に投与するのはルセンティスでもアイリーアでも危険だと思います。(ちょっと医者のスキルが心配)

後悔しない為、別の医師とも良く相談され、納得の行く治療を選択した方が良いと思います。

私は、今回の症状で、3つ病院に行きましたよ。

 アイリーアでの治療はしていませんが、私も加齢黄斑変性の治療中なので書込みます。

 私は右眼が加齢黄斑変性(AMD)になりルセンティスを2回注射しました。
検索しても治った旨の記述はなく、私もAMDは現状維持が精いっぱいと考えていました。
しかし、私は注射で、視野欠損、ゆがみが消え今は正常に見えています。
AMDは現状維持が精いっぱいではなく、私の様に治る人もいるのです。諦めないでください。

 まだ、網膜断層検査(写真)では脈絡膜新生血管(CNV)は完全に消えていませんので、治療は...続きを読む

Q眼底出血があったのですが。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
というのは、気がすすみません。
なぜかというと、造影剤の検査は、ネットで調べた結果
「医療事故」があったとのことなのです。

医者に聞けば、「造影剤」の検査をしなさいと言われるのは
分かりきっているのてすが。

症状がないなら、ほっておいてもいいですか?
それともやはり造影剤の検査をうけるべきでしょうか。
造影剤によるリスクというのはどの程度のものでしょうか。
よいアドバイスがありましたらお願いします。

ちなみに健康診断をうけたばかりですが
高血圧や糖尿病はありません。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
...続きを読む

Aベストアンサー

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機能を調べたり、アレルギーテストをしていますので、最近はまず報告を聞きません。

私も眼科医になってもう20年経ちますが、その間もう何百人の患者さんにこの検査をしたか数えられないほどです。
たまに空腹時や、逆に食事した直後に検査に来られた為に、検査中に気分が悪くなり吐いてしまった患者さんを経験してますが、意識をなくすようなショックを起こした人は皆無です。

また検査後は、しばらく注射した蛍光色素が尿中に排泄する為に、尿の色が赤ッぽく見えたり、顔色が黄色ぽく見えたりすることは誰にでもありますが一過性で心配ありません。

では、これで何が判るかというと、私たち医師が見ることの出来る網膜の下にある、医師からは見ることの出来ない”脈絡膜”という網膜を栄養している大切な組織の血液の流れがわかるのです。
まだ網膜に現れていない病気や今後起こりうるだろう出血の予想、さらには必要に応じてレーザー光線で治療する光凝固術には欠かせない検査です。

でも現在特に視力に不自由していらっしゃらないのなら、今無理に受ける必要はないでしょう。
もし万一再び眼底出血を起こした時は、ぜひ心配せずに受けてくださいね。

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機...続きを読む

Qアバスチン注射をして視力改善した方はいますか?

母が網膜静脈分枝閉塞症になりました。

ものを見る中心部に浮腫があります。

アバスチン注射を進める先生と進めない先生がいたのでどちらを信じてよいかわからないので、アバスチン注射をしたほうがよいのでしょうか?

また、アバスチン注射をして視力が上がった方はいますか?

Aベストアンサー

眼科医ではありませんが、眼科勤務なので参考までに。
私の勤務病院でも、アバスチン注射を実施し、
実際に視力改善している方は沢山いらっしゃいます。
アバスチン注射の予約数も満杯なほど、受けている方は多いです。

網膜静脈分枝閉塞症は、軽度であれば自然経過のみで改善することもありますが
浮腫が嚢胞様黄斑浮腫と呼ばれる強い浮腫の場合、視力低下は高度で、
自然経過では、視力改善は厳しいです。
悪化し、手術適応となる場合もあるでしょう。

網膜静脈分枝閉塞症に対しアバスチン注射を実施し
視力改善した方もいれば、黄斑浮腫が再発した方もいらっしゃいます。
やはり個人差はありますね。

ですが、アバスチンでは大きな事故も起きておらず、病院での治療数も
増えてきているので、試してみるのも良いかと思います。
手術しなくても視力改善できれば喜ばしいですしね^^
個人差があることは、どうかお忘れなく。

Q糖尿病網膜症のレーザー治療費

糖尿病による網膜症で眼科からレーザーによる治療を勧められました。
1年位前に受診した眼科では1回目の治療費が2万円弱かかりましたが、2回目以降はそんなにかかりませんでした。また、飲み薬も処方されました。
今回別の眼科にかかったのですが、左右3回づつのレーザー治療が必要で毎回2万円位かかると言われました。
どういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

糖尿病網膜症のレーザー治療費は、診療保険点数が17900点ですので、2割負担でこの点数を2倍、3割負担で3倍にしたのが負担額となります。
しかし、これも1眼の費用です。ですので、両眼となると、この倍は掛かります。
ですが、処置後半年間はレーザーの追加が必要となっても無料で施行されます。しかし、診療費は別計算になります。

Q片目の視野の中心が黒く曇ります。これは目の病気でしょうか。

朝起きたら右目だけが視点の中心が黒く曇り、見えづらいです。大きな文字は読めますが、小さな文字はもうボヤケて読めません。
青い空を右目で見て気がついたのですが、視野の中心に丸く黒い物が透けて見えます。
この黒い物は時々、見えたり見えなかったりします。

39歳男、PCを使う仕事に従事しています。
左目は普通です。頭痛も吐き気もなく右目も痛くはありませんが、字を読むとかなり違和感があり気分が悪くなります。
これは目の病気でしょうか…

Aベストアンサー

39歳とお若いですが、「加齢黄斑変性」が疑われます。加齢とともに物を見たときの像を結ぶいちばん大切な網膜の中心部(黄斑部)にルテインという抗酸化物質が少なくなって、像がゆがんだり、像の中心部が黒くなり、次第に視力を失っていく怖い眼病です。
アメリカでは、失明の第1位。日本では、失明の第3位と。増えている眼病です。
眼科へ直行ですね。お大事に。

参考URL:http://www.arkshoin.com/product/36.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング