がん保険(アメリカンファミリー)に加入しました。親しい人から勧誘されて安いこともあって加入したのですが、この保険は年末調整時の生命保険料などの控除対象になるのでしょうか?どなたか詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

生命保険料控除の対象になる生命保険契約及び個人年金保険契約等の保険料や掛け金は(個人年金保険契約の場合、その者の身体の障害又は疾病・その他これらに類する事由に基因して保険金・共済金その他の給付金を支払う旨の特約に係る保険料又は掛け金を除く)以下のものに限られています。



=生命保険契約等=

契約の範囲が以下に該当する者
(1)生命保険会社又は外国保険事業者の締結した生命保険契約(保険期間が5年に満たない生命保険契約で、生存保険等及び外国保険事業者が国外において締結したものを除く)
(2)簡易生命保険契約(旧郵便年金契約を除く)
(3)農業共同組合等の締結した生命共済に係る契約(共済期間が5年に満たない生命共済で生存保険等を除きます)
(4)財務省大臣の指定した生命共済に係る契約
(5)法人税法第84条第3項に規定する適格退職年金契約

受取人が以下に該当する者
本人・配偶者・その他の親族

保険料又は掛け金の払込みについては、限定無し

保険金の受け取り方法については、限定無し

=個人年金保険契約=

契約の範囲が以下に該当するもの
(1)生命保険会社又は外国保険事業者の締結した生命保険契約(保険期間が5年に満たない生命保険契約で、生存保険等及び外国保険事業者が国外において締結したものを除く)のうち、年金の給付を目的とするもの

(2)簡易生命保険契約(旧郵便年金契約を除く)のうち、年金の給付を目的とするもの

(3)農業共同組合等の締結した生命共済に係る契約(共済期間が5年に満たない生命共済で生存保険等を除きます)のうち、年金の給付を目的とするもの
(4)財務省大臣の指定した生命共済に係る契約のうち年金の給付を目的とするもの

受取人が、本人又は配偶者のもの

保険料又は掛け金の払込みが、年金支払開始前10年以上の定期払込みのもの

年金の受け取り方法が、60歳以後のもので10年以上の定期年金又は終身年金のもの

以上に該当するものであれば、全て生命保険料控除の対象になります。

簡単に判別する方法としては、毎年10月から11月に保険会社から送られてくる生命保険料等の控除証明書に「一般」等の記載のあるものは、一般の生命保険料控除の対象で、「年金」等の記載のあるものは、個人年金保険料控除の対象になります。

控除額の上限は、一般・年金各50,000円になっています。

ちなみに、21世紀がん保険・新健康応援団MAX(21世紀がん保険+特約MAX21)は、100%確実に生命保険料控除の対象になります。
    • good
    • 5

はい。

生命保険の控除対象になります。
保険金受取人が、本人・配偶者・その他親族の場合ですが

所得税に対しては、年間正味払込保険料が
2万5千円以下は、全額
2万5千円を超え5万円以下は、(その金額×1/2)+12500円
5万円を超え10万円以下は、(その金額×1/4)+25000円
10万超えは、一律5万円
が控除の対象になります。

住民税に対しても、支払ってない人よりは、別途計算方法で所得割が少なくなりますので、忘れず出してくださいね.
    • good
    • 1

きっぱり、



なります(^_^)
    • good
    • 0

確か、なったと思います。


私も、アメリカンファミリーに加入しております。
時期になれば、控除証明書が郵送されてくると
思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアフラックの古いがん保険は見なおしたほうがよい?

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。

去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。

まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。

保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。

 診断給付金 100万円(85歳まで)
 入院給付金 1日1万円(85歳まで)
 がん手術特約 20万円(85歳まで)
 がん通院特約 5千円(85歳まで)
 抗がん剤治療特約 月額5万円(10年)
 がん先進医療特約 技術料(10年)

これで月額3600円です。

85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。
抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。

アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

【質問1】
現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。
これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。

【質問2】
昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?

年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通りです。
では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか?
15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか?
その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか?
確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、
将来のことも考えなければなりません。
なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。

アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。
この点は、評価して良いと思います。
フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や
21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を
発売しました。
今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には
DAYSプラスという方法で対応しているようです。
(ネットの内容が全てではありません)

終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、
残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。
(医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます)

がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、
DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。
となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、
とても重要な要素になると考えて良いと思います。
以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。

ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。

(Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?
(A)これは、微妙な問題なのですよ。
確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、
がんで死亡しなければ意味がないので、
予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。
しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。
その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは
予想されていなかったので、保険料が安価なのです。
(現在の罹患率は、2人に1人です)
今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、
保険料がとても高くなります。
スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、
この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。

平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、
では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。
今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。
今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。
厚生労働省の患者調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
表35から計算できます。
質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。

また、患者調査には、統計の落とし穴があります。
30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、
統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。
でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。
保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。
しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが
決して珍しくないのです。
だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。

どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。
でも、それを判断するためのデータは、
正しいものを集めなければなりません。
間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。

>アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。
一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は
信用できません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通...続きを読む

Q20代にはガン保険は不要ですか?

今年度から働き始めた新社会人です。職場に生保のセールスレディーの方が来たので、保険に入りました。ガン保険特約については「若年性のがんは進行が早く、すぐ亡くなってしまうから、まだ不要だと思います(通常の入院特約でカバーできる期間で亡くなってしまう)」と言われたので、ガン保険特約は付けずに普通の入院特約だけ付けた保険に入りました。
今になって少し不安になってきまして、20代のガンは長引かずにあっさり亡くなるものなのでしょうか?教えてください。
ちなみに性別は男性です。

Aベストアンサー

そもそもセールスレディーが、がんにかかったら亡くなるという前提で話をされていること自体が事実と違うのではないでしょうか。

がんと診断された後の5年生存率(一般的には5年生きていれば再発の心配がないといわれる)は6割を超えています。
あっさり亡くなるのは4割以下。6割以上の人は、がんを克服するかあるいはがんと共存しながら生活するのです。

若い人のほうが体力があるので、手術や副作用のある抗がん剤治療など積極的な治療が可能です。一方で高齢者は体力とのバランスを考えて、積極的な治療よりもがんと共存しながら少しでも寿命を延ばす治療が選択されることもあります。

手元に年齢別の5年生存率のデータがないのでここから先は推測に過ぎませんが、若い人のほうが亡くなる率が高いと考えるのは不自然。むしろ積極的な治療が可能な分、完治する確率も高いと思われます。
早く亡くなるから治療費が安く済むわけではなく、短期勝負でご自身が納得のいく治療を受けるための経済的な裏づけは必要だと考えます。
もちろん、それを保険ではなく貯蓄で準備するという選択も可能です。
がん保険というのは亡くなることを前提にした保険ではなく、がんになっても生きたいという人のための備えです。
がんにかかったら死ぬ覚悟なら、普通の医療保険と死亡保険で病院に支払う費用はまかなえるでしょう。

ちなみにいずれがん保険に加入しようと考えているのなら、保険料を試算してみるといいと思います。
終身型のがん保険を80歳になるまで払い続けたとして、20歳で加入した場合と40歳で加入した場合では、20歳で加入した場合のほうが支払い総額が数十万円安くなるはずです。ご参考まで。

そもそもセールスレディーが、がんにかかったら亡くなるという前提で話をされていること自体が事実と違うのではないでしょうか。

がんと診断された後の5年生存率(一般的には5年生きていれば再発の心配がないといわれる)は6割を超えています。
あっさり亡くなるのは4割以下。6割以上の人は、がんを克服するかあるいはがんと共存しながら生活するのです。

若い人のほうが体力があるので、手術や副作用のある抗がん剤治療など積極的な治療が可能です。一方で高齢者は体力とのバランスを考えて、積極的...続きを読む

Q共済は生保控除の対象になる?

県民共済に加入しています。
先日、保険勧誘の方に「県民共済は、年末調整の生命保険控除の対象にはならないからせっかく掛けてももったいない」と言われましたが本当でしょうか?
まだ、加入したばかりです。
掛け金は扶養家族の分も含めて、年間12万円です。
それから、「県民共済は一度保険を支払われた後、保険を継続できない」とも言われました。それは本当でしょうか。そういえばどこかの医療保険のCMで【何度でもお支払いします。】というセリフが耳に残っているのでそうゆうこともあるのかなあと信じてしまいそうで・・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いえ、両方ともそんな事はありません。県民共済も生命保険料控除の対象となります。確か11月頃には保険料控除証明書が契約者宛に届きます。なお、県民共済の場合やコープ共済の場合は生命保険料控除証明書と損害保険料控除証明書が一緒になっている場合もありますので注意が必要です。

保険の継続については保険料を払い続けている限りは大丈夫です。但し、同一の保険事故における入院保障などについては限度日数までで終わりです。それは生命保険も同じです。なお、共済の方が限度日数が長いケースが多くあります。それは保険外交員が保険料を少なく見せかけるために限度日数を少なくしているケースが良くあります。
ただ、共済の場合、均一保険料の為、加入する年齢に限度がある事など色々な所で生命保険と異なる部分があります。

いずれにしても、高い商品、長い商品ですから見極めが必要です。また、生命保険の場合は当初の外交員がすべてを握っているとも言えます。信頼できる人、途中で辞めてしまわない人を選ぶ事も必要です。途中で担当が全く知らない人に代わってしまったりして、保険請求をしようとしたら知ってる人がだれもいないというのは本当に心細いものです。共済の場合にはそういう勧誘制度がない分、窓口がハッキリしていて良いとも思うのですが。


なお、他の質問でも紹介したのですが、現在発売中の週刊朝日2003年4月18日号の特集は『「いい共済」「悪い共済」徹底比較 全労済、JA共済、CO・OP共済、都道府県民共済 生保とどっちが得か?「安い掛け金」のメリットと限界』という特集があります。参考にされてはいかがでしょうか?週刊朝日は毎週火曜日発売ですが、都内の主要駅での駅売りでは日曜日、一般の駅売りは月曜日、コンビニ等は火曜日ですのでお早めに。増大号なので320円です。

いえ、両方ともそんな事はありません。県民共済も生命保険料控除の対象となります。確か11月頃には保険料控除証明書が契約者宛に届きます。なお、県民共済の場合やコープ共済の場合は生命保険料控除証明書と損害保険料控除証明書が一緒になっている場合もありますので注意が必要です。

保険の継続については保険料を払い続けている限りは大丈夫です。但し、同一の保険事故における入院保障などについては限度日数までで終わりです。それは生命保険も同じです。なお、共済の方が限度日数が長いケースが多くあ...続きを読む

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Qがん保険に加入せずに癌になった場合

お金がなかったら、どうなるのでしょうか?
自宅静養で死を待つのみになるのでしょうか?
低所得なら治療もうけれませんよね?自殺しかないのでしょうか。

Aベストアンサー

病院によって違うと思いますが分割で治療費を払っていくことになると思います。

Q年末調整 妻の保険料控除も受けれるのか

年末調整の担当者になりましたが、経験が浅く困っていることが何点かあります。

先日社員から、「生命保険料控除は、自分の保険だけでなく、妻が入っている保険についても、控除証明書を提出することができるのか?」と聞かれました。
例えば、扶養に入っている妻の保険の分は提出できるが、扶養に入っていない妻の分は
提出できない(たとえば妻の収入が103万円以上の場合は、妻の保険料控除は妻の勤務先で行う、など・・・) といったルールがあるのでしょうか?

詳しい方、教えていただけると嬉しいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

>妻が入っている保険についても、控除証明書を提出することができるのか?」と…

生保控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受けられるだけです。
妻が払ったものを夫が申告すること、およびその逆は原則としてできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられたり、妻のカードで決済されているような場合は、夫にはまったく関係ありません。

>例えば、扶養に入っている妻の保険の分は…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ、年末調整うんぬんとのことなので、1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫が会社員等なら今年の年末調整で、夫が自営業等なら来年の確定申告で、それぞれ今年分の判断をするということです。

いずれにしても、生保控除とは何の因果関係もありません。
あくまでも「生計が一」かどうかだけです。
妻が何百万稼いでいようと、明らかな別居状態でない限り、夫婦は「生計が一」と見なされます。

>たとえば妻の収入が103万円以上の場合は、妻の保険料控除は妻の勤務先で行う、など・・・) といったルール…

などありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>妻が入っている保険についても、控除証明書を提出することができるのか?」と…

生保控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受けられるだけです。
妻が払ったものを夫が申告すること、およびその逆は原則としてできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられたり、妻のカードで決済されているよう...続きを読む

Q複数の保険会社に加入してても一社からしか出ないの?

健康保険、損害保険、生命保険、いろいろありますが、
例えば、健康保険で、複数の保険会社に加入したとします。
保障内容も同じであるとすると、
保険が適用できる場合、加入している保険会社全部から
保険金が支給されるのでしょうか?

それともある保険会社から支給された場合、
他の保険会社は支給してくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支払いますから損害保険型です。

生命保険会社や、損害保険会社の医療保険、これは、1日あたり、契約額を支払いますという内容ですから、入院費がいくらかかるとか、差額ベッド代が実際はいくらかかったかに関係なく支払われる生命保険型です。
自動車保険の搭乗者傷害保険は、これも入院あたり1日1万円とか、決められた額を払いますので生命保険型です。

これからが本論ですが、
損害保険型の保険は、複数の保険会社に保険をつけていても、損害額の上限で打ち切りです。
支払は、契約が一番先の会社とか、複数の会社で按分とか、これは、それぞれの約款に書いてあります。

生命保険型は、複数の会社にかけていても、それぞれ、重複しても支払われます。


但し、ここからも重要なのですが、保険金詐欺や、保険金殺人などの犯罪を防ぐために、保険は、同じような種類の保険に入ろうとするときは、保険会社にその内容を告げなければなりません。これを告知義務あるいは、先に入っている保険会社に対しては、通知義務というのがあります。

これに違反して黙っていると、どちらの保険も解除されて、事故が起きても、どの保険会社からも支払われないということがあり得ます。

だから、同じような中味の保険に入る際には、必ず申告しましょう。高いお金を払って、一銭も出ないということを防ぐために。

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Q夫の扶養に入っているが、確定申告と年末調整、どちらをすればいい?

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の健康保険に切り替え、扶養に入りました。

もうすぐ年末調整の時期ということで、派遣会社から源泉徴収票を取り寄せ確認したところ、1月~退職日までの収入金額が約113万円でした。

ここでお聞きしたいのが、
1)夫の扶養家族として、夫の会社から渡される年末調整の申請書に必要事項を記載すればきちんと処理されるのか?
それとも私の分だけ来年になってから確定申告をするのか?
どちらがよろしい(正しい)のでしょうか?
(無知すぎて質問自体がおかしいかも知れません‥)
2)また、もし私が確定申告をするのであれば、夫の会社から渡される年末調整の用紙には、扶養であっても私の事は一切、何もかかずに提出していいのか?

よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

本当に無知すぎてお恥ずかしいのですが、毎年、年末調整やら確定申告のことになると頭を悩ませています‥。
それに今年は途中で仕事をやめたり、夫の会社の健康保険に入ったりと色々あり、どうしたらいいのかと色々調べている次第です。
詳しい方がいましたら、どうか教えていただければ‥と思います。

よろしくお願い致します。

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず給与所得の収入金額等の欄に1130000と書きます、その横に650000とすでに印刷されていますね、1130000からその650000を引いた金額480000をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄がありますね、そこにその480000を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表がありますね、左側のA欄の金額で先ほどの480000は「450000円から499999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が310000円となっています、この31万の31をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。
これが一応の手順です、これで夫は31万の配偶者特別控除が受けられます。

>(2)

繰り返しになりますが質問者の方の確定申告は妻側の税金の処理、夫の会社から渡される年末調整の用紙は妻の収入は書きますがあくまでも年末調整という夫側の税金の処理ですから混同しないように。
それぞれ別々の処理ですから、どちらか一方をやればもう一方はやらなくてもよいということはありません、どちらも処理もそれぞれ必要です。

>よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

103万を超えているいないにかかわらず所得税が天引きされていれば、確定申告をすることによって例えわずかでも還付がありますのでやったほうがいいと思いますが。

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず...続きを読む

Qアフラック 21世紀がん保険について

こんばんは 
早速なのですが、独身時代に主人が保険会社の方にいわれるがままに上記の保険に加入していたことが先日わかりました。
内容は月々5,800円の終身保険で、

初めて診断されたとき 100万円
入院給付金 1万円
通院給付金 5千円
手術給付金 1回につき 20万円
がん高度先進医療給付金 1から140万円
死亡保険金 10万円

という内容の商品でした。
毎月これだけの金額をがんだけに払っているのは終身と言えど高いような気がするのです。
がん保険プラスの総合終身医療保険に乗り換えるとしたらどのような商品がおすすめでしょうか。キュアなども検討したのですが、今一分かりません。月々5千円位で抑えられればと考えています。
アフラックからはEVER HALFの案内がきましたが、結局60歳までに半額になる分を払い込む商品で言葉だけの全くお得でない商品のような気がしています。
是非ともアドバイスをいただきたく宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>毎月これだけの金額をがんだけに払っているのは終身と言えど高いような気がするのです。

5800円だったら、他に特約とか付いてませんか?ワイドとかMAXとか死亡保障とか。
なにぶん、ご主人様の加入時年齢が分からなければ、何ともコメントしようがありませんが、独身時代・・・とか言ってるくらいだから、おそらく30位として・・・・
#1様が仰せのとおり、35歳加入でも、そんなもの。
しかも、2口加入だったら、2口目は割引あるので、単純に2倍にならないんですよ。値段が。

>毎月これだけの金額をがんだけに払っているのは終身と言えど高いような気がするのです。
金額的に解せないので、特約付加の有無とか確認ください。

>がん保険プラスの総合終身医療保険に乗り換えるとしたらどのような商品がおすすめでしょうか。
基本的に、貯金がある。数十万の自由なお金(具体的には、高額療養費申請して還ってくるまでの治療資金が手元にある。ローンや、クレジットカードのキャッシング枠でも可。)があるならば、医療保険は不要です。

なお、がん保険は、入っておかないと、がんになった際に、本当に財産を失いかねない治療費になるケースもありますので、必ずがん保険には加入するように。

もう一度、冷静に、保険証券を見てください。

あと、月々の支払いの比較をするのもいいですが、出口(保険金の支払い)とかも目を向けてください。業歴の長い会社、給付実績がある会社は心強いです。
その点、アフラックは、がん保険給付実績は、他社の比ではありませんので、その点は極めて安心できます。

>毎月これだけの金額をがんだけに払っているのは終身と言えど高いような気がするのです。

5800円だったら、他に特約とか付いてませんか?ワイドとかMAXとか死亡保障とか。
なにぶん、ご主人様の加入時年齢が分からなければ、何ともコメントしようがありませんが、独身時代・・・とか言ってるくらいだから、おそらく30位として・・・・
#1様が仰せのとおり、35歳加入でも、そんなもの。
しかも、2口加入だったら、2口目は割引あるので、単純に2倍にならないんですよ。値段が。

>毎月これだけの金額...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報