最新閲覧日:

役場の職員です。さて、町内の街路灯の電球交換など管理をしているのですが、
電力会社の電柱に取り付けられているものが多くあります。
最近になって「電気事業法で、電検の資格のない者は電柱に登ってはいけないらしい」と聞きました。
旧来から職員がはしごを掛けて、電球交換を行っていますが、法的に問題はないでしょうか?

A 回答 (1件)

 しろうと考えで申し訳ありませんが、


 「はしごをかけてのぼる」のは、「はしご」にのっているのであって、「電柱」に登っているのではないのではないでしょうか。街路灯の高さから見れば、はしごで届くでしょう。
 電柱ははしごを支えているだけです。

この回答への補足

今の所電力会社にも文句言われてないので
そのまま続けます。
締切が遅くなりすみません。

補足日時:2001/05/23 04:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
さてさて、電柱を使って登ることがいけないのか?
手段は何にしろ電柱に行為をおよぼすことがいけないのか?
私は後者だと思うのですがどうでしよう。
ちなみに街路灯は電線(架線)の下、6m以下と決められておりますです。
電力会社に直接聞いた方がええのかな?
ダメだとしたら今までのこといろいろ言われそう。

お礼日時:2001/04/12 01:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ