ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

ヒヤシンスって合弁花ですか?離弁花ですか??

A 回答 (1件)

ヒヤシンスはユリ科で単子葉植物ですので、


通常、合弁花、離弁花の区別はしません。
このような区別は、通常双子葉植物で行うものです。

ただし、あえて区別するとすれば、ユリの花弁(この場合は花被)は
離生ですので、離弁花と言って良いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合弁花と離弁花の違いについて

今、子供と一緒に花のつくり(花びらの数)について調べています。
花には合弁花と離弁花があって、タンポポやヒマワリは花びらがたくさんあるように見えて、じつは花びら1枚の花が集まって1つの花をなしている合弁花なのだと知って感心しています。(これは正しいでしょうか?)

そこで、合弁花と離弁花の違いですが、アサガオやキキョウなどのように花びらがくっつているものは合弁花であるとすぐわかるのですが、タンポポやヒマワリのように一見離弁花のようでじつは合弁花であるというものはどういうふうに見分けたらいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既にご存じのようですが、花弁(=花びら)が合着していれば合弁花、一枚一枚離れていれば離弁花です。
雌しべの数で決まるものではありません。

>たんぽぽやひまわりは合弁花ではなく、集合花と言います。
集合花というのは、花が集まった「花序」の概念であって、
花弁が合着しているかどうかで決まる、合弁・離弁とはまた別の概念です。
(集合花というのは、実際はあまり聞かないものですが・・・)

キク科の場合、筒状花を基準としているようで、合弁花に分類されています。
マリーゴールドもキク科ですから、同じく合弁花です。
センニチコウでは、色が白とか赤とか紫に見えるものは、苞(苞葉;花序の中の部分にある葉が変形したもの)と呼ばれる器官です。
よく見ると、その中に小さい花があるのが分かると思います
(十分に成長していないと、咲いていないかもしれないので、分からないかもしれませんが。)。
例えば、
http://www6.plala.or.jp/canpost/flower/sennichiko.htm
の写真の中の、白いぽつぽつが花です。
その小さい花を調べると、花弁が一枚一枚分かれていて、離弁花であることが分かると思います。

例外もあって、ウリ科は合弁花を持っていても、離弁花類として扱われているそうです。
理由は、分かりませんけど(ちゃんと調べるべきでしょうけど、すみませんが、ここでは割愛させていただきます。)。

進化学的には、離弁花より合弁花の方が進んだ植物と考えられています。

・・・と書き込もうとしたら、新しい答えが出ていましたね(^^;

既にご存じのようですが、花弁(=花びら)が合着していれば合弁花、一枚一枚離れていれば離弁花です。
雌しべの数で決まるものではありません。

>たんぽぽやひまわりは合弁花ではなく、集合花と言います。
集合花というのは、花が集まった「花序」の概念であって、
花弁が合着しているかどうかで決まる、合弁・離弁とはまた別の概念です。
(集合花というのは、実際はあまり聞かないものですが・・・)

キク科の場合、筒状花を基準としているようで、合弁花に分類されています。
マリーゴールドもキ...続きを読む


人気Q&Aランキング