貯留槽、湖、沼の底、中間、表層(上澄み)の試料を採取してその各部の違いを
調査する場合、市販のもので、何か良いものありますか?
 
 特に、底が汚泥状態だと、市販のたとえば、ハイロート採水器というがありますが、これだと、汚泥は瓶の中に入りずらいのではと思われます。

 何か、自分で工夫して自作した方がよいかも知れません、、。
何か良い方法があればご教示ください。お待ちしております。

A 回答 (1件)

大きな湖とか海とかならバンドーン採水器があります。

ただし、大きいもの(大体50cm)しかないので細かく層を分けることは出来ないと思います。
質問の中で底の汚泥を取りたいような記載がありますが、基本的には底層の水を採取するときに底に堆積したものは混入させてはいけないと思います。底に溜まったものは底質として別途取り扱うべきでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q汚泥のpH低下

 ある汚泥をしばらくの期間、ばっ気、攪拌しておくとpHが6から3くらいにまで下がりました。いろいろ理由があると思いますが教えてください。
 また、このpH低下が原因で自己消化率が低下することはあるのでしょうか?その場合、苛性ソーダなどで中和すれば回復するのでしょうか?

Aベストアンサー

活性汚泥槽でPHが下がる原因は一般にBOD負荷量が少なく過曝気状態になって、窒素分がNO3-N態になるからです。苛性ソーダでの中和も可能ですが、適正なBOD負荷(0.1~0.4kg/m3・day)を曝気量をD0が2~3mg/L程度に保って運転すべきです。

Q活性汚泥について

「活性汚泥に出現する微生物の分類」についての質問なのですが、大まかに分類すると、細菌類、菌類、藻類、原生生物、微小後生動物の5分類になるのでしょうか?
また、菌類及び藻類の代表的指標微生物にはどのような微生物がいるのかが良くわかりません。良ければ、各分類ごとの代表的指標微生物及び特徴を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

菌類(カビ類)及び藻類は良好な活性汚泥中にはめったになく増殖した場合
は沈降性が阻害されるなどの影響がでます、そのためネット上でも活性汚泥中
の菌類(カビ類)及び藻類の情報はあまりみつかりませんでした。

参考になるものとして

活性汚泥の微生物はどんなものなの?
http://www.city.yokohama.jp/me/cplan/mizu/qa/syori/001.html

その他

活性汚泥-微生物研究
http://www.sanyosetsubi.co.jp/kassei_odei.htm
藻類についてはHP下の方

はたらく微生物
http://www.water.city.nagoya.jp/report_pages/condition_pages/sewer_pages/biology.html

水をきれいにする微生物
http://www2.gunmanet.or.jp/khiroshi/know/microorg.html

参考URL:http://www.city.yokohama.jp/me/cplan/mizu/qa/syori/001.html,http://www.sanyosetsubi.co.jp/kassei_odei.htm,

菌類(カビ類)及び藻類は良好な活性汚泥中にはめったになく増殖した場合
は沈降性が阻害されるなどの影響がでます、そのためネット上でも活性汚泥中
の菌類(カビ類)及び藻類の情報はあまりみつかりませんでした。

参考になるものとして

活性汚泥の微生物はどんなものなの?
http://www.city.yokohama.jp/me/cplan/mizu/qa/syori/001.html

その他

活性汚泥-微生物研究
http://www.sanyosetsubi.co.jp/kassei_odei.htm
藻類についてはHP下の方

はたらく微生物
http://www.water.city.nagoya...続きを読む

Q貯留施設の特徴とその限界

貯留施設の建設は、水資源開発の有力な手段であります。貯留施設による水資源開発の特質について教えてください。また、後発の水資源開発ほどダム建設は不利となる理由を教えてください。

Aベストアンサー

水資源開発には次の3つの方法があると考えます。
1)ダムからの補給
2)他の河川からの導水
3)水利権の転用(例えば農業用水を上水に転用する)
ちなみに、森林整備でダムの役割を果たそうとする、民主党の「緑のダム構想」は、科学的根拠があまりにも希薄です。科学的に見ると、森林はダムの代わりには到底なりえません。
さて、ひとつ目の質問、貯留施設(ダム)による水資源開発の特質ですが、ダムには水を貯める機能とその水を下流に補給する機能があります。ダムへの流入量が多く、利水補給の対象となる河川の流量が十分にある場合には、流入量>放流量となり、ダムへ水を貯めることができます。その貯めた水を利水補給の対象となる河川の流量が不十分な時にダムから放流して河川から水を取水できるようにするのがダムによる水資源開発です。
では、その他の水資源開発方法に目を向けてみます。2)の導水ですが、有名なのが利根川の水を荒川に導水している武蔵水路です。ただし、武蔵水路による水資源の水源は全てダムに頼っています。つまり、理論的にはダムに頼らない単独の導水計画もあり得ますが、現実的には、導水の水源のためにダムが必要になります。3)の水利権の転用ですが、最近、農業用水が余ってきていることが指摘されています。その農業用水を水道用水に転用できれば、最も安価な水資源開発と言え、注目すべき方法と考えます。ただし、この方法を採用するには利水者間の調整が非常に難しく、実現した例はほとんどないのが現状です。
したがって、ダムが最もその機能を十分に発揮できる確実で現実的な水資源開発の方法であると言えます。

一方、ダムによる悪影響を列記してみます。
1)ダムを建設するには莫大な費用がかかります。
 ダム建設には、ダム本体だけではなく、工事用道路や水没する道路の付け替えなど道路工事にもかなりの費用がかかります。また、用地買収費もかなりの額になります。
2)水没による住民移転が伴います。
 多くの場合、水没によって、生活の場を失う住民が出てきます。その住民にとって大問題であることはもちろん、地元自治体にとっても産業構造が変わるなどの影響があり、ダムができるということは、そこに住む人にとって、非常にインパクトの強い出来事になります。
3)自然環境が変化します。
 もともと川だったところが湖になるわけですから、自然環境が激変すると言っても過言でないでしょう。

このように、ダムは最も確実かつ現実的な水資源開発方法ですが、悪影響も見落とせません。したがって、ダムを建設するかどうかを判断するには、悪影響の的確な予測と水資源開発の必要性の見極めが非常に重要になります。

長くなりましたが、ふたつ目の質問に移ります。後発の水資源開発ほどダム建設は不利となる理由です。ダムの貯水容量を開発水量で割った値を開発効率と言います。後発のダムほど開発効率が大きくなる、すなわち、同じ開発水量を生み出すのに必要な貯水容量が大きくなり、したがって、ダム建設費も高くなるというのは事実です。それは何故か?
最初の質問で説明したとおり、ダムからの水の補給は、河川の流量が少ない時に行います。ダムのない状態の河川の流量は、ダムがある場合に比べて、大きく変化しますから、先発ダムの補給は「穴埋め」のような感じで行います。ダムが増えてくると河川の流量変化が小さくなりますから、流量を増加させようとするダムからの補給は「上乗せ」のような感じになります。つまり、「穴埋め」よりも「上乗せ」の方がより多くの水量が必要になるというのが理由です。

水資源開発には次の3つの方法があると考えます。
1)ダムからの補給
2)他の河川からの導水
3)水利権の転用(例えば農業用水を上水に転用する)
ちなみに、森林整備でダムの役割を果たそうとする、民主党の「緑のダム構想」は、科学的根拠があまりにも希薄です。科学的に見ると、森林はダムの代わりには到底なりえません。
さて、ひとつ目の質問、貯留施設(ダム)による水資源開発の特質ですが、ダムには水を貯める機能とその水を下流に補給する機能があります。ダムへの流入量が多く、利水補給の対象...続きを読む

Q活性汚泥の種菌について

活性汚泥法である毒性のある廃液を処理しようと実験をしようとしています。
知り合いから、活性汚泥の種菌を揃えていて、販売してくれる業者さんが有ると聞きました。
ただ、その知り合いもうろ覚えで詳しいことが判らず、困っています。
もし、そのような業者さんをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

始めまして。
補足より、処理目的物質はヒドラジン類と思われます。
活性汚泥法は好気性処理ですが、還元性物質が多く含有している場合は、DOが低下して嫌気状態となります。よって、好気性処理が出来る状態に前処理を行なわなければなりません。もし、低濃度のヒドラジン類であれば、微生物を投入する前に曝気のみでアンモニア性窒素にまで一次分解を行ないます。この状態であれば土壌菌レベルでも硝化が行なえます。(接触曝気法など)
高濃度の時は、苛性ソーダ等のアルカリ剤でpH11以上でも分解します。この場合はアンモニアストリッピング法でアンモニア性窒素を分離した後、通常の活性汚泥法で処理を行なえると思います。但し、銅やニッケル等の金属イオンが含有していると、先に分離処理が必要です。

Q活性汚泥の管理システム

活性汚泥による廃水処理は、専門の技術者などが管理しないとうまく処理できませんよね.
そこで、これまで数多ある活性汚泥の管理技術、判定基準などをまとめてコンピュータなどでシステム化できれば、管理もいくらか楽になるし、便利なのに・・・と考えたりしています。
現在のところそういったシステムというのはあるのでしょうか?それとも、そんなものを作ってしまったらいままでそれを食い扶持にしてきた人たちの仕事がなくなってしまうから、作らないのかな?

Aベストアンサー

畜産廃水処理ですが、以下のものを募集しています。

*********************転載自由ここから************************
このメールは転載自由です。関係のあるメーリングリストや掲示板等への転載をお願いします。

=============================================================
  「活性汚泥判断システム(試作版)」の試用者募集について
=============================================================

畜産環境技術研究所(ILET)では、畜舎汚水の活性汚泥処理施設の管理を補助するシステム(以下「活性汚泥判断システム」)の作製を行っております。

「活性汚泥判断システム」は、活性汚泥処理施設に問題が起きた場合に、一般畜産農家が解決策を立てるのを手助けするためのプログラムです。プログラムは、曝気槽の様子や汚泥の顕微鏡観察について一問一答の質問に数回答えることによって、解決策が得られるようになっています。顕微鏡観察は難しいと思われるかもしれませんが、イラストや写真等を使ってサポートすることにより、容易にできるようになっています。

現在、プログラムの骨子はできあがっているのですが、実際の試用を通して調整する必要があると考えています。そこで、「活性汚泥判断システム(試作版)」を試しに使っていただける人を募集します。

募集期間は2002年7月1日から2002年9月30日までです。

顕微鏡や測定器具を持っていない場合には、貸し出しいたします。試用者の条件等、詳しくは、以下のページをご覧ください。
http://ns2.shirakawa.ne.jp/~ilet/kkk/kasseiodei/handan_bosyu.html

なお、「活性汚泥判断システム」は、完成後はインターネット上に一般公開する予定にしておりますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

連絡先:畜産環境技術研究所 長峰孝文
    e-mail: ilet2@shirakawa.ne.jp
**********************転載自由ここまで************************

参考URL:http://ns2.shirakawa.ne.jp/~ilet/kkk/kasseiodei/handan_bosyu.html

畜産廃水処理ですが、以下のものを募集しています。

*********************転載自由ここから************************
このメールは転載自由です。関係のあるメーリングリストや掲示板等への転載をお願いします。

=============================================================
  「活性汚泥判断システム(試作版)」の試用者募集について
=============================================================

畜産環境技術研究所(ILET)では、畜舎汚水の活性汚泥処理施設の管理を補助するシステム(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報