祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

看護研究のアンケート作成について
病棟の看護研究で、研究計画書を作成しながら過去に同様の質問紙(アンケート)がないか文献検索をしていますがなかなかみあたりません。
質問紙(アンケート)は新たに作成すると、比較対象がないのでつくらず探したほうがよいといわれています。
看護研究に取り組むのは個人的に4年ぶりなのですが、アンケートを作成するのはやめたほうがいいのでしょうか?アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

看護系大学で心理学を教えている教員です。



ご質問のように、質問紙調査を実施するとき、通常は、同様の質問紙や、既存の尺度を用います。
それは、過去に報告されたデータがあれば、その結果との比較考察が可能だからです。
とくに、いわゆる「尺度」と呼ばれるものでは、一定の手続きにしたがって作成され、その信頼性や妥当性が確認されていますし、下位尺度ごとに、あるいは、尺度全体について、「得点」が算出できるようになっていますので、ある特性を測定し、比較検討することが可能になっているからです。
このように、たとえば、「不安」を測定する、あるいは、「自尊感情」を測定するということを目的とする場合、それらに適した「尺度」がすでに先行研究から作成されていますので、既存の尺度を用いることが適切と考えられます。
したがって、この例のように、不安、自尊感情などのように、特定の特性を測定したい場合には、新たに尺度を作成するとなりますと、多数例を対象にデータを集め、一定の統計学的な手続きにしたがって、項目を精選したり、信頼性・妥当性を確認したり等の作業を行わなければなりませんので、病棟で実施される看護研究としてはお勧めできないということになります。

ただし、患者さんや、ご家族に関わることがらについて、何らかの実態(たとえば、面会の頻度や、それに影響する要因を調べたい)を明らかにしようとする場合には、独自に項目を設定して、質問紙を実施すること、必要なデータを得ることが可能です。
この場合も、比較対照群を設けて、得られた結果を比較できるようにしておかないと、単なる実態調査報告しかできないことになります。

このように、何を目的に研究を行い、どのようなことがらについて測定(調査)をしたいのかを明らかにされ、検討を進めることをなさってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返答が遅くなりまして申し訳ありません。
その後目的と調査方法を検討し本年度は質的研究となりそうです。

年度を重ねながら量的研究で焦点を絞りたいと思います。
ありがとう御座いました。

お礼日時:2010/09/22 00:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q看護研究のアンケート用紙作成について

アンケートを実施し、看護研究を進めていこうと思っているのですが、アンケート用紙の作成方法が分かりません。分かる方がいたら1から教えて下さい。

Aベストアンサー

 気軽にアンケートを考えていますが、研究方法としては、最も難しいのです。

アンケートは、2大関門があります。
1) アンケートの実施
 実施人数、場所
 実施日
 回答方法 ○をつける、or 記述
 回収   面接 or 郵送
2) アンケートの処理
 そして、昨今は、個人情報の対応がウルサイ。
以上、簡単に書きましたが、研究として評価するなら、アンケートというのは、簡単にはできません。

 特に、ここの質問でも「アンケートを実施したが、その検定法を教えて」なんぞの質問が多いように、アンケートの処理を考えないで、「簡単にアンケートをしたい」というのでは、研究になりません。
 また、それを教えてくれ、というのでは、救いようがありません。しかも、目的も、内容も書かれていないようでは、質問者の計画は、「お遊び」。迷惑になるだけです。

 看護をされているなら、学術論文を読まれているハズ。その真似をするのが、第一歩。こんなところでまともな回答を求めるようでは、研究者として失格。その理由が分かりますか。わからないうちは、研究なんぞと書かないこと。
 研究と、いつでも、どこでも、誰でも出来ます。それには、マナー、ルール、それに能力が必要。精進してください。

 気軽にアンケートを考えていますが、研究方法としては、最も難しいのです。

アンケートは、2大関門があります。
1) アンケートの実施
 実施人数、場所
 実施日
 回答方法 ○をつける、or 記述
 回収   面接 or 郵送
2) アンケートの処理
 そして、昨今は、個人情報の対応がウルサイ。
以上、簡単に書きましたが、研究として評価するなら、アンケートというのは、簡単にはできません。

 特に、ここの質問でも「アンケートを実施したが、その検定法を教えて」なんぞの質問が多いように、アンケートの...続きを読む

Qアンケート調査の依頼文書

現在、大学4回生で、卒論のため、高校にアンケート調査の依頼をしようと思っています。
そこで、依頼の文書を書こうと思うのですが、どのようにして書けばいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のような例でどう?あとは創意工夫してください。

アンケートの表題:xxxxに関するアンケートの回答協力のお願いについて

(依頼文の例)
私は現在○△大学xx学部◇☆学科4年在学中です。現在、卒業論文のテーマとして「(あなたの研究テーマ名)」を研究しています。この研究調査用データとして◎●についてxxxの方を対象(アンケートの対象:教員なのか生徒なのか回答者群を指定明記)にアンケートを実施させて頂くことといたしました。
つきましては大変恐縮ではございますが、同封のアンケート用紙にご回答いただきたくお願い申し上げます。
 記入によって得られた必要最低限の個人情報は目的外に使用することはなく、また私の卒業論文以外に使用することはございませんのでご理解のほどお願い致します。なお、アンケート集計結果をご希望される場合については、卒業論文のコピーをそれに代えて発送させて頂く予定にしております。アンケート用紙の集計結果希望欄に返送先情報とその旨ご記入ください。

なお、回答用紙は同封の封筒(切手貼付済み、返送先住所記入済み)に入れ郵便ポストにご投函されるか、下記のFAX番号あてにご送付ください。(あるいは電子メールであればメールアドレスなど併記)

FAX番号:
(メールアドレス):
アンケートについてのお問合せ先:氏名、電話、住所、電子メールアドレスなど。
アンケートの種類:無記名式、記名式なのか。多岐選択式なのか自由記述併用など。
アンケートの処理方法:集計後、統計処理。自由記述は整理分類方式で処理。など。
で、どうでしょう?

以下のような例でどう?あとは創意工夫してください。

アンケートの表題:xxxxに関するアンケートの回答協力のお願いについて

(依頼文の例)
私は現在○△大学xx学部◇☆学科4年在学中です。現在、卒業論文のテーマとして「(あなたの研究テーマ名)」を研究しています。この研究調査用データとして◎●についてxxxの方を対象(アンケートの対象:教員なのか生徒なのか回答者群を指定明記)にアンケートを実施させて頂くことといたしました。
つきましては大変恐縮ではございますが、同封のアンケート...続きを読む

Q看護研究のアンケートの分析方法が分かりません・・・・。

看護研究として、患者・家族用のクリティカルパスを作成しました。
その評価を、患者にアンケートを取り、調査しています。
アンケートは回収できたのですが、円グラフでで何パーセントとか書きたいのですが、どうしたらよいのでしょうか?
また、アンケート項目は7項目にしたのですが、いらない項目は勝手に削除して、5項目アンケートしました・・・とかいうふうにしても良いのでしょうか?
分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、それは分析方法ではありません。
結果の表示方法です。
円グラフは紙にコンパスで書き、%表示は手書きでもできます。
もし、エクセルというソフトを使用すれば、ほぼオートマチックに表示可能です。
アンケートは研究者の意図が盛り込まれた内容であるべきなので、
勝手に削除したの意味がわからないのですが、
「対象と方法」の項目でそれを書いておくべき必要があると思います。
何よりもアンケート対象者に謝辞をする予定でありながら、
要らなかったので勝手に削除したというのもおかしな話ですから、
理由はしっかりしたものを付けておくことだと思います。

研究、がんばってください。

Qカイ2乗検定って何??;;

タイトルのとおりですが…大学で統計の基礎な授業を一般教養で受けています。だけど知らない&説明のない言葉がいっぱぃで、全くついていけません(>_<))
「人が一番選ばなさそうな数字」を何度か投票した結果があって、その数字は無作為に選ばれてるかどうか、有意水準1%としてカイ2乗検定をして判断する、という問題があるのですが、カイ2乗検定自体、授業でちらっと言葉は使ったものの、計算の仕方、使い方の説明等はなく、まったく手がつかずにいます;;ネットでも調べてみましたが、どう使っていいのかまでは分かりませんでした。
知識の無い私でもわかるようなものがあれば教えて下さいっっ!お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.χ2(カイ二乗)検定を厳密に理解するには,数学的素養を持っている状態できっちりと統計学を学習する必要があるのですが,統計データを解析するための手段として統計学を「使う」のであれば,多少の原理を知っておけばよいでしょう.
以下初学者向けにかなり乱暴な説明をしています.正確な理解をしたければ,後で統計学の教科書などで独学して下さい.

χ2検定とは,χ2分布という確率分布を使ったデータ解析法と考えてもらう……のが一番なのですが,多分χ2分布って何? と思われるでしょう.χ2分布とは,二乗値に関する確率分布と考えることができるのですが,この辺もさらりと流して下さい.

例を使って説明します.今,道行く人にA,B,C,Dの四枚のカードの中から好きなもの一枚を選んでもらうとしましょう(ただし,選んでもらうだけで,あげるわけではありません.単にどのカードを選択仕方の情報を得るだけです).一人一枚だけの条件で,160人にカードを選んでもらいました.
さて,ここで考えてみて下さい.4枚のカードには大きな違いはなく,どれを選んでもかまわない.でたらめに選ぶとなれば,どのカードも1/4で,同じ確率で,選ばれるはずですよね? ならば,160人データならば,Aは何枚ほど選ばれる「はず」でしょうか? 同様に,B,C,Dは何枚選ばれる「はず」でしょうか?
……当然,A=B=C=D=40枚の「はず」ですよね? この40枚という数値はでたらめに(無作為に)選ばれたとしたらどんな数値になるかの【理論値】を意味します.

さて,上記はあくまでも理論値であり,実際のデータは異なる可能性があります.というよりはむしろ違っているのがふつうでしょう.そのような実際に観測された数値を【観測値】と呼びます.
仮に理論値と観測値が以下のようになったとします.

        A    B    C    D
(1)観測値   72   23   16   49
(2)理論値   40   40   40   40

当然のように観測値と理論値にズレが生じています.しかし現実と理論が異なるのはある意味当然なのですからぴったり一致することなどありえません.そこで,「ある程度一致しているか(ズレは許容範囲か)」を問題にすることになります.しかし,「ある程度」といわれても一体どのぐらいであれば「ある程度」と言えるのでしょうか? なかなか判断が難しいではないですか?
確かに判断が難しいです.そこで,この判断のために統計学の力を借りて判断するわけで,更に言えばこのような目的(理論値と観測値のズレが許容範囲かどうか)を検討するときに使われるデータ解析法がχ2検定なのです.

        A    B    C    D
(1)観測値   72   23   16   49
(2)理論値   40   40   40   40
(3)ズレ    +32   -17   -14   + 9
(4)ズレ二乗 1024   289   196   81
(5)(4)÷(2) 25.6  7.225  4.9  2.025

 χ2=25.6+7.225+4.9+2.025=49.25

計算過程をさらりと書いていますが,早い話が観測値と理論値のズレの大きさはいくらになるのか,を求めることになります.最終的には「49.25」というズレ値が算出されました.

さて,この「49.25」というズレ値が許容範囲かどうかの判定をするのですが,ここで,χ2分布という確率分布を使うことになります.詳細は統計学教科書を参考してもらうとして,χ2分布を使うと,○○というズレ値が(ある条件では)どのぐらい珍しいことなのか,という「珍しさの確率」を教えてくれます.
かりに「有意水準1%=1%よりも小さい確率で発生することはすごく珍しいと考える(許容範囲と考えられない)」とすれば,「珍しさ確率」が1%以内であれば「許容範囲ではない」と判断します.

以上,長々と書きました.今までの説明を読めばわかるように,χ2検定とはある理論値を想定した時,実際の観測値がその理論値とほぼ一致しているかどうかを調べるための統計解析法のことです.

χ2検定では,理論値をどのように設定するかは分析者の自由です.その設定の仕方で,χ2検定は「適合度の検定」や「独立性の検定」など異なる名称が付与されますが,本質は同じなのです.

質問者さんの場合は

> 「人が一番選ばなさそうな数字」を何度か投票した結果があって、その数字は無作為に選ばれてるかどうか、

これを理論値としてうまく設定することが鍵となるでしょう.

こんにちは.χ2(カイ二乗)検定を厳密に理解するには,数学的素養を持っている状態できっちりと統計学を学習する必要があるのですが,統計データを解析するための手段として統計学を「使う」のであれば,多少の原理を知っておけばよいでしょう.
以下初学者向けにかなり乱暴な説明をしています.正確な理解をしたければ,後で統計学の教科書などで独学して下さい.

χ2検定とは,χ2分布という確率分布を使ったデータ解析法と考えてもらう……のが一番なのですが,多分χ2分布って何? と思われるでしょう.χ2分布...続きを読む

Q『研究背景』って・・・

何処で質問して良いのか分からないんで、
ココで質問します。

卒研のプレゼンで”『研究背景』を書け”と先生に言われたんですけど、
『研究背景』は、どういう内容を書けば良いのですか??
また、『研究目的』と何が違うんですか??
教えて下さい!!

Aベストアンサー

先生がおっしゃる「研究背景」とは「先行研究」のことかと思います。
今までどのようなことが明らかになっているのかが「背景」で、テーマとなっている事物が世間的に知られていない場合は情報提供として説明する必要があります。

「目的」は本稿(sasasasasasasasaさんの書く論文)の中で明らかにしたいことです。

「背景」がないと、レポートとなんら変わりないものとなりますので、論文としては、必要なことですね。

Q統計学詳しい方、アンケート集計方法について教えてください。

ゼミの資料を作成せねばならないのですが、
どういう集計をしたら信頼性が高まるのかお知恵を貸してください。

例えば、
下記のようにシャンプーについてのアンケートを実施し、
シャンプーの満足度ランキングを作成したいと思います。

【質問】
(1)「ツバキ」をお使いの方に質問です。
選択肢1|大変良い
選択肢2|良い
選択肢3|普通
選択肢4|悪い
選択肢5|大変良くない

(2)「ラックス」をお使いの方に質問です。
選択肢1|大変良い
選択肢2|良い
選択肢3|普通
選択肢4|悪い
選択肢5|大変良くない

(3)「アジエンス」をお使いの方に質問です。
選択肢1|大変良い
選択肢2|良い
選択肢3|普通
選択肢4|悪い
選択肢5|大変悪い

(4)「SALA」をお使いの方に質問です。
選択肢1|大変良い
選択肢2|良い
選択肢3|普通
選択肢4|悪い
選択肢5|大変悪い

(5)「メリット」をお使いの方に質問です。
選択肢1|大変良い
選択肢2|良い
選択肢3|普通
選択肢4|悪い
選択肢5|大変悪い


----------------------------------------------------
【仮定】
項目1の回答数は50、
項目2の回答数は60、
項目3の回答数は1
項目4の回答数は20、
項目5の回答数は10、
----------------------------------------------------

現在このように考えています。↓

手順1.
大変良い=5点、良い=4点、普通=3点、悪い=2点、大変悪い=1点
として、全回答に点数をつけます。
項目毎の点数をだします。

手順2.
項目毎の点数を項目毎の回答数で割ります。

手順3.
項目3は回答数が、全回答数の1%に満たない為
集計結果に含めない。

どのような手順を追加すれば良いか、またはこの手順はいらないなど
教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

ゼミの資料を作成せねばならないのですが、
どういう集計をしたら信頼性が高まるのかお知恵を貸してください。

例えば、
下記のようにシャンプーについてのアンケートを実施し、
シャンプーの満足度ランキングを作成したいと思います。

【質問】
(1)「ツバキ」をお使いの方に質問です。
選択肢1|大変良い
選択肢2|良い
選択肢3|普通
選択肢4|悪い
選択肢5|大変良くない

(2)「ラックス」をお使いの方に質問です。
選択肢1|大変良い
選択肢2|良い
選択肢3|普通
選択肢4|悪...続きを読む

Aベストアンサー

看護師です。研究の勉強をしています。

評価の尺度が5段階ですね。これが等間隔で点数がつけられているとして結構強引に数量データとみなします。

5群を一元配置分散分析するれば、母平均に関して差があるかどうかを調べることができます。さらに、多重比較も行えばどの組み合わせで母平均に有意差があるかを検定できます。

手順に関しては、1までしか正しくありません。

2で項目毎に平均を出すのはいいのですが、標本の平均だけで差をみても意味がありません。
全数調査をするわけにはいかないからこそ、その標本で平均と標準偏差をだして、F統計量を算出します。
全数調査をしたときと同じことが危険率つきで確率的に言えるのです。

ところで、サンプルサイズですが、何人に調査するのでしょうか?その1%に満たないと集計に含めないというのは考えが違います。

Q「不安」「心配」を測る尺度を探しています

「不安」「心配」を測る尺度を探しています。

最近の私の関心ごとのなかの
「試合本番の前に練習試合をすることで、試合に対する不安は軽減されるのか」
「発表会本番の前に本番さながらのリハーサルを行うことで、発表会に対する不安は軽減されるのか」といった内容を
調査したいと考えています。

「今現在の不安度」を測る尺度は見つかるのですが、この尺度を用いて、練習試合やリハーサルの前後に調査をしても、
練習試合やリハーサルに対する不安度を測るだけで、「本番に対する不安度」は測れないのではないかと思います。
事前に行った対策が、本番への不安度にどのように影響したのかを知るための評価尺度や評価方法について
わかるかたがいらっしゃいましたら、御教授願います。

Aベストアンサー

細かい話ですが、「練習やリハの実施後よりも実施前の方が不安度が高い」ではなく、「練習やリハの実施前よりも実施後の方が不安度が低い」ですよ。
「下がる」というのがポイントなのですから。

さて、上記の結果が得られたとして、仮説は支持されたと主張するとしましょう。
それに対して、「実施後ではそれらから解放された安心」のせいで不安度が下がっていると反論されるのはありえそうです。
でしたら、リハと本番の間を数日空けてしまうのはどうでしょう。
そうすれば開放された安心も徐々にさめて、改めて本番への不安が生じてくるでしょう。本番直前に測定してそれをリハ前と比較すれば、開放による一時的な安心という批判は避けられると思います。
要はいかにして測定のタイミングを「リハの実施後」ではなく「本番前」にしてしまうかということです。

前の回答で述べたように、リハ前の測定ではどうしても本番への不安とリハへの不安は混ざってしまうでしょうね。
こればっかりはどうしようもないように思います。
なおかつまずいのは「この日にリハをするから、しっかり練習しておくように!」といった点です。
教示としては一番やってはいけないパターンで、このような強調をすると、ますますリハに対して重点を置くようになり、本番への不安は測りづらいでしょう。
というかリハのはずが、さながら本番になってしまいます。

>実施する目的が「リハの効果の分析のため」ではなく、「不安を軽減するため」であるため、グループ分けするわけにもいきません。

リハによって本番に対する不安が軽減される、すなわち「リハの効果」では?
単に「リハ前後」の差を知りたいわけではないということを仰っているのでしょうか。

むしろグループ分けして、リハ前‐リハ後測定群とリハ前‐本番前測定群をつくり、「リハ前>本番前(不安軽減効果)」かつ「本番前>リハ後(一時的な安心の増大)」になればよいと思いますけど。
教育的な介入のように、本来公平であるべき状況で、どちらか一方に介入しないと決定的にそちらの不利益になるといった倫理上の問題がなければ、グループ分けしても構わないと思うんですが。

細かい話ですが、「練習やリハの実施後よりも実施前の方が不安度が高い」ではなく、「練習やリハの実施前よりも実施後の方が不安度が低い」ですよ。
「下がる」というのがポイントなのですから。

さて、上記の結果が得られたとして、仮説は支持されたと主張するとしましょう。
それに対して、「実施後ではそれらから解放された安心」のせいで不安度が下がっていると反論されるのはありえそうです。
でしたら、リハと本番の間を数日空けてしまうのはどうでしょう。
そうすれば開放された安心も徐々にさめて...続きを読む

Q酸素流量と酸素濃度について

蛇管用の酸素流量計(気管切開していて患者さんに酸素を投与する場合など)には酸素流量と酸素濃度が設定できますが、マスクやカヌラに用いる酸素流量計では酸素流量しか設定できませんよね?なぜそのようになっているのかがわかりません。
また、蛇管用で例えば8L50%と4L100%は同じ酸素濃度なのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に設定すると、50%の酸素濃度の混合ガスが40.9L/分で流れます。

 ただし、設定した濃度の酸素がきちんと患者さんに行くためには酸素流量をある程度高くしておくことが必要で、例えば酸素濃度を35%に設定したときには酸素は6~8L/分、40%では8~10L/分、50%以上にするときには10~15L/分にしておかなければ、設定どおりの酸素濃度にはならないようです。

 以上よりご質問の8L/分50%と4L/分100%では、前者では50%の濃度の酸素が21.8L/分の流量で患者さんに流れますが、後者では100%の純酸素が蛇管から4L/分の流量でしか流れて来ませんので、呼吸回路が閉鎖回路のときは患者さんは呼吸不全に陥りますし(流量不足のため)、一部が大気に開放された回路であれば、患者さんは不足分を空気から吸入し、濃度のずっと低い酸素が患者さんに入ることになると思います(インスピロンの使い方としては不適切です)。

 また、マスクとカヌラとの違いですが、マスクについては、蛇管を接続してインスピロンを使用することが可能です。ですから流量と酸素濃度を調節するやり方もできます。

 インスピロンを使わなければ一般的には、普通の酸素マスクでは流量が5~6L/分で酸素濃度40%、6~7L/分で50%、7~8L/分でも60%程度の酸素濃度にしかなりません。

 鼻カヌラでは流量1L/分で酸素濃度は24%、2L/分では228%、3L/分では32%、4L/分でも36%程度です。(カヌラで5L/分以上の酸素投与は患者さんにとっては拷問です)。

 以上詳しくは成書を参考にしてください。

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に...続きを読む

Q人工関節置換後(股関節・膝関節)の禁忌体位について

人工股関節置換後の禁忌体位として、過度の屈曲・外転・外旋があると専門書で見ましたが、術式によっては過度の屈曲・内転・内旋と書いてある本もありました。
術後、側臥位になる時や仰臥位の時は脱臼予防の為に外転枕を使用すると教えてもらいましたが、外転が禁忌なら、???になってしましました。
また、膝関節の術後の禁忌体位についても教えて欲しいです。

Aベストアンサー

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行いますので、この肢位が術後にも脱臼肢位となるのです。いわゆる前方脱臼となります。ただ、これは非常に不自然な肢位ですので、日常生活では余り心配することはありませんが、足を後ろに残して体を反らすようにしてこけそうになったときなどがこれに当たります。

・後外側アプローチ
これは太ももの外側からおしりにかけて切開を加え、大転子の後方から股関節に進入する方法です。この方法では下肢を屈曲・内旋して股関節の操作を行いますので、この肢位が術後の脱臼肢位となります。いわゆる後方脱臼となります。しゃがみ動作など、日常生活でもしばしば見受けられる肢位ですので、注意が必要です。

どちらも、股関節の構造上、外転は脱臼しにくいと思います。内転はどちらの術式でも脱臼誘発肢位に近くなります。外転枕を使うのは通常、後外側アプローチです。

あと、膝に関してですが、膝はよほどの靭帯機能不全がない限り、術後脱臼というのがほとんどありません(膝蓋骨脱臼は以前よく見受けられましたが)。従って、禁忌肢位というものもほとんど提唱されていません。強いて言うならば、枕挙上などで屈曲していると、術後リハビリで屈曲拘縮が起こりやすいと言う事から、枕挙上を嫌ったり、挙上時には膝伸展位を保持するようにする医師もいます。

以上、ご参考になれば。

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行い...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング