事故の二カ所通院の場合の治療期間と実治療日数の計算について教えてください!

二つ質問させてください。
(1)××整形外科・○○歯科など二カ所の病院をおなじ日に通院した場合、実治療日数や一日につき4200円の補償は変わるのでしょうか??

(2)慰謝料の対象日数は、治療期間の範囲内で実治療日数の二倍に相当する日数とありますが、例えば9月毎日通院し、30日間で治療が終わった場合、
治療期間=30日
実治療日数の2倍=60日
治療期間の範囲内ということは30日分の補償になってしまうのでしょうか?
また、そうだとすれば10月の末日に一度通院すれば、治療期間=二ヶ月となり、60日分の補償がなされるということでしょうか?

何か勘違いしているかと思いますので、分かりやすく教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>二カ所の病院をおなじ日に通院した場合、実治療日数や一日につき4200円の補償は変わるのでしょうか??



実治療日数とは、カレンダー上で入通院した日(長管骨等のギプス固定期間を含む)に○印をつけ、その印のついた日の合計です。
ですから、同じ日に2つの病院等を受診しても1日と数えます。A病院で通院15日、B病院で通院10日であっても、同じ日に両方の病院を受診した日が5日あれば、実通院日数は15+10-5=20日になります。

治療期間とは、けがをした日から治癒した日までの総日数です。治癒日とは、診断書の転記欄に「治癒」となっていればその診断書に記された治療期間の最終日となります。転記欄が「中止」「転医」など「治癒」以外となっていれば、治療期間の最終日に7日を加算します。

自賠責保険では、慰謝料の日額単価は4,200円で固定ですが、任意保険は治療期間が事故後3カ月(90日)以内であれば4,200円ですが、それ以降は1カ月(30日)ごとに日額単価が逓減します。

>10月の末日に一度通院すれば、治療期間=二ヶ月となり、60日分の補償がなされるということでしょうか?

自賠責保険の支払い基準では、慰謝料は「認定日数×4,200円」となっています。
認定日数は、総治療期間と実治療日数の2倍とを比較し、いずれか少ない方となります。
ですから、9月に30日通院し、10月31日にもう一度通院すれば、治療期間(61日または68日)と実治療日数の2倍(62日)を比較していずれか少ない方が認定日数になります。

ただし、ご質問のケース(9月中に毎日通院した後、10月末に通院)では、10月末の通院が認定されない可能性があります。
そもそもけがは治療を重ねると次第に快方に向かい、症状が軽快するにつれ、治療のための通院頻度は下がります。骨折等では経過観察として一定期間空いた後の通院が認められますが、そうでない場合は他覚的異常所見と事故との因果関係が明確に証明されないかぎり、治療空白期間後の通院は否認されます。

Ano.1さんも回答されているように、慰謝料の損得ではなく、症状の改善・治癒を目的として適切な治療を受けるようにしましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!!
転医とは転院と同じ意味でしょうか?
そうだとすると9月3日に転院して9月4日から転院先で治療開始しても9月23日に治癒したとしたら9月30日までの総治療期間としてもらえるということでしょうか?

お礼日時:2010/09/29 23:37

>転医とは転院と同じ意味でしょうか?



主治医が紹介状を書くなどして、別の病院へ変わった場合です。
患者が主治医の了解なしに転院した場合は、普通「中止」になりますが、最終通院日時点で主治医がほぼ治癒していると判断していれば、「治癒」「治癒見込み」となることもあります。

>そうだとすると9月3日に転院して9月4日から転院先で治療開始しても9月23日に治癒したとしたら9月30日までの総治療期間としてもらえるということでしょうか?

治療期間の終期日は、診断書の記載内容によります。
治癒日が最終通院日から7日以内の場合は、治癒日が治療期間の終期日になり、最終通院日から8日以降の場合は最終通院日から7日加えた日を終期日とします。
ですから、9月23日が最終通院日で、「治癒」と記載した診断書の治癒日が9月30日までなら、治療期間の終期日は治癒日です(9月23日が治癒日なら、9月23日が治療期間の終期日です)。治癒日が10月1日以降であれば、終期日は9月30日です。
「治癒見込み」「中止」「継続」とされていれば、最終通院日に7日を加えて9月30日が治療期間の終期日となります。

なお、初診日が事故日から7日以内の場合は、事故日が治療期間の始期日になりますが、初診日が事故日から8日目以降の場合は、治療期間の始期日は初診日の7日前とされます。

また、転院のため治療を中断した場合、中断期間が14日以内であれば、中断期間も治療期間に含まれますが、15日以上中断期間がある場合は、当初の治療期間と再治療期間に分離し、当初の期間に7日加算します。
同一病院で15日以上の中断期間がある場合は、因果関係に疑義がない限り、中断期間も治療期間に含めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
とても勉強ができてうれしく思います。
復習ですが、9月1日が始期日で9月5日に転医となり9月8日から転院先で治療開始し9月15日が最終通院日となり9月17日に治癒日となったら9月17日が終期日となるのですよね?
でも普通は最終通院日が治癒日となるのでは?ムチウチ等で治療していた場合、最終通院日の診察でもう来なくてOKみたいに言われたときに治癒日が二日後になるのはおかしいですよね?!

お礼日時:2010/10/01 23:39

(1)二カ所の病院をおなじ日に通院した場合


1箇所の病院に通院したのと同じで慰謝料計算の4200円は変わりありません。
同じ病院で手と足の2箇所怪我して治療しているのようなものです。

(2)慰謝料の対象日数は…
治療期間か実治療日数の二倍のどちらか少ない方で計算されます。
治療期間=30日 実治療日数の2倍=60日の場合30日の方が少ないので
4200円x30=126000円となります。

治療期間30日で2日に一回通院し実治療日数が15日でも
15日x2=30日となり毎日通院したものと同じになってしまいます。

http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/jibaiconso …

どう治療するのが一番良いか早く治るのかを最優先し
その結果によって慰謝料計算されるものです。
効率の良さもあるでしょうが損得で考えるとおかしくなってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!!
私も当然早く治して仕事をしたいです。
しかしながら、保険会社の対応に不快な思いをしており、一カ所の通院が二日に一回で良いのなら、なるべくもう一カ所とダブらないようにするのは、今の損保会社の現状を加味すると、決して悪いことではないと考えております。
ありがとうございました(>_<)

お礼日時:2010/09/29 01:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通院日数と総治療日数について

総治療日数とは事故にあった日から治療が終了した日までを数えて宜しいのでしょうか?
また、医者にうける最後の診察は通院日数とカウントされるのでしょうか?
私はおそらく最後に受ける診察で治癒見込み、もしくは治癒と診断を受けると思われるので質問させていただきました。
ありがとうございました。

Aベストアンサー

総治療日数は一概に治療が終了した日とは言い切れません。
症状固定した後も通院する場合があるからです。
症状固定日=治療が終了した日であるならばお考えの通りです。
また、最後の診察も症状固定日=最後の診察と考えるならば、カウントされます。
つまり、総治療日数とは初診日から症状固定日までとお考えください。
症状固定日は治癒した日も含まれます。

Q自転車事故による休業補償期間と通院期間について

こんにちは。
私は自転車(対歩行者)の加害者側です。
相手は仕事をしており、休業補償や慰謝料を請求していて現在困っているところです。
打撲だけなのですが、この際いつまで休業補償や通院が必要なのでしょうか?基本的に医者の診断で決定すると思うのですが、医者は大丈夫と言っても痛い痛いと言えばずーと通院が必要になり加害者側はかなり弱い立場だと考えています。例えば大げさな話打撲だけでも1年間補償しなければなりませんでしょうか?

Aベストアンサー

自動車の事故を例にとると、被害者の生きている期間中
一生補償が続くものではありません。

ある程度通院して、医師が「これ以上通院してももう
症状は良くならないでしょう」と判断した時点で通院は
終わりです。

だから被害者がどんなに痛いといっても、症状が良くな
らない!と判断された時点で通院は終わります。

ですので自転車×歩行者の事故は解りませんが、対車
となれば、こうのような感じです。

休業補償は通院のために会社を休んで給料が減らされ
れば減らされた分補償されます。
なので会社が終わってからとか、会社が休みの日に
通院して給料が減らされなければ休業補償は0円です。
でも、有給休暇使って通院すれが給料は減らされませ
んが休業補償は発生します。

通院だって医師が大丈夫といっているのですから
あとは通院するなら自腹で行け!で平気です。

あと、もめるのはなんといっても慰謝料でしょうね。

ただこういう悪質のヤツには、「これ以上は払えない
から俺は知らないよ」でいいと思います。

教えてgooでも、被害者なのにお金もらえない!
という悲痛の質問がたくさんあります。
ようは被害者に、俺がお金払わなかったら損するのは
あんただよ!と知らしめてやるのがいいと思います。

イヤなら裁判でもなんでも起こしてくれ!と言い切っ
てしまえばそれでいいんじゃないですか。
あくまでも悪質なやつならの話ですが。

自動車の事故を例にとると、被害者の生きている期間中
一生補償が続くものではありません。

ある程度通院して、医師が「これ以上通院してももう
症状は良くならないでしょう」と判断した時点で通院は
終わりです。

だから被害者がどんなに痛いといっても、症状が良くな
らない!と判断された時点で通院は終わります。

ですので自転車×歩行者の事故は解りませんが、対車
となれば、こうのような感じです。

休業補償は通院のために会社を休んで給料が減らされ
れば減らされた分補償されます。
な...続きを読む

Q損害慰謝料:日額4,200円x通院日数の倍・・・これは適正でしょうか?

損害慰謝料:日額4,200円x通院日数の倍・・・これは適正でしょうか?

保険のことはまったくわからぬ素人です。


約5ヶ月前に、当方自転車、相手方バイクにて接触事故に遭いました。
当方は、鎖骨骨折と左肋軟骨損傷で全治2ヶ月との診断。
通院日数は合計6日でした。
相手方の任意保険により、通院治療費と壊れた自転車の修理代は支払って頂けました。

当方も一時停止を怠っているので過失はあるのですが、責任対比は9:1だそうです。





本日届いた「損害賠償額計算書」によると、

休業損害は、
実は私、自宅で株式のトレーダーをやっているため、それは不労所得に等しいと言われて無支給だそうです。

損害慰謝料は、
日額4,200円x日数12日(通院日数の倍)=50,400円だということです。

結果、総支給額は損害慰謝料のみの50,400円だということです。


保険会社側にしてみれば根拠あって算出した金額なのでしょうが、当方とすればとてもではないけれど納得の出来る額ではないというのが正直なところなのです。

また、休業損害の件に関しては、
実際、通院以外でも事故直後1週間ほどはPCを触ることも出来ずに仕事が出来なかったのは事実ですし、
そもそも利益を出すため人並み以上の時間をかけて市場分析をし資料作りをやっているので、私とすれば不労所得と言われるてしまうのは真にもって持って心外です。



どうも愚痴っぽくなってしまいがちですが、詳しい方のご意見をお聞かせ願えたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

損害慰謝料:日額4,200円x通院日数の倍・・・これは適正でしょうか?

保険のことはまったくわからぬ素人です。


約5ヶ月前に、当方自転車、相手方バイクにて接触事故に遭いました。
当方は、鎖骨骨折と左肋軟骨損傷で全治2ヶ月との診断。
通院日数は合計6日でした。
相手方の任意保険により、通院治療費と壊れた自転車の修理代は支払って頂けました。

当方も一時停止を怠っているので過失はあるのですが、責任対比は9:1だそうです。





本日届いた「損害賠償額計算書」によると、

休業損害は、
実は私、...続きを読む

Aベストアンサー

サラリーマンに対する慰謝料は、年収の入院日数相当の日割り額でした…私の経験。
その他休業補償(つまり、慰謝料に同額)、物品損額は別途実費です。

>自宅で株式のトレーダーをやっているため、それは不労所得に等しいと言われて…
これを根拠にするのであれば、
前年度の収入、休業期間とその影響期間、それから導かれる日割り額を算定し、「得られるべき収入」を損失として請求(根拠主張)されたらいかがでしょうか。

Q足指の骨折で傷害保険は通院実日数しかでないのは本当ですか?

右足の真ん中の指を骨折しました、通院期間は1ヶ月程度でした、東京海上火災へ傷害保険を申請しましたが、おりた金額は3回通院×3000円=9000円でした。10万円以下は診断書不要でしたので付けずに提出しました。友人から骨折は初診~完治期間日数の保険が降りると聞いていましたので、治療代にもならずがっかりし、保険会社へ確認しましたが、平常の業務又は平常の生活に著しい支障があると会社が認めたときは支払うと説明がありました。具体的には指のギブスでは不可、足首までのギブスでは適用とのことでした。しかし特約条項には部位に関し具体的な表記はありません。友人の開業外科医にも尋ねましたが、骨折は部位に関わらず支払われていると聞きました。長くなりましたが、保険会社の対応に納得がいきませんのでお詳しい方は教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは 
日々の業務で月60件の傷害保険金の請求を申請していますが
保険会社の回答で間違い有りません

今週も2件 手・足の指の骨折の方がいましたが
ギブス対象外と言うことで(指のみのギブスだった)、実通院日数のお支払いとなりました。3日 
肋骨を骨折した人も居ましたが、ベルト固定で(対象外)1日の通院
のお支払いです

★出る場合は、ギブスを足首までした場合ギブス期間は通院とみなし
ギブス期間プラス実通院日数は出ます

★余談として接骨院に長く通院した場合 7割か8割の支払いになります
★通院していないのに、通院とみなし支払いを要求できるのは
ギブスをしている場合です。添え木に関しましては、部位により判断します

Q自賠責の慰謝料について。 治療開始から110日(約4ヶ月) 通院日数は90日ほど この場合は11

自賠責の慰謝料について。

治療開始から110日(約4ヶ月)
通院日数は90日ほど

この場合は110日と90日×2
少ない方に4200円をかけるから
110日×4200円で合ってますか?

これプラス交通費が入って来ますか?
ちなみに走行距離は往復20キロ弱。
家族や友人に送ってもらうと保険会社
には伝えています。

今月いっぱいで治療が終わるので
そこから書類など提出ですよね?
書類提出からどのくらいで
慰謝料は入りますか?

いくつも質問申し訳ないですが
誰か分かる方お願いします。゚(゚´ω`゚)゚。

Aベストアンサー

とにかく
治療費、休損などを含めて
自賠責上限の120万円を超えないようにしなければ損をしますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報