出産前後の痔にはご注意!

プリンターの修理屋さん よろしくお願いします

先月から印刷時にうらに線(幅5cm)が入るようになりCDもプリントできません
これはもう買い換えた方が賢明でしょうか?インクは去年から自分で詰め替えをしています

形式 canon ピクサス MP500   三年間使用中

レーザプリンタはコストパフォーマンスが高いのでもっぱらこちらを使っていました。伝票や宛名書きなど
結構、プリントしていたので使えず残念に思っています。
修理するより買い換えた方が安いとこのOKWaveでも聞きました。
背中を押して頂きたく投稿しました。  
またどのプリンタがお奨めか専門家の立場からご教授願います。勿論、メーカ名は立場上
言えないことは分かっていますので。  よろしくお願いします           

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

プリンタの修理屋です。



裏側に線との事ですが、5cmではなく5mm(ミリメートル)程度で、ベトッとした線ではないでしょうか?(印刷直後に触ると汚れるくらい)

あと、「コストパフォーマンスが高い」と言うと、安く使えるよい機会と言う意味にとれますね。

さて、インク代が高くて詰め替えを行うような状況でしょうから、明らかに過使用と考えていいでしょうね。
このプリンタは週5日として1日あたり10~20ページ程度の想定です。


印刷中にも時々クリーニングが入るのですけど、そのときに吸引されたインクを廃インク吸収体が吸い取る前に(これは毛管現象を使っているわけで、基本的にゆっくりです)、次のインクが流れ込んできて、溢れて出てくるわけです。
廃インク吸収体の流入口のところにインクが泥状になって(乾燥しますので)溜まり、吸引が余計に悪くなるわけです。

この場合は修理に出さなければ直りません。


ただ、CDプリントが出来ないのは別の原因と思われます。

ごく個人的な意見ですけど、フチ無し写真印刷とCD-R印刷は、インクジェットプリンタの2大欠陥機能です。
でも、他に解決する方法もなく、逆に何とか実用レベルまで仕上げているメーカーの努力には脱帽します。
ですから、プリンタ本体の劣化に比べて、こういう部分は早めにへばってきます。


MP500のサポートは来年までの予定ですから、買い替えてもよいだろうとは思いますが、現在の機種はこの時代に比べると耐久性が落ち、インク代が上がっていますので検討は必要です。

CD-R印刷がどのくらい必要かわかりませんし、カラー印刷の比率も分かりませんが、過去の経験では、カラーインクジェットとモノクロレーザーの2台を使うとコストはかなり抑えられるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この度は有り難うございました
的確な判断を頂きましてこちらも踏ん切りがつきました。
当方、小さな工場でして普段はリコーイマジオNEO246を使っています
これはメーカーの人が定期的に来てくれています
ただ一枚あたりの単価がカラーで100枚あたり出しますと結構したので私が高いのかな?と感じたわけです
MP500は伝票や封筒の宛名書きに使っていました。
言葉が足りず申し訳ありませんでした。
早速、型落ちですが買い換えることにしました。
アドバイス、深く感謝致します。ありがとうございました

お礼日時:2010/10/01 13:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンタの修理屋さんお願いします ip3500

キャノンip3500を使ってます。
先日緑とオレンジのランプが交互に光り
その後説明書通りコンセントを抜くなどして
対処しましたが電源が入らなくなりました。
キャノンに連絡しましたら7,350円+1,575円で
修理を受付けるとの事でした。
家庭用として使っておりますが、インクの詰め替えも
自由に出来、非常に優秀な機械だと思ってます。
町場ではこの状態の物でいくら位修理代がかかる物なのでしょうか?
ちなみに、仕事場ではip3100を使ってます(ガタガタですが)
修理をしないでip3100用部品取り機械として持っていた方が
いいでしょうか?詰め替えインクは在庫たっぷりです。
お忙しいでしょうがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

キヤノンの場合は、社外のザービスマンをトレーニングするプログラムがあり、社外のサービスマンも存在します。(私もそうですけど)

ただ、家電店ではいないだろうと思います。

少し大きめの事務器店では、コピー機なども多く販売するために、その保守のために自前のサービスマンを置くことがあります。
細かいことでいちいちメーカーのサービスマンを呼ぶと費用が大変ですからね。

そういうお店ではインクジェットプリンタの修理もやってくれるところもあります。
(たいていはコピー機ばかりで、インクジェットプリンタの資格を持っている人は少ないですけどね)


さて、iP3500の場合は特殊な事情はあります。

この機種の場合、プリントヘッド以外の部品設定はなく、本体の故障だと現品交換で対応しています。
ただし、交換用のiP3500はすでに在庫がなくなっていて、現在はiP3600で対応するはずです。
インクは変わります。

その辺りの見極めはエラーランプの点滅回数で、ある程度出来ます。


グリーンとオレンジが交互に光るという事ですけど、何回か点滅するとグリーンのランプが少し長めに点灯して、繰り返すはずです。
そのときのオレンジの点滅回数を数えます。
エラーによっては20回くらいまで続きますので、気長に数えてください。

その点滅回数でエラーの内容がわかり、故障箇所が推測できます。


なお、「仕事場ではip3100を使ってます(ガタガタですが)修理をしないでip3100用部品取り機械として持っていた方がいいでしょうか?」と言うのは、どういう意味でしょうか?

iP3500 をiP3100 の 部品取用としたいという事でしょうか?

だとしたら、出来ません。
iP3100 と iP3500 は全く別の機種で、部品の共通性もありません。

プリンタの修理屋です。

キヤノンの場合は、社外のザービスマンをトレーニングするプログラムがあり、社外のサービスマンも存在します。(私もそうですけど)

ただ、家電店ではいないだろうと思います。

少し大きめの事務器店では、コピー機なども多く販売するために、その保守のために自前のサービスマンを置くことがあります。
細かいことでいちいちメーカーのサービスマンを呼ぶと費用が大変ですからね。

そういうお店ではインクジェットプリンタの修理もやってくれるところもあります。
(たいていはコピ...続きを読む


人気Q&Aランキング