超新星爆発のエネルギーをTNT火薬換算で知りたい
超新星爆発のエネルギーは10の46乗ジュールと、ある記事で知りましたが
ジュールという単位は物理の素人には、なかなかイメージできません。

都市を一瞬にして吹き飛ばした広島型原爆の威力はTNT火薬換算で
15キロトン。

その後、米ソで軍拡が進み史上最大の核兵器はソ連の「ツァーリボンバ」で
威力は広島型原爆3300倍の50メガトン。

恐竜を絶滅させたといわれる6500万年前にユカタン半島に落ちた
小惑星クラスの隕石は6000万メガトン。

このように現実に起きた事例の延長として超新星爆発もTNT火薬換算であれば、
なんとなく理解できそうな気がします。

超新星爆発(特にII型と呼ばれるタイプ)は(地球ではなく)太陽質量の
8倍以上の恒星の爆発という事で、その威力は上記のような地球上での現象など
比較にもならない想像を絶するものだという事は容易に想像できます。

その想像を絶するモノを漠然とでもいいからイメージしたいので超新星爆発の
エネルギーである10の46乗ジュールをTNT火薬換算
(できれば「広島型原爆の○○倍」という風に表記)できる方がいれば
教えていただけると幸いです。

A 回答 (3件)

 1gの反物質が同量の物質と対消滅反応を起こした時に放出されるエネルギーは、TNT高性能爆薬換算で約42.96キロトンになり、これは長崎型原爆ファットマン(核出力約22キロトン)の約2倍です。


 超新星爆発の際に放出されるエネルギーの大きさは、超新星爆発ごとに差がありますが、仮に質問者様が仰る10の46乗Jとした場合、そのエネルギーは、地球と同じ重さ(約5.974×10^24kg)の反物質が、地球と対消滅した際に放出されるエネルギーの約9312倍になります。

 又、地球を粉々にする事が出来るエネルギーの約28兆倍に相当します。

この回答への補足

地球を28兆回、粉々にするエネルギー!!!
この説明は、かなりインパクトがありますね。
イメージ的にはもっともしやすかったです。

補足日時:2010/10/13 22:36
    • good
    • 1

あまりわかりやすくなるとも思えませんが、


WikipediaによればTNT換算1トンは4.184×10^9[J]だそうですので、
超新星の10^46[J]は2.4×10^36[TNTトン]になるようです。
広島型原爆は15キロトンということで、
超新星は1.6×10^32[広島原爆]です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/TNT%E6%8F%9B%E7%AE%97

この回答への補足

式まで書いてもらったので自分でも計算でき結論に納得できました。
広島型原爆1.6×10^32個分、想像を絶しています。

補足日時:2010/10/13 22:29
    • good
    • 2

TNT火薬


 380000000000000000000000000000000000000000000000キロトン

広島型原爆の
30000000000000000000000000000000000000000000000倍
ですが、理解できますか?

この回答への補足

うーん、すごいゼロの数、はっきり言ってイメージ不可ですね。

補足日時:2010/10/13 22:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務執行妨害・威力業務妨害・偽計業務妨害

公営交通職員は地方公務員ですよね、となるならば、公務中に「たとえば市バス運転中」に乗客その他第三者から明らかに違法な業務妨害を受けた場合「公務執行妨害」になるのですか? それとも「威力業務妨害」になるのですか?
ついでにすいませんが「威力業務妨害」と「偽計業務妨害」の違いも素人にわかりやすく教えていただけるとありがたいです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

95条で言う「公務」がいわゆる権力的公務
(たとえば警察や裁判所のように、国民に直接何かを強制できるもの)
に限定されるのかどうかは刑法論での一大論点ですけど、
ここは通説判例の「権力的公務に限定されない」って基準で、
市営バス運転手のバス運転も公務と考えていいでしょう。

また、公務執行妨害罪を定めた刑法95条は、単に公務の執行を妨害することだけじゃなく、
その手段を「暴行又は脅迫」に限定していることに注意が必要です。
従って、暴行、脅迫にならないような方法での妨害は公務執行妨害罪になりません。

で、その場合に業務妨害罪が適用できるかどうかもまた各説ありますが、
平成12年2月17日最高裁決定の判断では
「権力的公務なら不成立、非権力的公務なら成立」とされています。
(権力的公務だと、妨害に対して一定の抵抗が可能だからわざわざ犯罪とする利益がないって論理)

以上をふまえると、

>「たとえば市バス運転中」に乗客その他第三者から明らかに違法な業務妨害を受けた場合「公務執行妨害」になるのですか? それとも「威力業務妨害」になるのですか?

バスの運行についてなら、道路運送法も見ないといけないですが、とりあえずおいといて…。

まず、市営バスの運転という職務は、まぁ公務といえるでしょう。

次に、その妨害の手段が「暴行又は脅迫」にあたるかどうかが1つの基準になります。
暴行又は脅迫でなければ、公務執行妨害罪は不成立です。
逆に公務執行妨害罪が成立する場合は、業務妨害罪や威力業務妨害罪を考える必要はありません。
暴行又は脅迫によらない妨害なら次は偽計業務妨害罪や威力業務妨害罪を考えることになります。
(で、そこまで行かなくても、バス運行の妨害だと道路運送法27条や104条が出てくる)

>ついでにすいませんが「威力業務妨害」と「偽計業務妨害」の違いも素人にわかりやすく教えていただけるとありがたいです。

一般的な説明としては「何らかの実力行使によって、業務をやろうとする人の意思を押さえつける」のが「威力」です。
一方、人を騙したり誘惑したり、人の勘違いや知識不足などを利用するのが「偽計」です。

もう少しぶっちゃけた言い方をすれば(ぶっちゃけすぎかもしれないけど)
「人がきちんと業務をやろうとしている、もしくはそれを業務と思わせて、結果として業務を失敗させる」
のが偽計。
(たとえば売り場の布団に針を混入させる、ライバルの新聞社を妨害するために紛らわしい名前で新聞発行するなど)
「そもそも人にきちんと業務をさせない」のが威力。
(たとえば食堂で怒鳴り散らして騒然とさせる、上司の机の引出しに猫の死骸を入れるなど)

こんな感じでどうでしょ?

95条で言う「公務」がいわゆる権力的公務
(たとえば警察や裁判所のように、国民に直接何かを強制できるもの)
に限定されるのかどうかは刑法論での一大論点ですけど、
ここは通説判例の「権力的公務に限定されない」って基準で、
市営バス運転手のバス運転も公務と考えていいでしょう。

また、公務執行妨害罪を定めた刑法95条は、単に公務の執行を妨害することだけじゃなく、
その手段を「暴行又は脅迫」に限定していることに注意が必要です。
従って、暴行、脅迫にならないような方法での妨害は公務...続きを読む

Q中性子星 ブラックホール 超新星爆発

いつもお世話になります。

数ヶ月前ですが、NHK教育の番組で、太陽の1.4~3倍の質量の恒星は、中性子星になり、それ以上重たい恒星はブラックホールになる、と言ってました。

私の昔の記憶では、3~8倍が「中性子星」で、それ以上が「ブラックホール」だったような気がしたのですが、NHKの、しかも科学番組で言っていたので、私の記憶違いは明らかです。

そこでインターネットで「超新星爆発」について調べてみました。

しかし、明確な記述が無かったり、あいまいな記述しか私の探した範囲では見つからず、分からなくなってしまったのですが、「超新星爆発」は我々の太陽の質量の何倍から起こるのでしょうか?

私は単純にブラックホールになる恒星は、イコール「超新星爆発」をする、と思っていたのですが、インターネットの記述を見ていると、どうもそうでもないような気がしてきました。

また、合わせて教えて頂きたいのですが、我々の太陽は、赤色巨星から白色矮星へと、その最期をたどるのは知っているのですが、「中性子星」になるような恒星は、どのような最期を迎えるのでしょうか?

詳しい方がおられましたら、お教えください。

いつもお世話になります。

数ヶ月前ですが、NHK教育の番組で、太陽の1.4~3倍の質量の恒星は、中性子星になり、それ以上重たい恒星はブラックホールになる、と言ってました。

私の昔の記憶では、3~8倍が「中性子星」で、それ以上が「ブラックホール」だったような気がしたのですが、NHKの、しかも科学番組で言っていたので、私の記憶違いは明らかです。

そこでインターネットで「超新星爆発」について調べてみました。

しかし、明確な記述が無かったり、あいまいな記述しか私の探した範囲では見つからず、分...続きを読む

Aベストアンサー

> 私の昔の記憶では、3~8倍が「中性子星」で、それ以上が「ブラックホール」だったような気がしたのですが、NHKの、しかも科学番組で言っていたので、私の記憶違いは明らかです。

ご記憶で合ってるんじゃないでしょうか。
Wikipediaによると、ブラックホール化する恒星は、太陽質量の10倍、ってなってますから、誤差含みで3~8倍は中性子星でしょう。
但し、中性子星として存在できる限界となると少し話が違います。
中性子星として存在できる質量にはトルマン・オッペンハイマー・ヴォルコフ限界と呼ばれる上限値があって、それを超えるとブラックホールにまで崩壊してしまいます。
その上限値は、太陽質量の1.5倍から2.5倍の範囲と算定されているので、NHKの説明は、こっちのことである可能性もあります。

中性子星になる場合、原子における電子の縮退圧で支えられ白色矮星として存在できる質量(チャンドラセカール限界)を超え、電子捕獲により陽子が中性子になって原子が崩壊し、中性子で成る核へと相転位する際の爆縮がトリガとなり、超新星爆発が引き起こされるため、それが発生するのは、太陽質量の3倍以上の場合だと思います。
但し、白色矮星が周囲の物質を取り込んで、チャンドラセカール限界を超えて中性子星まで崩壊するときは、恒星が一気に中性子星にまで崩壊する時とは、違った爆発をするような気がします。(>未確認)
最近は中性子星とブラックホールの間に、クオーク星の状態が有り得るという説もありますね。

> 「中性子星」になるような恒星は、どのような最期を迎えるのでしょうか?

 一般的な回答で、曖昧な内容になりますが、ご了承下さい。
-----
 恒星は、水素の核融合炉であり、水素を燃料にヘリウムを生成する核融合エネルギーによる放射により、それ自身の重力と均衡して星の半径を保っている。
 また、星の核は、電子の縮退圧という物理的な力により支えられている。
 そして、星の中心にはヘリウムが溜まり始め、そのヘリウムはさらに核融合を起こし、炭素、酸素、マグネシウム、ネオンなどの重い元素が層を成して溜まっていき、それぞれの元素の球面で核融合反応が激しく進むようになり、放射が強まることで星の直系は大きくなり、赤色超巨星となる。
 そして、星の中心核の質量がチャンドラセカール限界を超えたとき、炭素の核融合が暴走するとともに、原子核に電子が捕獲され陽子が中性子へと変換されることで、電子の縮退圧を一気に失って星の核は重力崩壊を起こす。
その爆縮の反動は激しい衝撃波となって星を構成していた周辺のガスをすさまじい熱と力で圧縮し、ガスは核融合反応を起こして猛烈な爆発を起こして吹き飛ぶため、これが超新星爆発となる。
 この時、鉄より重い金属などの原子も作られる(より重い星の爆発により、より重い元素が作られる)。
 そして重力崩壊した星の核は、地球直系程度の中性子の塊となり、それ自身は中性子の縮退圧によって直系を保ち、中性星となる。
 また、元々の中心角が持っていた自転の角運動量は保存されるため、星の直系が極限に小さくなることで、猛烈な速さの自転速度を持つ。
 生まれたばかりの中性子星は、数千分の一秒に一回という超高速で自転するものもある。
 そして、地球と同じように、自転軸の他に磁気軸持ち、磁気軸の両端方向にX線、紫外線、可視光線などを放射しているため、その磁気軸の鉛直上に地球があると、その自転周期と同期したパルス状の信号として捕らえられる。
 このような中性子星は「パルサー」とも呼ばれる。
 そのパルス周期は当然ながら非常に正確で、ごく僅かずつ遅くなっていっているだけであるため、その正体が中性子星であると証明されるまでは、地球外知性の証拠ではないかと、取り沙汰されたこともある。
-----
長くなってすいませんでした。

> 私の昔の記憶では、3~8倍が「中性子星」で、それ以上が「ブラックホール」だったような気がしたのですが、NHKの、しかも科学番組で言っていたので、私の記憶違いは明らかです。

ご記憶で合ってるんじゃないでしょうか。
Wikipediaによると、ブラックホール化する恒星は、太陽質量の10倍、ってなってますから、誤差含みで3~8倍は中性子星でしょう。
但し、中性子星として存在できる限界となると少し話が違います。
中性子星として存在できる質量にはトルマン・オッペンハイマー・ヴォルコフ限界と呼ばれる...続きを読む

Q刑法の業務妨害罪・威力業務妨害罪について

デュープロセス(刑法P139)の業務妨害罪・威力業務妨害罪の項目の記述に
「(3)公務については、公務執行妨害罪(刑95)があるので、権力作用を伴う公務は、本条の業務には該当しないが、
非支配的公務は本条の公務に該当する。」というのがあります。

「権力作用を伴う公務」というのは、どのような公務をいうのでしょうか?

公務執行妨害罪は、「暴行又は脅迫を加えた者は」とありますが、
客体が公務員であっても、
暴行又は脅迫ではない手段による妨害は、公務執行妨害罪として扱うのではなく、業務妨害罪・威力業務妨害罪として扱うのでしょうか?

Aベストアンサー

デュープロセスという本は知りませんが、
いわゆる「公務と業務」の論点の話ですね。
上記の説は、公務区分説だったと思います。
公務区分説をとると、権力的公務と非権力的公務の区別が問題となります。

「権力作用を伴う公務」は、強制力を行使できる公務かどうかですので、
たとえば、警察はこれに当たるでしょう。

次に、暴行又は脅迫ではない手段による妨害、つまり、威力または偽計による妨害の場合で、客体が公務員の場合ですが、この公務区分説を採ると、
公務が権力的公務の場合、犯罪不成立、公務が非権力的公務の場合、業務妨害罪が成立します。
こういう話は、デュープロセスという本には出ていませんかね?

Q超新星爆発

超新星爆発の時に飛ばされるガスはどのくらいの距離飛ばされるのですか?

Aベストアンサー

例えばバーナードループで直径 300光年 (「飛ばされた距離」だと 150光年) くらいだってさ. ほかにも超新星残骸はいくつもあるから, その大きさを調べるといいと思うよ... というか, 人に聞く前に自分で調べるくせを付けておけ.

Q威力業務妨害罪にまつわる疑問

ある悪徳会社に面した公道においてデモ行進を行った場合、それは
会社に対する威力業務妨害罪へ問われるのでしょうか?事前に警察
に届け出を行っていれば罪に問われることはないのでしょうか?そ
ういう問題でもないのでしょうか?また、「デモ行進を行います。」
といった予告のみで実際に行わない場合はどうなのでしょうか?
威力業務妨害罪の未遂となるかと思われますが、そもそも威力業務
妨害罪の未遂は罰せられるものなのでしょうか?
どなたか法律にお詳しい方教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

> また、「デモ行進を行います。」
> といった予告のみで実際に行わない場合はどうなのでしょうか?

その内容がもっともらしく、通常の行が困難と判断し、会社が休業などした場合には、威力業務妨害(未遂でなくて)が成立する可能性はあります。

> 罰せられるものなのでしょうか?

分かりません。
その内容や状況を第三者(検察や裁判所)が具体的な根拠に基づいて、客観的、合理的に判断します。

現実的で無い内容を伝えるのなら相手にされないだけかも知れません。
それでも、執拗に何度も繰り返していれば、電話の取次ぎという通常業務を妨害したって事になるかも知れません。

Q超新星爆発について

超新星とは、どのような星をいうのですか。何故爆発するのですか。
其の後、どうなってしまうのですか。
教えてください。

Aベストアンサー

>>超新星とは、どのような星をいうのですか。
太陽の10倍以上の質量をもつ恒星がその末期に、熱核反応の暴走をおこしてその質量の大半を吹き飛ばしてしまう現象を超新星(タイプ(2)型の超新星)といいます。

>>何故爆発するのですか。
水素やヘリウムなど、もともと恒星を構成していた(←シャレにあらず)元素は次々に核融合を起こして最終的には鉄になりますが、この鉄は容易には核融合を起こしません。
しかしある臨界温度(50億K程度)を超えると鉄は一気に光分解を起こし、融合を始めます。
ところが鉄より軽い元素の融合反応がすべて発熱反応なのに対し、鉄の反応は吸熱反応です。
このため内核の温度と圧力が急激に低下し、支えを失った外側の物質が一気に内核に落ち込み、激しい反応を起こします。
これはそれまで恒星の活動を維持してきた核反応とはまったく違う激烈なものなので、恒星物質の大半はその圧力で吹き飛ばされてしまうのです。

>>其の後、どうなってしまうのですか。
爆発の圧力で内核は縮退して中性子星(じゅうぶん質量が大きい星だとブラックホール)になってしまいます。

>>超新星とは、どのような星をいうのですか。
太陽の10倍以上の質量をもつ恒星がその末期に、熱核反応の暴走をおこしてその質量の大半を吹き飛ばしてしまう現象を超新星(タイプ(2)型の超新星)といいます。

>>何故爆発するのですか。
水素やヘリウムなど、もともと恒星を構成していた(←シャレにあらず)元素は次々に核融合を起こして最終的には鉄になりますが、この鉄は容易には核融合を起こしません。
しかしある臨界温度(50億K程度)を超えると鉄は一気に光分解を起こし、融合を始めます。
ところが...続きを読む

Q威力業務妨害罪と偽計業務妨害罪

威力業務妨害罪と偽計業務妨害罪の違いってなんですか。

お暇なときに回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

過去に同様の質問に回答したことがありますのでご参考ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1283615.html
No.2の後段です。(前段は公務執行妨害罪の説明)

簡単に言えば、「威力」「偽計」という言葉が示すとおり
「力で押さえつける」のが「威力」、「騙したり惑わせたりする」のが「偽計」です。

Q超新星爆発の原理について

超新星爆発の原理について疑問に思ったことがあったので、質問させていただきます。


超新星爆発というのは大きな質量を持った恒星が、核融合反応をしていく中で周りが膨張し、内部と外部のバランスが取れなくなった結果爆発する、というものが大体の調べた中での情報でした。


しかし、どうも「バランスが崩れた結果爆発する」という原理がわかりませんでした。


高校時代に地学を履修していたのですが、その時の記憶ではなんらかのことが起きた後に、中心に周りの物質をものすごい勢いで吸い寄せられ、その物質が勢いが強すぎるがゆえに跳ね返ってしまう、というのが超新星爆発の説明だったような気がしましたが、そのあたりをはっきりさせたいです。


超新星爆発の「爆発」の部分に焦点あてて回答していただければ大変ありがたく思います。


拙い文章ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

説明は,ややこしいですから,以下のサイトをご覧下さい.

恒星進化論--超新星
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%92%E6%98%9F%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96#.E8.B6.85.E6.96.B0.E6.98.9F

Q威力業務妨害 駐車場 出庫 券紛失

コインパーキングで、券を紛失し、 5000円請求されたので

他の車に続いて 出庫したのですが

これは威力業務妨害なんですか?

別の形で 駐車代金はきちんと払いました。

また、出口が10台位車がつまってしまったので やむおえず出庫させただけなんですよね・・
逆にそのまま警備?の人と電話している方が 威力業務妨害になりえると思ったので・・

Aベストアンサー

威力業務妨害は、正当な理由なく、業務を妨害することを指します

例えば市役所職員の態度が気に入らないとかで文句の電話の時

俺がいつ訪れても俺の目の前で謝罪できるように、常にそこにいろ!

とか自分勝手な理由で脅迫じみた内容で通常業務を妨害することです



コインパーキングで、券を紛失し、 5000円請求されたので

他の車に続いて 出庫したのですが

以上の事は当たり前の事です

逆にそのまま警備?の人と電話している方が 威力業務妨害になりえると思ったので・・

も全く関係ありません

通常の行動です

Qベテルギウスが超新星爆発して

宇宙放射線が地球に大量に降り注いだらどうなるのでしょうか?

もし致死量の放射線が降り注いだ場合、
地球の裏側にいる生命は生き残れますか?

また、大気に当たると積乱雲が発達するなどと聞きますが、
異常気象が色々起こりうるのでしょうか?

実際、どの程度の事が起こるのでしょうか。

Aベストアンサー

ベテルギウスは地球から640光年離れているので、まず影響はないでしょう。
ただし、50光年以内の恒星が爆発した場合は、重力波、宇宙放射線などによって
地球は全土が壊滅、場合によっては消滅します。
幸い50光年以内には、喫緊に爆発が危険視される恒星はありません。

大気に異常が及ぶことについてはよくわかりませんが
地球の周りにある通信衛星には、かなりの影響が出ると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報