プロが教えるわが家の防犯対策術!

ピアノ教室を開業するにあたって、税金や保険について質問です。

今現在、近所の子どもにピアノを教えております。
生徒はまだ3人で、収入もあまりない為(お月謝で15000円/月)親の扶養にはいっており、私個人で税金は払っておりません。
国民年金は払っているのですが、保険は親の健康保険に入っております。

知り合いの先生より、ご出産を期に教えておられる生徒さんを引き継いでもらえませんか?とお話をいただいており、お受けすると生徒も大幅に増えるので収入も今より多くなると思います。
父親に話しをしたら、扶養を外れて確定申告をしなければいけないのでは?ということになりました。
知り合いの先生に伺うと、特に開業届を出したり確定申告はされていないようなので、税金や保険の件についてはよくわからないとのことだったのですが…。
色々と調べてみてはいるのですが、もっと大きく事業をされる方向けの答えしかみつかりません。

税務署で開業届を出すということはわかったのですが、どのような税金を納めなくてはならなくて、扶養を外れた場合に健康保険等の自分で払っていかなくてはならない物はどのような物があるのか、又税金や保険等、どのくらい必要になるのか、気になっております。
20人程生徒を引き継ぐことになりそうなので、月に10万円くらいは収入が増えそうです。
支払うものが、それ以上になってしまったりすると困ります。
そのようなことで、お話しをお受けするか悩んでおります。
どうするか、返事をそろそろしなくてはならないのでこちらに投稿させていただきました。
ご存知の方がいらっしゃいましましたら、お手数ですがおしえていただけますでしょうか…。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ピアノ教師です。



まず、ご近所の青色申告会に入会されることをおすすめします。年間36,000円の会費がかかりますが当然全額経費で落とせるどころか、税金に関する全ての質問に答えてくれて、確定申告の紙も書いてくれて、節税に関するアドバイスがもらえる等、お金に関することは全てお任せ、という感じです。

まず青色申告会に行ってみてアドバイスを貰うのが良いと思います。

税務署での開業届けは今でなくても確定申告のときで大丈夫です。必要なのは屋号を考えておくことと、ハンコ、身分証明書だけです。屋号は〇〇ピアノ教室、のようになるかと思います。業種はピアノ教室。

現在お持ちのピアノは開業から8年間の減価償却になるとか、家の面積の何パーセントを教室にしたら何パーセントの電気料金が経費になるとか、生徒の使うトイレットペーパーを消耗品費とするとか、生徒用のスリッパだって要りますよね。固定電話も携帯電話もその何パーセントが経費として落とせます。出張レッスンの電車賃とか、そういったもの全てに関して青色申告会でアドバイスがもらえます。

初年度は白色申告しか出来なくて次年度から青色申告となります。その辺も青色申告会で教えてもらうことが出来ます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧なご回答どうもありがとうございました。
そして、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

教えていただいた、青色申告会というところに問い合わせをしてみようと思います。
そのような会があることを知らなかったので、ありがたいです。
私の回りの先生方は確定申告されてないようで、お話を聞くことができません。
相談できる場所があるというのはとても心強いです。

生徒さんを受け入れられる状況をきちんと整えて、やっていきたと思います。

お礼日時:2010/11/03 15:39

>3人で、収入もあまりない為(お月謝で15000円/月…



3人×15,000円ですか、3人分合計で15,000円ですか。

>親の扶養にはいっており…

税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
年末までに 38万円以上の利益 (所得) があれば、今年分について、親はあなたを控除対象扶養者とすることができません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
もし、3人×15,000円×12ヶ月なら、開業届を出そうが出すまいが、親はあなたを控除対象扶養者にはできませんよ。

>私個人で税金は払っておりません…

親があなたを控除対象扶養者とすることができるかどうかのことと、あなた自身が税金を払わなければならないかどうかのこととは、次元の異なる話です。

>税務署で開業届を出すということはわかったのですが…

PDFを印刷して郵送するだけで良いですよ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shi …

>どのような税金を納めなくてはならなくて…

あなた自身の税金は、今年の大晦日までにいくら稼ぐかによって、今年の「所得税」(国税) と来年の「市県民税」(住民税) とが決まります。

>扶養を外れた場合に健康保険等の…

税金と健保は別物。
認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

親がサラリーマン等だとして、健保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
細かい部分はそれぞれの会社、健保組合によって違います。
健保の扶養について正確なことは、親の会社にお問い合わせください。

>支払うものが、それ以上になってしまったりすると困ります…

税金とは、稼いだ額以上に取られるものではありません。

>月に10万円くらいは収入が増えそうです…

当年の所得税
1. まず、年間の「収入」を「所得」に換算。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

2. 次に「所得控除」に該当するものを全部拾い上げて合計する。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

3. [事業所得] - [所得控除の合計] = [課税所得]
を求める。

4. [課税所得]×[税率] = [所得税]
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

翌年の住民税についても考え方はほぼ同じですが、各種の「所得控除」は少しずつ額が少なく、「税率」は 10%一律です。

また、開業届と同時に「青色申告承認願」も出して青色申告をすれば、最大 65万円が控除され節税になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧なご回答どうもありがとうございました。
そして、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
教えていただいた国税庁のサイトを見ながら、色々と調べてみようと思います。

5000円×3人が月収ですので、今年は親の扶養に入っております。
来年からは無理そうなので今からしっかり調べて準備をして、無事に生徒さんを引き受けられるようにしようと思います。

お礼日時:2010/11/03 15:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアノの先生が脱税している?

うちの子が通っているピアノ教室は個人レッスンの教室で、
普通のレッスンで月に8000円、
レベルの高いレッスンをしている子や大人などは
1回5000円だそうです。
生徒の数は25~30人くらいです。

経費を差し引いても、130万円は軽く超えると思うのですが、
この先生の保険証はご主人の扶養家族になっています。
これは脱税でしょうか?

私は病院の受付をしており、
保険証が扶養家族である事を知りました。
人を教える立場にある方なので不正はして欲しくありません。
税務署に調査依頼をお願いした方がいいのでしょうか?
それとも守秘義務に従って、何も見なかった事にすればいいのでしょうか?
この事を知ってからなんだか嫌な気分です。

Aベストアンサー

税法上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とは別物です。
税法上の経費ははっきりいって何でも経費にして申告できます。
収入が多ければ別でしょうが、それぐらいの収入では税務調査も入らないでしょう。
申告した経費はすべて認められます。
収入から経費を引いたらマイナス、ということも珍しくありません。
税務署が正確に所得を把握できる割合を、クロヨン(9・6・4)とかトウゴウサン(10・5・3)とか言われます。
最初の数字が給与所得者、次が自営業者、最後が農業従事者です。
ですので、脱税ということではないけど、自営業者はそういうものです。
税務署に言ったところでそれくらいの収入では、確かな証拠でもない限り調査などしないでしょう。

健康保険の扶養は、通常、税法上の収入から経費を引いた所得を基準にはしません。
あくまで収入です。
給与なら会社の支払金額です。
ですが、通常、自営の場合は、社会通念上経費と認められるもの(税法上の経費と違う)だけは、収入から引いてもいいとされています。
ですので、税法上の所得よりは多い額が基準とされますが、収入よりは少ない金額です。
これはそのご主人の会社の加入保険が収入調査を行っているはずで、そこで問題がないということで扶養になっているのです。

結論としてはこの件に関して、貴方は深入りしないことです。
ほおっておくことです。

税法上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とは別物です。
税法上の経費ははっきりいって何でも経費にして申告できます。
収入が多ければ別でしょうが、それぐらいの収入では税務調査も入らないでしょう。
申告した経費はすべて認められます。
収入から経費を引いたらマイナス、ということも珍しくありません。
税務署が正確に所得を把握できる割合を、クロヨン(9・6・4)とかトウゴウサン(10・5・3)とか言われます。
最初の数字が給与所得者、次が自営業者、最後が農業従事者...続きを読む

Q主婦が家で教室を開き収入を得たとき、税金は?

他の質問者の方たちの質問や回答を読ませていただいたのですが、基本的な知識がないのでほとんど理解できず困っています。
以下の場合、税金についてどう考えればいいか、教えてださい。

専業主婦で夫はサラリーマンです。
自宅で裁縫を教えていて、他に仕事はしていません。
帳簿(というのでしょうか?)もつけていないのですが、だいたい次のような収入・支出になっています。

収入として、教えている方たちから、裁縫の授業料として
年に120万円(A)ほど入ってきます。
支出として、材料の仕入れに30万円(B)、自分が勉強に通う教室への授業料と交通費が35万円(C)です。
収入から支出を引くと、純粋な利益が55万円(D)ということになります。
A-(B+C)=D

この先、自分が教室に通わなくなると(C)の35万円がかからなくなるので、(D)の利益が90万円になるはずです。
その上、受講してくださる方が増えると、純粋な利益(D)が100万円を越えることも考えられます。

1、年間の利益が55万円でも、法的には収入・支出をどこかに申告しなければならないのでしょうか?または、ある基準の値(103万円?)を越えた時点で提出して、税金を支払えばいいのでしょうか?(どこに提出するのでしょうか?)

2、帳簿(?)は、どのような形式でつけておけば、後で役に立つのでしょうか?

どなたか、一から親切に教えていただける方、
よろしくお願いします。
全くの初心者向けの税のHPなどご存知でしたら、
教えてください。

他の質問者の方たちの質問や回答を読ませていただいたのですが、基本的な知識がないのでほとんど理解できず困っています。
以下の場合、税金についてどう考えればいいか、教えてださい。

専業主婦で夫はサラリーマンです。
自宅で裁縫を教えていて、他に仕事はしていません。
帳簿(というのでしょうか?)もつけていないのですが、だいたい次のような収入・支出になっています。

収入として、教えている方たちから、裁縫の授業料として
年に120万円(A)ほど入ってきます。
支出として、材料の仕入れ...続きを読む

Aベストアンサー

継続的に裁縫を教えている場合は「事業所得」になり、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。

事業所得から、基礎控除38万円・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率(最低でも10%)を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合には確定申告が必要になります。
開業時に開業届を提出しなくても、納付する税額が有るときに確定申告をすれば、開業届を事前に提出しなくても問題ありません。

経費については、光熱費など生活と共通するものについては、使用面積比など合理的な基準で按分して、事業分は経費として処理できます。
又、授業に使う備品などはは、10万円以下なら購入時の経費に、10万円以上20万円以下なら3年間で均等償却となります。
但し、今年購入したもので、青色申告をしていれば、30万円以下の場合は、一括して購入時の経費に出来ます。

又、賃貸の場合の家賃・自己所有の場合の建物の減価償却費も使用面積比で按分して経費に出来ます。

その他、事業所得の経費については、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2210.htm

又、青色申告にすると、青色申告特別控除(最大で55万円)などの税制上の特典がありますから、青色申告にするとかなり有利になりますがね事前の申請が必要です。
青色申告の特典と申請方法は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/aosin.html

なお、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へいくと、記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

又、1年間の事業所得が38万円を超えると、夫の所得税の扶養になれません。

更に、事業所得が130万円を超える場合は、夫の健康保険の扶養と、年金の3号被保険者になることが出来ませんから、ご自分で市の国民健康保険と、国民年金に加入する必要が有ります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.htm

継続的に裁縫を教えている場合は「事業所得」になり、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。

事業所得から、基礎控除38万円・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率(最低でも10%)を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合には確定申告が必要になります。
開業時に開業届を提出しなくても、納付する税額が有るときに確定申告をすれば、開業届を事前に提出しなくても問題ありません。

経費については、光熱費...続きを読む

Q確定申告について

自宅でピアノ教室をしています。
収入は年に50万円程度です。
夫(年収約300万円)の扶養家族になっています。
今まで収入が少ないので何も考えていませんでしたが、私の場合でも確定申告をしなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>夫(年収約300万円)の扶養家族になっています…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>収入は年に50万円程度です…

「所得」はいくらかだったのかを、はっきりさせる必用があります。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

経費については、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

ピアノなど、1点が 10万円を超える買い物は、原則として「減価償却資産」となりますので、購入年にすべて経費となるわけではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

>私の場合でも確定申告をしなければいけないのでしょうか…

「所得」が 38万円以下に収まるなら、申告しなくてもおとがめはありません。
38万円を超えるなら、基本的に申告と納税の義務が生じます。

しかも、38万円を超えるなら、夫の所得税額も変わってきます。
夫が会社員等で年末調整を受けているなら、確定申告をして配偶者控除を配偶者特別控除に訂正する手続きを取らねばなりません。

訂正のための申告は、期限 (3/17) に行えば何の問題もありませんが、すでに期限を過ぎたので、追納分に利息としての「延滞税」が加わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

自主的に訂正のための申告をすれば、ペナルティは延滞税だけで済みます。
税務署から指摘されてからだと、「無申告加算税」をはじめとする様々なペラルティが待っています。

いずれにせよ、「所得」が 38万を超えたのか超えなかったのか、決算してみるのが先決です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>夫(年収約300万円)の扶養家族になっています…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

...続きを読む

Q自宅で音楽教室を開くには資格がいるのですか

管楽器や弦楽器、ピアノなどを自宅で教えている先生方は何か資格が必要なのでしょうか?
もちろん「○○音大卒業」「○○先生に師事」「音楽留学」などうたい文句があって生徒さんが集まっているのだと思いますが、特に音大を卒業していなくても、楽器さえ上手だったら教えている人もいるのでしょうか?

たとえば、長年楽器を習っていて上手な人などや、地元の(プロではない)社会人バンドやオーケストラなどに所属している人など・・・

私は音大卒ではありませんし、楽器を始めたのも大人になってからですが、すごく楽しくて、このままずーーっと歳を取るまで上達していって、教本などもすべて制覇していったら、ちいさな子どもさんで初心者の方などで趣味でやると割り切っている人になら格安のお月謝で教えれたりするのかなあとぼんやり思ったのですが・・・

定年退職後は時間ができるので大好きな楽器ばかり弾くつもりです。そんなとき、1人で弾くだけじゃなくて教えられたらすごく幸せだなあとふと思ったのですが。

教室などよりも安いし、音大めざしているわけじゃないから、ということで習ってくれる人いるのかなあと・・・

そんなに甘くないでしょうか・・・
真剣に教えていらっしゃる個人教室の先生には失礼な質問だったかもしれませんすみません・・・

管楽器や弦楽器、ピアノなどを自宅で教えている先生方は何か資格が必要なのでしょうか?
もちろん「○○音大卒業」「○○先生に師事」「音楽留学」などうたい文句があって生徒さんが集まっているのだと思いますが、特に音大を卒業していなくても、楽器さえ上手だったら教えている人もいるのでしょうか?

たとえば、長年楽器を習っていて上手な人などや、地元の(プロではない)社会人バンドやオーケストラなどに所属している人など・・・

私は音大卒ではありませんし、楽器を始めたのも大人になってからですが...続きを読む

Aベストアンサー

音楽教室を開くのに公的な資格は必要ありません。
私は音大卒ですが、卒業証書と教員免許以外に取得した資格はありません。音大卒でなく人に教えている友人も何人かおります。

ただ、小額であってもお金をとって教えるのであれば、それなりの責任が生じることを覚悟する必要があるでしょう。これはどんな職業でも同じだと思いますが。

ご質問の文章を拝読してちょっと気になったのは、「子供や初心者なら」という部分です。
もし初心者に教えることがやさしいとお考えなら、それは違います。
「できる」ことと「教えられる」ことは違います。ましてや、子供や初心者を教えるには高い教育技術が必要とされ、大きな責任を背負うこととなります。

夢を実現させるためには、どうか演奏技術だけでなく「教えること」についても考え、学んでいかれることをお勧めします。

最後に、我が師の言葉を記させてください。
「音楽の教師が最低限やらなければならない仕事は、生徒を音楽嫌いにしないこと」。

Q青色申告 月謝収入の場合

初めて青色申告をします。教室を運営していますが、月謝は手渡しでもらっています。生徒さんには月謝袋の印鑑が領収書代わりになっていて、私自身はエクセルに「○○さんから○月○日に領収」ということを記録しています。青色申告をするときの証明なのですが、経費は
領収書を添付しますが、売り上げはこの、手作りのエクセルでも大丈夫なのでしょうか?請求書なども発行してませんし銀行振込みでも無いので、月謝の場合、収入を証明できるものが無いのです。
詳しい方にアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

塾や教室を経営されている方の処理は殆どその方法です。真実が全てです。何の間違いもなくエクセルで集計されているのならそれで充分です。
ただし、一つ大事な注意点があります。12月分の月謝を1月とか2月、甚だしい場合にはもっとたってからなんてことがある場合でも、つまり12月末日現在で未収入金のものでも、12月分の売上として計上することです。売上計上は売上事実の発生日で行います。未収入金の回収日ではありません。

Qピアノ教室の月謝を返してほしいです

以前、こちらで「いそがしすぎてレッスンをドタキャンするピアノの先生」について
質問させて頂いた者です。

あれからも、先生の多忙は変わらず・・・きちんとレッスンしてもらえそうにもなかったので、
新しい先生をさがし、今は、子供たちも楽しく新しい教室に通っています。

それで、前の先生についてですが、教室をやめる時に
「お月謝の返金分があるので、お返しするね。」
と、おっしゃって下さいました。

こちらの都合でお休みしたのではなく、先生のドタキャン分(ちゃんと、手帳につけておられたようで)を
計算すると、だいだい4万円ほどの返金があるとのこと。
(ドタキャンされても、お月謝袋を渡されるたびに、毎月お月謝を払っていましたので・・・)

今は、忙しくてきちんと計算してお金を用意する時間はないので、
また、こちらから連絡するとのことで、最後のレッスンお別れしました。

それから、半年近くたっても連絡がなく・・・。

こちらから連絡し、手土産を持って、先生宅へ行きました。
すると、今、発表会前の忙しい時期だから、用意できていないと言われました・・・。
発表会が終わったら(10月になったら)連絡すると言われて、手土産だけ、お渡しして、帰りました。

そして、10月になりましたが、連絡がなく・・・こちらから、連絡しました。
すると、今、発表会の疲れで体調を崩しているので、用意できないから、また来週連絡するとのことでした。

先生の言う「来週」は、今週のことで、もう今日が木曜なので、あと3日しかありませんが、
連絡は来ない予感がしています。

先生は、もともと体が弱い方です。それは事実ですし、
本当に多忙なのも、知っています。これも事実です。
嘘をついてごまかすような人ではありません。

けれども、
「返金分を計算して4万円ほどを用意する時間」が、この半年全くなかったわけではないはずです。
きっと、忘れておられたんだと思います。

先生にはレッスンでお世話になり感謝していますし、この先もどこかでお会いするでしょうから、
穏便に済ませたいのですが、大きなお金でもあるので、返金してもらえないのは納得いきません。

今週が終わっても連絡がなければ、私はどのような行動をとればよいでしょうか?

ピアノを習わせておられる親御さん、
ピアノの先生、
アドバイスをどうぞよろしくお願いします。

以前、こちらで「いそがしすぎてレッスンをドタキャンするピアノの先生」について
質問させて頂いた者です。

あれからも、先生の多忙は変わらず・・・きちんとレッスンしてもらえそうにもなかったので、
新しい先生をさがし、今は、子供たちも楽しく新しい教室に通っています。

それで、前の先生についてですが、教室をやめる時に
「お月謝の返金分があるので、お返しするね。」
と、おっしゃって下さいました。

こちらの都合でお休みしたのではなく、先生のドタキャン分(ちゃんと、手帳につけておられたよう...続きを読む

Aベストアンサー

ピアノに限らず個人で教室を開いて営業している場合には、先生として教える事と教室の管理運営の両面がきちんと行われいなければ、ご質問のような問題が起こってくるのだと思います。

個人で教える先生は、自分がその道でプロに成るほどではないにしても、優秀な人なのだと思いますが、そいう人の中には、管理運営には無頓着と言うか、そういう面での経験や知識が無いという事もあるのではないでしょうか。
又、自己都合で、レッスンを休むという事は、余程の事情がない限り、教えるプロとしては、失格ではないかと思います。

そういう事を考えて見も。。。
普通の感覚であれば、ドタキャンした翌月の月謝から、その分を減額して受け取るのが常識で、返金分を何カ月も貯め込むという事は、運営関管理の面でルーズなのですから、余程強硬な返金依頼をしないと、返ってくる事はないのかも知れません。
先生が自己都合のキャンセルによる返金が約4万円あると認識しているのであれば、忙しくて明細を計算する暇が無くても、返す意思があれば、4万円直ぐに返金すれば良い事でしょう。
それにも関わらず、半年以上も、返金されないという事は、もう望み薄なのではないのでしょうか。

一方、月謝と言うのは、1回当りの授業料と違って、単位が月当たりなので、月当りのレッスン回数にはこだわらず、習っていた期間で見て、生徒の技能が向上していれば、良いのではないかという考え方もあるかも知れません。

いずれにしても、税務署に開業届を出して教室を開いているようであれば、年末には1年間の決算をして、年明けには、税務申告をしなければなりませんから、先生の方も、その時期になれば明細は明らかになるのではないかと思います。
その時期に成っても、返金されなけば、いよいよ望みは無くなるでしょう。

でも、趣味のお稽古事のことですから、子供さん達がその先生から基礎をならったお陰で、新しい教室へ行っても楽しくレッスンを受けられるようになったと思って、返金分は諦めた仕舞うか、或は、返金分を認めながら、返金しない事は理に適わないという事であれば、簡易裁判所へ少額訴訟手続きし、4万円返金して貰って和解するしかないのでは。。。
まぁ、そこまで強硬にしなくてもという事であれば、期日を限って返金して下さいという事を文書で書いて依頼して見ては如何ですか。

その辺の判断は、あなたの胸三寸にあるのではないかと思います。

ピアノに限らず個人で教室を開いて営業している場合には、先生として教える事と教室の管理運営の両面がきちんと行われいなければ、ご質問のような問題が起こってくるのだと思います。

個人で教える先生は、自分がその道でプロに成るほどではないにしても、優秀な人なのだと思いますが、そいう人の中には、管理運営には無頓着と言うか、そういう面での経験や知識が無いという事もあるのではないでしょうか。
又、自己都合で、レッスンを休むという事は、余程の事情がない限り、教えるプロとしては、失格ではないか...続きを読む

Qピアノの先生への不信感 どう思いますか?

 6歳の娘が個人のピアノの先生に変わって、数か月経った所です。

  
  指導歴は3年と短く 音大も出ていませんが、口調が優しく 幼稚園の先生のような感じで、話も良く効いてくれたので、この先生に決めました。


 
  この先生のお母さんもピアノを教えられていて、小さい頃から厳しく練習させられた経験があるみたいで、自分がイヤな思いをしたからか、練習はあまりやらなくていいと言う考えのようです。(始める時に、音大までは目指さないけれど、ある程度のレベルまで弾けるようになってほしいと伝えています)


  うちの娘が練習嫌がってるとかそういうふうな事を言った訳でもないのに、『練習5分以上はやらなくていいです。あまりやりすぎるとしんどいからね』と言われます。5分は少なすぎると思いますが。20、30分くらい練習するのが当たり前だと思っているので、違和感を感じました。


 『家での練習は一人でやらせてください。お母さんは口出ししないようにみたいな感じに言われました。』

  練習を一人でやらしていると、指の番号などめちゃくちゃ弾いていたり、間違っていたり・・・なので、少しは見てあげたいと思うのですが、先生は、間違っててもレッスンの時に見ますから。と言われました。
 


 メールで質問した時も、レッスン時に 質問してもらいたい。と言われました。初めてメールでの相談だったのに、こう言われたので、不快な気分になりました。生徒数も少ない先生だし、メールくらい返す時間はあると思います。



  宿題の曲が、娘の手が届かない和音だったので、どういうふうに練習したらいいかメールで聞いた事もあったのですが、返信には、レッスン時にみますが・・・みたいな対応で、メールはしないでほしいような印象も受けました。

  
 レッスン中の私がいない時(偶然聞こえたのですが)。
娘にしつこく何度も『お母さん練習しなさいって怖い?』『いつも練習の時隣でみててくれる?遠くから練習しなさい~って言ってる感じ?』など何度も聞いていました。

 娘は返事にこまってると、勝手に『ちょっと怖い?そうかぁ・・・』っというような具合でした。

もちろん私は、すごく不快でした。


   教え方がうまいかどうかは わかりません。

ただ娘には優しい口調で教えているし、褒め方も上手で、よくできました。がんばったね。などは良く言ってくれます。娘自身は、好きでも嫌いでもない先生らしいです。


  ただ、私はすごくストレスを感じてしまっているみたいです。思い切ってやめた方がいいのかなとも思います。


  この先生についてどう思われますか?子供とは相性悪くないので 続けていいと思うなど。
何でもいいので、ご意見聞かせてください。

 6歳の娘が個人のピアノの先生に変わって、数か月経った所です。

  
  指導歴は3年と短く 音大も出ていませんが、口調が優しく 幼稚園の先生のような感じで、話も良く効いてくれたので、この先生に決めました。


 
  この先生のお母さんもピアノを教えられていて、小さい頃から厳しく練習させられた経験があるみたいで、自分がイヤな思いをしたからか、練習はあまりやらなくていいと言う考えのようです。(始める時に、音大までは目指さないけれど、ある程度のレベルまで弾けるようになってほしいと伝...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
人それぞれ考え方があります。子供も、親も、先生も。
ただ、向いている方向が違うとあまり良い結果は出ないように思います。
親が先生を信頼出来ないなら、子供も先生を尊敬しなくなるでしょう。
子供が小さければなおさらです。

子供が練習させられると感じ、ピアノが嫌いになるのを怖がって、やらなくて良いと言われる方もあるでしょう。それはそれで意味があると思います。

少しぐらいなら無理をさせても弾けるようにして、弾けることの楽しみを味あわせたいと考える人もいます。
私はこれです。
しかし、気をつけなければならないことは「少しぐらいなら」というところです。
子供に大人が要求をしすぎると、子供は背中を向けてしまいます。

親も先生も、コンクールにまっしぐら。子供が何を考えているかお構いなし。
これはいただけません。
この場合、10歳ぐらいでショパンの簡単なものぐらい弾けていたのに、中学受験でピアノから離れてしまうパターンです。

6歳で一日5分の練習では、そこそこ弾けるようになるのは難しいかもしれませんね。
本人がある日、音楽に目覚めて、オタクのごとく弾き始めれば別ですが・・・

先生しだいで、こどもが嫌がらず練習をしてこれるように仕向けられるようですよ。
なかなかそんな先生に出会えませんけどね。

経験から言って、親が付きっきりで練習させるのも、自立するのに苦労します。
しかし、小さい時に一人でやっていては進みません。それも確かです。
年齢に応じた関わり方を間違えずに、上手に引っ張って行くことです。
その道筋を作ってくれる先生がいるのも確かです。

ピアノが楽しくなるのは、聞いたことのある曲が弾けるようになってからのような気がします。
ほとんどの人がそこまで行きつけずに辞めてしまいます。
学校、受験、部活など忙しくなりますから。
ある先生が、勉強が忙しくなる前にある程度弾けるようになっていれば、そこでやめたとしても
自分で楽しめるから、そこまで持って行きたいと言っていました。
私自身は、賛成です。

我が家は音大生が一人。もう一人は勉強にシフトした高校生。
その高校生は、滅多に弾きませんが、気が向くとショパンやドビュッシーの有名な曲をを弾いています。
やっぱり、小さい時頑張っていなかったら、今頃ピアノなんて触らないでしょう。

というわけで、
5分しか弾かないのも有り。
親がついて練習するのも有り。(方法が問題ですが。)

こんばんは
人それぞれ考え方があります。子供も、親も、先生も。
ただ、向いている方向が違うとあまり良い結果は出ないように思います。
親が先生を信頼出来ないなら、子供も先生を尊敬しなくなるでしょう。
子供が小さければなおさらです。

子供が練習させられると感じ、ピアノが嫌いになるのを怖がって、やらなくて良いと言われる方もあるでしょう。それはそれで意味があると思います。

少しぐらいなら無理をさせても弾けるようにして、弾けることの楽しみを味あわせたいと考える人もいます。
私はこれです。...続きを読む

Qピアノの先生をされている方に質問です

約6年間 娘に個人宅でピアノを習わせています。
先生のおかげで上手に弾けるようになり、その点ではとても感謝しています。
しかし、指導がとても厳しいので、娘はピアノを楽しめなくなりました。
いやいや練習する→レッスン後泣く泣く帰宅 これの繰り返しが私も辛くなってきて
娘と話し合った結果、やめることにし、その旨を先生に伝えました。

先生は渋りましたが 本人にやる気がないので続ける意味がない とこちらの意見を押し通しましたが、 それでしたらグレード7をとってからやめましょう と提案されました。
娘のレベルだともうとれるので、せっかくここまで続けてきたのだから形に残しましょう、履歴書にも書ける資格ですよ、と。
私自身ピアノに関して全くの無知で、そんな資格があるんだったら娘のためになると納得し、娘も納得の上で継続することにしました。 
その間、発表会等はでないで、レッスンはグレードに向けてのレッスンでお願いしてきました。
娘に楽しんでもらえるよう、好きな歌手の楽譜を買い、グレードのレッスンと並行してその楽曲を練習していました(初見の練習にもなってると先生には言われました) ここまでは昨年秋のことです。

年が明け、その好きな楽曲が仕上がりつつあるので発表会にでましょうね、と娘が言われたことがきっかけで疑問を持つようになりました。
肝心のグレードは 春に試験があるのに 夏に受けましょう、と。
話が違うと思いました。
(1)発表会は出ないといったのに、出るよう勧められた(勝手にエントリーされている)
(2)グレードはもう受かれるレベルと言うので継続したのに なぜ夏に受けることになったのか
この二つを電話で先生に問いました。
(1)に関してはあいまいにされ、(2)に関してはグレードの合否の判定ができる資格を先生自身が取得しようとしていて それが取れたら合格に有利になるので、というのです。
つまり 娘のグレードの審査員を先生がやって合格にしますよ、とのこと。
はぁ? と思いました。
カチンときて 今月いっぱいで辞めます。 グレードはもう結構です と言いました。
そしたら、 いろいろ諸経費がかかっているので 二月三月分のお月謝を支払ってくれ 四月分はこちらで負担する と言われたんです。
ひと月月謝は1万5千円。
2か月分ですので 三万円になります。
どんな諸経費がかかっていると思われますか。
旦那はメンドクサイから払ってすっきりやめてしまえば といいますが
私としては納得いきません。
せめて こんな諸経費があるのでは?という予測があれば気持ちも少しは落ち着くと思います。
先生に直接聞くのがはっきりしそうですが
私は口下手で うまくいいくるめられてしまうのです。
賢い人だったら、その時の電話でどういう諸経費が?と切り返すことができたと思うのですが
早口でまくしたてるように言われると 早く電話を切りたくなり 話そこそこに受話器を置いた私も悪いのですが。。。

納得してないのに三万支払うのは嫌。
(先生もお金をもらうからには4月までレッスンにきてくれといいます。しかし、先生のこういうところが娘は嫌と言ってるんです という話もしているのに、お金のためだけに娘をレッスンに通わせるのは酷ですよね。それだったら お金だけ払ってくださいね となるんですよ・・)
レッスン受けないのに 来月さ来月分の月謝って発生するものでしょうか。
そもそも諸経費ってそんなにかかるんですか。
教えてください。 あと ご意見もお聞かせください。
よろしくお願いします。

約6年間 娘に個人宅でピアノを習わせています。
先生のおかげで上手に弾けるようになり、その点ではとても感謝しています。
しかし、指導がとても厳しいので、娘はピアノを楽しめなくなりました。
いやいや練習する→レッスン後泣く泣く帰宅 これの繰り返しが私も辛くなってきて
娘と話し合った結果、やめることにし、その旨を先生に伝えました。

先生は渋りましたが 本人にやる気がないので続ける意味がない とこちらの意見を押し通しましたが、 それでしたらグレード7をとってからやめましょう と提案さ...続きを読む

Aベストアンサー

 何度もすみません、No.7です。

 上の方もおっしゃっているように、ご主人のメールは、要点を押さえていて、
かつ問題点も簡潔に指摘されていると思います。

 ずっと疑問に思っていましたが、
先生は、いったい4月分の月謝を
誰に立て替え払いするんでしょうね?
個人の教室だというのに、不思議です。


 少々ご面倒でしょうが、
この質問ページでいろいろ回答してくださった出来事すべてを、
時系列で整理しておかれたらいいかもしれませんね。

 先生(もしくは父親か弁護士?)と話をする時に、
もれなく話せますし、
先生が締めが20日だと言っておられることと
benbo-さんが19日に止めると意思表示をしたことから、
2月分の月謝は発生しないと主張できると思います。


 先生のガンはお気の毒ですが、
資格を取ってグレード合否を夏に判定する仕事をしようとされていたり
発表会もやろうとされているのですから、
この件について話し合いもできるのでは?と
感じます。

 また、合唱部の話はとてもおかしいですね。
ピアノの先生に怒鳴り込む親はいないでしょうし、
ましてやピアノの先生が『一軒一軒回って謝ってきなさい』とは、
筋違いもはなはだしいです。
 その一件だけでも、
不信感が芽生えてやめることになっても無理ないと思います。


 蛇足ですが、
私が通っているヤマハピアノ教室は、
月謝が自動引き落としなので、
止める時は前月の末日までに申し出る規約になっています。

「今月で止めます」と申し出たら、翌月分までが引き落とされて
退会となります。


 私は趣味でピアノをやっていて、
初めの15年間は個人の先生に習っていました。
良い先生でした。
 
 受験や就職でピアノから離れ、
ブランクを経て、
14年前から今のピアノ教室に行き出しました。


 ピアノ教室にする良さは、
先生と合わないと感じたり 教え方に疑問があれば、
事務に話して解決できるという点だと思っています。

 直接先生と話さないので、トラブルが起きにくいです。
実は、2回、先生を変えてもらいました。

 初めの先生は、
「ピアノに役立つから歌も一緒に習え」と執拗に言われ、
あまりにうるさく薦められるので、我慢できなくなりました(^^;)

 次の先生は熱心すぎて、
家や仕事の都合で練習不足だったりレッスンを休むと怒られました(^^;)

 今の先生とは楽しくピアノを続けていけています。


 個人の先生でも良い方はたくさんおられますし、
娘さんにピアノの楽しさを教えてくれる先生と巡り会われますように、
そして、うまく解決なさいますように、と願っています。

 何度もすみません、No.7です。

 上の方もおっしゃっているように、ご主人のメールは、要点を押さえていて、
かつ問題点も簡潔に指摘されていると思います。

 ずっと疑問に思っていましたが、
先生は、いったい4月分の月謝を
誰に立て替え払いするんでしょうね?
個人の教室だというのに、不思議です。


 少々ご面倒でしょうが、
この質問ページでいろいろ回答してくださった出来事すべてを、
時系列で整理しておかれたらいいかもしれませんね。

 先生(もしくは父親か弁護士?)と話をする時に、
もれ...続きを読む

Q白色申告について

家で副業をした場合の税金の支払い方法について教えてください。
年間所得が20万円以上であれば所得税申告方法としては次のようにわかれると思います。

(1)雑所得として申告

(2)個人事業の開廃業等届出書を税務署に提出して個人事業者となった場合
(1)何もしなければ白色申告
(2)青色申告承認申請をすると10万円or65万円の所得控除が受けられる。


ここで質問ですが、白色申告は何かメリットはあるのでしょうか?
面倒くさい収支内訳書を提出しても結局は何もせずに雑所得として申告するのとなんら
変わらないような気がするのですが・・・


それとピアノ教室やそろばん教室を開いている方は青色申告している方は多いのでしょうか?
自宅で開業している近所のピアノの先生が決算書、BS、PLを作成できるとは到底思えないのですが。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>白色申告は何かメリットはあるのでしょうか?

はい、以前は、(所得が一定額を超えなければ)「記帳(帳簿の作成)や領収書などの保存の義務」がありませんでした。(つまり「どんぶり勘定でOKだった」ということです。)

しかし、「平成26年1月」からはルールが変わりましたので、「あえて青色申告の特典を使わない確定申告をする(白色申告する)」ことによるメリットはほぼ無くなったと言えます。

(参考)

『白色申告の話|税理士もりりのひとりごと』(2010/06/25)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-527.html
『個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm


>ピアノ教室やそろばん教室を開いている方は青色申告している方は多いのでしょうか?自宅で開業している近所のピアノの先生が決算書、BS、PLを作成できるとは到底思えないのですが。

たしかに、「ピアノの先生」などは数字に弱くても不思議ではありませんが、今はよくできた「会計ソフト」がありますので、(事業内容がシンプルならば)「ソフトの使い方」さえマスターすればなんとかなってしまうことも多いと思います。

もちろん、世の中には「数字もパソコンも苦手」という人もいくらでもいますが、「最初だけ税理士(など)に助けてもらって、慣れたら自分でやる」というような方法なら現実的かと思います。

また、はじめから税理士まかせの人なら、そもそも「青か白か?」で悩むこともないでしょう。

---
ちなみに、(それなりに儲かっていれば)「青色申告の特典」による「所得税」「個人住民税」「国民健康保険料」の削減効果だけで税理士費用をまかなえることが多いと思います。

また、「青色申告による節税効果よりも税理士費用の方が上回った」としても、「自分で申告する手間」や「青色申告の特典以外の節税対策」を考えれば「確定申告(や記帳など)」を外注する意味は十分あると思います。

(参考)

『個人事業主の方へ 青色申告特別控除制度を利用しましょう!|すみだ税理士事務所』
http://www.sumida-tax.jp/category/1437342.html
『青色申告のメリットはなんですか?|福島宏和税理士事務所』
http://fukuoffice.com/kaigyou5.html



*****
(その他、参照したWebページ・参考リンクなど)

『白色申告と10万控除or65万控除の青色申告、どれを選ぶべき?|bluescope』
http://www.blue-return.info/?p=673
『小規模事業者の現金主義|森会計事務所』
http://www.mrzei.jp/article/13393274.html

***
『税理士制度について|国税庁』
http://www.nta.go.jp/m/taxanswer/9203.htm
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
『まだまだたくさんいる「偉い税理士先生」|税理士もりりのひとりごと』(2012/06/07)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1359.html
『ニセ税理士|税理士もりりのひとりごと』(2014/01/04)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1912.html

***
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/works.htm
>>個人課税部門は、所得税や個人事業者の消費税等についての個別的な相談や調査を行っています。また、個人事業者向けの各種説明会や青色申告のための記帳指導・研修等も担当しています。……
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署の無料セミナーを活用して記帳方法を勉強|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

***
『起業・独立開業の相談相手は、商工会議所・商工会が一番!!|商工会議所・商工会徹底活用ガイド』
http://www.shoko-navi.com/kaigyou/soudan
『相談したい|全国商工会連合会』
http://www.shokokai.or.jp/somu/main_soudan.htm
※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

※ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください。
※なお、同じ方の記事が多いのは「参考になるから」で他意はありません

>白色申告は何かメリットはあるのでしょうか?

はい、以前は、(所得が一定額を超えなければ)「記帳(帳簿の作成)や領収書などの保存の義務」がありませんでした。(つまり「どんぶり勘定でOKだった」ということです。)

しかし、「平成26年1月」からはルールが変わりましたので、「あえて青色申告の特典を使わない確定申告をする(白色申告する)」ことによるメリットはほぼ無くなったと言えます。

(参考)

『白色申告の話|税理士もりりのひとりごと』(2010/06/25)
http://moriri12345.blog13.fc2.com...続きを読む

Q配偶者がフリーで働いている場合

今年結婚しました。
仕事は続けたいのですが、収入が少ないので、夫の扶養に入りたいと思っています。

わたしは音楽関係の仕事をしていて、収入は自宅での講師料と会社からの謝礼という形です。

経費を引くと、自宅教室の所得は約30万。会社謝礼の所得は約50万程です。
ここから保険等(去年は扶養ではなかったので)と基礎控除を引くと課税される所得金額は約25万になります。

収入が給与という形なら103万以下なら給与所得者控除があるので、扶養に入れるようですが、わたしのように収入が事業や雑に分類される場合はどうなるのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。
>つまりかかっていない経費でも65万必要経費として申請してしまっていいとうことなんでしょうか?

そういうことです。給料だって使ってもいない経費として給与所得控除を最低限65万円認めてくれていますからね。
それとのバランスということで認めてくれているんです。

それから税金上の扶養と保険上の扶養の話ですが、#3さんの説明が正解です。
税金扶養=所得ベース(過去の実績)
保健扶養=収入ベース(将来の見通し)
で判断することになっています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング