Friedel-Crafts反応において、一般に反応後反応混合物を氷水中に注ぐという処理を行うと実験で習ったのですが、その理由はなんなんでしょうか?

A 回答 (3件)

Friedel-Crafts反応では普通塩化アルミニウムなどのLewis酸が


触媒として使用されます。これをクエンチするために水に投入すると
思われます。
(氷水なのは、クエンチ時に激しく発熱するからでしょう。)
またアシル化の場合には、これで未反応の酸クロライドもクエンチ
されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
反応機構など学んでもこういった知識がないと苦労しますね。
これからはもっと深く勉強しようと思いますm(__)m

お礼日時:2001/04/16 09:42

Longifoleneさんの言われる通りです。

塩化アルミニウムを分解するのに水を使うのですが、この時塩酸と水酸化アルミニウムが発生し、大量の熱が出ます。ですから、一般的に氷水を使用します。でも、フリーデル・クラフツ反応なんて、何十年ぶりに聞く話ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

熱の度合いが大きいので氷水なのですね。
わかりやすい説明どうもありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2001/04/16 09:48

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「Friedel-Crafts alkylation」
「Friedel-Crafts Acylation」
これらの参照文献で
・Chem. Rev., 1955, 55, 229.
でも参考にされては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://orgchem.chem.uconn.edu/namereact/fcraftsa … http://orgchem.chem.uconn.edu/namereact/fcacyl.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文献などは調べたのですが、反応機構ばかりでなかなか氷水を使用する理由は説明されてませんでした。
でもFriedel-Craftsの専門書があることを教えてくれてありがとうございました。

お礼日時:2001/04/16 09:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFriedel-Craftsアシル化反応

この間、無水酢酸、塩化アルミを用いたトルエンへのFriedel-Craftsアシル化反応を行い、p-メチルアセトフェノンを得る実験を行いました。
実験の最初に、三口フラスコにトルエンと塩化アルミを入れた時点で、液体が無色から黄色に変化したのですが、何が起こって黄色に変化したのでしょうか??
文献などを調べても、トルエンと塩化アルミの反応が載っていなくて困ってます。
すみませんがわかる方いらっしゃったらご教授ください。

Aベストアンサー

トルエンから塩化アルミへの電荷移動錯体ができます。
なお塩化アルミ自体も黄色い(べっ甲飴色)ですよ。

QFriedel-Crafts反応

Friedel-Crafts反応において三塩化アルミニウムは触媒なんでしょうか?ルイス酸として最初反応は進行しますがこれはあくまで反応の段階という事で結局は触媒なんでしょうか?分かる方お答えください。お願いします(o*。_。)

Aベストアンサー

結局は触媒です。
ただし、その量がいわゆる「触媒量」ですむとは限りません。

Qfriedel-crafts アシル化反応

塩化アルミニウムとベンゼンを入れ、無水酢酸を滴下ロートを使って少しずつ滴下して反応させ、アセトフェノンを合成させたのですが、アシル化反応の例としてベンゼンに塩化アルミニウムの存在下で酸ハロゲン化物(R-CCl=O)を用いてアシル化ベンゼンを合成したとき、最終過程で塩化アルミニウムAlCl3が再生すると思われるんですけど、上記の無水酢酸を用いたときには、塩化アルミニウムは再生されるのですか?

Aベストアンサー

多分無理でしょう。

QFriedel-Crafts反応のアシル化とアルキル化

アシル化とアルキル化は、触媒量以外に相違点はあるでしょうか??
教えてください。

Aベストアンサー

Friedel-Craftsアルキル化は
反応試薬としてハロゲン化アルキルを、
アシル化はハロゲン化アシルを用います。
結果として、原料に付加する置換基は
アルキル基かアシル基かが異なります。

アルキルを芳香環に付加する場合、
アルキル化反応ではポリアルキル化が発生しやすく、
反応試薬の種類によっては副生成物が生成されますので、
結果として収率の低下を招きます。

そのような時にはアシル化を行い、付加したアシル基を
ウォルフ-キシュナー反応によりアルキル化した方が
収率が高まります。
まぁアシル化ではルイス酸の触媒活性が低下するので、
仰る通り触媒量が増加してしまいますが。

Q異なる温度下のFriedel-Crafts反応

たとえば出発物質をベンゼンと1-クロロプロパンで触媒のルイス酸を加えると異性体が二つ生じる可能性があると思うのですが、
温度によって1-フェニルプロパンと2-フェニルプロパンの生成比が変わるのはなぜですか?

Aベストアンサー

この反応には形式的に下記の4種の反応が含まれていることになります。
CH3CH2CH2Cl → CH3CH2CH2+ + Cl- (1)
CH3CH2CH2+ → (CH3)2CH+ (2)
CH3CH2CH2+ + C6H6 → CH3CH2CH2-C6H5 + H+ (3)
(CH3)2CH+ + C6H6 → (CH3)2CH-C6H5 + H+ (4)
一方の生成物は(3)の反応で生成し、他方の反応は(2)の反応とそれに続く(4)の反応で生成します。このことは事実上、(2)と(3)の反応のどちらが速いかによって生成物が決まることを意味します。
当然のことながら、それぞれの反応の活性化エネルギーは異なっており、結果的に反応速度も異なります。しかも、多段階の反応になっています。
そうすると、そういった反応速度の温度変化によってカルボカチオンの濃度も変化しますし、(3)の反応を起こす割合も変化します。結果的に1-フェニルプロパンと2-フェニルプロパンの生成比も変化するはずです。
非常に曖昧な議論で、定量的なものとはとてもいえませんが、反応のいくつかの段階が関与してそういった結果になるということでしょう。

なお、各反応は形式的に示したものであり、実際の反応機構はさらに複雑です。そのために生成比に影響を及ぼす要因も多くあることになります。
また、これらの反応は非可逆反応なので、熱力学支配や速度論支配に関する議論は成立しないと思います。

この反応には形式的に下記の4種の反応が含まれていることになります。
CH3CH2CH2Cl → CH3CH2CH2+ + Cl- (1)
CH3CH2CH2+ → (CH3)2CH+ (2)
CH3CH2CH2+ + C6H6 → CH3CH2CH2-C6H5 + H+ (3)
(CH3)2CH+ + C6H6 → (CH3)2CH-C6H5 + H+ (4)
一方の生成物は(3)の反応で生成し、他方の反応は(2)の反応とそれに続く(4)の反応で生成します。このことは事実上、(2)と(3)の反応のどちらが速いかによって生成物が決まることを意味します。
当然のことながら、それぞれの反応の活性化エネルギーは異なっており、結果的...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報