在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

Cロナウドが重りをつけてドリブル練習していたらしいですが、重りをつけての練習は意味があるのですか?足が遅くなるのではないかと思うのですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「重りをつけたドリブル」について具体的な事が説明してないので、何とも書きづらいのですが与えられた情報の範囲で考えてみます。



クリロナの練習で考えられるのは、筋肉をロックしない動作なので効果があるということ。
「筋肉をロックする」とは、例えばジムトレーニングのレッグエクステンションの動作です。
このトレーニングは、下に曲げていた足を水平の位置まで上げ(膝をまっすぐ伸ばす)、上げきったところで一時固定し、そして足を降して再び足を上げるを繰り返します。
この動作の中で「上げきったところで固定する」が「筋肉をロックする」です。
このトレーニングによって確かに筋肉は太くなり、筋力が付きますが、弊害は「筋肉の動きが遅くなる」ということです。

よく知られた話ですが、カズがブラジルから帰った後、読売ベルディに入団してからジムトレーニングを始めました。
カズの目的は筋肉を大きくしてパワーを付けることでした。
結果、確かに体が大きくなり、パワーを付けることが出来たのですが、一方で体のキレが悪くなりました。
ラモスなどからは、「体のキレを無くして何の意味があるんだ」と馬鹿にされたそうです。

清原がボンズの真似をして体を大きくした結果、故障続きで引退を余儀なくされたのは同じ過ちです。
(指導を受けたトレーナーがプロレスの専門トレーナーだったと言うのはお笑いですが)

いわゆるジムマシーンによるトレーニングは筋肉を大きくしてパワーを付けることは出来ますが、動きが悪くなるので体のキレは無くなります。

イチローが帰国した時に必ずやると言われているジムマシーントレーニングは全く別のモノで体のキレを損なうことなく筋肉を鍛えられます。
(このトレーニングは日本人が開発したのですがここでは省略します)

クリロナが重りをつけてドリブル練習をした結果、良い効果が得られたのは常に動きを止めない、筋肉をロックさせない動作を続けていたからだと思います。
イチローのジムトレーニングは同じ原理です。

蛇足ですが、今流行の加圧トレーニングはプロを目指す人は絶対にやってはいけません。
このトレーニングは筋肉を破壊する弊害が大きくて、壊れやすい体、キレの無い体を作るだけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
筋肉をロックしないというのは重りをつけてジクザグドリブルをしているだけでもいいのですか?
あと加圧トレーニングとは何ですか?

お礼日時:2010/11/20 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学三年の長男のサッカー上達方法

ウチの長男は現在小学三年です。サッカーチームに入っており週2回の練習に楽しく参加していますが、4年生に向けてポジション決め等が始まるそうです。
お世辞にもあまり強いチームではないの頑張ればレギュラーになれると思うのですが、いまひとつドリブルと強いシュートが他の子と比べても見劣りする感じがします。
体もあまり大きな方ではないので、仕方が無いのかも知れませんが何とかレギュラーになって欲しいので練習に付き合ってはいるのですが、自分はサッカーはやってきていないのでどの様な練習をさせれば良いのかいまひとつわかりません。
どなたかわかりやすく練習の方法を教えてくれないでしょうか?宜しくお願いします。
足はそんなに遅い方ではないので、ドリブルと強いシュートが打てるようになれば何とかなると思うのですが・・。

Aベストアンサー

少年団でコーチをしています。子供も4年生でチームに入っています。

やっぱりレギュラーの方がいいですよね。親としては...

この年齢の場合は、強く蹴るよりも正確に蹴る方を優先させます。強く蹴るのは筋力がつけば誰でもできますので、それまでに正しい蹴り方を身に着ける必要があります。
インサイドキック:
 ☆軸足の先が蹴る方向を向いていること
 ☆蹴り足が蹴る方向に対して90度であること
 ☆蹴ったボールが横回転しないこと
インステップキック:
 この年齢ではまだ静止したボールをうまく蹴るのは難しいですので前から転がってきたボールを蹴ることができればOKです
 ☆軸足の先が蹴る方向を向いていること
 ☆つま先や足首ではなく、足の甲に当たっていること
 ☆蹴ったボールが逆回転しないこと
 どうしてもつま先や足の甲の前部分に当たりがちです。つま先や足の甲の前部分にボールが当たると蹴ったボールは逆回転します。

ドリブルはボール感覚です。どのくらい蹴るとどのくらい前に進むのかといった感覚的なものは経験からしか覚えることができません。ジグザグドリブル等を数多くやるしかないと思います。

9~11才くらいをゴールデンエイジと呼ぶそうです。この時期はいろんなことをすぐに吸収して一番上達する時期だそうです。たくさん相手をしてあげてください。リフティングは蹴り方やボール感覚を養うためには非常にいい練習です。お子さんのレベルにもよりますが、お父さんと回数の競争をしてみてはどうでしょうか?結構大人でも難しいですよ

ただし、レギュラーに選ばれなかった場合のフォローも考えてあげてください。レギュラーがいるということは控えも必ず必要です。控え選手はレギュラーに負けたわけではないのです。また、頑張れば必ず追い越せます。そうした気持ちを持たせてあげられるのはご両親が一番です。

最後に一つ:
技量が多少劣っても、元気があって、気持ちを前面に出せる子は試合に出す機会が多くなります。やっぱりチームとして活気が必要ですから... これも試合前のご両親の工夫で何とかなる場合があります。テンションを高めてあげて大きな声を出せるようにできればチームとしても大きなプラスになります。

少年団でコーチをしています。子供も4年生でチームに入っています。

やっぱりレギュラーの方がいいですよね。親としては...

この年齢の場合は、強く蹴るよりも正確に蹴る方を優先させます。強く蹴るのは筋力がつけば誰でもできますので、それまでに正しい蹴り方を身に着ける必要があります。
インサイドキック:
 ☆軸足の先が蹴る方向を向いていること
 ☆蹴り足が蹴る方向に対して90度であること
 ☆蹴ったボールが横回転しないこと
インステップキック:
 この年齢ではまだ静止したボールをう...続きを読む

Qオモリをつけて歩いたりすると足は太くなる?

足って痩せようとして運動をすると
筋肉がついてしまって逆に太くなってしまうか
ひきしまって細くなるか
になりますよね

そこがむずかしくて脚やせの方法を考えたのですけど
重くて足に巻く(?)ような足を鍛える道具がよく売ってますけど
あれを足につけて歩いていたら
筋肉がついて太ってしまうのでしょうか?
それともひきしまって痩せるのでしょうか?

回答よろしくお願いしますっ

Aベストアンサー

>筋肉がついて太ってしまうのでしょうか?
それともひきしまって痩せるのでしょうか?

私は昔片足1kgずつつけて歩いてましたし、それで日常生活をしてましたが、特に引き締まった感はありませんでした。
つけたまま2時間ぐらい歩いたりもしてました。
体全体が少し締まったぐらいにはなりましたけども。

どちらかといえば、私の足は細いタイプではありませんでしたので、
太ったということもなく、さほど筋肉的にもつかなかった気がします。

Qジョギング時にリストウエイトは効果がありますか?

昨年9月から食事制限と運動で12kgの減量をしています。体重の目標はまだ先です。

運動は、ジョギングやウォーキングを屋外でやっています。他にはジムでエアロビなどの有酸素と筋トレをしています。筋トレは、マシンで上半身と下半身を週1回ぐらいやっています。他にはプールで週2回ぐらい泳いでいます。

最近、なんとなく腕力が衰えてきた感じがするので、よい方法がないかと考えていたら、スポーツショップでナイキのリストウエイト(片側0.45kg)を見つけて買ってしまいました。

このリストウエイトを両手に付けてジョギングやウォーキングをすると効果があるような気がしたのですが、実際はどうなんでしょうか?実は昨日買ったのでまだ試しておりません。

運動は意識するとより効果が高いと聞いたことがあります。プラス効果があれば効果的と思いますが、マイナス効果のご回答でも参考にさせていただきたいと思っております。

ジョギング時にリストウエイトは効果があるでしょうか?
ご経験者様、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2ですが、

>負荷が高まるということは脂肪燃焼が効率化するっていうことでしょうか?

脂肪燃焼の効率が一番良いのは実は寝てる時、つまり「何にもしてない時」が一番高いのです。
負荷が上がるに従って、単位時間あたりのエネルギー消費量は増えますが、脂肪の消費量はそれほど高まらず、糖質の消費量が高くなります。何でかというと、ある程度負荷の高い運動を行うと、脂肪からエネルギーを得るよりも糖からエネルギーを得る方が早いんですよね。

ただ、ですね、運動による脂肪の消費量をやたらと世間では過大評価しがちですが、結局のところ、糖の消費であろうと脂肪の消費であろうと、こと脂肪の減少についてははっきり言って関係ありません。結局、余った糖質は脂肪になりますし、糖から脂肪への転換が少なければ、人間の体の中では常に脂肪が燃焼されてる状態(呼吸など)なので、結局マイナスになりますよね?最終的には糖の消費だろうと脂肪の消費だろうと、体重の減少に影響を与えるのは「消費カロリーと摂取カロリーの差」でしかありません。
なので、普段から糖質や脂肪の取りすぎに注意し、適度な運動をする、というのが一番なのです。

ちなみにリストウエイトをつけてどれぐらい負荷が高まるかというと・・・手首のような体の末端に近い部分につけることになるんで、最初のうちはそれなりに負荷を感じるかもしれませんが、結局体重が0.45kg×2増えた分エネルギーの消費が増える程度なんで・・・結局その程度の負荷でしかありません。10kgのおもりを背負ってウォーキングでもした方がよっぽど運動全体での負荷は高まります。

#2ですが、

>負荷が高まるということは脂肪燃焼が効率化するっていうことでしょうか?

脂肪燃焼の効率が一番良いのは実は寝てる時、つまり「何にもしてない時」が一番高いのです。
負荷が上がるに従って、単位時間あたりのエネルギー消費量は増えますが、脂肪の消費量はそれほど高まらず、糖質の消費量が高くなります。何でかというと、ある程度負荷の高い運動を行うと、脂肪からエネルギーを得るよりも糖からエネルギーを得る方が早いんですよね。

ただ、ですね、運動による脂肪の消費量をやたらと世間では過...続きを読む


人気Q&Aランキング