老後どこに住むか考えるといろいろ悩みます。
私には子供がいないので
老後は一人暮らしになってる可能性も高いです。

現在、一戸建ての築40年ほどの木造住宅(持ち家)で住んでいます。
たださいわい立地条件はいい場所です。
(駅から近く自宅周辺に店や病院なども多いです)

ただ、
「将来、家の修繕費がかかるから
今の家を売ってマンションに引っ越したら?」という人がいるんです。

それに対して
「せっかくこんなに立地条件がいい場所に住んでるんだから
引っ越すなんてもったいないですよ。
労力もすごくかかるし
また引っ越した先になじめない可能性(隣近所に顔見知りがいない等)もありますよ。
今の家をその都度リフォームしたり修繕したりのほうがいいと思いますけど。」
とアドバイスする人もいます。

さらに
「マンションだったら地震に強いけど一戸建ての家は地震など
自然災害に弱いからマンションに引越したほうがいいのでは」
という人がいます。

それに対して
「そういう理由(地震などが恐いから)で
一戸建ての家を売ってマンションに引っ越すだなんて
心配のしすぎで
そんなことを心配してたら何にもできないよ。
貴方にマンションへの引越しをすすめる人は【とりこし苦労しすぎ】なのでは
ないでしょうか?」という人もいます。

そもそも
家の老朽化が理由で
一戸建ての家と土地を売ってマンションに
引っ越す人ってそんなにいると思いますか?

この深刻な不景気のときに、引越し費用もかかるし労力もかかります。
私自身は住みなれた便利な土地から離れることには抵抗も感じます。
しかし確かに地震などの自然災害に対する不安もあります。
なので悩んでいるのです。

老後住む家について
どう感じますか。
上述の例でないケースで答えてくださってもかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

人によって優先順位が違うのでいろいろだと思います。


利便性や人間関係なら今の場所。
居住性や安心度なら転居やリフォーム。
介護を考えたらケア付き施設。
人に勧められるところより、ご自分にとって何が一番大事かが判断材料だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>人に勧められるところより、
>ご自分にとって何が一番大事かが判断材料だと思います。

そうですよね。考え方は人それぞれですものね。

私としては可能な限り今の家に住み
今の家に住むことに不便を感じるようになったら転居しようかとも
思っています。

>介護を考えたらケア付き施設。

マンション住まいの人って自分が
将来介護が必要になる可能性がゼロでもないことを
意外と考えてない人いるようなんですよ。

「うちのマンションはバリアフリーだし警備会社と提携してるから
いざとなったら警備会社の人がきてくれるから安心」みたいに言ってる人も
いますが、
いくら快適なマンションに住んでても
老後、自分で歩けなくなったり
介護施設に入らなくならないほど身体がの状態が悪くなったら
結局そのマンションに住めなくなりますよね。

お礼日時:2010/12/23 15:15

そもそも家の老朽化が理由で一戸建ての家と土地を売ってマンションに引っ越す人ってそんなにいると思いますか?>


終の棲家としてその家に住んでいるのでなければ、選択肢の一つとして当然あると思います。改築やリフォームするより、狭くても新築か築浅への引っ越しの方が良いと思う人も居るでしょうから。
その理由とは別に、老後は一戸建ての階段や段差が辛くなるので、エレベーターがあり室内もバリアフリーのマンションに引っ越す人は少なからず居るようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>老後は一戸建ての階段や段差が辛くなるので、
>エレベーターがあり室内も
>バリアフリーのマンションに引っ越す人は少なからず居るようです。

私も家の中の段差が気になります。
(今はいいですが)

>改築やリフォームするより、狭くても新築か築浅への
>引っ越しの方が良いと思う人も居るでしょうから。

やはりそういう考えもあるのですね。
私もあと10年くらいは今の家に住みたいと思ってますが
あちこちが老朽化してきて
あまりに家の修繕費がかかるようだったら
引越ししたほうがいいのかな」と思ったりもします。

お答え有難う御座います。

お礼日時:2010/12/23 14:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお金を若いうちに貯めて、老後の生活費の不安がなくな

お金を若いうちに貯めて、老後の生活費の不安がなくなった人が発展途上国の発展支援や日本国内の社会福祉の向上のためにボランティアをするのは分かりますが、自分の老後の生活設計すら出来ていない若者はなぜ自分の老後生活費を投げ打ってまでボランティア活動をするのでしょう?まずは自分が老後自立して生活できるまでの貯金をするのが先では?と思ってしまいます。

自分の老後はまた自分と同じようなボランティア支援がしたい次の世代のボランティアに頼もうとしているのでしょうか?それだとボランティアじゃなくて、いまの年金のような相互保険みたいな支援しているのは自分の前世代のボランティアってことになって、全然支援してるようで支援になってない気がしますがどう思いますか?

Aベストアンサー

ウチの近くにそんな人がいますけど・・・
 なんか現実逃避してるように見えますね

Qどこに住むか。

40代専業主婦です。

ある本を読んだ事がきっかけで、はたと考えてしまったのですが…。

世の中、何があるか分かりません。
もし夫が死んでしまったら、私はどこに住めばよいのか…と。


私の状況としては、
・夫婦二人暮らし。ともに40代。
・夫は転勤族で数年ごとに転勤してきており、夫の勤め先関連の住宅に入居、持ち家はない。
・私の実家はもうない。
・私には親しい身寄りはない。
・私はその土地その土地で、そこそこ親しい友人を作りながら、1つの土地に強いこだわりなはく、暮らして来れた。
・車の運転はできるので、交通機関の発達していない場所もOK。地方生活も楽しめる。
・寒さや雪にも強い。
・現在は首都圏で、都会暮らしもイヤではない。
・一応、その後は一人で暮らすことを基準に考えている。(誰かに頼らないと生きていけないタイプではない)
・働くのは、できれば水商売ではない仕事(向いていないと思うので)。


もし夫がなくなった場合、まず家をすぐに出る必要があります。
そのとき、自分はどこに住むか、を考えたとき、何を基準に決めるべきか。

自分には、どうしてもその場所(土地・地方)でやりたいこと、などはありません。

夫のことは大変愛しており、夫婦仲も良く、したがって、この件に関して、なかなか本気で考えられず、でもいざとなったらとても困る事案だとは思います。

こういう事をポイントに考えてみては? とか、ここの町は住みやすいと思う、など、何か、考えるためのアドバイス、いただけますか?

40代専業主婦です。

ある本を読んだ事がきっかけで、はたと考えてしまったのですが…。

世の中、何があるか分かりません。
もし夫が死んでしまったら、私はどこに住めばよいのか…と。


私の状況としては、
・夫婦二人暮らし。ともに40代。
・夫は転勤族で数年ごとに転勤してきており、夫の勤め先関連の住宅に入居、持ち家はない。
・私の実家はもうない。
・私には親しい身寄りはない。
・私はその土地その土地で、そこそこ親しい友人を作りながら、1つの土地に強いこだわりなはく、暮らして来れた。
・車...続きを読む

Aベストアンサー

 
 シンプル・ライフのすすめ
 
 もっとも現実的で、簡便・確実なのは、現住所に近い公営団地です。
 全国各地にあり、それぞれさまざまの条件が異なりますが、原則的に
家賃や管理費が安く、近所づきあいや人間関係も合理的です。
 
 空室の募集期間があり、急に探したり決めたりするよりも安全です。
 もちろん、集合住宅ならではの不都合もありますが、これからの長期
高齢者時代には、とくに災害に強いなどのメリットがあります。
 

Q老後の生活のお金

老後の生活のお金について考えています。

老後の生活のお金に対する考えは人それぞれと思いますが、皆さんの考えを聞きたくて質問しました。
老後のお金は、
1、貯金を崩しながら、年金で生活する
2、配当と年金のみで生活する
3、仕事をつづけ、お金は後世に残す

以上3パターンに分かれてくると思います。また中でも1番が多いと思いますが、1の場合何歳で亡くなるということを考え貯金を逆算し月いくら崩せるかを出すと思います。その場合、何歳で亡くなる予定にされていますか?

お時間ありましたらみなさんの意見賜ればと思います。

Aベストアンサー

子どもにたよる、という意見も出ていたようですが
今後の子どもたちは今の大人より将来はもっと絶望です。
子どもに頼るのは、子どもの将来を親がなくすことなので
うちの(私の)将来像としては

子どもには絶対頼らない、そのかわり子どもに残すものもない
長生きの家系なので90歳は当たり前、その分細く長くを最優先
子どもに頼らないけど動けなくなったときのために施設などを探す

と考えています。

1の貯金は長生きしたらなくなります。
年金に頼らなかったら8000万くらい必要と言う話を聞いたことがあり
年金も今後あてにならないので、選択肢として現実的でないと思います。

2は配当や分配金などで生活も、過去はありでしたが
今後はあてにならないので、さらにあてにならない年金との組み合わせでは厳しいです。

3は体が元気だったら、という条件付ですね。
一番ここが大きいと思うので、とにかく健康第一です。
健康なら仕事もできるし(あれば)医療費もかからないけれど
病気があり治療が必要になると、仕事はできなくて医療費がかかる
ということになりかねません。
そうなると子どもやまわりにたよって、子どもの将来も食いつぶします。


うちは現状まだ現役なので、とにかく65歳くらいに年金をもらうとして
絶対足りないので、60歳からの5年分とあわせて
最低3000万を目標にがんばっています。
現実にはそんなに貯金がなくて、年金のみで厳しいといって生活している人が多く
まだ現役ならばそうならないような長い長い計画が必要だと思います。

遺伝子レベルで考えると、交通事故や自殺などは別として
だいたい先祖の寿命を考えれば計算できると思うので
その間に貯金を崩すとしたら、どの程度の貯金が必要か計算してみましょう。
1の選択肢はかなり厳しいことがすぐわかるはずです。

ということで、理想は3、ただ残す余裕はないので仕事をしつつ使う。
平行して1。
まとめれば仕事をしつつ、年金を使いつつ、貯金を崩す、ということになるでしょう。

あと20年くらい先の日本の若者は
将来が明るい人と、現在の生活にも困る人がもっと極端になると思います。
子どもにはそうならないよう、頼らないからあなたもがんばれ
と言っています。
いやな話ですが・・・。

子どもにたよる、という意見も出ていたようですが
今後の子どもたちは今の大人より将来はもっと絶望です。
子どもに頼るのは、子どもの将来を親がなくすことなので
うちの(私の)将来像としては

子どもには絶対頼らない、そのかわり子どもに残すものもない
長生きの家系なので90歳は当たり前、その分細く長くを最優先
子どもに頼らないけど動けなくなったときのために施設などを探す

と考えています。

1の貯金は長生きしたらなくなります。
年金に頼らなかったら8000万くらい必要と言う話を聞いたことが...続きを読む

Q退院後、住む家がない老親について

70代後半の母親のことで相談させてください。
数ヶ月前に脳梗塞で入院し、麻痺や言語障害はないのですが、足に症状が出てしまい、歩行が不安定になりました。トイレや洗面など、室内の移動なら一人でも問題なさそうなレベルです。また、手もよく動くので、食事の介助なども必要ありません。

母親の実家は築50年を超えるようなエレベーターもない古い団地で、設備も古く、
退院後にここに戻るのは厳しそうです。
ですが、3年後に建て替えが決まっていて、新築になればエレベーターもつきますし、
ほぼバリアフリーの設計になるようで、大変住みやすくなると思われます。
家賃も年金で十分暮らせるレベルです。

わたしは36歳の会社員で、母とは近所ですが別居しています。
収入は400万円台、結婚の予定はありません。
姉もいますが、遠方に嫁ぎ先方の持家で姑と同居しているので全くアテにはしていません。
こちらの生活やお金の使い方についても一切口出ししてきません。


ここで問題なのですが、あと2,3ヶ月で退院する母親(今はリハビリ病院に入院中)は、
退院後、どこに住むのがベストでしょうか。
本人は、友人などがいるから実家の近所じゃないと嫌なようです。

1.有料老人ホーム
 一番安心ですが、まだ少し早い気もします。
 でも、常時周りに人がいたり、イベントに誘い出してくれたりするから、
 認知症防止になるかなとも思います。食事つきで月額18万円ほど。

2.高齢者サービス付賃貸住宅
 風呂やキッチンが個別にあるのでプライバシーも守れるし 家事をする楽しみがありますが、
 25m2程度の部屋で賃料が17万。食事は自由ですが頼むなら月額3万円。
 もったいない気もします。

3.一般賃貸住宅(エレベーター付で段差が少なめ)
 10万も出せばそれなりに広くていいところに住めます。
 高齢者見守りサービスや介護保険をフルに使わないと日常生活が心配。
 高齢者単身居住だと見つからなそう・・・・
 
4.同居を前提にマンションを購入する
 私の家賃とホームの費用を合わせると月額30万円近くになります。それならいっそ買って
 しまって同居したほうがいいのではないかとも・・・・ですが、お互いの性格上一緒に
 生活できるかは大いに疑問です。母親もいまは同居は望んでなさそうです。
 
5.賃貸住宅に入り、数年後、建て替えた団地に戻る
 最終的には母親は今の家に戻りたいようで、空けていても家賃を
 払い続けると言い張っています。(退去しなければ建て替え後も家は確保されます)
 それまで母親が元気でいるかも心配ですし、もし住まないとしたら、払い続ける家賃も
 勿体無い気もします。


周囲に同じような親の介護問題に当たった友人がおらず、相談もしづらいです。
仕事と見舞いに忙しく、プロの意見を聞きに行くこともできません。
それに、ここから先はもう個人個人の考え方の問題の気もします。
ですので、みなさんならどうするか、いろいろな意見を聞かせてください。

つたない文章を読んでいただき、ありがとうございます。

70代後半の母親のことで相談させてください。
数ヶ月前に脳梗塞で入院し、麻痺や言語障害はないのですが、足に症状が出てしまい、歩行が不安定になりました。トイレや洗面など、室内の移動なら一人でも問題なさそうなレベルです。また、手もよく動くので、食事の介助なども必要ありません。

母親の実家は築50年を超えるようなエレベーターもない古い団地で、設備も古く、
退院後にここに戻るのは厳しそうです。
ですが、3年後に建て替えが決まっていて、新築になればエレベーターもつきますし、
ほぼバリアフ...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんの退院後のひとり暮らし、具体的に何が出来るか
考えておられるのですね。
お母さんにとっては、質問者様のような娘さんがいることが
ずいぶん心強いことと思います。

さてお母さんのこれからですが、私は「5.案」に近いです。
お母さんの希望を一番に、実家あたりに戻る方向で
考えてあげて欲しいと思います。
お母さんにとって住み慣れた場所に戻ることが
苦しいリハビリを続ける、心の支えになっておられるのでは。

具体的には。
今、何階に住んでおられるのか分かりませんが、
電話ででもいいので、なるべく早く
物件を管理をしているところに空き物件がないか相談しましょう。
今いる部屋とあまり環境の変わらない3階以下の部屋への
住み替えを相談するのです。

またお母さんの場合、具体的に足に障害?が出ているのですから、
高齢者の福祉を担当している自治体の窓口にも事情を相談しましょう。
公団内での転居の優先順位を上げてもらうためです。

実際高齢の方が、階段の上り下りの不自由を理由に
階下に部屋が空くと希望して、団地内転居される例はよくあって、
こうした希望は珍しくありません。無理を言っているのではないのです。

もし空き室が見つかって、お母さんが転居を承知したら
お母さんと相談しながら、水回りにバリアフリー仕様を加えて、
少しだけリフォームしてはいかがでしょう。
自治体によっては、数万円~数十万円の補助が出ると思います。
3年後に建て替えになるのですし、少し手を入れるだけ。
それでも、質問者様とお母さんの負担は減ると思います。

お母さんの足は、使わなければますます衰えます。
気持ちがくじければ、認知症やうつが気がかりです。
なるべく今までどおり、ゆっくりでも自分でやるようにしてもらって、
しんどそうなら、ヘルパーさんに助けてもらいましょう。

あなたのお母さんも、しっかりした方のようですね。
ひとり暮らしをしながら、まだまだ元気で長生きされますよ。
きっと大丈夫ですから^^

お母さんの退院後のひとり暮らし、具体的に何が出来るか
考えておられるのですね。
お母さんにとっては、質問者様のような娘さんがいることが
ずいぶん心強いことと思います。

さてお母さんのこれからですが、私は「5.案」に近いです。
お母さんの希望を一番に、実家あたりに戻る方向で
考えてあげて欲しいと思います。
お母さんにとって住み慣れた場所に戻ることが
苦しいリハビリを続ける、心の支えになっておられるのでは。

具体的には。
今、何階に住んでおられるのか分かりませんが、
電話ででもいいので...続きを読む

Q【老後破産は老々介護で自分の老後のために貯蓄していたお金を親が長生きしすぎて親に自分の老後の生活のた

【老後破産は老々介護で自分の老後のために貯蓄していたお金を親が長生きしすぎて親に自分の老後の生活のために貯めた貯蓄を切り崩しているからだ】という国の調査結果は、「非正規雇用者が増えて老後破産に陥っている」という調査報告をもみ消すための捏造された結果では?

非正規雇用者が増えたので退職金も年金も少なく、老後に破産者が増えているというか、非正規雇用者は老後に破産して生活保護に入るという人生設計を働いているときからの将来設計図に描いているので、親が想定しているより長生きして貯蓄を切り崩したために老後破産したと言うのは非正規雇用者の良い言い訳になって利用されている気がします。

そもそも老後の生活の貯蓄が定年退職前に用意出来ている人口比率は3割。

7割が貯蓄が足りていないので、親が養老所に入ろうと思っても自分の貯蓄では足りずに子が出して入所している。そうでないと子は親の介護のために仕事を辞めざる負えないという。

今や結婚しない人が3割いて、うち1割が一人っ子だとして2割が老後破産該当者ということになる。

老後破産該当者の思惑として、親の介護で自分の老後破産に陥ったという調査結果は誤りで、親が長生きしようがしまいが非正規雇用者、労働者人口の4割の半分、要するに非正規雇用者の単身者の半数の50%の人は将来、老後破産該当者になると思われる。

非正規雇用者で一人っ子で独身者の50%が将来の老後破産該当者ですがそもそも生活保護に入る気マンマンの人生設計をしているのか教えてください。

【老後破産は老々介護で自分の老後のために貯蓄していたお金を親が長生きしすぎて親に自分の老後の生活のために貯めた貯蓄を切り崩しているからだ】という国の調査結果は、「非正規雇用者が増えて老後破産に陥っている」という調査報告をもみ消すための捏造された結果では?

非正規雇用者が増えたので退職金も年金も少なく、老後に破産者が増えているというか、非正規雇用者は老後に破産して生活保護に入るという人生設計を働いているときからの将来設計図に描いているので、親が想定しているより長生きして貯蓄...続きを読む

Aベストアンサー

世間一般の話で現在の貴方様の状況がわかりませんの。親の介護費用は別にしてご自身の生活費は夫婦二人で20万前後欲しいですね。生活保護の審査査定も厳しく健常者で有れば就労する事を厳しく進められます。生活保護の給付金も国民年金と比較して不公平であり安易に自給資格を得るので批判が出ており将来は引き下げになるでしょう。

Q老後一人は寂しくないでしょうか?

父が今年60歳になります。
母とは15年前に離婚しています。

定年は65歳のようですが、退職後、どうするのかな?ボケるんじゃないかと心配です。

男一人、老後を過ごすのは寂しいような気がします。もちろん親戚もいますし、付き合いは悪くないようですが、
仕事が休みの日でも、一人で図書館へ行ったり、喫茶店でコーヒーを飲んで気分転換しているようです。老後のためにとdvdにテレビ番組を録画しているようで、先日家に行くと、dvdの山ができていました。近いうちに整理をするそうですが、なんだかさみしく感じました。

日曜日にも仕事を自宅に持ち帰ってやっているそうです。
熱心に仕事に打ち込んでいる様ですが・・・。
父は食事も洗濯も不自由なく、ちゃんとやっていますが(マメに動きます)爺さんになったころが心配です。

そんな父ですが、趣味サークルの先生(40代・独身・子連れ)と仲良くなったみたいで、時々食事に出かけているようです。
嬉しいような、、、、でも気分は複雑です。
あれこれ私が口に出すことでもないのですが・・・。

父の好きなように生きてくれればいいとは思いつつ、もやもやしています。老後1人は寂しいのでしょうかね?
口数の少ない父が何を考えているのかわかりませんが、
やっぱり一人は寂しいのかな・・・とふと思いました。

実際はどうなんでしょうか?

父が今年60歳になります。
母とは15年前に離婚しています。

定年は65歳のようですが、退職後、どうするのかな?ボケるんじゃないかと心配です。

男一人、老後を過ごすのは寂しいような気がします。もちろん親戚もいますし、付き合いは悪くないようですが、
仕事が休みの日でも、一人で図書館へ行ったり、喫茶店でコーヒーを飲んで気分転換しているようです。老後のためにとdvdにテレビ番組を録画しているようで、先日家に行くと、dvdの山ができていました。近いうちに整理をするそうですが、なんだかさみ...続きを読む

Aベストアンサー

私も定年になって2年目です。
寂しいと思いますよ。私の場合、妻が元気ですから、話し相手には困りませんが、それでも1年目は、寂しかったですね。

私の仕事は主にエクセルで表を組み立てたり、アクセスでプレゼンテーションを作ったりしていました。
定年になっても後輩に「ここの関数をこう書き換えたらどうだ」なんて、電話していましたが、段々熱のない返事が来るようになって、止めました。

私は定年になったら北海道にドライブに行くという夢がありましたから、体力気力があるうちにと延長を断り、妻と二人、ワゴン車をキャンピングカーに仕立てて60日ほど行ってきました。
北海道の夏は、車で寝泊りしている同年輩のご夫婦連れが多いので、情報交換がてら、たちまちたくさんの知人友人が出来ました。
もちろん、男性一人という車も見かけましたが、男は社交的でないので、言葉掛けは少ないですね。

今年も同じ北海道に2ヶ月いました。移動する別荘で避暑です。去年お会いしたご夫婦にも何組かお会いしましたよ。「まだ家にいるのか、北海道はもう夏だよ、何日に道の駅で会いましょう」と携帯でやり取りしながらの徘徊です。
500円の入湯料で無料の大広間が借りられるので、地元の人と盛り上がったこともありました。

私は、若いころからボランティアをやっていましたので、月に何日間は交流があるため、心のよりどころはそれぐらいでしょうね。

友人が言っていました。
俺は釣りが好きなので、休みの日はもちろん出勤前も帰宅後も毎日のように海に行っていた。しかし定年になって、いつでも行けるとなったら、回数が減ったね。

またある人は、
女房が棚を作れと言っているが、毎日が日曜日だから急ぐ必要がないと思うから、結局作らなくなってしまう。

やはり、人的交流が一番だと思いますよ。

私は日曜大工が趣味で、裏庭にレンガを敷き詰めようかと思っているのですが、ギャラリーが居ない(妻は興味がない)作業が段々億劫になってきて、部材を買いに量販店に行くことが楽しみになってきています。

今は正月に来るであろう孫に逢うのと、来年夏の北海道が楽しみです。

私も定年になって2年目です。
寂しいと思いますよ。私の場合、妻が元気ですから、話し相手には困りませんが、それでも1年目は、寂しかったですね。

私の仕事は主にエクセルで表を組み立てたり、アクセスでプレゼンテーションを作ったりしていました。
定年になっても後輩に「ここの関数をこう書き換えたらどうだ」なんて、電話していましたが、段々熱のない返事が来るようになって、止めました。

私は定年になったら北海道にドライブに行くという夢がありましたから、体力気力があるうちにと延長を断り...続きを読む

Q日本で老後の生活費の少ないところを教えてください。

予測される年金では老後の生活が心配です。海外移住はリスクが高すぎるような気がして踏み出せません。日本国内で老後の生活費が少なくてすむ地域がありましたらご教示ください。

Aベストアンサー

北海道の伊達市は高齢者向けの街づくりに力を入れていて、移住率が高いらしいですよ。
北の湘南って言われてるとか(笑)
そういうところをお近くで探してみるのもいいのではないでしょうか。

Q老後の居住地はどこがいいですか

日本だとしたら 雪が降らない 台風が少ない 空気がいい 離島ではない ある程度交通が便利

なところがいいのですが 長崎あたりはどうでしょうか 中国からPM2.5などが飛んできそうですが

Aベストアンサー

長崎佐世保あたりは平地が少なく、分譲地とかマンションとか比較的高値のように思います。坂道をのぼり降りするのは老人にはきついのではないでしょうか。
私も九州ですが、北九州福岡でも都会地のマンションは本州に比べれば割安です。車に乗れるのなら旧産炭地(筑豊)の分譲地は自然も楽しめ、絶対お得ですよ。黄砂(PM2.5)は車を頻繁に洗えば別に問題ありません。>雪が降らない 台風が少ない 空気がいい 、地震も洪水もめったにありません。

Q老後の生活について

老後の生活について

60歳で賃貸一人暮らし、どうしても一戸建てを買いたいのですが、
今ある貯金をすべて使い、さらに住宅ローンを組んだとして、
老後の生活は成り立つのでしょうか?

Aベストアンサー

意欲があり良いと思います。が、
1000万円の物件購入計画。余りにも無謀だと思います。
65歳から10万円/月の年金生活、厳しいですね。
貯金500万円を個人年金に回して(幸いにもまだ現役で行かれるとの事ですので)
それにちょっとプラスして10年間月5万円位のアップを計られるほうが良いと思います。
持ち家を実現させたいお気持ちもわかり、又それが気持ち的にもプラスに働いて
おられると思います。
持たれる場合、貯金の範囲に全部おさまる物件購入(諸費用等含め)にすべきでしょう。
今からの借金は絶対やめておくべきだと思います。
築35年から40年くらい土地付きが250万円くらいであったりしますよね。
不便ですがリタイヤすれば買い物も運動になると思います。
便利なところで150万円くらいの長屋、誰か買ってくれる人いないかと相談された事
がありますが借地でした。借地は駄目ですね。返すとき家は壊さなくてはなりません。
今から働いて貯金した分は65歳からの年金アップに回す。
以上、生意気にもアドバイスしました。
ご参考まで。

Q実家の両親の老後について(築50年の家)

実家は、30年ほど前に中古20年の一軒家を購入し、現在築50年です。
購入時に床の張替えをし、10年ほど前に瓦の張替え、外壁を直しています。
トイレは和式の汲み取り(下水道は通っています)、
風呂は父の手作りで、浴槽への跨ぎが深く、以前リフォーム会社に見せたところ、風呂の柱が腐っているそうです。
あとは住むのには不便していません。

父・母は現在50歳で、私は嫁にいって実家を出ています。
平均寿命で考えると、あと20年~40年ほど生きるでしょう。
こんな家でも朽ちることなく、住むことはできるのでしょうか?

足腰も弱っていき、病気によっては麻痺がでるかもしれません。
まず、和式のトイレは大変でしょう。
その前に風呂の柱がダメになるかもしれません。

今後、家がぼろぼろになってきた時、持ち家がある場合、市営住宅など入居できませんよね?
中古マンションの購入も考えていたのですが(築25年380万円)、教えてgooなど見ていると、築25年は買わないほうがいい、とありますし、死ぬまで建っているのかどうかもわかりません。
何よりローンは通るのでしょうか。。。

現在介護の仕事をしているもので、両親の老後が不安になり質問させていただきました。
質問らしい問いかけもないですが、アドバイスやご意見がありましたら今後の参考にしたいので、よろしくお願いします。
(ちなみに、母はずっと専業主婦のため、年金も少ないと思います。
ですので、老人ホームなど入所しないと考えて。)
(差し迫った問題ではありませんので、子供からの援助はなし、とします。もちろん、その時がくれば援助しますが。)

実家は、30年ほど前に中古20年の一軒家を購入し、現在築50年です。
購入時に床の張替えをし、10年ほど前に瓦の張替え、外壁を直しています。
トイレは和式の汲み取り(下水道は通っています)、
風呂は父の手作りで、浴槽への跨ぎが深く、以前リフォーム会社に見せたところ、風呂の柱が腐っているそうです。
あとは住むのには不便していません。

父・母は現在50歳で、私は嫁にいって実家を出ています。
平均寿命で考えると、あと20年~40年ほど生きるでしょう。
こんな家でも朽ちることなく、住むことはで...続きを読む

Aベストアンサー

60代の男です。
まずご両親の家ですが、現物を見ないと正しい判断は出来ませんが、
築50年というのは普通に考えれば手を入れれば(リフォームとか)まだまだ住めるでしょう。
今までに築130年とか、築70年の家をリフォームしたことがあります。

お風呂の柱が腐っていると云う事ですが、それから推測するに土台、壁の中も腐っている可能性大です。
ご両親が50歳と云う事なのでまだ現役で働いているでしょうし、現実的に不便は感じていないとしても、
10年たつと60歳です。それとともに家の老朽化は進みます。
とくに水周りは痛み出すと痛むのが早いです。
今から計画を立てて、将来向けどのようにするか検討する事をお勧めします。

まず耐震診断をしましょう。
耐震診断は市町村に相談すると、無料でやってくれるところが多いです。

リフォームするなら、トイレは水洗、洋式がお勧めです。
汲み取り式に比べると暖かいのと、足腰が弱くなった時に、身体にかかる負担が少なくなります。
お風呂はユニットバスにして、入り口と洗い場を広い物を選ぶと良いでしょう。
ローンの関しても80歳完済での年数で借入が可能です。

将来ご両親のどちらかがお亡くなり成った時、どうするかも含めて幾つかシュレーションをすると良いです。

ご自宅を売却して、マンションを購入する。(共益費や修繕積立金があります。)
ご自宅を賃貸して、その収入で施設に入る。
一人暮らし、同居、共同生活(同年代の中の良い方と)
など、色々な方法が考えられます。
ご両親のお住まいなっている地域性や、貯蓄、年金、家族などを考慮して、検討してみてください。

60代の男です。
まずご両親の家ですが、現物を見ないと正しい判断は出来ませんが、
築50年というのは普通に考えれば手を入れれば(リフォームとか)まだまだ住めるでしょう。
今までに築130年とか、築70年の家をリフォームしたことがあります。

お風呂の柱が腐っていると云う事ですが、それから推測するに土台、壁の中も腐っている可能性大です。
ご両親が50歳と云う事なのでまだ現役で働いているでしょうし、現実的に不便は感じていないとしても、
10年たつと60歳です。それとともに家の老朽化は進みます。
とくに...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報