プロが教えるわが家の防犯対策術!

昨年の8月~11月の分で請求書の間違いがありました。
もう入金も済んでいる分です。

パソコンで請求書を作成しているのですが最後の小計部分を間違ったため消費税も変わり合計金額も間違ったままの請求書を出し、入金もされてしまっています。
小計は上から足していくのですが計算の機能が2枡分ぬけていたのです。
試し算なり計算機能のチェックをしていればよかったのですが気づかないままその様式を次の月も
と書き換えて使用してしまい、結果4ヶ月のミスが続き不足が発生したわけです。(金額¥35万程)

ちなみに加えてご説明すると、請求書には明細は間違いなくすべて記載されています。(抜けていた2枡は計算機能だけぬけていて明細としては記入してあります)ただ合計の足し間違いがあるので先方もうえから足していけば納得いく内容です。
その旨先方にお詫びの連絡をいれましたが「お金ないぞ」の一言です。
ただその請求は商品代金ではなく人件費でありまして 働いた日数×日当の分で、金額的にもとても譲歩しておりましたのでこれ以上の値引きは考えられない内容です。

こちらの心情的には全然書いていない項目をこれもあったと言って請求しているわけでもないし、暑い中がんばった事を十分わかっていらしゃるし、金額が違っていたこともわかっていらっしゃたようですので(周りの人に間違ってても後からはやらんぞ~と笑って話していたそうです)
うちの従業員達は今となってはあれはうちの事だったんだと先方の人間性に頭にきているようです。(この方たちにはちゃんと給料はらっています。)

しかしながら悪いのは私なので、35万と請求されて払いたくない先方の気持ちもわからないではないし、かといってみんなの苦労を思うと・・・苦しくてどうしようもありません。
分割でもとは話ておりますが先方からはなにも言ってきません。
きちんと話しあう前に法的には請求できるのかを知りたくてご相談いたしました。
夜もなかなか寝付けない状態で・・・・どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 明らかな誤記による請求であり、かつ、誤記であることが請求書の明細を足していけば分かるとのことですので、法的には正しい金額で請求することは可能です。



 もっとも、「明らかな誤記があること」を「法的な意味での過失」ととらえて相手方が減額や免除が主張できるかどうかは1つの問題ではありますが、よほど複雑な明細でもない限りは、大きく減額できる過失とまでは言えないでしょう。ただし、この点は、実際の請求書をチェックしてみないと何とも言えないところがあります。

 いずれにせよ、任意での交渉が埒があかず、さりとて強硬手段もとりづらいと仰るのであれば、簡易裁判所で調停という方法を検討されてみてはいかがでしょうか。調停は、「裁判所で行う話し合い」ですから、当事者同士の合意がなければ話はまとまりませんが、調停委員に間には入ってもらえるので、何らかの解決策が見いだせるかもしれません。

 もっとも、法的な過失ではないとしても、広い意味では、質問者さんの「落ち度」ではあるので、落ち着きどころとして、多少の減額等は考慮の余地があるかもしれません。

 少額な案件であるため、弁護士に依頼すると費用対効果が悪くなるおそれがありますが、請求書等を目を通してもらってからの方が、過失の有無については確実な判断ができますから、現在、日弁連では、中小企業向けのひまりホットダイヤルで、初回30分無料相談を実施しているようですので、そちらで法律相談されてみてはいかがでしょう。

 夜もなかなか寝付けないというのであれば、やはりきちんとした専門家の相談を受けられた方が気持ちもすっきりするでしょうし。

 

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/ja/sme/index.html
    • good
    • 0

悩んでおられるのは「おおごとにしたくない」「トラブりたくない」からでしょう。


35万は正当な請求分ですから不足分請求については毅然とした方が良いですよ。
しかしミスはミス。
相手事務所に足を運んで経理の方か社長さんにきっちり説明しましょう。契約通りの請求ですから相手がゴネるのは請求ミスについてだけです。ミスがあったからといって支払いが免除されるとは思っていないはずです。
支払い方法を妥協してあげれば、問題ないと思いますが…。

ミスしたのなら「それなりの手続きを踏めよ」がセコい経営者の考える一般的暴論ですから。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもし請求書がミスで安くなっていたらその価格で支払うのが当然か?

今日は大変ショックなことがありました。
ハイキング帰り方の宴会の請求額を安く間違えてしまい、直後に正規の請求をしますと、逆にお怒りになり、土下座をして謝ることになりました。
私の価値観からすると、吐き気がするほど醜いものを感じましたが、世間の見方はいかがでしょうか?
私がずれているのでしょうか?
どんなご意見でもお待ちしております。

Aベストアンサー

私もお客様が白と言えば・・・派です。
お客様の立場から見ると、最初に提示された金額が、「正規の請求額」なのですね。それを店サイドから、「否定」した事になるから、怒られても仕方ないでしょう。「払って貰って当然」とか「ミスを利用して払わないつもり」と解釈するのは、如何なものでしょうか?
厳しい事を言うようですが、いつまでも凹んでいないで、「お客様の御蔭で一つ勉強をさせていただいた」と、前向きに考えて、今後の教訓にいたしましょう。

Q請求書の金額の訂正について

私は2月に未経験から営業所の営業事務兼経理事務を担当しています。
引継ぎが終わり一人になってからは戸惑いながらも何とかやっています。

今回の質問は請求書の金額の訂正についてです。
入金処理のミスやシステム変更による繰越金額のズレ等で請求書の金額が
本来の請求金額と違う場合、請求書の金額を直接訂正して発行してしまいましたが
請求書の金額の訂正は本来はしてはいけないのでしょうか?

また、先月分などでも正しい金額で作り直して差し替えてもらったほうがよいのでしょうか?

今更ですが、後から税務署や会計士などの監査に引っかからないように対処したいと考えますので、
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>ただ、請求書他、基本的に再発行ができない仕組みでありやむを得ない場合はフォーマットを自分で作る形で対応していますので..

この点は貴社のシステムや処理の仕組みが機能的に少々不足しているところがあると思います。
安易な請求書の再発行をさせないというのは正しいのですが、一方で営業担当者が単価を間違えるなどと言うのは実際に起こるものです。そういう場合の訂正方法もきちんと定めてシステム的にできるようにしておかないと、かえって大きな間違いの元になります。
特に再発行や訂正の都度担当者が適当なフォーマットを手作りで処理するというのは感心しません。それでは後になってその事実がわからなくなる恐れがあるからです。

もし機会があれば社内でそのシステムや処理手順について、会社の正式な方法を定めるということをするべきだと思います。

そこには所定のフォーマットで行うことと、必ず第三者の承認を必要とすること、その記録が残るということが必要です。
一度社内提案してみませんか。

私はかつて非常に多くの得意先に売上げ処理や請求をする部門のマネージャーをしていましたが、そこでは訂正伝票をはじめとしてすべての伝票は私の印鑑が必要で、その控えは全部保管するという仕組みになっていました。もちろんシステム的にも修正のメニューが入っていました。

>ただ、請求書他、基本的に再発行ができない仕組みでありやむを得ない場合はフォーマットを自分で作る形で対応していますので..

この点は貴社のシステムや処理の仕組みが機能的に少々不足しているところがあると思います。
安易な請求書の再発行をさせないというのは正しいのですが、一方で営業担当者が単価を間違えるなどと言うのは実際に起こるものです。そういう場合の訂正方法もきちんと定めてシステム的にできるようにしておかないと、かえって大きな間違いの元になります。
特に再発行や訂正の都度担当者...続きを読む

Q1年前からの請求書の計算間違いを発見。遡って請求されるのでしょうか?

 過去1年間の保険会社からの請求書の計算間違いに、当方(支払側)
が気づきましたが、遡って支払わなければならないのでしょうか?
 
 まだ請求内容が間違っていることは、その保険会社には伝えていません。

支払いまでの大まかな流れは次の通りです。

1.保険会社が作ったフォーマットに当社で情報を入力し保険
  申し込みを行います。
 (その申し込みフォーマットには、InvoiceNo.や数量、
  総額、運賃などの情報を入力すると、最終行に保険額が
  集計されるようになっていました。)

2.その後、当社が入力した情報を保険会社が集計して請求書を作成します。
 (その申し込みのエクセルファイルの集計行の参照が間違っており、
  上から数行が集計されていないのです。)

3.当社は、その請求書に基づき支払いを行っています。
 (2.の集計行の数式が間違っていたため、本来支払うべき額よりも
  少ない請求額で請求され、その請求書に基づき、当社は支払いを行っています。)

 保険の対価として、正しい計算内容に基づき支払うべきものだと思いますが、
 ・そもそも先方の申し込みフォーマットが間違っていた。
 ・間違って集計されたファイルは申し込み用である。
 ・先方の請求書に基づき支払いは行っている。
 ので、訴求されるのも少しおかしい気がします。

また、1年前まで訴求して請求された場合、
 ・期をまたいだ処理になってしまう。(煩雑な処理が発生します。)
 ・見込んでいなかった支払いが発生する。(業績への影響があります)
などがあり、次月以降から正しい計算内容で支払いたいのです。

 こういった場合、遡って請求され支払わなければいけないものなのでしょうか?

 長文で分かり辛くなってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

 過去1年間の保険会社からの請求書の計算間違いに、当方(支払側)
が気づきましたが、遡って支払わなければならないのでしょうか?
 
 まだ請求内容が間違っていることは、その保険会社には伝えていません。

支払いまでの大まかな流れは次の通りです。

1.保険会社が作ったフォーマットに当社で情報を入力し保険
  申し込みを行います。
 (その申し込みフォーマットには、InvoiceNo.や数量、
  総額、運賃などの情報を入力すると、最終行に保険額が
  集計されるようになっていました。...続きを読む

Aベストアンサー

そう言うものはほったらかして今後から間違いのない計算をするのが正解では?

ことさら言い立てると...

・どこかの誰かが責任を取らされてけが人が出る
・大きな金額を請求される恐れが有る
・問題になれば保険会社の変更を経営陣から求められるかも?

正しい処理に直しても結果としてろくな事にはならないでしょう

給与の計算ミスとかならけが人が出ても正しく直すべきでしょうが...

あまりにも多方面への影響が有ると考えられるときはほったらかしの方が良いときも有りますね

万一先方からの追加請求があったときのことを考えてそのときの対策だけはキチンとしておきましょう

消滅時効までは「深く静かに潜行せよ」...です

時効は1年かな?...未確認

>また、1年前まで訴求して請求された場合、

「そんな請求をするなら今後は別の保険会社に変更する」

普通はこれで解決します...

業績への影響が発生するくらいな金額ならその暗いな交渉は可能でしょう

Q請求書の金額を間違って多く請求をしてしてしまい先方からは相殺でといわれました。相殺の仕方がこれでいいのか教えてください。

簿記の初心者です。
内容は:
前前月、請求書の金額を間違って多く請求をしてしてしまいました。前月振込み有。
振込み後に気づきまして、前月も請求書をお渡しするのですが、先方に前月分の請求書で相殺でお願いしますと言われたものの処理方法を下記でしてしまいました。
これでもよのでしょうか。
間違っているのであれば、訂正などの処理を教えてください。

前前月:
請求書は、
部屋A     10,000円
部屋Aの備品代  2,000円
------------------------
    合計  12,000円
当社は、売り掛けの勘定科目がなく。
勘定科目といえるのか分かりませんが
売上管理簿・前受管理簿・未収管理簿・返金管理簿
の4つの管理簿で仕訳をしています。
仕訳は:
前前月の売上に12,000円
未収のため未収管理簿へ12,000円
前前月、月末締めをしました。
前月始めに振込みが12,000円あったので未収管理簿の未収済み処理をしました。
そのあとに間違いに気がつきました。
備品代1,000円のところ2,000円多く請求をしてしまっていました。
先方へ報告。
前月も先方へ請求があり
前月:請求書は、部屋A15,000円、部屋Aの備品代  3,000円で合計18,000円の請求なのですが…

先方へ送付した請求書は、
部屋A     15,000円
部屋Aの備品代  2,000円(備考欄:前前月1,000円多く請求をしたた             め相殺させていただきます。)
------------------------
    合計  17,000円
仕訳は:
前月の売上に17,000円
未収のため未収管理簿へ17,000円
前月、月末締めをしました。
今月始めに振込みが17,000円あったので未収管理簿の未収済み処理をしました。
このようなかたちで処理をしてしまいました。

気になることが:
前前月の売上金額へ1,000円多く売上になり、
前月の売上金額が1,000円売上が減った状態でも大丈夫なのか。
売上金額を変えてしまったのですが大丈夫なのか。
なんですが…。
非常に困ってます。
これでいいのか教えてください。
また、よくないようならどのような処理で訂正・直したらいいのか教えてください。

簿記の初心者です。
内容は:
前前月、請求書の金額を間違って多く請求をしてしてしまいました。前月振込み有。
振込み後に気づきまして、前月も請求書をお渡しするのですが、先方に前月分の請求書で相殺でお願いしますと言われたものの処理方法を下記でしてしまいました。
これでもよのでしょうか。
間違っているのであれば、訂正などの処理を教えてください。

前前月:
請求書は、
部屋A     10,000円
部屋Aの備品代  2,000円
------------------------
    合計  12,000円
当社は...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、未収管理簿などと言った管理簿と言った仕訳では、税務署は認めないと思いますが、顧問税理士などはいないのですか。
どんな規模のまた、どんなものを取り扱っているのか不明ですが、きちんとした仕訳を早急に取り入れられることが最重要課題でしょう。書店などに多数の経理に関する書物がありますので、じっくり勉強された上で、取り扱われるか確実に税理士に相談して下さい、絶対、現状のままでは税務署も税務申告すら受付けず全部の売上などが課税対象となり兼ねません。

Q売掛金請求額を間違えて請求してしまった場合の仕訳処理

 仕事で経理をしています。会計ソフトを使っての仕分け作業が中心ですが、最近、こんな事例にぶつかって議論になってしまいました。
 18,000円の商品を4月に売り、4月末に請求書を作成して取引先に郵送しました。しかし記載ミスで、請求書に1,800円と間違えて記載していたことが後で発覚しました。
 本来正しく請求していれば会計上、

4/30 (売掛金)18,000円 - (商品売上)18,000円

で済んだはずです。
 残り16,200円は5月末に合わせて請求することになりましたが、4/30の仕訳は本来の金額にするべきでしょうか?ある人の意見では、
「売掛金として請求したのは1,800円なんだから仕訳も1,800円と書くべきだ、つまり、
4/30 (売掛金)1,800円 - (商品売上)1,800円
と仕訳するべき」
と主張しています。
 しかし、社長が経営判断したり投資家へ情報提供したりする場合を考えると、売上の推移を正しく提示するためには4/30の売上金額は正しい金額にするべきだと私は考えています。そうでなければ、「4月は売上げ不調だったんだな」と経営者が間違えてしまうかもしれません。
 決算は12月末ですので、どのように仕訳しても2ヶ月かけて売掛金は相殺されますが、個人的には(売上)だけは正しい日時に正しい金額にしなければ経営者が困ると思います。発生主義の原則から考えても・・・。
 もしくは、

4/30 (売掛金) 1,800円 - (商品売上)18,000円
     (未収金)16,200円

のような仕訳も考えましたが、未収金は決算時のみしか使うべきではないという反論を受けました。

 次の(1)~(3)の、どの仕訳をするべきでしょうか?
(1)正しい売上額
 4/30 (売掛金)18,000円 - (商品売上)18,000円
 ただし、入金は5/30に1,800円、6/30に残り16,200円

(2)間違えた額をそのまま仕訳
 4/30 (売掛金)1,800円 - (商品売上)1,800円

(3)その他
 たとえば、
 4/30 (売掛金) 1,800円 - (商品売上)18,000円
      (未収金)16,200円
など、その他の方法を使う。


 どのようにするのが会社として正しいか、教えてもらえないでしょうか?

 仕事で経理をしています。会計ソフトを使っての仕分け作業が中心ですが、最近、こんな事例にぶつかって議論になってしまいました。
 18,000円の商品を4月に売り、4月末に請求書を作成して取引先に郵送しました。しかし記載ミスで、請求書に1,800円と間違えて記載していたことが後で発覚しました。
 本来正しく請求していれば会計上、

4/30 (売掛金)18,000円 - (商品売上)18,000円

で済んだはずです。
 残り16,200円は5月末に合わせて請求することにな...続きを読む

Aベストアンサー

4/30(売掛金)1,800円 - (商品売上)1,800円
4/30(売掛金)16,200円 - (商品売上)16,200円

とすれば後から探すのに苦労しませんよね。

そして請求書を4/30付けで16,200円で作成し、
6/30支払期日とすればよいのでは?

ある人の反論には完全に抗弁できますね。

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q請求書の金額訂正方法について

請求書の金額訂正方法について、質問があります。

自社発行の請求書の金額を訂正する必要がある場合、
通常、二重線+訂正印押印の上、正しい金額を記載する必要が
あると思うのですが、弊社社員は数字を切り貼りして(犯行予告のようです)
金額を訂正し、それをすでに得意先に送ってしまったようです。

正しい訂正方法を教えないといけないのですが、
性格に少し難のある社員でして、一筋縄ではいかない気がしています。
ですので、ちゃんと納得してもらえるような、
きちんとした根拠となるソースをご存知の方がいらしたら、
ご教授いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考になれば、
URL:http://www.foryousystem.co.jp/library/pdflib/foryou/business/foryou-business00013.pdf

書類の紙貼りは、不正改ざんと見做されます。

原紙の修正欄に二重線し、その上に修正記入。

重要事項の場合、この場合、発行者、金額、の修正は再発行です。

Q仕事のミスを立て続けにしてしまいかなり落ち込んでます

4ヶ月前からパートで経理をしています。仕事は請求書の発行と管理で、請求書関連はすべて私一人に任されている状態です。まだ入社してそんなに経ってないのに月末などは約500件ちかい請求書を1件ずつ確認してクライアントごとに打ち変えをしたり、売上を支店毎に分けたりという作業を1人でしています

打ち変え後の上司のチェックなどがないので、以前から不安だっだのですが、先週ついに金額の間違いがあり、営業と上司が先方に謝罪に行くという結果となりました。
先方が頑固な人で「請求書どうりにしか支払わない」の1点張りで結局、会社が3万円の赤字を出すことに・・・
そのミスで動揺してしまい、その後も2回も金額の入力ミス
をしてしまいました。社内の体制を変えて欲しいとさり気なく社員の方にも話してみたのですが、今までのパートの人はこなしてたことだし、そのためのパートなんだからチェックする手間を社員にとらすならパートを雇う意味がないと言われました。

私は落ち込み癖がひどく一度動揺するとなかなか気持ちを切りかえることができません。またミスをするかもと思うと気持ちが萎縮して仕事にいくのが憂鬱でたまらないです

せっかく私を採用してくれた上司にも申し訳なく、期待に応えられない自分に腹がたちます

そこで質問ですが仕事のミスをした時の気分の切り替えや
気持ちの持ち方を教えてください。おなじような悩みや体験談をお持ちのかたでも結構です。
このままだと落ち込みから抜け出せないです

4ヶ月前からパートで経理をしています。仕事は請求書の発行と管理で、請求書関連はすべて私一人に任されている状態です。まだ入社してそんなに経ってないのに月末などは約500件ちかい請求書を1件ずつ確認してクライアントごとに打ち変えをしたり、売上を支店毎に分けたりという作業を1人でしています

打ち変え後の上司のチェックなどがないので、以前から不安だっだのですが、先週ついに金額の間違いがあり、営業と上司が先方に謝罪に行くという結果となりました。
先方が頑固な人で「請求書どうりにしか支...続きを読む

Aベストアンサー

私も人一倍落ち込み癖をもつ者です。

失敗そのものよりも、失敗したことにとらわれ、クヨクヨこだわる行為が命取りになるんだ…と肝に銘じることだと思います。
自分が落ち込み癖のある性格だという自覚があるのはむしろラッキーですよ。問題が失敗の内容そのものよりも、自分の性格にあることを知っているのですから。

私が失敗して落ち込んだら、こんな風に自分に言い聞かせるようにしています。
「ミスをしたということは自分のやり方になにかしら問題があったわけだから、とにかく同じ失敗を繰り返してミスを重ねないよう注意しよう。なあに、殺されるほどの失敗をしたわけじゃなし、これぐらいの失敗はこのさき自分の努力で挽回できる。取り返しのつかない重大ミスを起こさないためのこれが勉強料だと思えば安いものだ。だいいちミスそのものよりも、私のこの落ち込んでくよくよしちゃう性格が最大の問題だ。この気持ちの切り替えの悪さこそが私の命取りになる要素だ。とにかくそんな自分から抜け出そう!!! 人が私に求めているのは、決して私が失敗をしないことじゃない。失敗してもそこから立ち上がる強さを持つことなんだ。失敗にとらわれるな!」

そうは言っても元来が落ち込みやすい性格なのですぐに切り替えが完了するわけではありません(笑)
思い返してはウジウジ落ち込み、そして自分への叱咤激励で気持ちを高める…の繰り返しですね。時間はかかりますが、気持ちの浮き沈みを自分に許しながら徐々に落ち込みから脱出します。
そもそも気持ちの切り替えの早い人っていうのは落ち込み癖を持たない人間なので、持つ人間は多少時間をかけるしか方法はないと割り切るのもひとつの手ですよ(笑)

こんな風に気持ちの切り替えのトレーニングを続けていけば、いつか今よりも打たれ強い人間に成長するかもしれませんしね!

私も人一倍落ち込み癖をもつ者です。

失敗そのものよりも、失敗したことにとらわれ、クヨクヨこだわる行為が命取りになるんだ…と肝に銘じることだと思います。
自分が落ち込み癖のある性格だという自覚があるのはむしろラッキーですよ。問題が失敗の内容そのものよりも、自分の性格にあることを知っているのですから。

私が失敗して落ち込んだら、こんな風に自分に言い聞かせるようにしています。
「ミスをしたということは自分のやり方になにかしら問題があったわけだから、とにかく同じ失敗を繰り返して...続きを読む

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html


人気Q&Aランキング