実験でアルミ箔を分析したところ、鉄などの金属が検出されました。これはなぜ入っているのですか?ただの不純物、混入物なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご参考までにアルミニウム(試薬)特級の品質をお知らせいたします。



塩酸不溶分 0.05%以下
窒素化合物(Nとして)0.001%以下
銅(Cu) 0.01%以下
けい素(Si) 0.03%以下
鉄(Fe) 0.02%以下
JIS K 8069にあります。
試薬でもこの程度はOKとされているということです。
    • good
    • 3

 「鉄などの金属が検出されました」との事ですが、濃度はどの程度でしょうか?鉄であれば、どこにでもある金属なので、例えば、アルミ箔の製造工程で入っても不思議ありません。

薄く延ばすのには、鉄のロールを使っているでしょう。大体、アルミ箔の純度をどの程度だと思っているのでしょうか?例えば、家庭用のアルミ箔であれば、さっと切れれば言い訳で、純度をそんなに高くする必要がないのです。そんなことしたら、アルミ箔は、今の何十倍もの価格になるでしょう。1箱千円のアルミ箔なんて誰も買いません。LSIのように超高純度が求められるわけではないのですから、化学物質には不純物があって当り前と考えてください。それぞれの必要品質に応じて、製品は製造されています。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「国家プロジェクトによるアルミニウムリサイクル技術の開発」
ご存知のようにアルミニウムはリサイクルされてますので、この中で「3.2 連続結晶分別法」に記載がありますが、「鉄系部品の混入」が避けられないためであると考えられます。

ご参考まで。

参考URL:http://www.furukawa.co.jp/jiho/fj104/fj104_07.pdf
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【薬】5mgを1錠と1mgを5錠は同じ効果ですか?

タイトル通りですが、成分5mgを1錠服用する場合と成分1mgを5錠服用する場合の効果は同じと考えてよいのでしょうか?
ちなみに、精神安定剤の「レキソタン」という薬なのですが、この薬は1mg、2mg、5mgの3種類があります。
私は手元に1mgと2mgのものを持っているのですが、強い効果が欲しいとき(レキソタン5mgが飲みたいとき)に、1mgを5錠、または1mgを1錠と2mgを2錠服用したら効果は得られますでしょうか?

Aベストアンサー

厳密に言うと違って来ます。

5mg1錠の場合、一粒が時間をかけて溶けて行きます。

1mg5錠の場合、表面積が大きくなるので、
5mg1錠が全部溶けるよりも早く、1mg5錠が体内で溶ける事になるので、
血中の薬剤濃度が一気に上昇します。
故に、お薬の作用は5mg1錠の時より急激であり、なおかつ、いくらか短時間になります。
臓器への負担は大きくなるでしょう。
場合によっては悪い影響を与えるので、決められたものを飲んだ方が良いかと思います。
詳細は、ベテランの薬剤師にご相談ください。
私は良く質問しますが、若い薬剤師さんからは、あまり的確な回答が返ってこない事が多いみたいです。

Q定性分析(金属イオンの検出)

 こんにちは。
 高校化学1の単元で、金属イオンの検出方法として、検出試薬を用いて金属イオンを沈殿させる方法(定性分析)が載っていますが、どの金属イオンがどの試薬と反応して沈殿するのか(または、どの試薬がどの金属イオンに反応して沈殿するのか)がいまひとつ覚えることができないでいます。問題集の問題によく出てくるみたいですが、なにかいい考え方はないでしょうか?それとも、ともかく暗記するしかないにでしょうか?

 皆さんはどうやって覚えたのでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

高校1年の範囲ですと、20個くらいだから、沈殿の出きる硫化物・水酸化物・塩化物・硫酸化物とアンモニアで溶ける錯体を暗記して終わりでしょう。

族で覚えて、例外の反応を10個くらい覚えれば終わりです。

Q薬の成分について

薬(錠剤)には、「成分○○○50mg」といったものがありますが、 その錠剤の重さは200mgあったりします。この場合、残りの150mgは何が入っているのでしょうか。
また、薬効成分は錠剤中、均等に分布しているのでしょうか(錠剤を1/2にすると成分も1/2になるのか否か)。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ず、残りの150mg は、その他の成分が含まれています。

市販薬の場合は説明書に「添加物」として書かれています。
例:乳糖、澱粉、プロビルセルローズ 等

錠剤の場合は、特に説明書に書いてある場合を除いて、割ったりすることは好ましくありません。「噛まずに服用」等と明記していることも多く、吸収される時間を遅らせたり、成分が混ざると変質して効果がなくなる場合もあるようです。

ご参考まで。

Q銅の電解回収時、不純物Biの塩化物添加による除去法について

銅を電解法によって回収するとき、不純物であるBiを除去するために、塩化物を添加してBiを沈殿させて(BiOCl?、BI(OH)3?)取り除く方法があるみたいです。どうやら塩化物添加がポイントらしいのですが、詳しいことわかるかたいますか?参考になるHPとかあれば教えて欲しいです。

Aベストアンサー

多分.BiO(OH)の溶解度とCuClの溶解度の違いを使っていると思います。
化学便覧基礎編.表7.84無機化合物の水に対する溶解度.p792.手持ちは1975年番。
電解精錬では.金属を電解でかようかして.でんせきさせることにより精製されます。溶けた目的金属が無機錯体などの電極反応が可能な状態を保ち.かつ.不純物を沈降させ分離します。ですから.おそらく.溶解度を使ったものと思われます。

だれか1990年ごろに日本化学会(たしか.神戸.北海道かも)で溶解度関係の報告をしていたかと思います。

Q成分量の計算。

薬学部1年のものです。
次の問題を解いたのですが、答えが合わず困ってます。

小児科 5歳児
処方(1)アスベリン散(10%) 1回0.1g 1日0.3g(製剤量として)
   (2)ペリアクチン散(1%) 1回0.16g 1日0.48g(製剤量として)
    1日3回 朝昼夕食後 5日分      以上

問1 処方薬(1)の成分量は、1g中で何mgか。
問2 処方薬(1)の製剤量に含まれる成分量は、1日あたり何mgか。
問3 処方薬(2)の成分量は、1g中で何mgか。
問4 処方薬(2)の製剤量に含まれる成分量は、1日あたり何mgか。

問1 100mg  問2 20mg  問3 10mg  問4 4mg
が解答例です。

1と3は、わかるのですが、2と4がわかりません。
2は30mg、4は4.8mgだと思ったのですがどうでしょう?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

あなたの答えで正解です。

Q鉄、アルミ、マグネシウムと塩化第一鉄と塩化銅の水溶液

鉄、アルミ、マグネシウムを塩化第一鉄と塩化銅の水溶液に入れたときの反応式などを教えてください。

Aベストアンサー

Fe^(2+)、Al^(3+)、Mg^(2+)、Cu^(2+) のイオン化傾向を考えればわかりませんか?

たとえば、塩化銅(II)水溶液にマグネシウムを入れた場合、イオン化傾向は、
Mg^(2+) > Cu^(2+) なので
 Mg + Cu^(2+) → Mg^(2+) + Cu …(1)
よって (1) の両辺に 2Cl- を足して、
 Mg + CuCl2 → MgCl2 + Cu

上記を参考にして、同様に考えればほかの問題も解けると思いますが、いかがでしょうか。

Q栄養ドリンクに入っている生薬の成分表示について教えてください。

栄養ドリンクに入っている生薬の成分表示について教えてください。

例えばニンジンエキス100mg(原生薬として1000mg)
とニンジンエキス200mg(原生薬として1000mg)があるとして
この両者を比較すると100mgの方は200mgに比べて2倍濃縮されている。
しかし、100mgも200mgも有効成分の量は一緒、、このような理解でいいでしょうか?

Aベストアンサー

ニンジンとは日本薬局方(局方)にもちゃんと乗っている生薬の成分でニンジンを粉末にしたものです。
エキス剤と言うのもちゃんと局方に出ており、「生薬の侵出液を濃縮して製したもの」と記載があります。

つまりニンジンエキスと言うのは生薬であるニンジンの侵出液を濃縮したものと言うことです。
元のニンジン末の量は同じで、抽出方法は不明ですが濃縮度合いが違うと言うことで質問者さんの解釈で問題無いですよ。

他の方が「化学変化して、ベンゼン」ができると書かれていますが、全く意味不明ですので気にしなくて良いです。
ベンゼンとは有機溶媒でそんな物ができる反応がドリンク内で起こるわけありません。起こってたら売る前に起こりますよ…
何なんでしょうね。こういう嘘の知識は…ちょっと化学がわかればわかるのに。

それともベンゼン環と言いたかったのかな。まぁそんな反応も起こらないので気にしなくてOKですよ。

Q遷移金属酸化物と典型金属酸化物について

表題通り、遷移金属酸化物と典型金属酸化物の元素としての性質及び電子の構造について教えてください。(それらが詳しく乗っているサイトでもよいです)
一応自分でもいくつか探したのですが、あまり理解できませんでした。
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら簡単に教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

> 遷移金属酸化物と典型金属酸化物の元素としての性質及び電子の構造について

「酸化物の性質」ではなくて「酸化物の元素としての性質」とか、「電子の構造」とか、ちょっと用語の使い方が違うと思います。
「典型元素・遷移元素の性質」「電子配置」なら次のようなサイトがあります。
(ご自分でも探されているとのことのですので、すでにチェック済みかも知れませんが)

定番のWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/遷移元素
http://ja.wikipedia.org/wiki/典型元素

高校化学の解説
http://www.geocities.jp/don_guri131/tennkei01.html
http://www.geocities.jp/don_guri131/tennkei02.html
http://www.geocities.jp/don_guri131/sennibunnri.html
http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter4/lecture8/lect4081.html
http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter4/lecture9/lect4091.html

> 遷移金属酸化物と典型金属酸化物の元素としての性質及び電子の構造について

「酸化物の性質」ではなくて「酸化物の元素としての性質」とか、「電子の構造」とか、ちょっと用語の使い方が違うと思います。
「典型元素・遷移元素の性質」「電子配置」なら次のようなサイトがあります。
(ご自分でも探されているとのことのですので、すでにチェック済みかも知れませんが)

定番のWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/遷移元素
http://ja.wikipedia.org/wiki/典型元素

高校化学の解説
http://www...続きを読む

Qまぐろの缶詰の鉄成分

まぐろの缶詰の成分を見ていますと、水煮より味付けの缶詰の方が、鉄の成分が多くなっています。
この差は、味付けの仕方によるものですか? 教えて下さい。

 参照した資料は、「食品成分表 2011」です
缶詰 水煮  フレーク、ライト   鉄分 0.6mg きはだ  液汁を含んだもの
〃  水煮  フレーク、ホワイト  鉄分 1.0mg びんなが 液汁を含んだもの
〃  味付け フレーク        鉄分 4.0mg       液汁を含んだもの
〃  油煮  フレーク、ライト    鉄分 0.5mg きはだ  液汁を含んだもの
〃  油煮  フレーク、ホワイト  鉄分 1.8mg びんなが 液汁を含んだもの
きはだ 生               鉄分 2.0mg 切り身

Aベストアンサー

こんにちは、栄養士です。

この場合の鉄分は、まぐろの身に含まれる「血」ですね。
水煮の場合、血は水に溶けだし、流出してしまいます。
油煮の場合は、血は油に溶け出さないので、そのまま残るわけです。

これが水煮と油煮の鉄分(残存血液量)の差となるわけです。

言いかえれば、味付けの差ではなく、調理方法の差によるものです。

ちなみに、
トロより赤身の方が鉄分(血液)が多いのは、お分かりですよね。^^

Qアルミ箔をアセトン中に保管するとどうなる?

通常大気の室内において、アセトン中に、アルミ箔を保管しておくと、アルミ箔にはどういう変化が起きるでしょうか?

アセトンが吸湿して、その水分がアルミの表面に作用するようなことは考えられますか?

アセトンは脱脂洗浄に使うのですが、そのまま保管しておいてアルミ箔に変化を起こすようであれば、保管方法を変えないとと考えています。

Aベストアンサー

基本的には何も起きません。
酸があるとアルミが水素を発生しアセトンが還元され2-プロパノールが生じアルミと2-プロパノールの化合物が出来る可能性はありますが、まず目に見えるほどにはならないでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報