人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

タイトルの通りなのですが、金ピカな真鍮を簡単に変色させる方法が知りたいです。

アンティーク調と言いましても真っ黒にしたいわけではなく、金色から少し暗いブロンズ色と言うか、茶色くしたいと言うか、表現が難しいのですが新品の金ピカから少しだけ色を落ち着かせたいのです。

酸化させるといいと書かれてるサイトもありましたが、実際手っ取り早く家庭にあるような物で変色が出来るのなら是非教えて頂きたいです。

例えば、お酢でも○時間か置いてたら変色するよ!みたいな答えを頂けると大変助かります!
100均で買い揃えれる物でも構いません!

是非、ご教授宜しくお願いします^^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

食塩水に漬ける。


オキシドール(過酸化水素水)につける。こちらは緑青ができるので、少しずつ様子をみて。

何時間かは、濃度や真鍮自体によりますので何ともお答えできません。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

とても身近な物を使っての説明に感謝します^^
食塩水でも変色するんですねー!
塩=錆しか想像にありませんでした(><;
どれくらい時間が掛かるかは分かりませんがやってみる価値はありですね♪

オキシドールによる緑青が出来るのは実はそんなに気にならないかもw
家にある真鍮のストーブには緑青がまばらに付着してあり
それが結構味になってるのかなぁ?とも思っています。

とても参考になりました!

どちらも一度試してみたいと思います。

ありがとうございました^^

お礼日時:2012/01/19 15:25

何かもわからないので勝手なことを書きますが、酸化=バーナーを当ててみては?

    • good
    • 6
この回答へのお礼

バーナーの発想、分からないながらきっと間違ってはないと私も思いますw

ただ、この方法は結構勇気がいりますねw

もしダメだったら真鍮自体の雰囲気を壊しかねません。

とまぁ、こんな事を言ってみましたが!

我が家にはバーナーが無いんですよね(><;

でもとても参考になりましった^^

ありがとうございます!

お礼日時:2012/01/19 15:36

最も簡単なのは、手で触ることです。



季節や体質によっては難しいかもしれませんが、汗ばんだ脂っこい手でベタベタ触る→しばらくおいてから布で磨く。これを繰り返します。

いい感じにムラが出ますし、くすみが足りないと思ったらそこを多く触るなど微調整ができます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

確かに金属って人の手で触れた物って長い間放置しておくと
シルバーなんか特に黒っぽく変色してますよね!

口が寂しくなったらおやつを食べるように
その感覚でTVを観ながら手の中でコロコロ転がしてみたいと思います!

この方法は、とにかく根気よくですね!

参考になりました!
ありがとうございました^^

お礼日時:2012/01/19 15:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真鍮をアンティーク風に錆び?させる方法

真鍮の取っ手を入手したので、アンティーク風にサビた感じに加工したいと思っています。どうすればいいか教えてください。
またサビ風の加工をした場合の短所について教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
錆びた感じに・・ということですが、この前TVでたまたま見たことをお教えします。
これはほんとに、錆を付けるようなものなんでSHINDENさんのいう「サビた感じ」とはちょっと異なるかも知れません。実際取っ手が錆びていたら嫌ですもんね。

きっと真鍮でも大丈夫だと思います。「鉄の入った粉を付けてから、その鉄を酸化させる液を塗る」こんな様な気がします。名前も成分も曖昧ですが、東急ハンズなんかに売っていそうなものです。インテリアとか、塗料コーナーを探してみてはいかがでしょうか・・。

Q真鍮のアクセサリーはすぐ変色しますか?

真鍮のハンドメイドアクセサリーがすこし流行っているようで、購入を検討しているのですが
どのサイトにも、変色する旨が注意書きされています。
メッキをしていない真鍮製のアクセサリーがくすむのは知っているのですが
どのくらいの時間でくすむのでしょうか?
シルバーアクセがすぐに真っ黒になるように、真鍮もすぐに赤茶色や青緑になるのでしょうか?
それとも時間をかけていい感じに(?)変色していくのでしょうか?

少し変色したぐらいが素敵だなと思うのですが、
シルバーほどしょっちゅう磨かないと真っ黒(?)になるのは困るかなと思ってます。

Aベストアンサー

こんばんは

その状態とか環境で違うので
一概には言えないと思いますよ

ちなみにいい感じの色合いにする場合はこちらを
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7252981.html

Q真鍮製品の上手な磨き方

 仕事の話になるので日曜大工のカテゴリとそれますが、こちらで訪ねた方が確実だと思い質問致しております。

 会社に真鍮製品の在庫が豊富にあるのですが、保管が悪かったらしく製品の色が芳しくないものがたくさんあります。
 何れも新品なのですが、こんな色では売ることが出来ないと社員一同頭を悩ませており、その製品をなんとか販売できるまでにしろ!という大役を押しつけられてしまいました(涙)
 製品としては目に付くところで使用されるわけではないので新品同様までに綺麗にしなくてはいけないというわけではないのですが、ピカールで磨いて上司に見せたところNGと言われてしまいました。
 ピカールで磨いた以上に真鍮に光沢を持たせるには、どうやったらいいでしょうか?
 私的な考え方として、
・自動車用のコンパウンド剤を使用する
・スチームを使用する
 を考えています。
 ちなみに、ピカールは真鍮用のブラシとウエス(古タオル)を使って磨きました。

Aベストアンサー

#8です
以前写真現像(正確には現像停止)に使用した酢酸があることに気付き、試験してみました。

10%溶液を作り、汚れた真鍮を二時間漬けて置く。

引き出してティッシュペーパーで拭くと、ピカピカになっていました。留意点は

1.漬けておくだけで、擦ったり磨いたりの手間はいらない

2.10%も2時間も共に根拠はない。最適な値は他にあると予想される

3.真鍮に酸化膜以外の汚れが附着していると「酸洗い」を妨害するので、予めそのようなものは剥がしておく

4.酢酸の入手先は、私の場合ヨドバシカメラの写真用品売り場。その他薬局でも入手可能かもしれない(未検証)。いずれにせよレモン酢よりは大幅に安価

>#膨大な真鍮製品を大量のタバスコで拭きながら
>#噎せ返っている光景を想像して、ちょっと笑えました
>笑うなんて、非道い。(涙)
でも、ブラックユーモア的な情景がナントモ(^^;
 

Q真鍮や鉄にサビ加工をしたい

アンティークっぽい金具(蝶番やクギ)を作りたいのです。

アイアンのような質感のクギなど。

こんな感じのものです。
http://www.rakuten.co.jp/a-depeche/788566/836439/

どうやったら自作できるでしょうか?
(クギ頭はこんなんじゃなくていいです。もっとラフで。)


鉄工所など知り合いはありません。
自宅で、それほど大掛かりでなく
作る方法を探しています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>真鍮が金属でないとは知りませんでした(汗)

ちょっと意味が違います。
鉄=金属ではありません。
鉄以外の金属(真鍮、アルミなど)を非鉄金属というのです。
金属だけど、鉄ではない、という意味。
ステンレスなどは鉄の合金なので鉄の仲間ですね。

Q銅の表面に人工的に緑青(りょくしょう)を作るには?

銅製の表札を購入しました。なんとかアンティーク調にしたいと考え、いろいろとホームページを見たところ、緑青(りょくしょう)という処理があると書いてありました。銅は年数が経つにつれて錆びてくるのですが、それを人工的にやる方法があるそうです。そこで、その方法をご存知の方、「具体的な方法」を教えてください。

Aベストアンサー

東急ハンズにその手の薬品が売っています。
あと、自分がやった事があるのは塩化亜鉛(劇薬)
で、錆を出させた事もあります。でも結局は雨曝
しでほっておくのが一番きれいな気きがしますけ
どね。

marimo_cx

Qアクセサリーの金メッキを剥がして銀色にしたいのですが

金メッキのアクセサリーや安い時計(1000円位)などのメッキを剥がして、銀色(地の色)にしたいのですが、なにか良い方法はありませんでしょうか?
ご存知の方、ご返答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

安物の金色のメッキはニッケルメッキかアルミメッキです。
1000番以上の紙やすりでナデナデすればある程度剥がれます。

番号の小さいものを使うと.地が荒れるので.細かいものを使ってください。

Qラッカーを落としたトランペット

 中古で買ったホルトンのT101GLを使っています。ラッカーの下から星の形のような小さな黒いさびが浮いてきたので、ラッカーを楽器屋ではずしてもらいました(音色にはあまり影響なし)。すると小さなさびが取れたのですが、そのあと「磨きますか?」と聞かれ、その代金が2万ほどするというので、そのままにしてあります。
 細かいサンドペーパーかメタルポリッシュで磨くのでしょうか?自分でやれるのでしたらやりたいのですが。ジャズのホーンセクションで茶褐色になったような楽器をよく見かけるのですが、あれは、ラッカーが完全に落ちた後ですよね?あれも磨き続けた結果なのでしょうか?

Aベストアンサー

へっへっへ(^^)
おめでとうございます!!
これはサビのおかげで、はからずもいい方向に行けそうですね~♪

私も実はラッカーまるはがしには憧れているのですが、なかなか実行できずにいますので、NPG1969 さんがとてもうらやましく思います。

ところで「音色にはあまり影響なし」とのことですが、まだ多分、真鍮のつやがキラキラ残っている状態ですよね?

「アンチラッカー派」のかたがたの声を総合すると、地金が出てしばらくたってから、表面に空気と反応して、酸化皮膜(良い意味の錆び)ができるのですが、これがいわゆる「ラッカーなしの音色」になるのだそうです。

放置して手入れしない、いわゆる「錆び」だと、真鍮の場合、中に含まれている銅の成分で緑色の「ろくしょう」が吹き出してくるのですが、それは悪いさびですのでまずいのですが、いつもきれいに乾拭きして手入れをして、5円玉や10円玉の表面みたいな状態になってるのが、ラッカーなし金管のよい状態です。

>あれも磨き続けた結果なのでしょうか?
これがまさに、「こまめな乾拭き」をおこなった結果のよい見本です。



楽器屋さんに「磨きますか?」と聞かれて、自分ではどう返事してよいかわからなかったら、まず断るほうが良いはずです。
お金も取られるうえに、しかも磨くとそれだけ確実に管体の厚みが削られて薄くなるからです。
薄くなるとどういう音色の変化が起きるかというと、「良く言えば華やかな音色」で、悪く言えば「うすっぺらい音」になります。

また、大金を払って磨いてもらったところで、結局、数ヶ月もすればまた酸化皮膜ができてしまって振り出しに戻ってしまいます。
自分でどんどんポリッシュしてると、限りなく薄い管になっていってしまいます。

そこで、「リラッカー」(再ラッカー)という処理を楽器屋さんに頼む場合もありますが、これまたしこたまお金がかかるうえに、見た目もかなりおそまつになってしまいます。



表面に酸化皮膜ができると、ミクロン単位ではありますが皮膜の分だけ厚みが出ることになるので、きっと「ラッカーなし音色」にこだわるみなさんがそれだけ多いのだと思います。

この楽器の音色はあまりにも暗くていやだなあ、と思ってどうしても磨きたいと自分で決心したときに磨けばよいのではないでしょうか。
(また、磨いた楽器はそれだけ薄い楽器になりますので、あとで中古転売するとき値打ちが下がります)


>細かいサンドペーパーかメタルポリッシュで磨くのでしょうか?

これ、リペアマン一人一人の企業秘密だったりするかもしれないですね。
中古楽器で、あきらかに刻印が薄くなってしまって読めないような磨きすぎの楽器をみかけることがありますが、あんなになったら買う気がしないですもんねえ。
そういうひどい磨り減り方をする磨きは、メタルポリッシュぐらいじゃ済まない強引な方法かも??(この辺誰か知ってる人のフォローがあるといいな)

せっかくの良いチャンスなので、どうぞお手入れがんばって渋い素敵な楽器に育てていってくださいね♪

(多分、ケニードーハムみたいな音色になるんじゃないでしょうか?)

へっへっへ(^^)
おめでとうございます!!
これはサビのおかげで、はからずもいい方向に行けそうですね~♪

私も実はラッカーまるはがしには憧れているのですが、なかなか実行できずにいますので、NPG1969 さんがとてもうらやましく思います。

ところで「音色にはあまり影響なし」とのことですが、まだ多分、真鍮のつやがキラキラ残っている状態ですよね?

「アンチラッカー派」のかたがたの声を総合すると、地金が出てしばらくたってから、表面に空気と反応して、酸化皮膜(良い意味の錆び)ができ...続きを読む

Q真鍮(しんちゅう)の色

真鍮(しんちゅう)にシルバーの色もあるかどうか、
ご存知の方教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2次加工はされた真鍮材の商品なのですか?それでしたら、ロジウムメッキなどのメッキを施したものならシルバー色になります。イミテーションのネックレスは真鍮で加工し、仕上げにロジウムを施してシルバー色にします。

Q真鍮の表面処理

真鍮を材料にして工作をしました。最後に表面処理を行って表面を黒褐色,または褐色に仕上げたいと思っています。簡単な方法として,丹ぱん酢(硫酸銅,酢酸,緑青,食塩の混合溶液)にひたす方法があるホームページに書いてありました。しかし,具体的な溶液の調製方法については記載されていませんでした。そこで,方法をご存知の方,「具体的な操作」をご教示ください。

Aベストアンサー

丹ぱん酢は知りませんが、六一〇ハップでもできます。方法は、薬局に行って六一〇ハップ(武藤鉦製薬・温泉のもと。硫黄くさい液体です。成分はイオウ、生石灰、カゼイン、硫化カリ。)を購入し、そのまま薄めずに筆で塗る(または漬けこむ)だけです。むらなく塗ったら数分置いて水で流すだけです。あまったのは入浴時に使ってしまいましょう。原液は黄色なのにお風呂に入れると白濁して温泉気分満喫です。この方法できれいに着色できるのは鋳物肌です。その次がやすりがけしたような荒れた面。つるつるの面は今一つのしあがりです。
ここで注意するのは手に原液をつけないこと。手が硫黄くさくなります。でも、くさい以外は害も無いし、廃液はフツーに流しに捨てれるので気軽にやれます。
この方法は某鉄鋼メーカーの鋳物やさんから聞きました。プロの人も結構使う手らしい。

Q真鍮についた緑青の落とし方

真鍮に付いた緑青の落とし方を教えてください

Aベストアンサー

さんこうに
http://blogs.yahoo.co.jp/bmjfs458/24088089.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング