アプリのアイディアを募集しているページを時々見かけますが、自分のアイディアを送ってから
パクられてしまうこともあるのでしょうか?

=========================================
頂いたアイデアを元にアプリを制作する場合(既にアプリ企画が弊社にあり、進行中なものと重複する場合は除きます)、または一部のアイデアを利用する場合は必ずご連絡さしあげます
※アイデアを製品にする際にはアイデア提供者と協議の上、振り込まれる報酬に対して、最大50%をお支払いします。
=========================================
上記のような文をよく見かけますが、これって信用できるものなのでしょうか?

またアプリのアイディアは形になってなくても、アイディアだけでも特許申請できるのでしょうか?
詳しい方がいたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

弁理士です。



漠然としたアイデアは、特許にすることができませんが、そのアイデアを聞くと、実際にそれをどうやれば具現化することができるかが分かる程度に具体化したアイデアであれば、特許を取得できる可能性があります。ソフトウェアの特許明細書作成は、色々とややこしいところが多いので、おそらく自分で明細書を書いて出願することは厳しいと思います。いいアイデアがあれば、アイデア募集に応募する前に、特許にできそうかどうか、特許事務所に相談するといいと思います。特許事務所は法律上の守秘義務がありますので、特許事務所からアイデアが漏れることは、極めて稀だと考えていいと思います。

アイデアは、著作権では保護されません。従って、そのアイデア募集の会社とは、契約でのみ、戦うことができます。HP上での告知に基づいてアイデアを開示した場合、そのアイデアが採用されたとしても、契約が成立しているかどうかが争いになる可能性が高いので、アイデアを開示する前に、明確に契約書で契約を結ぶことが必要です。

上記の文章は、開示者に極めて不利な内容だと思います。「最大50%」は、0%も含まれますので、報酬の約束がないのと同じです。また、「既にアプリ企画が弊社にあり」という部分は、開示者には確認のしようがない事実ですので、争いが起こると、「既にアプリ企画が弊社にあった」と主張される可能性が高いと思います。従って、上記の文章は、「弊所が報酬を支払ってもいいと思った場合には、支払うことがあるかも知れません」という文章と同じ意味に解釈してもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

法律とか憲法ってよくわからないけど、裁判の結果として腑に落ちない
何が正しいのかわからないことがよくありますが、やっぱり上手にずるい
者勝ちなのでしょかね。

お礼日時:2011/03/21 18:32

特許とは何かを知ってください。


何かを作成する場合の斬新な技術を開発した者に与えられるものです。
アイデアがあったとしてそのアイデアをどのような方法で形にするか、そのような技術、手法に与えられるものです。
従ってアイデアを提供したとしても、そのアイデアを実際の形にするために時間と技術を駆使した会社にしか特許が得られるはずはありません。
特許書類の書き方をご覧ください。アイデアだけでは書き様が無いことがわかるでしょう。
アイデアを提供した人にはほんのわずかな、お礼程度の報酬しか支払われないのが普通です。
非常に画期的で莫大な利益を得られた場合は50%くらい支払うこともあり得ると言う意味でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに現実を軽視してました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/21 18:25

素晴らしいアプリケーションのアイデアを発表して金持ちになった・・・なんて人は一人もいません。


アイデア募集というイベントを行う会社は実際にアイデアが送られて、それが使えそうだったらだまし取るのが普通です。
アイデアを思いつくのには年齢経験など一切不要です。
その時代に適した、実現可能な思いつきさえあれば良いことで、まともな会社なら他人に聞いたりせずに自社の開発部に任せます。

>アイディアだけでも特許申請できるのでしょうか?

アイデアだけの場合は「意匠登録」となり特許申請とは違いますが特許庁で審査・登録する事が出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/21 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアプリケーションの特許

アプリケーションの特許?について教えてください。
製品は既に完成していまして、シェアウェアで販売したいと思っています。
個人で販売するよりノウハウのある企業にコンサルティングをお願いしようと思っています。
現在ニ社から提案を頂いています。そのうち一社にはアプリをお渡しし、概要の詳細も伝えています。
もう一社は地元ではありますが、コンサルティングのノウハウはあまりない企業です。

アプリケーションに特許?という物が存在するのかと、それを取得する期間と金額を教えて頂きたいです。
このようなケースの場合、信用できる企業であっても概要を教えるのは危険ですか?
大手企業にも話を持ち掛けた場合、気をつけなければならない事はありますか?
また、地方ですので関東の会社とメールや電話だけのやりとりにも不安があります。
全てが始めての事ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アプリケーションというのは、コンピューター・ソフトのことだと思いますが、それを前提で書きます。

 基本的なことは、Yoshi-Pさんが書かれていますが、私なりに書いてみます。

 ソフトは、方式または方法と、システムの2種類で特許を取れます(どんな発明でも特許が取れるという意味ではありません)。通常はシステムの方が権利保護がしやすくなります。また、ビジネスモデル特許とは、本来的な意味が異なります。ビジネスモデル特許は、ビジネスの方法をソフトによって実現するものですが、ソフトは、そのものの機能的な特徴が特許になります。

>大手企業にも話を持ち掛けた場合、気をつけなければならない事はありますか?

 大手企業には、殆ど、特許部があります。有用なアイデアであれば、自社で特許出願されてしまう危険性があります。その企業の公正性のようなものによると思いますが。企業に出願されてしまうと、funakiさんとしては、自分のものである、ということを証明するのが困難になると思います。
 そういう意味で、機密保持契約を結ぶのは最低限、必要なことだと考えられます。
 また、アプリを渡してしまったのは、非常にまずいですね。出願後にすべきです。

>できれば先に個人名で出願しておいた方がいいでしょうね。

 自分で出願しておくのは、悪くないアイデアですが、明細書を書くのはかなり技術が要ります。そのソフトによって、大きな利益が見込まれるとお考えであれば、専門家に依頼することをお勧めします。お金が無いということでしたら、専門書や過去に出願された特許を読んで、十分に勉強した上で、出願後1年以内に、相手企業の負担で専門家を雇ってもらってブラッシュアップする、という方法は可能だと思いますが、funakiさんの努力と、相手企業を説得できるか、という点がポイントになると思います。

 特許を取得する期間と費用ということで、Yoshi-Pさんから回答がありますが、出願するまでの期間も必要です。専門家に依頼しても、明細書を作成し、請求項を作成し、図面を作成し、全体を校正し、ということをやると、相当に急いでも1ヶ月、長い場合は半年くらい掛かる事があります。出願してしまえば、全く同じ特許を他人にとられる可能性はなくなりますので、一安心です。
 弁理士に依頼すると、費用は最低でも20万円、明細書が分厚くなると100万円を超えることもあります。その他に特許庁に納める費用が、10万円ほどかかります。

アプリケーションというのは、コンピューター・ソフトのことだと思いますが、それを前提で書きます。

 基本的なことは、Yoshi-Pさんが書かれていますが、私なりに書いてみます。

 ソフトは、方式または方法と、システムの2種類で特許を取れます(どんな発明でも特許が取れるという意味ではありません)。通常はシステムの方が権利保護がしやすくなります。また、ビジネスモデル特許とは、本来的な意味が異なります。ビジネスモデル特許は、ビジネスの方法をソフトによって実現するものですが、ソフトは、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報