第二次小泉改造内閣と新聞で書いてましたが
今日の新聞を見ていたら、「再改造内閣」と書いていました。
第二次小泉内閣でいいんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

今回の改造内閣に「第二次」とつけるのは間違いというかまぎらわしいと思います。


内閣に「第○次」とつけるのは、同じ首相が複数回国会で指名された場合です。
小泉さんの場合は、まだ国会での首相指名は確か1回ですから、現在の内閣は何回改造しようが、
「第一次」です。
もし11月に総選挙があり、その後国会で首相指名が行われて、小泉さんが指名されれば、
「第二次小泉内閣」の誕生ということになると思います。
ある新聞が今回「第二次」という言葉を使っていますが、
これは改造が二回目だという意味で使っているようですが、
本来の「第○次」という言い方とまぎらわしいです。
だから、「再改造内閣」といっている新聞もあるわけです。
    • good
    • 0

こんばんは。



#2、#4の方が仰るように、「第2次小泉内閣」は間違えです。
恐らく、今回は、自民党の総裁選挙があったため、誤解されているのだと思います。
内閣は、国会で内閣総理大臣が指名され(天皇が任命)ることによって発足するものと考えるとよいと思います。「第2次●●内閣」は「(第1次)●●内閣」がいったん辞職した後に再び、国会で同一人物が内閣総理大臣に指名されることによって発足します。
今回の場合は、すでに任命されている内閣総理大臣が国務大臣を入れ替えただけで、「小泉内閣」は総辞職していませんので、「(第1次)小泉内閣」は継続中です。
次に、総選挙(解散であろうと任期満了であろうと)があった後に、再び国会で小泉さんが内閣総理大臣に指名されれば、「第2次小泉内閣」の発足です。
内閣府では、内閣は「小泉内閣 第2次改造内閣」と称しています。もし「第2次小泉内閣」が発足したら、その時は、現内閣が「第1次小泉内閣 第2次改造内閣」と称されることになります。
過去には、第3次吉田内閣、第2次池田内閣、第1次佐藤内閣が、3回の内閣改造(初回を含めて4回の組閣)を行っています。

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/index.html
    • good
    • 0

 第2次小泉内閣という言い方は間違いですね。

小泉さんはまだ1度しか首班指名を受けていません。次の総選挙の後の国会で内閣総理大臣に指名されれば,その後の内閣が第2次小泉内閣となります。
 小泉内閣の改造は今回が2回目です。前回は小幅な改造でした。柳沢氏が金融担当相から外れ,竹中氏が経済財政担当相と金融担当相を兼ねたのが前回の改造です。他には,谷垣国家公安委員長や鴻池構造改革特区担当相,石破防衛庁長官が入閣しました。
 ですので,「小泉再改造内閣」とか2回目の改造内閣なので「小泉第2次改造内閣」と呼ぶようです。
 なお,次の総選挙後にも小泉さんが総理大臣に指名されれば,「第2次小泉内閣」と呼び,その内閣が改造されたら「第2次小泉改造内閣」と言い,さらにもう1回改造されれば「第2次小泉再改造内閣」とか「第2次小泉第2次改造内閣」と言います。
    • good
    • 0

はじめまして!


呼び方は、“第二次小泉内閣”でいゝんじゃないですか?
所詮、解散・総選挙までの事ですから・・・
もっとも、今の与党が政権を続けられる体制になれば、落選した閣僚以外は、このまゝのメンバーでいくとは言っているが・・・

新内閣について、4ツの問題が有る。

■1・・・まず、政策の問題。
構造改革を〇〇の一つ覚えのように言っているが、何をさておいても先ずやらねばならないのは、政治家・官僚の改革だろう!

各公社・公団・事業団およびその下部組織にかゝわる超莫大なムダの解明と改革(天下り、退職金の二重取り、超豪華施設の低使用料、超豪華官舎の低家賃、拘留・逮捕されても支払われる給与、犯罪を犯しても支払われる高額な退職金等々)。
特にひどいのが、郵便貯金の運用・道路公団の運営・年金事業団の運営だ。

これらのメドがたって初めて、国民の約40%が未払いであるという税金の徴収だ。
そして最後に、増税の検討だろう!
上述のムダが粛清されて初めて、健全な国家事業の話が出来る舞台が整うと思うが・・・

その体制が出来れば、諸々の社会福祉の財源として、消費税は25%位にしてもやむを得ないと考える。
今のまゝ消費税をUPしたら、間違いなく公務員のベアに消えてしまうだろう(かつての3%→5%へ移行した時のように)。

■2・・・次に小泉のマネージメントの問題だ。
各審議会・諮問委員会・検討会等に意見をまとめさせる事はいゝのだが、「自分はこう考えているから、それが実現出来る方向で検討してほしい」とどうして指示出来ないのか?
コイツはいつでも自分の意見を明言しないよネ!
責任をとるのがよほどいやなのか、それとも地位を降りるのが怖いのか?

■3・・・三番目は、外務大臣。川口はダメだ!
弱すぎる。外交の最先端であるからして、相手の顔色ばかり氣にしないで、国益重視でいかなくては・・・
女性差別ではないが、やはり、女性にはムリ!

■4・・・最後に、これが一番問題であるが、国家公安委員長。小野はミスキャストもいゝとこ。
これだけ犯罪が増え、しかも無国籍化・異質化している現状で、コイツに何の決断・決定ができる?
今ならまだ遅くはないから、的確な対策・決断をしないととんでもない事になるぞ!
警察組織に、アジア班や欧米班等の専門セクションや経験者を設置するとかの手をうたないと。
これも、■3と同様に、女性ではムリと思う。

マア、チョット本題からピントがズレてしまったようであるが、第二次小泉内閣は、イケメン内閣・客よせパンダ内閣にならないように願いたいものだ!!!
    • good
    • 0

組閣人事がなければ第二次小泉内閣でいいんです。


しかし田中真紀子前外相や名前は忘れましたが、
農水省の大臣も更迭もしくは退任しましたよね。
小泉首相は就任当初、一閣僚制とか何とか言ってましたが、結局途中交代してますから実際に公約は果たせていない状態です。もともとが改造内閣だったので、
格好をつけて「再改造内閣」と称しているのでは
ないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内閣支持率の長期データ

卒論で歴代内閣の支持率と経済動向を検証してみようと考えています。

そこで内閣支持率のデータがないか探していたのですが、小渕内閣あたりまでしか見つけられることができませんでした。


内閣支持率の長期の時系列データが載っているサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

卒論で、ってことは、大学生ですね。

別に郵送でなくとも、図書館に行けば、古い新聞の縮刷版があるはずです。それも、大抵はどの新聞社も同じ時期に内閣支持率の調査をしますから、#3の方の挙げられたurlから、発表される日に当たりをつけて探せばすぐに見つかるはずです。


問題は、それぞれの新聞社で支持率が結構違うという点。

実際にこれに携わった経験から言うと、内閣支持率は、各新聞社が作ったアンケートに基づいて調査しますから、結構各新聞社のカラーみたいものがでてしまいがちです。例えば
「福田内閣を支持しますか」
という質問の前に
「福田内閣は現在、新テロ特措法という、海外へ派兵するための法整備を強行採決を行ってでも進めると明言しています」
と挟むだけで、支持率は随分下がります。或いは
「支持しないとすれば、どの様な理由かも添えてお答えください」
と付け加えるだけで、面倒くさいからか支持率が上昇します。

一般に、読売(時事通信)は高め、朝日は低めと言われていますね。またしんぶん赤旗は、サンプルが偏っているのか、非常に共産党よりの数値になります。

卒論で、ってことは、大学生ですね。

別に郵送でなくとも、図書館に行けば、古い新聞の縮刷版があるはずです。それも、大抵はどの新聞社も同じ時期に内閣支持率の調査をしますから、#3の方の挙げられたurlから、発表される日に当たりをつけて探せばすぐに見つかるはずです。


問題は、それぞれの新聞社で支持率が結構違うという点。

実際にこれに携わった経験から言うと、内閣支持率は、各新聞社が作ったアンケートに基づいて調査しますから、結構各新聞社のカラーみたいものがでてしまいがちです。例...続きを読む

Q第二次安倍内閣の改造人事はロックフェラー一味CIA

不正選挙で出来上がった、第二次安倍内閣の改造人事も、金融ユダヤであるロックフェラー一味・CIA・ジャパンパンドラーズが決定し、その命令に忠実に従って、飼い犬である安倍晋三君が発表するんでしたよね。

幼稚園児レベルの菊池桃子君の登用は、さすがにないと断言できますがね。

Aベストアンサー

 「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも 無しと思へば」
時差とか、緯度とかの無い時代の和歌となりますが、夜の鳥は夜の鳥、昼の鳥は昼の鳥と言えるのではないでしょうか。
 それら何かしにつけて半分程度の思考回路では、世_世界の問題政治は解決しないのではないでしょうか?
昼からいい格好しようとする私利私欲集団の洗脳プロパガンダ騒ぎインチキの撲滅ではないでしょうか?

(Money As Debt テキスト版)_  _  _
 この安定したマネーサプライの総容量は地球による生産量の範囲内であるべきです。また 金貸したちが実際貸すためのお金を持っていると仮定しましょう。もしその貨幣で銀行家たちが利息付きの貸出を始めたとしたら、やはり彼らは儲かり成長するでしょう。もし彼らが利息で稼いだすべてのお金を再び貸し続けるならば どんな結果が起こりますか?それが 金貨か借金のお金かは問題ではなく、金貸したちは全てのお金をものにしているのです。そして閉鎖や破産が起こされたあとでまた彼らは本物の財産を手に入れるわけです。全住民のあいだで、貸出金利の収益が均一に分配されたときだけこの問題は解決します。銀行利益への重税は、この目標を解決に導くかもしれません。しかし、そうすると何故銀行はビジネスすることを望むのでしょう?もし私たちが現状から自由になることができたとしたら、銀行の金利収入をすべての人々の配当として分散させることを想像できるかもしれません。

『論理と根拠を持って連邦政府が自分のお金を借りていることを正当化できる人間にあったことはない 人々がこれを変えることを要求する日がやってくることを 私は信じる。
この国において バカげたシステムが続いていることを許しているくせに 怠惰に座っている議会員 あなたや私が責められる日がやってくると私は信じる』
--- ライト・パットマン 民主党議長 1928-1976 銀行通貨委員会 1963-1975 ---
  http://rothschild.ehoh.net/material/animation_01b.html
  http://www.youtube.com/watch?v=N9NK02bF-4w&list=PL318479305C84706B
_  _  _  _  _  _

 昼から動こうなどと美味いことを画策する集団に、政治&福祉など無いと言える。

 「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも 無しと思へば」
時差とか、緯度とかの無い時代の和歌となりますが、夜の鳥は夜の鳥、昼の鳥は昼の鳥と言えるのではないでしょうか。
 それら何かしにつけて半分程度の思考回路では、世_世界の問題政治は解決しないのではないでしょうか?
昼からいい格好しようとする私利私欲集団の洗脳プロパガンダ騒ぎインチキの撲滅ではないでしょうか?

(Money As Debt テキスト版)_  _  _
 この安定したマネーサプライの総容量は地球による生産量の範囲内...続きを読む

Q野田内閣支持率。

内閣支持率が22パーセント。
フジテレビでやってました。
危険水域だそうですよ。
今更って感じもしますけどね。
ところで今日の質問は、
この内閣支持率です。
野田内閣発足当時の支持率、皆さんご存じですか。
60パーセント超です。
あのごたごたで、
棚ぼた的に総理大臣の椅子をとった野田総理大臣ですけど、
内閣発足当時、そんなに支持してる人が居たなんてちょっと信じられませんね。
びっくりです。
あの菅内閣がさんざんで退陣したのに、
どうして同じ民主党の内閣なのに、
新しい内閣になったとたんに支持率が上がるんですか。
同じ民主党ですから、
人が変わったって何も変わらないじゃないですか。
いったい60パーセントの人たちは、
何を期待したんですかね。

Aベストアンサー

色々な詐欺がありますよね。

巷では、金を持っていて、騙されやすい
人のリストが、高額で取引されている
そうです。

騙される人は何度でも騙されるのです。
だから、そういうリストが商売に
なるのです。

Q第一次小泉内閣にいたる総裁選

第一次小泉内閣にいたる自民党総裁選に立候補した面子がどうしても思い出せません。教えてください。

Aベストアンサー

2001年4月24日に行われました。

小泉純一郎 298票
橋本龍太郎 155票
麻生太郎   31票

でした。下記URLで過去のものが見られます

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7643/sosaisen.html

Q内閣支持率が高いと選挙で自民が勝つ確立が高いの?

各新聞、報道局が内閣支持率を毎週のように発表していますが、
それぞれ差はあると思いますが麻生内閣の支持率が50パーセント以上の場合、解散総選挙をした時、「麻生内閣はいいなぁ!麻生内閣は自民党だから支持して自民に票を入れよう!」ってことで自民党に票が入りやすいという解釈でよろしいのでしょうか?

それと各メディアはそれぞれどこから、どのようなやり方で内閣支持率を算出してるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご了解通りです。 ちなみに内閣の支持率の調査方法は各社まちまちだと思いますが、たとえば朝日新聞の場合、通常添付の「朝日RDD方式」と言う世論調査方法で調べているようです。 コンピューターに入力した有権者の電話番号から、無作為に1,000人程度を選び出して、電話による聞き取り調査を行うというものです。

http://www.padmacolors.org/archives/2006/07/25_071903.php

Q小泉総理の内閣改造

小泉さんの「サプライズ人事」とはなんですか。
どういう意味なのでしょうか。

Aベストアンサー

誰も思いつかないような人事

旧来は「派閥ごとの順送り人事」だったのが、「そんなもん知らん」ってなかんじで任命したような記憶があるなあ。

Q内閣支持率の算定方法について

ニュースによると内閣支持率約50%のことでした。
国民有権者の半数が現内閣を支持しているのでしょうか?
少し疑問に感じ投稿しました。
選挙では 投票率は60%程度 しかるに 投票者のほとんどが現内閣を支持しているのでしょうか?
60%の内半数は野党支持者 残り30%しか指示はないようにおもいます。
どの様な調査で支持率を算出しているのでしょうか?

Aベストアンサー

質問に対して答えてくれた中で50%と考えれば少しは合点がいくか?

質問に答えた率=投票率的に考えれば?

Q第2次安倍内閣

第2次安倍内閣はどのような布陣になるのでしょうか?
個人的には麻生太郎閣下を副総理格で入閣させて欲しいのですが…。

Aベストアンサー

閣僚候補は小物ばかりという感じです。
口は達者ですが、実行力はあるのでしょうか。
口だけなら民主党と同じです。

わたし的には、尖閣、竹島、北方領土専門の閣僚と、景気回復専門の
閣僚を設けて欲しいです。
更に希望できれば、憲法改正専門閣僚も。

麻生さんを副総理にしたら、内閣を乗っ取られないですかね。
外務大臣にしたいです。

Q麻生内閣の支持率

麻生内閣の支持率はなぜ下がったのですか。
どうすれば支持率上がりますか。

Aベストアンサー

まず、「下がった」、と言われましても・・、もともと「発足直後の支持率」でさえも前二代の「安部・福田氏の当時のそれより劣る40%台」で、初めからけっして高かったわけでもありません。
それも(#2さんの言われるとおり)政権発足時には通常ある「ご祝儀」を加えた支持率で、その低さです。
だから、「就任直後の瞬間最大風速(御祝儀)」目当てで直後に解散総選挙して(政策・実績に無関係の空数字で)少しでも勝機をを見出そう、と目論だわけですが、予想外(国民からは予想通り)の低支持率で見事に当てが外れたわけです。
で、そのあとは、彼の目的が『総理大臣職に居座るため』と『権力のない(国民が選挙で選んだ)野党を攻撃するために(国民から委任された)権力を3ヶ月以上も使い続けてる』のですから、下がり続けての現在の数字は至極当たり前でしょう(「らしさ」もクソもない、これは民間人TVタレントの人気投票でないんで、事は時の統治権力者のはなしですからね^^)。


そのそも彼があの職に今就いているのは、
現在の政権政党が勝手に、「自分たちのみの身勝手な理由」で自分たちで選んだ「二代続けて国民放っぽり出した職場放棄総理」のあと、その「二人を選んだ全く同じ党内メンバー」でまた、「国民に関係ない党首(総裁)選挙のために『国民放っぽり出し』」、「その間に米国リーマン破綻しようが無視して2週間も掛けて全国行脚続け(=政治空白そのもの」て、自党に注目得ることのみの目的で(その後の選挙戦を少しでも有利にするための)パフォーマンスのために「政策・理念では全く支持してない」ただ「政権発足直後の解散総選挙の顔としてのみの理由」で「前二代の一年足らずで職場放棄した人物を選んだ全く同じ党内メンバーで」また選んだのが『今の人』ですよ(これを阻止・罷免する術は、『与党議員が決断するか』『次の総選挙で国民が審判を下す』かしか憲法上不可能なのです←野党に単独でそれが可能ならば、国民が選挙で多数派〔与党〕を与えた意味がないでしょ)。

ご承知かと思いますが、
民主国家である日本国の最高権力者・総理大臣とは、封建時代の征夷大将軍でも一党独裁共産国家の指導者やどっかの独裁大統領でも、ましてや北の国のような将軍様でもありません。
その与えられた最高の権力は、「国民の負託によって」権威を持ち、しかも「期間限定の制約された権力」に過ぎません。
これは、立憲民主国ならどこだろうが、それが今の米国大統領オバマ氏だろうが全く同じことで、「彼の権力は期間限定でありまた制約されたもの」であるのは、大統領就任式で『合衆国憲法を擁護し厳守することを誓う』と最高裁長官に宣誓してることからもわかりますでしょ?(今の高支持率のオバマ氏
といえども合衆国憲法に反した行為を犯せば、容赦なく職を解かれます)。

そしてオバマ大統領も、黒人だから、高尚な理念とスマートな容貌とカリスマ的な演説さで政策を語って国民を扇動して、ブッシュさんから力づくでその職を得たわけではありません(これらは彼の、リーダーとしての資質や優れた魅力・要素の一つ一つ過ぎません)。
彼がそこにいられるのは、(上記の能力を生かし)合衆国憲法に則り『国民の前で、公正で公開された民主国の【選挙】で競争相手に戦い勝ち抜いた』からこそ、その地位と権限の正統性が与えられ、最終的にだから多くの国民は支持をし、また「もともと積極的に支持してない層の国民でさえも、その彼(自国の新たな権力者として)を受け入れる」のです。
*もちろん、「米国の大統領制」と、我が国ほか英国はじめ「ほぼ全ての先進民主国の採用している議院内閣制」とを、ただ単純に見比べ当てはめても意味がありません。
が、どちらも民主主義の根本理念・原則においては何ら変わりありません(というか、大統領制のマトモに活用されてて参考になる国は米国くらいしかありませんが・・)


さぁ、それでは日本の現在のリーダー職にいる人はどうでしょう?

彼が、ポーズなど表面上だけ威勢張って政策や方針をたいそうな会見開いても何一つ実現しないのはなぜか?
また、何か言うたびに二転三転言うことが変わり、党内の誰も彼に従わないのはなぜか?
一応確認しておきますが、その彼とは「法治国家たる日本国で最高の権力を与る職に就いている者」ですよ(その彼に「なぜ身内さえも従わないのか?」です)。
そりゃ、「党内の誰もが実際上、彼をリーダーとは認めていないから」に他なりません(党内指導力無能な方に、野党やメディア世論、ましてや諸外国に対応できるわけがないでしょ)。
そして、もともと「選挙の顔のみ」で置かれた人物が、選挙情勢不利と見るや選挙(=『民主国リーダーを決める根本手続き』です)から逃げ回っていて、威勢良くカッコウつけて「ポイントはスピード、迅速に」と政策発表するが「それを実際に社会に施行するための、国会の提出は2ヶ月以上先送り(=政治空白そのもの)」して、直近の民意のある(=国民が選んだ)参議院多数派には権力を使いケンカは売って(=政局)でも政策提案は無視するという、権力を与るもの(与党)が権力のない勢力(野党)に責任なすりつけることには人一倍ご執心で、先進民主国で日本でしか通用しない「政局より政策」との戯言を放ち、にも拘らず「100年に一度」と声高に叫ぶ危機(今年以降が本番)に国民、国会、党内「政局も制していない」『自分(選挙の顔のみで置かれた人)』が対応したいらしいが、「政局ばかり優先して政策は何一つ実行できない」、でも『それを解決する世界中の民主国共通で唯一の術たる選挙(主権者の判断)からは逃げ回る』と。

その間、その大危機の震源地たるアメリカ合衆国では「その危機に対応するための国民の信任を受けた新政権を樹立し、国民一丸となり戦おう」としているのにも拘らず、自らは「リーマン破綻しようが無視して総裁選挙行脚してた」くせに、国民のリーダーを決め危機に立ち向かうための国政選挙を「政治空白」と、自己矛盾どころか民主主義を冒涜する屁理屈を、「同盟国米国大統領選挙期間中にのたまっている」くらいです(一応ご承知のように、衆議院解散しようが、「次の内閣が決まるで」現首相も閣僚も、242人の参議院国会議員も引き続きその職務に就いています)。

当初の予定通り10月に解散総選挙していれば、「この今の危機を任せ、この4年弱を付託するため」に「国民が直接に政策・構想を吟味して選択」して、'08年内に(自民・民主どっちだろうが)本格的な政権・新内閣が樹立し、「今現在このとき、国民一丸となり危機に立ち向かっている最中」であったでしょう。
また、総選挙にて勝った政権とは、「国民に直接にマニフェスト(政権構想・公約)とリーダー(党首→首相)と政党(各議員)が揃って選択された」政権であるわけですから、大掛かりな困難な改革に官僚・官省庁も容易には抵抗できません。
なぜなら、国民の公式な支持を得た政権だからです(その点、彼らは承知していて、だからこそ政権政党交代困難な仕組みを構造的に作り上げたのでしょう)。

議院内閣制民主制の首相の権力の由来は、国民が直接選んだ立法府の指名によるものです(厳密には衆議院の多数派の指名です)。
*ちなみに、立法府(与党)が選んだ行政府の長(首相≒与党政党党首)だからこそ、内閣(与党政党党首)が決め推し進める政策での「党議拘束」に正当性も生まれるのです(行政府=大統領と立法府=議会が別々に選ばれ明確に分立している米国大統領制に党議拘束のないのもまた自然のことで、単純比較すること自体ナンセンスです。 議院内閣制で内閣と与党が意見がバラバラじゃ、制度が機能してないことになります)
で、その現在の首相を選んだ立法府(衆議院)の議会勢力図は4年前の総選挙にて決められ、しかも当時の政党党首(小泉氏)はその後一年で辞め、当時の政策からは間逆方向に進み、そのあとは前述したように一年ごとに変わり今の人で3人目です。
彼は、先の党首討論での正統性について問われ、「同じ議院内閣制の英国でもTブレアのあとGブラウンが就任して選挙していない、だから問題ない」と官僚に教えられた通りの返答していましたが、Gブラウンの立場を日本に置き換えるなら『前の前の首相の、安倍氏』です。
Gブラウンが一年たらずで職場放棄し、そのあとも一年で辞め、そのあとの首相が「私が首相で国民の審判なしでも何の問題もない」などと言ったら英国国民は暴動を起こすことでしょう。


この職に就くまでの経緯と、それを選んだ連中の正当性なさや無責任さ、そして見事なまでのそれを象徴する程度の低い人物のどこをどうやって支持しろというのでしょうか?

>だいたい麻生さんだって何年首相勤める気でいるのか

何年もなにも、本年9月が衆議院の任期満了で、それまでに必ず総選挙が行われます。
国民が審判を下せば、総理職どころか自民党自体が政権からずり落ちますし、それ以前にあの人も選挙に落ちればただの民間人です。
ただただわが国も、世界中の全ての民主国で普通に当たり前に行われている国民の選挙による政権政党の交代が、日本で歴史上初めて行われるだけのことです。

大変な長文失礼しました、参考にしていただければ幸いです。

まず、「下がった」、と言われましても・・、もともと「発足直後の支持率」でさえも前二代の「安部・福田氏の当時のそれより劣る40%台」で、初めからけっして高かったわけでもありません。
それも(#2さんの言われるとおり)政権発足時には通常ある「ご祝儀」を加えた支持率で、その低さです。
だから、「就任直後の瞬間最大風速(御祝儀)」目当てで直後に解散総選挙して(政策・実績に無関係の空数字で)少しでも勝機をを見出そう、と目論だわけですが、予想外(国民からは予想通り)の低支持率で見事に当...続きを読む

Q小泉内閣の功績(?)や実態について書かれた書籍

自分は非常に政治に疎く、
今現在、また最近まで政治経済ではどの様なことが
行われ、どういった試みが交差し、どういった結果に
結びついたのか等が分かりかねています。

小泉首相はメディア露出が激しく
その人間性や雰囲気から指示されるという
実態のない人気があった様に思えるのですが、
実際のところ一般庶民にプラスに成りえる様な
事はしてくれたのでしょうか?

彼の目指したもの、やり遂げたこと、阻まれたこと
などの実態について書かれた書物でオススメのものが
ありましたらいくつか挙げて頂けたら幸いです。
また、同じ様に阿部内閣についても書かれた書籍も
挙げて頂けたら嬉しいです。

Aベストアンサー

 こんにちは
久しぶりに覗いて見ました。
 korokorodoさんの回答には奥深い内容が書かれていていつもついつい没頭してしまいますね。
 小泉氏の功績は、これまで膨大な書籍や記事に書き込まれておりますのでご存知ではないというのがかえって不思議に感じますが、メディア特にテレビに象徴される改革の旗手という形での一般の方の心理かも知れませんね。

 小泉氏の書籍と言われると多すぎてなかなか思い当たらないのも事実です。
 私からのお勧めとしては、構造改革の正体をひもとく基本書として有名なわかりやすい本から学ぶのが良いのではないでしょうか。

■『 拒否できない日本  』 アメリカの日本改造が進んでいる
                      (文春新書) 関岡 英之
 Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b/250-6275720-7649037?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&initialSearch=1&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%8A%D6%89%AA+%89p%94V&Go.x=4&Go.y=15


<小泉純一郎氏だけを見る場合には、同じく判りやすく書かれる森田実氏の書籍は定評があります。>

■ 小泉政治全面批判 (単行本) 森田 実 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%85%A8%E9%9D%A2%E6%89%B9%E5%88%A4-%E6%A3%AE%E7%94%B0-%E5%AE%9F/dp/4535584664/ref=sr_1_16/250-6275720-7649037?ie=UTF8&s=books&qid=1189925466&sr=8-16

少し中身が難しくなりますが、副島隆彦氏(そえじまたかひこ)中田安彦氏などや、アメリカに住む藤原肇氏が書いた『小泉純一郎と日本の病理』など日本が置かれている状況を書かれている本はちまたにあふれかえっております。
 上級編としては、 暴かれた[闇の支配者]の正体 ベンジャミン・フルフォード氏あたりですが、ここまで来るにはかなりの時間を要します。 ( 苦笑! )

< 私が最近購入した本の中で一番読み易く、判り易かったのがこの本です。あまり判り易過ぎてかえって物足りないほどです。>

■ 「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる 関岡 英之  和田 秀樹 ( 共著 )
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%80%8D%E3%81%AB%E3%83%80%E3%83%9E%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AA-%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%80%81%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%80%81%E6%95%99%E8%82%B2%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8B-%E9%96%A2%E5%B2%A1-%E8%8B%B1%E4%B9%8B/dp/4569654495/ref=sr_1_3/250-6275720-7649037?ie=UTF8&s=books&qid=1189926880&sr=1-3

 こんにちは
久しぶりに覗いて見ました。
 korokorodoさんの回答には奥深い内容が書かれていていつもついつい没頭してしまいますね。
 小泉氏の功績は、これまで膨大な書籍や記事に書き込まれておりますのでご存知ではないというのがかえって不思議に感じますが、メディア特にテレビに象徴される改革の旗手という形での一般の方の心理かも知れませんね。

 小泉氏の書籍と言われると多すぎてなかなか思い当たらないのも事実です。
 私からのお勧めとしては、構造改革の正体をひもとく基本書として有名...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報